マカロニほうれん荘単語

マカロニホウレンソウ
4.3千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

マカロニほうれん荘とは、鴨川つばめギャグ漫画である。

概要

1977年から79年まで週刊少年チャンピオンに連載された伝説ギャグ漫画
沖田(おきた そうじ)・ 日陽(きんどう にちよう)・膝方 歳三(ひざかた としぞう)の3人が主人公
基本的に沖田常識のないふたりの言動に巻き込まれる、という展開。

物語は新入生の沖田そうじが下宿先の「ほうれん荘」で、落第生のふたりと出会うところから始まる。
一見クールハンサムサングラスヒゲの「トシちゃん」と、少女マンガのような眼とセクシーな唇の「きんどーさん」が登場すると、あとはもうムチクチャギャグの連発と荒唐稽なストーリー読者を「ほうれん荘」の世界へ巻き込んでいく。
新しいギャグ世界が多くの若者に支持されたが、単行本にして9巻で連載は唐突に終了して、作者鴨川つばめ共々伝説と呼ばれるようになった。

一般的にギャグ漫画ではキャラクターデフォルメされた記号的なものとなりがちだが、この作品では、キャラクターリアル寄りである。しかも、コマごとに着ているが違うと言っても過言ではないほどファッショブル。もちろんギャグシーンでは大きく崩れるが。

そして、作者ロックミリタリー特撮怪獣モノへの傾倒により、それらのパロディやウンチクが随所に散りばめられている。中には一回丸々ミリタリーシチュエーションコメディとなっている回も幾度かある。また兵器の描き込みへの情熱も尋常ではなく、トシちゃんときんどーさんのおふざけへのツッコミに1ページ丸々の戦艦陸奥の絵を描いて、40センチ一斉射撃でツッコんだこともある。

扉絵も毎回ロックアーティストアルバムジャケット等の要素を取り入れたのかアーティスティックな物が多く、中には幼女の裸など現代ではかなりヤバイ題材もあるが、あくまでアートである。
いずれにしても、編集者の拙い文章では面さの1%も伝わらないと思うので、実際に読んでみることをオススメする。トイレ電話(しかも黒電話)が共用のアパート描写など、さすがに時代を感じるものもあるが、古い作品だからと敬遠することなく読んでみれば引き込まれることだろう。

連載終了から40年近くが経過した2018年5月東京中野ブロードウェイで原画展が開催され、全から多くのファンが詰めかけた。
8月には大阪・あべのandで、200枚近くの原画を展示する「マカロニほうれん荘展 in 大阪-MACARONI IS ROCK!-」が開催された。
鴨川の選曲によるロックミュージックが流れる会場では、グッズ販売も実施されたのである。

マカロニ2

1980年に「マカロニほうれん荘」の続編として連載。しかし、僅かな連載で打ち切りとなり、単行本1巻にとどまっている。

前作主人公のそうじは脇役に回り、きんどーさんとトシちゃん、そして新たになんだ之介が加わったトリオ主人公となっている。やがて真実一路(しんじつ いちろう)というクソ右翼っぽい学生メインに加わる。

主な登場人物

主人公三人組

沖田そうじ(おきた-)
主人公。絵を描くことが好き。15歳にしてアパート「ほうれん荘」に一人で下宿し、実家から離れた高校ピーマン学園」に通っている。しかし、入学初日からきんどーさんとトシちゃんに部屋にいつかれてしまい、二人のハチャメチャな言動に巻き込まれることになる。いわゆるツッコミ役であり、「いーかげんにしてください!」「もーいや、こんなせーかつ!」などがキメ台詞名前モチーフ新選組沖田総司
日曜(きんどう にちよう)
そうじの部屋にいつくことになる落第二十四回生。大学を落第して高校に戻ったという経歴の持ち。40歳。分厚い唇につぶらな瞳がキュートな「オカマ」である。自らは「◯◯の乙女きんどーちゃん」と呼び、言動は全に性別を越している。「やーねぇ」が口癖。膝方と二人で周囲を巻き込んでの悪ふざけをするのが大好きで、二人が破壊的なギャグをして周囲の人物たちがズッコけ、最後にはそうじがツッコむのがパターン名前と容姿のモチーフ新選組近藤勇セックス・ピストルズジョン・ライドン。しかし、連載が進むと容姿はしだいにデフォルメが強くなってモチーフの面どなくなるが。
膝方歳三(ひざかた としぞう)
同じくそうじの部屋にいつくことになる落第十回生。25歳。七三分けの髪型に常にかけているサングラス、口ひげが特徴の青年。当時の言葉で言えばハンサム、今に言えばイケメンであり、高校生徒達からは「先輩」と呼ばれ慕われている。「トシちゃんかんげきーっ!!」「ちょーっ!!」などの一発ギャグを繰り広げ、その時は口ひし形になる。蟷螂拳のようなカマキリの要素をもつ不思議拳法の使い手でもある。女性からもかなりモテるが、本人は特定の相手を決める気はいらしい。ある理由により定期的に人格が入れ替わり記憶は共有)、童話作家七味とうがらし」というもう一つの顔を持つ。名前モチーフ新選組土方歳三。容姿のモチーフブライアンフェリー

主要キャラクターたち

姫野かおり(ひめの-)
「ほうれん荘」の大家ショートカット長身の魅的な女性。23歳にして喫茶店アップルハウス」を切り盛りする。そうじにとっては憧れのお姉さんである。空手趣味とし、大の男三人をのしてしまったこともある。また、その空手技での物理ツッコミ賃滞納常習犯であるきんどーさんやトシちゃんに炸裂することも少なくない。だが、トシちゃんにたいしてはある種のツンデレ的感情もある模様。
後藤男(ごとう くまお
そうじのクラスの担任教師。実はきんどーさんと大学同期で40歳。「ゆかり」という妻と「太郎」という息子がいる。年の割には寂しい髪の毛と濃い体毛のせいで老けて見える。ちょっとを思わせる貌からきんどーさんたちからは「クマ」と呼ばれている。いたって教師だが、ノリ異常に良くてきんどーさんやトシちゃんの騒動にたやすく巻き込まれ、授業を妨されてしまっている。そのたびに「ノォッ」と叫ぶのが口癖。特に二人が教室ロックライブを行うとフレディ・マーキュリーなどのコスプレボーカリストとして活躍してしまい、生徒たちからは「戦慄のハードロッカー、ミスターノオ」と呼ばれているほど。
八千文子(やちぐさ あやこ)
ピーマン学園」の教師の一人。可憐な美人として描かれており、この作品のギャグの中でも崩れることがどない。トシちゃんにとって女性として意識している数少ない存在であり、一と言っていい頭の上がらない人物。
益田美(ますだ ひろみ)
そうじのクラスメイト彼女おとなしな、ある意味このギャグ作品の中では最もまともな人物。いつの間にか付き合っており、周囲にも秘密にしていたがきんどーさんたちに嗅ぎつけられてしまう。きんどーさんたちによって手に表され(彼らにしてみれば応援しているつもりだった)、そうじが秘密を漏らしたと彼女が思い込んだことから一旦破局。だが、なんのかんのと寄りが戻り、中嶋姉妹というライバル出現も乗り越えて、順調に交際を続けている。
中嶋敦子(なかじま あつこ
そうじのクラスメイト。そうじに一方的に懸想し、美との中が破局状態だった時期に接近。実は暴力団組長お嬢様でワガママかつ独善的な性格で喫煙もしている。そうじに対して体関係の既成事実を作ろうとしたがきんどーさんたちに阻止される。その後もそうじを拉致するという強硬手段に出たり、テディボーイズをやとって強迫行為をさせたりしたが、いずれも失敗。やがてレズ関係にある女番長少女A子に「カタギになる」とったのを最後に舞台からフェードアウトしている。
中嶋麻美(なかじま あさみ
敦子小学生ながらマセた少女で、以上に女の武器の使い方を心得ている。そうじを「お兄ちゃん」と慕い、すらも出し抜こうとすることがある。だが最終的にそうじに諭されてながらに諦めることとなった。
前田之介(まえだ うまのすけ
いつも垂らしている鼻水と「うーんなんだー」という口癖がトレードマークのとぼけた男。初登場時は「ラーメンの伸びて腐ったような」ときんどーさんに毛嫌いされるような鈍くてだらしのない男として描かれた。だが再登場で「なんだ之介」と名乗り、おとぼけは相変わらずながら中々に切れ者な面も見せるようになり、きんどーさん、トシちゃんと組んでのギャグトリオ的な存在になっていく。名前モチーフ新選組隊士の上田之助。
女子大生トリオ
トシちゃんのファンである女子短大生3人組。最年長のメガネっ娘由紀子(しらみず ゆきこ)黒髪ロングの片メカクレ中野そう子(なかの-)、「キャイーン」とか語尾に「~ですわん」といった非常に特徴的な口調のブリっ子斎藤ルミ子(さいとう-)。いずれもトシちゃんを「トシさま」と呼び、積極的なアプローチを仕掛けるが、最年長の由紀子は物語の後半で別の男性結婚している。
テディボーイギャング団
いつか大スターになる日を見る駆け出しのバンドマン3人組。リーダー格の伊達(だて あにき)金髪リーゼント森田(もりた かずひろ)、ちょっと厳つい顔の英二(さわまつ えいじ)暴走しがちな伊達に引っられて森田と沢がフォローに回って苦労する場面が多い。間はに建設業などのアルバイトを稼ぎ、は場末の場でステージに立っている。中嶋敦子実家とも繋がりがあるチンピラでもあり、敦子依頼でそうじに因縁をつけて美との仲を引き裂こうとしたが、そうじの男らしい覚悟をみて途中で思いとどまったり、気のいい面を見せている。
ススキ小次郎(-こじろう)
トシちゃんのライバルを名乗る武道。「ネズミ流空手」の使い手で、幼少の頃からかれこれ20年以上因縁の関係にある。主人公3人組と一緒にピクニックに来ていたかおりに出会って一目惚れ。以降は「かおり」と呼んで慕っている。とにかくトシちゃんとは出会ったら戦う宿命にある(と本人たちが勝手に決めている)ので、わざわざ「ほうれん荘」にもやってきたりしている。いつの間にかラッシーというの大きな人を喋れる(ただし外見はどう見てもネコ科の動物小次郎と勘違いしているのだろう)を相棒にしている。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%82%AB%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%81%BB%E3%81%86%E3%82%8C%E3%82%93%E8%8D%98
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マカロニほうれん荘

1 ななしのよっしん
2018/07/09(月) 22:06:27 ID: FaM9RK1rRU
現在じゃ右からも左からもお𠮟り来そうで映像化し辛いな(思想的な意味で)
とは言え援助交際の闇とか先見性ある所が凄い
2 ななしのよっしん
2018/07/09(月) 22:58:17 ID: /PjegK6t3P
一等自営業氏のデビュー作である「クリストローゼ」をパロディに取り入れる作者の感性の凄さ。
サブカルなんて言葉がまだなかった時代にこんな作品を作ったのがただごとじゃないよな。
3 ななしのよっしん
2018/10/01(月) 06:01:01 ID: C5/D3Mt0RC
全にギャグマンガの形式を大変換させてしまったなのに、直接のフォロワーが一人としていないのも伝説の一端だよな。ノリ真似した作品は多いが一歩も近付けていない。
まあ鴨川つばめ先生がブッ壊れてしまった位だから後継なんて到底ムリだし、あの時代の少年チャンピオンの勢いであれば今の漫画家は半年も持たない。
まさに時代が作ったオンリーワンの転機点という他はないだろう。
4 ななしのよっしん
2018/12/14(金) 01:55:00 ID: bC64ILqLxh
桜花発進とかの中から緊急発進する話の後2週間休載
絵も作者もぶっ壊れました何が起きたのか当時は分からなかった
残念過ぎる江口寿史の様にイラストレーターで食べていけばと思う
5 ななしのよっしん
2019/08/25(日) 07:26:53 ID: FOq7nHIVjv
チャンピオンに連載された全話が単行本に収録されてる訳じゃあないという悲しみ。
6 ななしのよっしん
2019/12/01(日) 21:06:50 ID: aea5a3pq1U
まあ最終話付近の五話は編集とのいざこざでど殴り書きで描いてて、作者から単行本には収録しないでほしい要望が来てたらしいからしょうがない
7 ななしのよっしん
2020/04/07(火) 23:57:46 ID: pmbmj+XNAo
そもそも、当時のチャンピオンの単行本は連載順序と違ったり欠番あったりがよくあったからな。元々一話完結という前提があったからだけど
8 ななしのよっしん
2022/07/30(土) 12:11:15 ID: hj5zbSQgHI
久々に見返したけどやっぱり面い。ボーボボ流行ってた頃にマカロニほうれん荘も引き合いに出して流行って欲しかったな・・・
てか元ネタ解説してくれねーかな。ネタが多すぎてどれがパロディか分からんわ