マイナンバー制度単語

マイナンバーセイド
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)とは、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」に基づいて、12桁の個人番号、13桁の法人番号を割り当て、行政手続きの簡素化と本人確認を簡易化する制度である。

概要

2016年1月から利用が開始された。マイナンバーは民一人ひとりが持つ12桁の番号で、社会保障や税、災害対策に利用される。住民票のある外国人(中長期在留者、特別永住者等)にもマイナンバーは通知される。[1]

また、マイナンバーの他に、法人番号と呼ばれる13桁の番号が株式会社などの法人に割り振られる。こちらはマイナンバーとは異なり原則として表され、でも自由に利用できる。

今後マイナンバーが利用される場面

マイナンバーが必要となるのは、2016年1月から。高校生大学生アルバイトや奨学申請の際などに必要となる。

2018年からは銀行口座への適用を開始、2021年からは義務化する方向である。一方で国民年金への適用は、2015年に起きた日本年金機構での個人情報流出事件によって見送られた。

2021年3月からはマイナンバーカードを健康保険として使用することができる。医療機関でマイナンバーカードの読み取りを行う必要があるのですべての医療機関ですぐに使えるわけではないが、2023年3月までに概ねすべての医療機関等への導入をしている。[2]

通知カードと個人番号カードの違い

通知カード」は、顔写真がない製のカードで、マイナンバーの確認に利用できるが、別途運転免許など本人確認書類が必要で身分明書としては利用できない。

個人番号カード(マイナンバーカード)」は、顔写真ICチップの付いたプラスチック製のカードで、身分明書として利用できる。

表面には個人の氏名、住所、生年日、顔写真が、裏面にマイナンバーとICチップが記載される。
レンタルショップスポーツクラブなどでも身分として利用できるが、マイナンバーはあくまで社会保障・税における利用を的としたもので、店側が会員登録などの際にマイナンバーを控えたりコピーを取ることは禁止されているので注意が必要。

マイナポータル

2017年1月より、インターネット上で自分のマイナンバーに関する情報の確認ができるシステム「マイナポータル」が開始される。マイナポータル上では、行政機関がいつ、どのようなときに自分のマイナンバーを利用したのかを確認することができる。システムへのログインは、セキュリティの観点から個人のマイナンバーの入は行わず、マイナンバーカードのICチップカードリーダー読み込む形式になる予定。

成立まで

もともと日本には住民の二重管理の問題があったため、規制への対処が遅れていた。戸籍と住民票という二種類の住民管理形態があり、管轄も自治体に分かれていて一本化できていなかった。そこでは住民基本台帳ネットワークによって一元化を試みたが、旧社会党系、共産党系の団体及び首長の反発にあい、住基ネットに接続しない自治体が出るなど、ほとんど普及しなかった。そこでマイナンバー制度を導入してすべての民に個人番号を割り当てることにした。[3]

2009年に、当時の与党であった民主党において、社会保障と税制における共通の個人番号を導入することを、税制革の一つとして方向づけ、2011年に大綱を決定して翌年に関連法案を提出した。しかし国会の解散によって一度は案となったものの、2013年に第二次安倍内閣民主党案をベースに修正を行って法案を提出、同年5月に可決された。

2015年には、銀行口座や特定健康診断にも拡大利用できるよう正案が提出、同年9月3日衆議院会議で、自民党公明党民主党維新の党などの賛成多数で可決された。

マイナンバー通知カード

2015年10月より順次、内に住民票を有するすべての個人(外籍含む)に、個人番号が付与された緑色の細長い「マイナンバー通知カード」と「交付申請書」が配布された。2016年1月以降、通知カードは、各自治体での手続きによって、顔写真のついたICカード「個人番号カード(通称:マイナンバーカード)」に切り替えることが可である。住民基本台帳カードを持っている場合は、切り替えの際に返納となる。

マイナンバー通知カードの新規発行・再交付や氏名・住所の記載変更は2020年5月25日をもって終了しているが、マイナンバーカードの発行はインターネット等で可である。発行の際に必要な自分のマイナンバーがわからない場合でも、マイナンバー付き住民票の写しを役所で発行してもらうと知ることができる。

メリット

すでに行政における各制度において、個別の番号が民に割り振られていたものの、それぞれの省庁、部署で別管理となっているため、効率の悪さや情報共有が困難だという問題が存在していた。

マイナンバー化することによって個人及び法人情報を一元化することが可となり、手続き時間の短縮や資産情報を広く見ることが可となる。

また、身分明書として運転免許パスポートが使われているが、どちらも費用や習得期間の長さなどで容易に手に入れることが困難である。

しかし顔写真付きの個人番号カードによって、特別な費用なしに身分明書を手にすることが可となり、民間サービスの利用にもメリットが生まれる。

また、行政側が個人の所得の移動や行政サービスの受給状況を把握しやすくなるため、不当な給付を防止することができると言われている。

デメリット

古くから、民に固有の番号を与えることが、囚人を番号で呼ぶようなもので、個人の人権や尊厳を否定するものだとする批判がある。

ただし現実には、コンピューターを利用した情報管理の仕様上、年金番号や保険免許などにも番号が付けられていて、民間銀行口座や会員などにも番号を使って管理されているため、それらサービスの拒否による生活のリスクのほうが大きくなり、実際の批判は時代の経過によって希薄になっている。

ただ、個人情報として一元化されて容易に確認できるため、個人情報の流出のリスクが高まる懸念が生じている。

すでに個人情報保護法に基づいた管理を自治体行政機関民間企業などに適用しており、民間においてはプライバシーマーク制度による厳重な情報管理と運用を保する制度が確立されている。

しかしマイナンバーという他の事業や行政にも影がある重大な番号を管理することとなるため、関係機関にはさらなる法の遵守、情報の管理に気を付ける必要がある。もっとも、これはマイナンバーの交付を受ける本人自身にも言えることであり、本人自身がむやみに他人にマイナンバーを教えることで詐欺被害などにあうリスクも懸念されている。

マイナンバーに限らず、個人情報の流出を100%を防ぐことは不可能であるため、「いかに個人情報を漏らさないようにするか」ではなく、「自分の個人情報は既に漏れている」という認識を持ち、「自分に近づいてくる怪しい者からどうやって自分の身を守るか」といった正しい知識(護身術)を身に付けておいた方がいかもしれない。

高額所得者への影響

一方でマイナンバー制度によって個人及び法人の財務状況が容易に確認できるため、それに懸念を示す高額所得者や大企業などが外に住居、拠点を置くのではないかという懸念があるという。

また、及び地方への納税の多くが高額所得者によるもので、彼らが海外に移住して外籍を取得すれば、税収の低下が生じ、財政破綻が一気に加速する恐れがある等の摘があるらしい(しかし個人情報の漏洩を懸念するならともかく、当局に財務状況を把握されると不都合が生じると言うのはおかしな話だ。なぜならマイナンバー制度の有に拘わらず納税はしなければならないものであり、マイナンバー制度によって財務状況が把握されると困るから海外逃げ出すというなら、制度導入前は脱税できたが、導入後は脱税が難しくなるから海外逃げると言っているようなものであり、制度導入に反対する論拠としての正当性は皆無である)。

なお、税当局はこれに先立って財産調書制度を創設したり、タックスヘイヴン税制の強化に乗り出すなど、先手を打ってらせていることは言うまでもない。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *外国人のみなさまへ、マイナンバーについてお知らせですexit 2016.4
  2. *スマホで1分で終了。マイナンバーカードの保険証利用を申し込んでみたexit 2020.8.8
  3. *「決裂する世界で始まる融制裁戦争渡邉哲也 2017 徳間書店 p.213

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E5%88%B6%E5%BA%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マイナンバー制度

360 ななしのよっしん
2021/03/16(火) 21:32:18 ID: yWyZ4UNwx4
結局「これ使わないとすごく不便でそれがしょっちゅう起きるよ」でもないと大きく増えないだろう。
361 ななしのよっしん
2021/03/25(木) 10:22:28 ID: MU6xPvuekJ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210325/amp/k10012934401000.html?__twitter_impression=trueexit
マイナンバーカード健康保険としての利用について、先行して運用が始まった一部の医療機関で患者の情報が確認できないなどのトラブルが相次ぎ、厚生労働省3月末から予定していた全での本格運用を先送りする方針を固めたことがわかりました。』

本当に使いないやん
362 ななしのよっしん
2021/03/28(日) 20:59:13 ID: Upv3z6I1bP
>>335
>>336
規模は大きいがたかが米国企業日本国べるなんて面い事してんね 
しかもそれスピード違反で捕まったがよく言う
あいつもやってるぞぐらい醜い言い訳なんだが大丈夫か?
363 ななしのよっしん
2021/03/31(水) 18:00:13 ID: ueebEGcW5z
>>331
「うまあじ」とか書いてるこれはネタなのかガチなのか・・・
364 ななしのよっしん
2021/03/31(水) 18:08:23 ID: x4iQs2kTvI
カードが届くのにクッソ時間がかかるのは公務員があまりにも少なすぎるから
職員はフルパワーで働いてるけど全く追い付いていない
だからつまんねぇことやキチガイじみたことで怒鳴りこんで効率を落とすんじゃない
365 ななしのよっしん
2021/04/20(火) 23:52:38 ID: o8KBl/Kbgu
>>331
逆だよ逆、そんな考えだからIT後進国って言われる。

京アニといいカプコンといい日本企業杜撰すぎるよ取り扱いが、カプコンのはまさしく一般人に不利に使われてる。
366 ななしのよっしん
2021/05/07(金) 00:41:12 ID: JK/uMovdwp
記事に申請の手続きから受け取りまでの煩雑さを書いたほうがいいと思う。
・郵送だろうがネットだろうが申請して1ヶ以上待たされる。
・手元に届くのはカードではなく交付通知のハガキ
・記載されてる役場の開庁時間(平日日中)に電話で予約を入れる。
・予約日時と時間の定は不可。役場の職員の都合のいい時間をあてがわれます。
・期日内に受け取りができなかった申請からやり直し。

平日日中のみとか公務員じゃねえんだから理に決まってるだろう。
申請以外全部アナログって後進国か。
367 ななしのよっしん
2021/05/13(木) 03:41:11 ID: IAvJZEhfYX
いろいろな理由があっての。
>郵送だろうがネットだろうが申請して1ヶ以上待たされる。
これについては現在善されてる。
安は1ヶであるが、カードそのものの発行は2週間程度で行われるようにはなった。
ただ、マイナポイント関連で駆け込み需要が増加して、一日にカードを渡せるキャパをオーバーしてしまってて、結果一ヶほどかかったりする。
>手元に届くのはカードではなく交付通知のハガキ
本人に直接手渡すのが原則なので……DV夫が勝手に妻のマイナンバーカードを取り上げたりとかする可性があるんで。
>記載されてる役場の開庁時間(平日日中)に電話で予約を入れる
自治体にもよるけど予約でも大丈夫です、ただしその場合並んでもらうことになりますので予約を入れたほうがいいです。
>予約日時と時間の定は不可。役場の職員の都合のいい時間をあてがわれます。
これも自治体によるかと、々は定可です。
>期日内に受け取りができなかった申請からやり直し
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
368 ななしのよっしん
2021/05/13(木) 03:45:04 ID: IAvJZEhfYX
それと、現在保険組合の保険発行義務止」が検討されてるので、決定があってからだとまた駆け込みで窓口パンクしてしまいます。
「後でいいや」と思わず、写真携帯自撮りでもいいので、めの取得をおすすめいたします。
369 ななしのよっしん
2021/05/31(月) 18:46:30 ID: qv/VOAq6Fy
行ってきた、予約受け付け可なのが一週間くらい先だったが混雑具合見て納得。
受け取りまで十分くらいだからそこまで拘束はされなかったが。