ポンジュース単語

ポンジュース
1.0千文字の記事
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

愛媛のまじめなジュースです。

 

ポンジュースとは、愛媛県松山市えひめ飲料が販売するジュースである。

曖昧さ回避

概要

POM」と書かれているパッケージが印的なジュース1952年発売から永らく飲されている。

1951年に、えひめ飲料の前身である愛媛県果連の桐野兵衛アメリカ柑橘類加工工場を視察した。そのとき、柑橘類ジュースに加工できることに気づき、愛媛県工場を建設し製造・販売を手掛けるようになった。なお、最初の工場(三工場)の跡地は現在住宅街の中の普通の小さい公園exitになっており、「ポンジュース発祥の地」という石碑が立っている。

名付けは当時の愛媛県知事だった久定武である。「日一」のジュースになるようにと名付けられた。もともとは「PON」だったが、発売の一年後に「POM」になった。えひめ飲料のホームページexitには、「果汁のpons(ポンス)、文旦pomeloポメロ)や果園芸学、果栽培法のpomology」が由来として書かれている。

ブラジルオレンジ温州みかん、香料がブレンドされている果汁100%の濃縮還元ジュースである。温州みかん100%ではないが、発売当初は果汁100%ですらなかった。100%になったのは1969年のことである。

ちなみに松山工場以外に東京工場神奈川県厚木市)と茨城工場茨城県常陸太田市)があり、そこでもポンジュースが作られている。松山工場で果汁を濃縮し体積を小さくしてから、神奈川茨城に運んでを加えて還元しているようだ。

パッケージは「」「」「」を基調にしたイタリア国旗の色。太陽が大地を表している。は正直に言うとただの背景である。意図したかどうかは不明だが、イタリアオレンジの名産地である。

これ以外にも、「ポンアップルジュース」「ポングレージュース」も存在する。また、えひめ飲料は「愛媛みかんストレート」として、濃縮還元をしない温州みかん100%ジュースも販売している。

愛媛県では蛇口をひねるとポンジュースが出てくる。松山空港では実際に出る。exit

ちなみに東京モノレールに乗っていると、天空付近で西側に「ポンジュース」の看を見ることができる。日が昇っていないときはネオンる。

関連動画


関連静画

関連商品



関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ポンジュース

1 ななしのよっしん
2019/10/01(火) 23:24:59 ID: vMVpBJgJr+
お疲れさんです
オレンジジュース大好き。