ポール・マッカートニー単語

ポールマッカートニー

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)は、イングランドリヴァプール出身のミュージシャン。元ビートルズベーシストである。

ポピュラー音楽史上、世界でもっとも成功した作曲。(ギネスブックによる)

ジョン・レノンとともに、ビートルズの多くの曲を作詞作曲したことで知られる。

略歴

本名ジェイムズ・ポール・マッカートニー(James Paul McCartney)。と曾祖の名前もジェイムズだったので、ミドルネームポール通名としている。ちなみに息子の名前もジェイムズ

誕生~ビートルズ時代

1942年6月18日生まれ

ジェイムズはセールスマンでアマチュアジャズミュージシャン(ピアニスト・トラペッター)。メアリー看護婦

1956年メアリーガンで死去。メアリーイメージレット・イット・ビーのマリア(Mother Mary)などに現れている。

1957年7月6日ジョン・レノンと友人らのバンド、ザ・クオリーメンのライブジョンと出会う。この時、ジョンギターバンジョーチューニングで弾いていたが、ポールジョンレギュラーチューニングを教え、トゥエンティフライト・ロックなどを弾きこなした。ジョンはこれを見てポールをクオリーメンに迎え入れる。ポールは後に友人ジョージ・ハリスンジョンに紹介し、ジョージもクオリーメンに加入。

クオリーメンは「ジョニー&ザ・ムーン・ドッグス」、「ザ・シルバービートルズ」と名を繰り返した後、1960年、「ザ・ビートルズ」となる。

当初、ポールギタリストだったが、ベーシストのスチュアート・サトクリフが脱退した事を受けてベースに転向している。

地元リヴァプールドイツハンブルクでの演奏活動で実を付けたビートルズEMIオーディションに合格。デビュー直前でドラマーピートベスト解雇され、リンゴ・スターが加入。ピート...(´;ω;`)

1962年ビートルズレコードデビューする。ファーストアルバムセカンドアルバムでほぼ1年間英国ヒットチャート1位を独占するなど前の人気を獲得。異常人気アメリカにも上陸、ビートルズの評価は世界的なものとなり、現代に至るまで大きな影を及ぼし続ける史上最大のバンドとなる。

ビートルズポールジョンとともに曲作りの中心を担った。また、ポールベースプレイ超絶技巧ではないが、非常にメロディアスで独創的なものであり、後進のミュージシャンに与えた影は大きい。元はギタリストであり、ドラムキーボード演奏できるため、特に後期はリンゴ不在時にドラムを担当したり(バックイン・ザ・USSRなど)様々な楽器演奏している。

1967年8月27日マネージャーブライアン・エプスタインが急死。ポールビートルズをまとめるため、中心となってバンドを牽引しようとしたが、これが他のメンバーの不評を買う。ジョンはオノ・ヨーコとの活動に夢中になり、ビートルズは急速にまとまりを失っていく。

1969年写真リンダイーストマンと結婚

1969年9月、非開ながらジョンが他のメンバービートルズ脱退を宣言。

1970年4月10日ポールは自らビートルズ脱退を発表。ビートルズは実質上解散する。

なお、ビートルズ時代の曲はLennon/McCartneyとクレジットされている。これはジョンポールのどちらが書いた曲でもLennon/McCartneyとクレジットするという紳士協定によるものであり、ジョンが一人で書き上げた曲、ポールが一人で書き上げた曲、ジョンポールで部分ごとに分担した曲など制作状況は様々である。作詞ジョン作曲ポールと言われる事もたまにあるが、実際はそのような分業は行われていない。

ソロ活動

1970年アルバム「マッカートニー」を発表。全ての楽器ポールが担当し、大部分を自宅スタジオで録音した手作り感のあるアルバム作曲マルチプレイヤーとしての見事な才を見せているが、批評家の評価は厳しかった。

この頃からリンダとともに菜食義者となる。

1971年5月アルバムラム」を発表。セッションミュージシャンオーケストラの起用などはあるが、雰囲気としてはシンプルな内容で、前作同様批評家への受けは悪かった。この頃のジョンポールは曲でお互いを皮りあっており、ジョンに向けたと思われる曲が数曲含まれる。ラムジャケットジョンの「イマジン」に収録された写真パロディされた。

ウイングス時代

1971年8月、新バンドウイングスを結成。メンバー変更は頻繁だが、メンバーであるポールリンダ、元ムーディー・ブルースのデニー・レインは解散まで在籍し続ける。

ポールの知名度と、大半の曲をポールが書き、歌っていることから、ウイングスはポールの一人バンドと見られがちである。しかし、ポールはそう見られる事を嫌い、他のメンバーの曲も積極的に取り上げている。最大のヒット曲、「夢の旅人」はポールとデニーの共作である。

1971年12月ウイングスとしてのファーストアルバムワイルドライフ」を発表。英国チャート11位米国チャート10位に終わり、前途多難なスタートとなる。

1973年3月シングル「マイ・ラヴ」を発表。大ヒットとなる。

1973年4月アルバムレッドローズスピードウェイ」を発表。「マイ・ラヴ」の大ヒットを受け、こちらも順調にヒットウイングスの活動は軌に乗り始める。

1973年6月映画007 死ぬのはらだ(原題: Live and Let Die)」のテーマ曲「Live and Let Die」を発表。

1973年12月アルバムバンドオン・ザ・ラン」を発表。レコーディング直前にギタリストドラマーが脱退するというトラブルに見舞われ、ポールドラム演奏している。大ヒットとなり、ウイングスの代表作となる。

1975年アルバムヴィーナスアンド・マース」を発表。

1976年アルバムスピードオブサウンド」を発表。

同年、前年から続くワールドツアーの一環としてウイングス全ツアー演回数31回、観客動員数60万人。ワールドツアー全体では観客動員数200万人。この全ツアーの様子はライブアルバムにまとめられ、全1位を記録。

1977年シングル「夢の旅人」(原題: Mull of Kintyre)を発表。アメリカではチャート33位に終わったが、イギリスで記録的な大ヒットとなり、ビートルズシーラブズ・ユーが持っていたシングル売り上げ記録を塗り替えた。

1978年アルバムロンドンタウン」を発表。

1979年アルバムバック・トゥ・ジ・エッグ」を発表。レッド・ツェッペリンからジョン・ボーナムジョン・ポール・ジョーンズザ・フーからピートタウンゼントとケニージョーンズピンク・フロイドからデヴィッドギルモアなどメンバーを迎えたロックオーケストラ「ロケストラ」による2曲を収録。

ウイングス解散

1980年1月16日ウイングス初の日本演のためポール成田空港に着いた。しかし、空港ポールの荷物から大麻が発見され、ポールは現行犯逮捕される。ポールは10日間勾留され、日本演は中止、ウイングスの活動も停止状態になる。

同年5月ソロアルバム「マッカートニーII」を発表。

同年12月8日ジョン・レノンが自宅前でファンの男に撃を受け死亡。衝撃を受けたポールは数ヶライブ活動を休止。

1981年、デニーがウイングスを脱退。ウイングスは実質的に解散する。

再度ソロへ~現在

1982年アルバムタッグオブ・ウォー」を発表。プロデューサービートルズ時代からの盟友、ジョージマーティンを迎え、ビートルズ的な音に回帰。ゲストミュージシャンとしてスティーヴィー・ワンダーなどと共演。80年代ポールは様々な大物ミュージシャンと共演を重ねる。まるでジョンの替わりをめるように。

1983年アルバムパイプス・オブ・ピース」を発表。マイケル・ジャクソンと「セイ・セイ・セイ」などで共演。

1984年、自ら演・脚本を担当した映画「ヤァ!ブロードストリート」(原題: Give My Regards to Broad Street)を開。同名のサントラ盤を発表。ビートルズ時代を含めた過去曲のセルフカバーを多数収録。

1986年アルバム「プレス・トゥ・プレイ」を発表。セールス的には不調に終わる。

1988年、当時のソ連限定でアルバムバックイン・ザ・U.S.S.R.」(原題: Снова в СССР)を発表。ロックンロールスタンダードナンバーのカバーアルバム

1989年アルバム「フラワーズ・イン・ザ・ダート」を発表。エルヴィス・コステロと共演。久しぶりのヒットとなる。

1990年ソロとして初の来日演。その際、息子ファンであった宮本茂を会食に誘い、彼のサインを欲しがったという話は、ゲーム業界の伝説としてり継がれている。

1991年カール・デイヴィスと共作でクラシック作品「リヴァプール・オラトリオ」を発表。以後現在までに4枚のクラシックアルバムを発表している。

1993年アルバムオフ・ザ・グラウンド」を発表。

同年、2度の来日演。

同年、ユースとの覆面ユニット、ザ・ファイアーマンを結成し、アンビエントアルバム「ストリベリーズ・オーシャンズ・シップス・フォレスト」を発表。以後、現在までにザ・ファイアーマン名義で3枚のアルバムを発表している。

1997年アルバムフレイミング・パイ」を発表。

1998年リンダガンで死去。

1999年アルバム「ラン・デヴィル・ラン」を発表。ロックンロールカバーアルバム。新曲も3曲。

2001年アルバムドライヴィング・レイン」を発表。

この年、ステラ・マッカートニー(ファッションデザイナー)がクロエから独立ブランドStella McCartney」を立ち上げる。

2002年、元モデルのヘザー・ミルズと結婚

同年、3度の来日演。

2005年アルバム「ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード」を発表。全ての楽器ポールが担当。

2006年、ヘザー・ミルズと別居。

2007年アルバム「追憶の彼方に~メモリーオールモスト・フル」を発表。

2008年、ヘザー・ミルズとの離婚成立。

2011年ナンシー・シェベルと3度結婚

2012年アルバムKisses on the Bottom」を発表。ジャズスタンダードナンバーのカバーメインに、オリジナル2曲も収録。

10代の頃、ポールは「ホエン・アイムシックスティー・フォー」の中で、幸せ夫婦生活と、庭いじりをして日々を過ごすような々自適の生活を送る60代の自分を夢想した。

それとは裏に、現実ポール60代は離婚を巡って法廷闘争に悩まされる時期が続いた。離婚問題もようやく決着したが、ポール現在も精的な活動を継続しており、当面々自適の生活に入るつもりはなさそうである。

ポール死亡説

ビートルズ時代後期、ポールはすでに死亡しており、今いるポールは本人そっくりの別人だという噂が広まった。今から考えると冗談の様な話だが、いくつか「根拠」が見つかったとされ、信じた人も多かったようだ。

代表的な「根拠」

つまり…どういうことなんだキバヤシ!

「本物のポール・マッカートニーは66年に死んだ!今いるポールは、なぜか楽器と歌がプロ並にうまい、極秘そっくりさんコンテストの優勝者だったんだよ!」

ΩΩΩ<な、なんだっ(ry

結論

もちろん、ポールは生きていた。

当初は噂を面がっていたポールも、あまりに騒ぎが大きくなったためLIFE誌に明を発表。騒ぎは沈静化した。

このような噂が広まった背景として、ビートルズ67年以降、スタジオでのアルバム制作にかかりきりでライブ活動を停止していたことがある。ライブ休止には裏の事情があるのでは、という想像からこのような憶測が生まれたらしい。

93年発表のライブアルバムポールイズライブ」のジャケットポールはアビイ・ロード横断歩道をちゃんと靴を履いて歩き、停まったナンバプレートは「51 IS」(51歳です)となっている。クランベリーソース

主な使用楽器

ベース

ギター

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ポール・マッカートニー

22 ななしのよっしん
2013/11/30(土) 21:27:28 ID: m1rNLcPfER
NEW大好きです

||| 三 |||
23 ななしのよっしん
2014/03/27(木) 18:47:44 ID: NuqBwcnKAb
お、おいマジかよ・・・
5月に再来日するってどういうことだよ・!・・(錯乱
すげえな、やったぜ!?!(動揺)
24 ななしのよっしん
2014/05/18(日) 20:22:21 ID: kse8JviVHJ
体調不良により演中止。らしいけど是非全快してリベンジしてほしい…。
25 ななしのよっしん
2014/05/20(火) 16:58:14 ID: ktX156C0LA
体調不良放射能の影じゃない?
現実に存在しない漫画キャラですら鼻血出すくらいだし
26 ななしのよっしん
2014/06/07(土) 22:50:43 ID: ux6oaCsCWb
>>25
二度と現れるな放射脳
27 ななしのよっしん
2014/07/11(金) 00:18:44 ID: uQ0d8VgJme
>>26
今更だけど、>>25は多分皮で言ってるんだと思うぞ。
まぁ、スレチぽいことは確かだけど。

それはともかく、ポールは凄まじいな。
アルバムの最初の「I saw her standing there」から、彼の非さは発揮されてたんだな。
今は、「Maybe I'm amazed」を聴いているけど、これもまた凄い。やはり天才か
28 ななしのよっしん
2015/04/13(月) 15:55:10 ID: /sOSzaB+vA

>>lv216303694exit_nicolive
29 ななしのよっしん
2015/04/28(火) 16:23:59 ID: yQyy+ztzdd
現在ポールライブメンバー、もう10年以上やってるはずだがかなり上手くなってる、というか完成度が高くなってる気がする

02年の頃のライブアルバムにあった違和感が、いい意味でオリジナリティになってる感じ

そして最近は、避けられないの衰えとかをうまくカバーできる一のメンバーになってると思う
30 ななしのよっしん
2019/02/22(金) 22:10:34 ID: 7xJ7kulfZ/
http://www.arcj.org/lifestyle/00/id=694exit
動物はあなたのごはんじゃないでお染みの団体と交流があるからビートルズファンとしてはとても複雑な気持ちになる

曲は本当に大好きなんだがね
31 ななしのよっしん
2019/06/10(月) 11:45:57 ID: Zr2VikUnoV
新作が常に最高傑作になるミュージシャン