ポール・バーホーベン単語

ポールバーホーベン

ポール・バーホーベンとは、趣味変態オヤジオランダ出身の映画監督である。

ハリウッドで活躍。

概要

1938年生まれ。

オランダヒット作を連発し世界的な評価を得てハリウッドに進出。『ロボコップ』『トータル・リコール』『スターシップトゥルーパーズ』と言った傑作名作を次々と監督した。これらの名だたるヒット作からアクション映画の印が強いが、『氷の微笑』のようなサスペンス映画も撮っている。

一方で、そのあまりに露で悪趣味とも言えるエロ描写、バイオレンス描写、ブラックユーモア(後述)は批判の対にされることも多く、1995年製作の『ショーガール』では全中から凄まじいバッシングを受け、その年のラジー賞を総ナメにしてしまった(ただし、『ショーガール』そのものが例えば実写デビルマン的ないわゆる駄作かと言う見方には異論も多い。筆者は学生時代そうした経緯を知らずにテレビ深夜ショーガールを見たが、非常に面いと感じたのを覚えている)。

ちなみに監督ラジー賞史上、初めて実際に会場に来て直接トロフィーを受け取り、さらにはスピーチまでしている。このときの言葉「からになった気分だ」は有名。その後もネタとして『ショーガール』の話題を出すあたり、非常に心臓の強い人物のようである。

そもそもオランダを離れることになったのは、あまりに過な描写方針のためオランダでは映画を撮りにくくなっていたという事情があり、同時期にハリウッドで評価され始めていたため仕事の場を移したのだが、そこでも自重せず過な撮影を続けたため次第にハリウッド映画業界からも持て余されるようになり、しかしその頃にはオランダで再評価されていたため凱旋を果たすという、ややこしい経歴の持ちになっている。

またエロバイオレンスが売りの割に、どういう訳か地上波放送率は高かった。ニコニコユーザーの中にも『ロボコップ』の暴力描写がトラウマになった人や、『トータル・リコール』の割れおばちゃんの頭からシュワちゃんの顔が出てくるシーン3つのオッパイだけは覚えてる人が多いのではないだろうか。
特に 『トータル・リコール』の日本での地上波放送回数は、シュワちゃん映画の中でも『ターミネーター2』『コマンドー』『トゥルーライズ』などに次いで多いと思われる。

作風

前述の通り露な、あまりに露エロ描写とバイオレンス描写が持ち味の監督である。というか多分そのことしか考えてない。
また、それらによるブラックユーモアが随所に入っているのも魅と言える。それらを多額の予算でもって高クオリティで描き、さらにヒットさせるというからスゴイ。

特にバイオレンス描写は非常に独特で、出血の描写そのものは較的少ないものの、代わりに身体破損シーンをやたら明瞭にクッキリ描く傾向にある。そのためグロ描写というよりは、人形の手足をもぎってるような独特の印を与えがち。

エロ描写に関してはゲスい男が考えそうなことをストレートに描写することが多い。『インビジブル』では透明人間になった男が女性を覗きに行ったり、レイプしたり、嫌いなを殺したりと、「お前中学生か!」とツッコミたくなるようなリビドーに素直すぎる展開を堂々と描いている(しかし、『インビジブル』という作品そのものに関しては「スタジオ奴隷になった気がした」「っぽ(Hollow)な作品(※原題が『Hollow Man』)」と否定的な発言を残している。もっとエログロくしたかったのだろうか?)。男が女に酷いことをするばかりでなく、『SPETTERS/スペッターズ』では主人公の一人(男)がゲイ集団に捕まって次々とケツを掘られるシーンがある(主人公ゲイに酷いことをしていた報いなのだが、あまりにあんまりな描写のため、ゲイの方々がこの作品に対して抗議運動を起こした)。

一方で、『スターシップトゥルーパーズ』などがそうであるように、ハリウッド的な勧善懲悪な展開を較的避ける傾向にある。この辺りはニュアンス微妙なので、実際に観て確かめて欲しい。そして『ダイ・ハード』あたりとべていただきたい。

あと、登場人物のクズ率がやたら高い。特に女キャラは大体ビッチ腹黒

影響

こうしたエロバイオレンスの手法は後世のクリエイターの多くに影を与えており、やはりバイオレンス描写が売りの三池崇史監督や、「GANTZ」の浩哉などがリスペクトを表明している。

トリビア

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ポール・バーホーベン

14 ななしのよっしん
2016/06/04(土) 20:52:22 ID: hUyTuhGg0I
>>lv263733175exit_nicolive
15 ななしのよっしん
2016/06/18(土) 00:23:09 ID: ngIyVaSLQY
>>13
グレートウォリアーズはよかったな。中世って時代設定がバーホーベンの作にぴったり合ってたし、ロボコップスターシップトゥルーパーズでもコンビを組んだベイシル・ポールドゥリス音楽が燃える!

ここ数年バーホーベン作品のソフト化が相次いで嬉しい。ビデオ止まりだったグレート・ウォリアーズとスペッターズが出たし、ショーガールBD化されたし…
この勢いでWat Zien Ik?と婦ケティとザ・ヒッチハイカーも出たらいいなぁ。欲を言えばDVD化のみの作品のBD化も…
16 ななしのよっしん
2016/06/23(木) 23:51:11 ID: Y8hpxC0n1f
グレートウォリアーズは隠れた傑作
ただただ醜い人間を描くのかと思えば、そこかしこキラキラく美しさがある。
とりあえずホモカップル美しすぎ。
17 ななしのよっしん
2016/10/10(月) 01:32:17 ID: 5x7GnMelr/
続編を他人に放り出して自分では絶対作らないのは何かのこだわりなんだろうか
18 ななしのよっしん
2017/03/15(水) 12:11:32 ID: PRgglb6crK
スターシップトゥルーパーズとインビジブルをどっちも中学生時代に観たのがの運の尽きだったようだ・・・

男のロマンを悪い方向に実現してくれるのがもう大好き。いいぞもっとやれ
19 ななしのよっしん
2017/04/02(日) 23:48:32 ID: 1y3/XTWCyS
スターシップトゥルーパーズはコメディ風刺エロの混ざり方が璧だった
バーホーベン趣味の悪さを思い知らされた作品だけど同時に間違いなく面映画監督だと思った
20 ななしのよっしん
2017/04/21(金) 17:43:09 ID: ngIyVaSLQY
>>17
トータルリコールの特典映像
「(前やったのと)同じもののために5時に起きたくない」って言ってたね。
「続編をやるなら1作と違うアプローチでやりたい」みたいなことも言ってた。実際トータルリコール2の企画には参加してたみたいだし、内容次第なんじゃないかな
21  
2017/05/13(土) 22:35:24 ID: B7yGsGAupA
>>20
インタビューした高橋ヨシキによると、バーホーベンリメイク版のトータルリコールをつまらん仕事とか扱き下ろしてたようだぞ
ロボコップリメイクについても、何も期待してない、勝手にしろみたいな感じだった様子
22 ななしのよっしん
2017/06/25(日) 04:51:34 ID: u/pmLpBwQ6
日中バーホーベン監督サインをいただいた上、言葉を交わす事ができた
一生ものの感動だよ
皆、エルは凄い映画だから、絶対観ろよ!
23 ななしのよっしん
2019/07/14(日) 17:05:49 ID: dQdMFqXXcq
遅ればせながらELLE見たけどすげー面かった!
主人公の女ある意味怖えーよ

急上昇ワード

2019/08/24(土)07時更新