マイケル・ファラデー単語

マイケルファラデー

マイケル・ファラデーとは、19世紀に活躍した実験物理学者である。今日では「ファラデーの電磁誘導の法則」や電気容量を表す「ファラッド」にその名を残している。

概要

詳しい経歴はWikipediaさんに任せる。

おそらく、物理学史上最高の実験屋。

1791年、イングランドに生まれる。貧しい庭だったらしく、学校小学校までしか出ていない。後年、協働し電磁気学を完成させたマクスウェルとは対照的である。

当然、高等な数学的素養も持ちあわせていなかったが、ファラデーはそのから与えられたとしか言いようのセンスにより当時としては非常に画期的だった「電気線」という考え方を導入する。他にも有名な電磁誘導の法則などを発見し、電磁気学に多大な貢献をした。

しかしファラデーには数学的素養はかった。謙遜でいとかそういうレベルではなく本当にかった。数多くの法則実験的に発見したものの、数式で定式化できなければ厳密に示されたとされない文化は当時からすでに存在しており、そういう理由でファラデーを認めない人も多かった。

そこで登場したのが天才マクスウェルである。彼はエディンバラ大学、そしてケンブリッジ大学などまさにエリートと言えるコースを辿っており、マクスウェルがファラデーの導入した電気線に関する論文を執筆したことで親交を持つことになる。2人は親子ほども歳が離れていたが、お互いに尊敬し合う仲だったという。

天才的な実験屋と、天才的な理論屋の協働により、18世紀の中頃、1864年に電磁気学はたった4つの方程式(ファラデー-マクスウェルの方程式)として完成することとなったのである。

ちなみに、ファラデーを見出したのは当時の有名科学者であるハンフリー・デービーである。某動画ではファラデーに嫉妬したくだりがあるので悪く言われているが、デービー自身も(ファラデーほどではいにしろ)天才的な科学者であり、新元素を6つも発見したり当時の科学に貢献していた。また、後年にはファラデーを認め、王立研究所の実験主任ファラデーを推薦したのは他ならぬデービーである。

また、自身が貧困庭に育ち満足教育を受けられなかった背景からか、非常に熱心な教育者でもあった。一般向けの科学セミナーを頻繁に催し、その講義内容の一部をまとめた本「ロウソクの科学」は、現在に至るまで世界翻訳・出版され続ける、子供向け科学書として最大のロングセラーとなっている。

余談であるが、昨今の物理学は益々数学的な様相を呈すようになり、実験屋と言えども高度な数学的知識が不可欠となった。物理の教科書では多くの難解な数式が踊り、その物理本質を見失うことが少なくない。

その一方、リチャード・ファインマンの有名な言葉「君の数式が見たいのではなく、君の物理の考え方を見たい」に現れているように、現代でも本質を抉り出すような天才は数多い。もしファラデーが現代の物理を見られるとしたら、何を思うだろうか。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%A9%E3%83%87%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マイケル・ファラデー

1 ななしのよっしん
2012/01/29(日) 19:32:21 ID: pe5Dv7XjNW
記事乙
2 ななしのよっしん
2012/03/13(火) 18:50:54 ID: +aYwNKMOwc
エジソンといい彼といい、昔の学者は低学歴エリートが多い
3 ななしのよっしん
2012/06/26(火) 17:04:11 ID: V6fmacImGd
記事のまとめ方が素晴らしい
4 ななしのよっしん
2012/12/31(月) 19:12:49 ID: x18hHckYAo
どんな話でも即座に自分の手で実験して自分ので確かめないと気が済まなかったらしいな

あと、普段は、実験中は静寂たれ、みたいな人だったらしいけど
上手いこと実験が進んでいるときのみ鼻歌を歌いながら作業していたそうな
5 ななしのよっしん
2013/08/11(日) 16:01:44 ID: 3X10f0DdyF
師匠デービーも民(木彫職人)の子。そして地方(コーンウォール)出身
15で父親が亡くなり薬局へ奉に入った言わば今でいう中卒
ロンドンに出た時は田舎ヤンキーちゃんにしか見られなかったがあっという間に王立研究所の人気講師
30代前半でナイト、40準男爵称号を得た(なので正式にはサーとバロネットが名前の前後につく)
ヤバい実験で何度か死にかけたり失明しかけたり、またお嬢育ちのとは合わず数年で別居
40代半ばから血管や心臓の疾患で健康し役職を辞し満50海外で客死
ファラデーとの関わりでられることが多いが本人の人生も十分ドラマチック
6 ななしのよっしん
2016/08/12(金) 01:53:02 ID: HZovUbSdij
アニメタイムトラベル少女」で
数学出来ない
紳士扱いされず特にデービーのさんからの扱いが悪い
・論文発表のせいでデービー先生と不仲になる
などがちゃんと描かれていて面いぞw
7 ななしのよっしん
2016/08/14(日) 15:51:04 ID: XLRqEWjiQK
タイムトラベル少女がきっかけで出来た記事かと思ったらもっと前からあったのかww良いまとめですな!
8 ななしのよっしん
2016/08/21(日) 23:47:30 ID: vuf9nyAA/T
タイムトラベル少女でこの人の事知ったけど、論文発表に関してはファラデーに非があるよな。師匠の研究を受け継いでおきながら師匠許可なく発表したらそりゃデービーが怒るのも理はない。
ただ、wiki読むとデービーはファラデーの才を恐れていたっぽいから論文の事がなくても2人の関係は悪化してたかもしれないけど。
9 ななしのよっしん
2017/11/05(日) 19:38:15 ID: BqblHdRKs2
関連リンクにこれあっても面いかも 青空文庫で読める伝記
http://www.aozora.gr.jp/cards/001234/card46340.htmlexit

急上昇ワード