マイネルレオーネ単語

マイネルレオーネ
4.0千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

マイネルレオーネ(Meiner Leone)とは、2012年生まれの日本現役競走馬である。黒鹿毛

色んな意味で危険すぎる血統と非常に小柄なで知られる障。障オープンの最軽量勝利記録と、中山競馬場大障コース日本最軽量出走記録を持っている。

な勝ち
2021年ペガサスジャンプステークス(OP

血統表

ステイゴールドウェンブリー、サッカーボーイという血統。

はい、「これはまた気性がヤバそうな血統だなおい」ぐらいのことは競馬ファンであればでも思うだろうが、ステイゴールドの両についての知識がある人であれば、この基本情報だけで彼の血統のヤバさを嗅ぎつけたかもしれない。

というわけで、まずこの血統表を見ていただこう。

ステイゴールド
1994 黒鹿毛
*サンデーサイレンス
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ゴールデンサッシュ
1988 栗毛
*ディクタス Sanctus
Dronic
ダイナサッシュ *ノーザンテースト
*ロイヤルサッシュ
ウェンブリ
2004 栗毛
FNo.1-c
サッカーボーイ
1987 栃栗毛
*ディクタス Sanctus
Dronic
ダイナサッシュ *ノーザンテースト
*ロイヤルサッシュ
クラウンアスリート
2000 栗毛
*アフリート Mr. Prospector
Polite Lady
*クラウンフォレス Chief's Crown
*プレイメイト

クロスゴールデンサッシュ,サッカーボーイ 2×2(50%)

おわかりいただけただろうか
ゴールデンサッシュとサッカーボーイの全兄妹クロス血量50%という危険な配合で生まれたのが彼である。人間でいえばいとこ婚にあたるため何となく問題なさそうにも思えるが、両50%同血というのは競走馬の配合としてはかなりヤバい。濃すぎるインブリードは体質の弱さ、生殖の問題、そして気性の荒さなどといった問題のあるが産まれがちなのである。

しかもその全兄妹クロスで掛け合わされたのが、あの超絶気性難で知られたサッカーボーイ
そのにして気性難ゴールデンサッシュが産んだステイゴールドもこれまた極めつきの気性難
そしてステイゴールド産駒には、ドリームジャーニーナカヤマフェスタオルフェーヴルゴールドシップといったいずれ劣らぬ気性難の名が名を連ねる。

というわけで、ステイゴールドサッカーボーイの全兄妹クロス2×2という気性難のが産まれないはずがない危険すぎる配合で産まれたマイネルレオーネは――。

気性には特に問題がないそうである。アフゴのようにゴールドを失ったわけでもないのに。マジで?

ただし、濃いインブリードはどうやら彼のを及ぼしたようで、デビュー時の体重は392kg。その後もずっと400kg前後をうろうろしており、最高でも414kgしかない。さすがにメロディーレーンほどの極端な小ささではないが、それでも競走馬、特に障害競走を走るとしては記録的に小柄な部類に入る。
チビで知られた同ドリームジャーニーですら一番軽かったときで410kg、一番重かったときで442kgあったのだから、マイネルレオーネの小柄さがよくわかる。
この小さな身体で60kg以上を背負って大きな障をがんばって飛越する姿に、障害競走ファンからは「障界のメロディーレーンと呼ばれているとかいないとか……。

小さな獅子

マイネルレオーネ2012年2月15日に新ひだか町・田中牧場で生まれた。
2013年北海道サマーセールに上場され、一口馬主クラブサラブレッドクラブラフィアン1050万円で落札され、1口36万円×50口(=1800万円)で募集された。

名のレオーネ(Leone)はイタリア語ライオンラフィアン公式ページによると、「名よりサッカーイングランド代表の「スリーライオンズ」を連想」とのこと。ウェンブリーの名は、サッカーイングランド代表の本距離ウェンブリー・スタジアムに由来する。

平地競走時代

東・清水久詞厩舎に入厩し2014年11月9日京都2000mの新馬戦デビュー。8番人気9着。
次の未勝利戦は14着に撃沈。5ヶ休んで3歳となり、4月から未勝利戦に復帰して9着→3着→3着ときて6月、6戦未勝利戦を勝ち抜ける。続く7月500万下では2着に入るが、以降は苦戦し勝ち上がったのはおよそ1年後の4歳5月。しかしすぐに降級となったのでその後も500万下に据え置きとなった。
一度は勝ち抜けた500万下なのですぐ突破したいところだったが、その後はまた勝ちきれないレースが続き、9ヶかかって5歳2月500万下をようやく勝ち上がる。

1000万下では4着→5着→8着→4着ときて、6歳となった2018年1月に5戦睦月賞で勝ち上がる。ちなみにこのときの彼の体重は398kg。彼の次に400kg未満で特別競走を勝ったのが2021年1月の中特別を勝ったメロディーレーンである。

1600万下では4着→7着→9着→5着→9着とさすがに頭打ちの感が出てきて、6歳から障害競走に転向することとなった。

ちなみに清水久詞厩舎の同期キタサンブラックがおり、併せをしていたことがある。

障害転向後

2018年7月7日福島競馬場の障未勝利戦で障デビュー。4番人気7着。
9か後の2019年4月に入障7戦で勝ち上がる。
オープン戦では2着4回3着1回と好走するものの勝ちきれないレースが多かったが、8歳となった2020年4月福島オープンクラスでの初勝利を挙げる。このときの体重は408kgで、オープンの最軽量勝利記録マーク

ここから重賞レースに挑戦し、京都ハイジャンプ4番人気4着、小倉マージャンプ4番人気4着、阪神ジャンプステークス6番人気6着と人気通りの着順。
年が明けて2021年、9歳初戦のオープンで1着(このときも408kgで最軽量タイ)、特別レース春麗ジャンプSで2着。

2021年3月19日ラフィアンの創設者・岡田繁幸死去。
3月20日ペガサスジャンプSには岡田の個人所有馬であるトラストが出走、9かぶりの出走ながら障レースでは重賞以外では敗の実績が評価され2番人気に支持されていた。
そのトラストはレース逃げを打ち、最終障も先頭で通過。そのままゴールを駆け抜けようかというところに勝負服が強襲!
4番人気マイネルレオーネが差し切り勝ち。2着にトラストと岡田所縁の2頭のワンツーとなった。
そしてこのときの体重は406kg自身の障オープン勝ち最軽量記録更新した。

続いて京都ハイジャンプ標に、いざ重賞獲りへ再挑戦!というところで軽度の屈腱炎を発症、このあと1年近く休むことになった。

10歳となった2022年2月春麗ジャンプSで復帰し4着。
そしてJ-GⅠ中山グランドジャンプにいよいよ初挑戦。9頭立ての5番人気、さすがに大竹柵障には苦労していたようだが、後方から徐々に押し上げていき、直線ですごい末脚で猛然と追い込んで3着。勝ったオジュウチョウサンとは0.3差で、その末脚は10歳のものとは思えない強いものだった。
そもそも11歳で勝ったオジュウチョウサンのせいで感覚が麻痺しているが、10歳中山GJ3着というのも充分にすさまじい。ステイゴールドの血か、さらにサッカーボーイで補強されているのか。
そしてこのときのマイネルレオーネ408kg1986年以降では調教の大障コース出走の最軽量記録だそうである海外では2004年中山GJに出走したフランスネリエット366kgという記録がある)。それで63kgを背負ってあの末脚なのだから、ステゴ一族の血おそるべし。

10月16日J-GⅡ東京ハイジャンプで復帰予定。年末の中山大障害へ向け、オジュウチョウサンをはじめ、重賞連勝中の同厩の仲間ホッコーメヴィウス、1年以上の休養からなぜか地をいて戻ってきたスマートアペックス、三隼人ラストラン重賞初制覇でおなじみマーニといった重賞が出走予定で、なかなかのメンバーになる見込み。初重賞、そしてJ-GⅠの頂きをして小さな獅子は進む。

血統余談・補足

前述の通り、ウェンブリーの名意味は「イングランドサッカー聖地と呼ばれるスタジアム名」。サッカーボーイらしい命名である。
そのディンマキサッカーにおけるプレーの一つで頭を使ってボールを扱う+人名」。*シンボリクリスエスサッカーボーイではない。
そのハンソデバンド真冬でも半袖ユニホームを着用するサッカー選手名」。マンハッタンカフェサッカーボーイではない。
そのロングスローイン元サッカー日本代表小城選手の得意技」。ジャングルポケットサッカーボーイでは(ry
そのチモシュート「血ももないような厳しいシュート練習より」。*アルカセットサッカーボーイ(ry
ウェンブリーを含めたこれらのサッカー名のオーナーオフサイドトラップ渡邊
クロスの宝庫」*エルコンドルパサー馬主として知られる人物であり、繁殖牝馬としてのウェンブリーのオーナーも彼である。マイネルレオーネの配合も、きついクロスで成功した*エルコンドルパサー再現を狙ったようにも見える。

3代*クラウンフォレストのニューイングランドはテイエムハリアー2013年京都ハイジャンプ優勝
ネコパンチ2012年日経賞優勝)らの
4代は*プレイメイトWoodmanであり近に*アサティス、*リズムなど。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マイネルレオーネ

1 ななしのよっしん
2022/05/11(水) 12:59:41 ID: x4R0MFy8Eo
作成乙

メロディーレーンちゃんの婿にできる小柄な補がだいたいステゴ産駒なのは辛いところ。
の全ドリームジャーニーディクタス濃縮のマイネルレオーネ
血統的に配合してマシなのはどっちだべな?
2 ななしのよっしん
2022/05/11(水) 20:52:26 ID: lqAcGaMca4
マイネルレオーネじゃない?どっちも気性に問題ないみたいだし
3 ななしのよっしん
2022/05/18(水) 01:13:38 ID: AdCh7zV5sv
いつの間にか記事ができてた
作成乙です
はじめて血統表見た時は思わず3度見したなw
現実もこういう配合ってあり得るんだね
4 ななしのよっしん
2022/05/24(火) 01:15:50 ID: +bVbF+CnAn
レオーネ君も、多分オジュウが居なかったら2022年界の〇強の一とかって存在にいたんだろうなと感じさせる中山GJの走り……ブラゾン君とかダッサイ君とかおじじとかホファヴルト君とかも、そもそも元祖絶対王者アップからして、ほんと生まれた時代が悪すぎたというか……。あと何かにつけてオジュウの偉業達成の立会人になってるシンキングダンサー君とか。
5 ななしのよっしん
2022/06/04(土) 02:02:56 ID: mk7Ee90WS5
>>1
8割方ジョークで言ってる…と思いたいがステゴの2×3は既に居るんだよなあ…
6 ななしのよっしん
2022/06/27(月) 13:42:46 ID: 0jmRMLPQRt
日本人ステゴ好きすぎん
も大好き
7 ななしのよっしん
2022/07/10(日) 14:46:23 ID: x4R0MFy8Eo
>>2
まぁそうだよね、ドリジャ,オルフェの1×2なんて特濃にべたら
サカボ,サッシュ3×3×4でステゴ2×3の方がマシよな。
・・・なんか阪神でむっちゃ強そうな血統やね?

>>5
んー、個人的には5割弱は本気よ?
ディクタス系統から頑丈で成長のある競走馬が少しでも多く出てほしいからね。
8 ななしのよっしん
2022/07/14(木) 20:26:07 ID: lqAcGaMca4
>>3
ワイズメアリーというがいましてね
9 ななしのよっしん
2022/10/07(金) 19:36:07 ID: PVqltiVHDg
マイケルコルレオーネ