マエダ単語

マエダ

マエダとは、ニコニコ動画ゲーム実況プレイヤーの一人である。男性
初期は「ヤン・ウェンリー」という名前で、自分(ヤン・ウェンリー)が主人公マエダを見守るという設定であった…が、現在ではおそらくかったことにされている。

概要

実況プレイ動画を見るのが好きでたまらず、ついに実況する側に回ってしまいました」ポケモンルビー実況part1より)とのこと。
「暇な大学生○○ゲーム名)を初プレイ実況してみた」というタイトル実況プレイ動画投稿している。(初作のポケモンルビーは「初プレイ実況」となっている)

タイトルにある通り、今まで実況してきたゲームは全て初プレイである。
そのためgdgdプレイになることも多いが、視聴者アドバイスによってプレイ技術がどんどん向上されていくことが多い。
コメントは毎回読んでおり、(かなり無茶振りの)アドバイスや要望に答えようとするサービスの持ちである。

実際にポケモンルビー実況では、プレイでも捕獲が困難なポケモンヒンバスを驚異のりにより捕獲し、ミロカロス進化させた。(更にミロカロスへの進化方法は極めて特殊であり、初プレイではほぼ入手不可能と言っても過言ではない)

視聴者に対してりかけるように、また敬語を用いて実況するのが特徴。
これに好印を持っているユーザーも多いとか。
また動画にしばしば(毎回?)親の介入があり、視聴者からは「恒例行事」としてみなされている。

記憶は良い方だが、たまにキャラ名をど忘れしたり、ポケモンタイプ相性を勘違いする一面も見せる。
またツンデレが好きで、男の娘キルリア)やメイドさんにもかなりの反応を示すことも。

ネーミングセンスにはすばらしいもの(?)があり、視聴者としては毎度(苦笑)という感じである。

実況時は編集ノートを用いて編集に備えるところから見て、帳面な性格だと思われる。

関連動画

まとめマイリスト

1作ポケモンルビー

 

2作ポケモンプラチナ

 

3作FF12

      

4作デモンズソウル

 

 5作テイルズオブヴェスペリア

 

 6作ポケモンハートゴールド

 

 7~9フリーゲーム実況:「冠を持つ神の手」、「シルフェイド幻想譚」、「今のを感じて」)

 

 10作戦場のヴァルキリア

 11作ロロナのアトリエ

 12作テイルズオブグレイセス

 13作トトリのアトリエ

  14作ゼノブレイド

 15作ポケットモンスターブラック

 16作Ruina廃都の物語


ポケットモンスタールビー実況

初代ぶりにポケットモンスターシリーズプレイしたという事で、最初はシステム進化面に驚いていたようだ。

レベル差や相性の勘違いなどからジム戦では毎回かなり手こずることが多い。
しかしその困難を奇策とアイテムで乗り切り、驚きの戦術を編み出していくプレイは一見の価値有りである。

ちなみに全編を通してかなりのアイテムであった。
それを視聴者摘されたからか、次回作では初プレイながら縛りプレイを自らに課した。

 
マエダ軍団(最終回

全体的に補助技に優れるテクニカルチーム。その反面、決定は低いが、決めるときは決める。

ウシロダ Lv54(アチャモワカシャモバシャーモ
記念すべき始めてのポケモン。マエダ自身、「ネーミングセンス最悪とか言わないで下さいね」と言っていた。
しかし、プラチナ実況でも最初のポケモンの名前をウシロダにしたため、結構気に入っているようである。
チャンピオン戦ではダイゴの切り札「メタグロス」とギリギリの戦いを行い、見事勝利した。 
タイ ヤキ Lv47(ジグザグママッスグマ
多くのプレイ動画ではものひろい要員・秘伝要員としての活躍しかないマッスグマだが、このシリーズでは最後までパーティ入りし続けたポケモンである。
ちなみにものすごく良いアイテムを拾ってくることが多いため、一部の視聴者からはマエダ軍団にいなくてはならないマスコット扱いされていた。
キャチャー Lv46(ツチニンテッカニンヌケニン))
ツチニン時代に「UFOキャッチャーのワームに似てるから」という理由でつけられたニックネーム
マエダ軍団最速の名を欲しいままにしている。
ちなみに「ツチニンは面進化をするからレベル20まで育ててみて」という、上記のヒンバス捕獲のように視聴者コメントに答えた形での進化であった。
コジロー Lv48スバメオオスバメ
ニックネーム元ネタ佐々木小次郎。これは小次郎の「秘ツバメ返し」による。
視聴者からのアドバイスにより、特性「こんじょう(状態異常の時に攻撃が1.5倍になる)」と、
技「からげんき状態異常時に効果が倍になる)」を組み合わせた技構成になっている。
リブンド Lv47(キノココキノガッサ
キノココ捕獲時に、「キノコにはどう見ても思えない。ドンブリをひっくり返したような・・・」とのことで、
ドンブリをひっくり返して「リブンド」と名付けられた。
草タイプの技はやどりぎのタネのみで、後の技構成は「ねむる」「マッハパンチ」「かわらわり」となっている。
チャンピオン戦ではやどりぎのタネを使うことによって後続のポケモンへのアシストを行った。
アリナミン Lv55(ヒンバスミロカロス
上記の通り、捕まえるのに一番苦労したであろうポケモン
マエダ軍団の活(栄養剤)となってくれることを祈ってつけられたニックネーム
高い耐久を活かして、「どくどく」「じこさいせい」と長期戦向けの技構成となっている。
ミロカロス進化してからはエースと言っても過言ではないほど、かなりの活躍を残した。 

 

ポケットモンスタープラチナ実況

ルビーの次に行った実況

特性などのシステムにも慣れたからなのか、突如「戦闘でのアイテム使用禁止」という縛り初プレイながら行った。前作でのアイテムぶりを知っている視聴者からは理だろ」「やめとけwwとの心配のが続出した。
だが「全滅しまくるだろう」という視聴者の予想には反して、そこには前作での経験を生かしてジム戦などをサクサクとクリアしていくマエダの姿があった。 

しかし敵AIの強化もあり、四天王チャンピオン戦はマエダも例に倣ってポケモンリーグ戦では毎回闘を繰り広げた。
特に1番手のリョウ戦・チャンピオンシロナ戦ではかなり苦戦したが、その分さまざまな奇跡を起こした。

 
マエダ軍団(最終回

全体的に物理攻撃が高いパワフルチーム。その為相手が物理耐久に優れると苦戦しやすいが、個々の素さや耐久も高くバランスもある。

ウシロダ Lv65(ナエトルハヤシガメドダイトス
マエダの相棒その2。前作と同様にニックネームウシロダとなっている。
なかなか良い技を覚えるため、視聴者アドバイスなどから慎重に技構成を行った。
中盤からはなかなか活躍の機会が与えられなかったが、チャンピオン戦でシロナの切り札であるガブリアスを倒すため見事なアシストを行った。
ちなみに初期はウシロダ以外のパーティーがほとんどメスであったため、視聴者の間では「ウシロダハーレム」という単も生まれた。
強化チャンピオン戦ではシロナの切り札「ガブリアス」とギリギリの戦いを行い、見事勝利した
ミッキー Lv66(コリンクルクシオレントラー
ルクシオ時に「なかなか可愛い見かけをしている…ネズミーマウスみたいな」ということでつけられたニックネーム
もしマエダが消された時は多分これが原因である。
終盤ではメロメロとどくどくで優秀なサポートを行ってくれた。
必殺技「ディ○ニー○ンドクラッシャー」!!
ビクトリー Lv65(ブイゼルフローゼル
ブイゼルのVはビクトリーのV。
徳川家康みたいな感じだな」とマエダからは思われている。
パーティーの中でもレベルは低めだが、秘伝技を2つも受け持ってくれている優秀なポケモン
四天王キクノ戦やオーバ戦など、若干マハラジャに活躍の場を奪われてしまっている。
アサズバ Lv66(ズバットゴルバットクロバット
前作ルビー実況での「あやしいひかり天国(命名:マエダ)」で、ズバット系統にうんざりしていたマエダ。
江戸の敵を長崎ではらす、ルビーの敵をプラチナで取る」と適当な理由で捕まえることになった。
 
終盤の大活躍をが予想しただろうか。
序盤はボックスに眠っていたが、後にきりばらいそらをとぶ秘伝要員としてパーティー入りをした。
はねやすめとあやしいひかりを覚えたことから縛り内容的にかなり使いやすいポケモンとなり、クラウントゲキッス)とのパーティー争いを見事制した。
ちなみに前作でうんざりしていたハズのあやしいひかり天国がマエダの基本戦術である。
 
しかしアサズバの評価が跳ね上がったのは闘の連続だったポケモンリーグでの活躍ぶりである。
リョウ戦での大逆転やシロナ戦でのガブリアス撃破など、山場には必ずアサズバの姿を見ることができる。
殿堂入り時にはマエダも感謝の言葉を惜しまず、視聴者からはMVPMost Valuable PlayerPokemon)はアサズバ」とのが多かった。
ハチ Lv64(デルビルヘルガー
ニックネーム元ネタ忠犬ハチ公から。
実はマエダ軍団の中では一番レベルが低かったが(殿堂入り時)、美味しいところをもっていくシーンが多かった。
特筆すべきはハチの最大技であるだいもんじスナイパーっぷりである。
命中率は85と決して安定して使える命中ではないのだが、要所で全く外さないのがハチの良いとこどりの原因ともなっている。
マハラジャ Lv65(ラルトスキルリアエルレイド
根性のあるプレイ定評のあるマハラジャさん。
リアル襷からの急所アタックで相性の悪さを感じさせないプレイ視聴者の心を惹きつけた。
いじっぱりというエルレイドにぴったりの性格も合わさって、攻撃の高さはマエダ軍団随一。
つるぎのまいを積んだ時にはさらにその攻撃に磨きがかかる、マエダ軍団のエースとも言える存在になった。
実際、四天王キクノ戦は(ピンチも迎えたものの)マハラジャ無双となった。

 

ポケットモンスターハートゴールド実況

初プレイにしてポケモンセンター戦闘中アイテムPP回復の縛りをしている。但しウシロダ(ワニノコ)はパソコンによって回復が可PPが切れる、もしくはHPが0になったポケモンパソコンという名の墓地に送られ、二度と復帰できないらしい(が、実際はげんきのかけらで復活できることになっている)。プラチナではアイテム縛りをやり遂げたものの、プラチナと同じく視聴者からは理だろ」「やめとけww「今回ばかりは不可能との心配のが続出した。勘の鋭さに定評のあるマエダだが、チャンピオンワタルということには全く予想ができず、思わず絶句。

視聴者からは「~のジムで詰むなw」などとコメントが多発したが、立ちはだかるジムリーダーライバルとも、多少の苦戦はしながらも「あやしいひかり」や強運により、負けることなく勝ち進むマエダの姿が・・・。

イブキ戦、四天王戦、そしてチャンピオンワタル戦では今までのではない程の運を発揮する。そして、レベル40台で殿堂入りをするという偉業を成し遂げた。

近作はマエダの強運が最もいたがこれは『』である。

 

マエダ軍団

物理攻撃、物理防御、特殊攻撃、特殊防御、素さ、補助技の全てに優れる万チーム

ウシロダ Lv65(ワニノコアリゲイツオーダイル
マエダ軍団のリーダー。これまでは炎タイプ草タイプと選んできた為、水タイプワニノコを選択した。過去の2作同様にニックネームウシロダ。 その高い攻撃耐久のおかげでマエダ軍団随一の戦闘力を誇る。見たはヤンキーであり、女にしか興味がないらしい。どんな敵にも安定して戦うことができ、3戦レッド戦ではメンバーの中で一番活躍し、カビゴンラプラスというレッドポケモンの中でも手強い2体を仕留めた。
ハデス Lv65(コラッタラッタ
マエダ軍団のムードメーカー。初期はが低いガチ空気だったが、徐々にネタキャラになっていく。ニックネームの由来は「です」から。しかし進化すると中盤あたりではあらゆる技を覚え、逃げ速さ、安定した戦闘が重なりかなりの活躍を残した。が、りに強メンバーがいるため、後半では少し遅れを取っている。視聴者からは度々「浮いてる」やら「外すべき」と言われ続けたが、四天王チャンピオン戦でもしっかりと仕事をした。はかいこうせんを良く連発していたが、四天王戦から全く使わなくなった。「死のハデス」とも呼ばれ、16個のバッジをかけたグリーン戦では6回連続メロメロを決めており、これは運と言わざるを得ない。終盤ではいかりのまえばで確実にHPを削る役割を持っており、中々安定していたと言える。
わたあめ Lv65(メリープモココデンリュウ
マエダ軍団のマスコットキャラクター。マエダも特別扱いしてしまう。ニックネームの由来は「わたあめ」にしか見えないから(デンリュウ進化してからは綿アメを食べた後に残る棒の部分ということにしている)。モココ時代は攻撃技が少なく解雇補だったが。進化してからは重な特殊要因として活躍。伝説のポケモンを捕まえるのに大いに役立ったポケモンである。重要なところで幾度となくせんせいツメが発動し、わたあめ先手を取る姿は印深いであおう。
ハチ Lv65(ガーディウインディ
ニックネームの由来は前作プラチナハチヘルガー)と同様に「忠ハチ公」から。進化する条件が中々厳しいため、中盤から後半にかけて戦になってしまっている。しかし技が優秀なため、相性がよければ安定して勝つ。進化すると、そのは凄まじいまでに向上した。前作のハチべて耐久も安定しており、いかくもかなりの仕事を果たした。さらに両という器用さを誇り、総合ではウシロダ以上とも言える。レッド戦では相手最後の手持ちであるリザードン先手かみなりキバ打ち込み、いいとこ取りをした。
おちゃくみ Lv65(ネイティネイティオ
マエダ軍団のお茶み係。ゴッツンコ(ゴースト)や、センベイ(ゴローン)に代わってマエダ軍団に入った。ニックネームの由来は恐らく「お茶み」から。捕まえた当初は攻撃技がなく微妙だったが、進化してからは「あやしいひかり」の達人として活躍し、イブキ戦はコイツがいないと勝てなかったであろう。また、チャンピオンワタル戦ではカイリューに対し、先手のあやしいひかり打ち込み勝利への引き金となる。「おちゃくみ」というの使い手。レッド戦ではフシギバナに急所のサイコキネシス打ち込み、仕留めた。特にラプラス前にったひかりのかべは勝利への鍵であっただろう。
あんとにお Lv65(ウリムーイノムーマンムー
マエダ軍団の。ナベ(カモネギ)に代わって入った。ニックネームの由来は恐らく「アントニオ猪木」から。バッジ7個の状態から突如仲間になった。攻撃はマエダ軍団最強で、チャンピオンワタル戦では、交代や恐るべき強運のおかげでプテラカイリュー2体に勝利するなど、なくてはならない存在であった。素さも意外と高く、先手も取れるので璧かと思われることもあるが、特殊攻撃には滅法弱い。シリーズを通してワタル戦で大活躍をした伝説の女。

ペルソナ4

マエダのペルソナ実況1作。相当ハマったらしく、わずか1か弱で100パート以上という驚異的なアップ速度を維持しつつエンディングを迎えた。

ペルソナ4では学生生活を通じて戦闘力を鍛える以外に、怪奇事件のを解くというミステリー要素もあるが、マエダは時に視聴者から既プレイを疑われるほどの冴えわたる名推理で、時におなじみのしい思い込みによる迷推理でこれを踏破。個性豊かな女性達に囲まれたリア充ライフを送ることになるはずだったが・・・。

八百万が登場するペルソナ作品だけあってかサウンドレコーダー・コントローラーの怪演も見事な本シリーズ。はたしてマエダ率いる自称特別捜隊はあらゆる虚飾を振り払い、真実を追いめることができるのか。

ペルソナ3Fes

マエダのペルソナ実況2作ペルソナ4が明るい作だったに対し、こちらは多少ダークな作のため、マエダ自身も雰囲気を重視していく予定だったらしいが結果は逆だった

ルソナ4でのコミュ経験を活かし、最大9人の女性と交際できるという本作で次々と彼女を作ってはかわりがわりに付き合いだす。クライマックスではマエダクオリティを存分に発揮したことはいうに及ばず、安定のキモさを発揮する。ガチャりだしたジョイスティックはとまらない!

その反面、AI作戦を命して進める戦闘ではうっかりミスによりアトラス牙にかかりまくるも憑り的な強運により何とか突破していきペルソナ3の、特に終盤付近の畳み掛けてくる動のシナリオ展開を全く壊すことなく、非常にアツいプレイを魅せた。

関連リンク 

暇な大学生が実況してみたブログ。exit(本人のブログ) 

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%82%A8%E3%83%80

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マエダ

223 ななしのよっしん
2017/01/17(火) 15:14:30 ID: 1lm0L3iVTG
実況開始初期の頃からだいぶ見る人を選ぶタイプだとは思ったけどわざわざこんな所にまで悪口書きに来るなんてご苦労なこった。粘着質なに負けないでこれからも実況続けてもらえればいいなあ。
224 ななしのよっしん
2017/03/13(月) 21:30:07 ID: RfP/NXA0ev
壊滅的な記憶
コメントいちいち一言多い(しかも相手を小馬鹿にした内容)
作業用bgmには丁度いいな
225 ななしのよっしん
2017/05/01(月) 13:24:08 ID: jfcBksD7oY
テンプレみたいなツンデレ
HGSSライバルかな?
226 ななしのよっしん
2017/05/31(水) 03:37:17 ID: 97g90mz+MV
なんだこれクソ
○○じゃないですかクソ
どうなってんだクソ
みたいなクソーの畳みかけがキラ

たまにり出す蘊蓄は好き
227 ななしのよっしん
2017/10/07(土) 09:52:43 ID: ZBiBSjWdaa
ダークソウル3実況が恐ろしく伸びてないから見てみたけど、こりゃ伸びないわ
苦戦する→何度も挑んでやっと倒せる→なんだ、大したことないじゃんコイツみたいな発言
って流れがワンパターンだし、デモンズからの経験者にしてはゴリ押しするしかがなくて下手すぎるわ
228 ななしのよっしん
2017/10/30(月) 02:43:57 ID: wepqO04EJ9
もう口癖になってるみたいだから治らないと思うけど
なんか言った後に視聴者側にりかけるように「ねー」って頻繁に言うの凄い気になる
229 ななしのよっしん
2017/11/27(月) 22:14:25 ID: zVLfDB6WRq
何作か実況見たけど惜しいね。面いんだけどゲームの魅をもっと実況できればより面いと思う。
230 ななしのよっしん
2017/12/01(金) 03:09:19 ID: 4AUlGyktsh
第三世代のポケモン実況で、初見プレイでそこそこ伸びてるのが某女性実況者とこの人くらいしかいから見てみたけど
最初のハルカに対するリアクションがガチでキモかった…
231 ななしのよっしん
2017/12/16(土) 01:50:37 ID: J9TOlwC1oS
SMやUSUMの実況はしないんかな
232 ななしのよっしん
2019/05/25(土) 22:14:48 ID: ONSWlwHmuc
セクハラ発言が気持ち悪いのはもちろんだけど
女性キャラに夢中になってゲームストーリー
ないがしろにしてるのは
ゲーム制作者にも失礼だね