マインドシーカー単語

マインドシーカー
3.0千文字の記事
  • 24
  • 0pt
掲示板へ

マインドシーカーMINDSEEKER)とは、1989年4月18日ナムコ(現:バンダイナムコエンターテインメント)より発売されたファミリーコンピュータソフトタイトルである。

概要

ジャンルコマンド式のアドベンチャー

プレイヤー超能力を身につける特訓を「ファミコン」で行っていく。

メディアで有名であった超能力者「エスパー清田」こと清田益章(作中は漢字が使えないので「エスパーキヨタ」名義)が監修しており、作中でも彼の導のもと超能力を開発する。

※ 下記にゲーム概要が記載がされています
  観覧する場合にはモニターに念を込め透視してください。

初プレイヤーは超能力開発センターにおり、そこでキヨタからそれぞれの超能力の訓練を受ける。施設内では以下のトレーニングが行われる。

トリップリラクゼーション)
超能力を使う為に精の緊をほぐす。(厳密にはこれは訓練ではない)
透視
裏返しに表示されたカードに描かれた模様を当てる。
表示されたランプを点させる。
予知
5つのランプのうち1つだけるので、それを当てる。
通り訓練が終わると卒業検定を行える。試験は透視・念・予知の3種類で合計17点を取ると合格となる。
合格すればエスパーとして認められ、センターから出ることが出来、中を移動できる。
それぞれの施設(若しくは移動中)に他のエスパーがおり、彼らにを使ってみせろと言われる。成功すればこちらのPSI値が上昇し、一定値に達するとサイレベルが上がるが、失敗するとPSI値が減少してしまう。サイレベルが上昇するとイベントが進行する。

最終試練

※ 以下にエンディングまで関わるネタバレが含まれます。
  この下には何も書かれていませんので、この先何が書かれるかを予知して読んで下さい。

サイレベルが最大まで上昇すると、最後の試練に挑む事ができる。

内容は透視と念の2つである。予知が何処へ言ってしまったのかは定かではいが、とにかく今まで培ったこれらの超能力を駆使し、エスパーキヨタが待つの向こうへと辿り着くのが的である。
を全て開け、エスパーキヨタに会う事が出来れば晴れゲームクリアでありエンディングを見る事が出来る。

…が、この最後の試練がとてつもない難関である。

まず最終試練の場所である「パワースポット」の入り口のからして念ロックがかかっているのだが、この念センターでは40回中16回程度HITさせられればクリアであり、中のイベントでも10回あたり4回とか5回程度のHITクリアとされる。中には10回中7回当てろとかを言ってくるもいるが、そういうとのイベント無視することも出来る。
しかし、必ず通る事になる最終試練のこの念担当のノルマは、なんと40回中24回である。
ノルマ20回ならば数回やってれば直ぐにクリアできるが(イベント一発勝負であるため、その数回でクリアできるゲームでも結構痛いを見るのだが)、たった4回増えただけでも難易度が格段に上昇する。具体的な確率は計算が面倒くさいので省くが、7~8回に1回成功するかどうか程度である。

幸運にも(運とか言っている時点で超能力とか忘却の彼方であるが)パワースポットの入り口をこじ開ける事に成功したエスパーは、第1のの開錠に挑むことになる。また念ロックであり、ノルマ地獄の24回

幸運にも第1の(中略)成功したエスパーは、当然だが第2のの開錠にチャレンジする事になる。
しかし第2のは何故か5つあり、開錠の前にまず「どのが向こう側へ通じているのか」を透視によって見抜かなければならない。まるでどこかのウルトラクイズみたいなノリである。
1発勝負のこの透視を外せば、第1のの念アタックのところからやり直しである。(流石に入り口のは開いたままであり再チャレンジの必要はない。)

幸(中略)は、向こう側に通じている事を見抜いたの第2のの開錠にいよいよ挑む。果たしてその解除方法とは、またまた念アタックノルマ24)である。
言わずもがなアタックに失敗すれば第1のの開錠からやり直しである。

第2のの開錠に成功すれば、晴れエスパーキヨタのいる世界へと到達し、限の宇宙を感じる事ができるようになるのだ。
(正直エンディング駄に壮大すぎて大人になってから見直してもよく理解出来ませんでした) 

なお、念アタックの成功率が1/7.5、透視の成功率が1/5だとすると、第2のの開錠にまで漕ぎ着ける事が出来る確率は、1/7.5×1/5×1/7.5で1/281.25(約0.36%)である。(先述の通り入り口のは一度開ければ再チャレンジの必要はいので、連続して成功する必要があるのは第1開錠・第2透視・第2開錠の3箇所だけである)
1回チャレンジするのにおよそ3~5分(いちいちパワースポットに足を運ぶためのテレポーテーションの演出が長ったらしい)なので、24時間もチャレンジし続ければ、およそ72%くらいの人はエスパーキヨタの面を拝む事が出来る計算である。

余談

※ 以下にはこのゲームの内部プログラム的な話が含まれます。
  ページが正しく読み込まれない可性が高いので、念ページ読み込んでください。

このゲームの「透視」と「予知」は、トレーニング・試験のものも学校の外で出会う人に出題されるものも、いずれも5択問題となっており、一見では見たが違うだけで同じミニゲーム試練なんじゃないかと言う疑惑を持たれる事が多いが、実はそうではない。

「透視」に分類されるお題は、裏向きのカードが提示された時点、ハコに隠された物品が提示された時点で、正解が何なのか決定している(エミュレータによるクイックセーブを利用して何度やり直しても同じ答えが出る)。
つまりブラウン管または液晶画面の向こう側を透視する事が出来れば、時を巻き戻さなくても正解を知る事が出来る。

一方で「予知」に分類されるお題は、5択を選んでボタンを押して決定する間に正解も決定される(クイックセーブを繰り返すとロードするたびに答えが違う)。
従って正解を知るには「ボタンを押した後の未来」を知る必要がある。

予知だけあれば透視もカバー出来るような気がするのは気のせいだ。

ちなみに念ボタンを押した間に1回ずつ判定される。クイックセーブを使いまくれば40/40回も余裕で出せる。

ちなみに、本作のWikipediaではなんと関連項目に『クソゲー』が併記されている。理由は言わずもがなであるが、直接的言及を避ける傾向にある中で関連項目入りしている例はしい。

関連動画

プレイ動画

TAS

RTA

2017年4月2日投稿されたRTA動画を契機にブームが起こり、2017年中に熾更新合戦が行われた。
現在のところ、1時間7分57が最速記録である。

紹介動画など

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

※ 以下にはこのゲーム関連項目が記載されています。
  この記事を読んで培った超能力の全てを駆使して、記事を開いて下さい。

関連リンク

※ 以下にはこのゲームの関連リンクが記載されています。
  ここまで来たあなたなら容易くリンク先へ脱出できるでしょう。

  • 『マインドシーカー』3つの大嘘 - 本作について検証・特集した記事。

【スポンサーリンク】

  • 24
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

マインドシーカー

134 ななしのよっしん
2022/04/25(月) 18:24:10 ID: JSweiV583J
運ゲーなのはもう仕方ないとして、演出面をもう少し頑れなかったのかな

例えばレベルが上がると念で画面上の物を動かせるようになるとか、ほしをみるひとみたいにNPCの心のが聞けるようになるとか
そういう超能力が身についたんだと思わせる演出が欲しい

運ゲーだからというより超能力を自発的に使えない、使う場面が試験しかないから面くない
135 ななしのよっしん
2022/04/25(月) 18:30:30 ID: Hbj8sOAsh3
だって超能力が身につくのゲーム内の主人公じゃなくてコントローラ握ってるプレイヤーだし…
136 ななしのよっしん
2022/04/30(土) 04:56:23 ID: uK5dxqROrY
何でこういうゲームが作られたのかと言うと、
時子供たちの間で超能力ブームだったからだろうな。
Mrマリックをはじめ、コロコロサイキック丸と言う漫画が連載されスプーン曲げの玩具やらが売れて、これは売れるとナムコが思ったんだろう。
マリックはギャラが高いか断られたから微妙エスパー清田オファー出したりして。

社員「これは凄くない!社長これは売れませんよ!」
社長「よしタイトルマインドシーカーだそれ以外は認めん!」
社員「・・・・!?
137 ななしのよっしん
2022/05/09(月) 15:20:33 ID: BefMPpUxuX
変態詐欺師「透視!念!予知! 透視!念!予知!って感じで…」
138 ななしのよっしん
2022/05/14(土) 02:38:11 ID: JSweiV583J
>>135
何も言い返せんかったわ…
139 ななしのよっしん
2022/06/01(水) 02:27:46 ID: kc3CrgIoCT
プレイヤーめるのは思想は真剣遊戯のそれと同類なんだけど、なにせこっちは超能力が要されるのでそのターゲット層は真剣遊戯より狭い
140 ななしのよっしん
2022/06/13(月) 00:13:23 ID: P3XhAsNhmb
>>129
気持ち悪い
141 ななしのよっしん
2022/09/17(土) 10:14:15 ID: P3XhAsNhmb
YouTuberうざい
142 ななしのよっしん
2022/11/12(土) 06:10:43 ID: LkguX9fHbu
>>136
Mr.マリックが使うのはハンドパワーによる魔術(という設定)だから超能力とは別物だと思う
名前からしマジックトリックだから超能力要素がどこにもない
143 ななしのよっしん
2022/11/27(日) 11:16:03 ID: y4ommSKM32
当時は超能力ブームというかオカルトブーム
なんか1970年代ユリ・ゲラー超能力ブームから1999年ノストラダムスの大予言くらいまでずっとオカルトブームだった気がする
('90年代はそれほどでもなかったが)。

>>136
Mr.マリックテレビに出るようになったのは1988年
開発期間を考えると1989年4月発売のマインドシーカーとは多分関係ないだろう。

>>142
Mr.マリック超能力とは言ってないのに、
当時Mr.マリックに対して「奇術だ」「トリックだ」「インチキだ」とか言う人がいたという変な話
Mr.マリックトリックを暴く番組とかもあったし(元々超能力ではないのでタネがあって当たり前)。