マキシマムザホルモン単語

マキシマムザホルモン

マキシマムザホルモンとは、日本ミクスチャーハードコアロックバンドである。

正式には「ザ」の両半角開ける。

概要

ハードコアパンクに似たしい演奏が持ち味。
シュールで何を言ってるかワケが分からない歌詞を叫び散らすバンドというイメージが強いが、
ポップな曲も多く、一つのジャンルに括れない独自の音楽性を持っている。
また、非常に高い各メンバー演奏技術も特徴である。

また、先述のわけのわからない日本語歌詞公式歌詞)を良く聞いてみると、意味の通る英語に聞こえると言う特徴がファンの間で摘されている。この空耳英語歌詞公式で認められたものではない為ファンの間でも是非が分かれるが、この空耳を好みコメント空耳歌詞投稿する者もいる。

ニコニコ動画ではアニメデスノート主題歌として「What's up, People?!」と「絶望ビリー」が使われたのが有名。
絶望ビリー」は特に評価が高く、様々なMADに使われている。

また、「闘牌伝説アカギ ~闇に舞い降りた天才~」のED曲、「アカギ」を歌っていることも有名。
そのタイトル通り、主人公赤木しげると作品の軸である麻雀題とした曲となっており、アカギファンの間などでも高い評価を得ている。

なお、ボーカルダイスケはんが創価大学出身であるということで、コメント等で度々論争になることがあるが、彼が「学会員」であるというソースはない点に注意(創価大学学会2世が多い、というのは事実だが創価大学学生全員学会員というわけではない)。  

FM OSAKAにて毎週土曜日24:00から「に撃たれて眠りたい」を放送中
(同日深夜3時放送「ミッドナイトジャングル」の1コーナーだった)
ポッドキャストがあるのでラジオが聞けなくても聞くことはできる。

先日、新曲「小さな君の手」を発表。あまりにもホルモンには似つかわしくないポップな曲調で腹ペコたちをビビらせたが、これはいわゆる釣り行為であり、後日新曲「maximum the hormone」のPV開。2011年3月23日に発売する「グレイテスト・ザ・ヒッツ 2011~2011」にも曲が収録されている。ちなみに、このCDには「小さな君の手」は収録されていない。もちろん釣りである(本当の新曲のタイトルは「maximum the hormone」)。本気にしたFUCK!!

メンバー

マキシマムザ亮君(りょうくん)

ボーカルギター、「歌と六弦と」。本名・

ナヲの実。ほとんどの楽曲の作詞作曲を担う他、歌詞カード内での曲の解説などを手掛けている。既婚で一児の。常に便所サンダルを履いている。

ライブ以外での出演やオフショットなどではテンションが低く、あまり喋らない。

ラーメン二郎は「聖地サンクチュアリ)」

ダイスケはん

シャウトデスヴォイス、「キャーキャーうるさい方(ほう)」。本名・津田大輔

ダイちゃんなどと呼ばれる。ナヲと2人で「メディア班」と呼ばれ、「タモリ倶楽部」などテレビ出演はだいたい2人で出ている(ちなみに「ミュージックステーション」は未だに一度も出ていない)。常にテンションの高く、口を開けばボケを繰り出す。未婚者。

上ちゃん(うえちゃん)

ベース、「四弦」。本名・上原 太。名前に反しガリガリである。

既婚者二児の。体中にタトゥーを入れており首から下はほぼ全身タトゥーが入っている。メンバーく「ツアーをするたびタトゥーが増える」。

君と同じくライブ以外ではテンションが常に低いためほとんどしゃべらない。そのためよくほかのメンバーにいじられる。

ナヲ

ドラムボーカル、「ドラム女声」。本名・熊本奈緒(旧姓・北)。君の実の

既婚で一時のと違ってテンションが常に高く、ダイスケはんと共にメディアによく露出するほか、ライブでのMCを多く担当している。でも大喜利は苦手。

ディスコグラフィー

シングル

  1. ルペン キャッチャードリーム(2000年8月30日)
  2. コップ(2002年5月29日)
  3. 延髄突き割る(2003年9月3日)
  4. ロック番狂わせ/ミノレバロック(2004年6月23日)
  5. 包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ/霊霊霊霊霊霊霊霊魔魔魔魔魔魔魔魔(2004年11月25日)
  6. ざわ…ざわ…ざ‥ざわ……ざわ(2005年11月16日)
  7. 恋のメガラバ(2006年7月5日)
  8. 爪爪爪/「F」(2008年7月9日)
  9. グレイテスト・ザ・ヒッツ 2011〜2011(2011年3月23日)

アルバム

  1. A.S.A. Crew(1999年8月29日)
  2. 噛じる(2002年10月23日)
  3. 盤(2004年1月21日)
  4. ロッキンポ殺し(2005年3月2日)
  5. ぶっ生き返す(2007年3月14日)
  6. 予襲復讐(2013年7月31日)

ミニアルバム

  1. (2001年2月14日)

DVD

  1. DVD〜Debu Vs Debu(2005年9月15日)
  2. Deco Vs Decoデコデコ〜(2008年3月19日)

関連動画

関連商品

シングル

アルバム

その他

関連静画

コミュニティ

関連生放送

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%83%A0%E3%82%B6%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マキシマムザホルモン

212 ななしのよっしん
2019/07/21(日) 13:48:14 ID: JztU7u4G83
むしろ炎上上等なんじゃないの
元々良い子ちゃんでもなくオウムソングとか作ってたバンドだろ
213 ななしのよっしん
2019/07/21(日) 13:50:43 ID: 6JRTiTQmLY
不謹慎でも何かに物申して炎上するならいいんだよ
思うところあってやったっていう理屈がつくなら

今回のはやらせに乗っかっててダサいってのが問題
214 ななしのよっしん
2019/07/21(日) 15:57:55 ID: TLK06FUliH
謝罪したけどこれも炎上商法の一環でしょ?
215 ななしのよっしん
2019/07/21(日) 20:51:04 ID: d+xW+m+p92
炎上上等なら何で日和って謝罪なんかしたんだという話になるし、そうじゃないなら何でこんな企画に乗ってしまったのかという話になる
そして何より一度こういうことをしちゃうと彼らの発する言葉に不信感を抱く人が一定数出てくるってのがミュージシャンとして致命的だしそこに考えが及んでいなかったというのもキツい
216 ななしのよっしん
2019/07/21(日) 21:33:28 ID: TLK06FUliH
今回の参加に否定的なスタッフメンバーがいたのに関わらず参加したなら、ファンから叱られるってことまで考えが及ばなかった訳がない
正直予想以上に炎上したから日和ったとしか解釈できない
今回の一件はの謝罪もあったせいで謝罪の信用度なんてゼロでしょ、本心から言ってるなんて解釈するのは信者かそれに限りなく近いファンくらい
ファンから温かいかけられれば気は済むのかもしれないけど、ファン外の人からファンに転向することはほぼないんじゃないかな
少なくともファンではないは謝罪文込でクソダセえアーティストだと思ったよ
217 ななしのよっしん
2019/07/21(日) 21:48:33 ID: HnVlpqHzki
何を言っても許されると勘違いしてしまったんだろうな
218 ななしのよっしん
2019/07/23(火) 12:52:06 ID: d+xW+m+p92
「冗談で…」
「冗談だったんですか!?
219 ななしのよっしん
2019/07/27(土) 15:31:57 ID: Oo83jqJyeb
タイミングも最悪だったな。ただでさえ頭にくる事件が立て続けに起き
世相が最高潮にイライラしている中でこんな不愉快プロモをぶちかましやがった
220 ななしのよっしん
2019/09/03(火) 21:48:14 ID: 8y596NBM/m
何つーか押し付けまくった結果ああなっちゃった感あるから、一度今までとは逆にファンの期待地で行くような事でもしない限りファンは戻ってこないんじゃないか
配信やサブスク解禁とか、普通の価格で普通シングルアルバム出すとか(ダイスケはんの病気が治るまでは時間かかりそうだが)
今まで通りの気分でいるならいずれも絶対やらなさそうだけど、あんなんでホルモンは終わってほしくないし、続けるにしても押し付けるような事は一度控えるべきだと思うし
221 ななしのよっしん
2019/09/05(木) 06:37:53 ID: jNKGPyfTh2
麺カタコッテリで結構まだまだ良い曲作るじゃん!ってなっただけにあの騒動がきっついなあ…
あんな末になるくらいならすごい難なロックバンドになっちゃったほうがまだましだった
本当にダサすぎてきついわ