マクシミリアン・ロベスピエール単語

マクシミリアンロベスピエール

マクシミリアン・ロベスピエール1758年5月6日 - 17947月28日とは、フランス革命期の政治家である。

概要

正式な名前はマクシミリアン・フランソワマリー・イジドール・ド・ロベスピエール(仏: Maximilien Francois Marie Isidore de Robespierre)

フランス北部・アルトワ州アラスに生を受ける。
「ド」がつく事からし貴族階級のように見えるが実際は第三身分。祖の代から弁護士として活動する法曹のに生まれた。
の死、の失踪を経て、僅か6歳にしてロベスピエール長となる。暮らしこそ貧しかったが秀才ぶりが認められ、パリの法学校では奨学を取得する程だった。1775年、ルイ16世が戴冠式の後に法学校を訪問した際には、学生代表としてラテン語での祝辞をげている。後にその国王を糾弾してギロチンに送る事になろうとは、この時誰も知らない事だった。

その後も大学進学、卒業を経て弁護士となり、1789年に政治世界に身を投じる事となる。
当時の三部会(フランスの身分制議会)における政党閥は大きく分かれており、ものすごくおおざっぱに書くと

であった。
ロベスピエールはこのうちジャコバ、特に急進的だった山岳(モンターニュ)に所属していた。

彼の理念は、彼が学び系統した啓思想ジャンジャック・ルソーの思想に基づいたものだった。
王族や貴族といった限られた人間のみが権を持つ事を非難し、フランスの全人民が権利と富を持つべきであるという理念である。

なお、当時の政治事情についてはフランス革命の記事を参照のこと。非常に解りやすい。

結果的に対外戦争の敗戦における責任を巡り、1793年、ジロンとフイヤンが失脚。
台頭したジャコバ会を握したが、その先頭に立つロベスピエール達が設立した公安委員会が敷いたのが、悪名高き「恐怖政治であった。
この恐怖政治自体は僅か四かというものだったが、これについては勝利(ヴィクトワール)」「恐怖(テルール)」「美徳(ヴェルチュ)」の3つで表現できるとされている。

と、このような不穏な政治情勢に対して、フランス民の嫌気が差すのは当然の成り行きだった。

ロベスピエール、サン=ジュストクートンら急進と対立する穏健が中心となり、会の場で暴君を倒せ!」と野次が飛んだのを皮切りに、ロベスピエールらの逮捕が決議される。一同はパリ庁舎に逃げ込んだが、警備に当たる衛兵らは彼らを保護する気はさらさらなく、深夜になってこっそり引き上げる始末。追い詰められたロベスピエールは自殺を図ったが失敗、を撃ち抜く重傷を負った状態で逮捕された。
翌日、ロベスピエールとのオーギュスタン、サン=ジュスト22人は革命広場に送られ、彼らが多くの反対を送り込んだギロチンによって処刑された。享年36歳だった。

評価

後年、独裁者としての評価が定着しており、日本でもその趣が強い。また議会制民主主義に重きを置くイギリスでは、政治家ではなくテロリストとしての扱いの方が大きい。
一方でフランスでは革命以来伝統的にリベラル潮を重んじる事もあり、どちらかと言えば革命によって腐敗した王政を一新した事への賛美、必要悪であったという、同情のが寄せられる傾向にある。

逸話

  • 最高権者としてさぞ贅沢な暮らしだったのだろうと思われがちだが、私生活では質素倹約を重んじていた。失脚して処刑後、下宿先にも借していたことが解っている。
  • 愚直なまでに理念に対し実で、清廉潔である事を心掛け、紳士的な振る舞いによって多くの市民の心をつかんだという。
  • 弁護士にして名士、しかも独身ということもあって女性には大いにモテたが、妻帯はしなかった。当然子孫も存在しない。

創作

稀代の悪人として、いは理想に燃える志士として、様々な創作が行われている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マクシミリアン・ロベスピエール

14 ななしのよっしん
2018/11/22(木) 14:51:17 ID: U7ghYpfwLx
政治の場では私欲にまみれた悪人より筋入りの善人の方が邪悪になりうるという良い例
15 ななしのよっしん
2018/12/10(月) 00:24:13 ID: fI/PsD0i5Y
>>5
でも私利私欲のためじゃないからなぁ……
余計タチが悪いとも言えるが
16 ななしのよっしん
2019/02/23(土) 21:05:02 ID: 0d+ekYzfGS
>>14
ポルポトかな?
17 ななしのよっしん
2019/03/05(火) 14:48:50 ID: viseSVDy6o
まだ貧しい時代だし顔なんてモテに関係ないでしょ
疱瘡のミラボーがヤリちんだったんだし
現代の日本異常なだけ
18 ななしのよっしん
2019/03/14(木) 17:18:07 ID: XTYr5RUnyx
 詳しい方に聞きたいんだが、何故ロベスピエール女性人権についてだけは保守的な立場をしていたんだ?
 一貫して虐げられていた人の権利を守ろうとしたロベスピエールの姿勢とこの点だけ逆行しているように見えるんだが。
19 ななしのよっしん
2019/03/27(水) 17:01:21 ID: FHP8ujnZiB
マクシミリアンは付いてなかったけど、同名のキャラが「おぼっちゃまくん」にいた!
御坊魔(おぼう・ちゃま)のの内の一匹。
他にはマリアンヌ、フランソワーズ、ベルモン太など。
20 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 16:15:23 ID: iv4Ep5WqBy
良くも悪くも「純」な人だったんだろうなぁ、という印
ゆえに革命としては優秀だが、政治家としては折り合う事を知らずボロボロだったイメージ
21 ななしのよっしん
2019/04/26(金) 10:27:27 ID: lq2e/VwRZE
学生の頃ルイ16世ニアミスしてたのも漫画っぽい
22 ななしのよっしん
2019/05/06(月) 20:21:03 ID: oETWMc9paN
>>18
詳しいわけじゃないがどうすりゃいいかわかんなかったんじゃね
元々国王支持者だったのもあって保守って面があるのを忘れちゃいかん
一方職業柄弱者の権利保護をす立場でもあって
まあ理想義者というより原則論者だったんじゃねえかな
こうあるべきって理念や観念論に忠実だった人
23 ななしのよっしん
2019/07/15(月) 23:09:03 ID: A6GgIueZxC
崇敬してたルソーが(現代の価値観で見ると)女性差別的だったから仕方ない

急上昇ワード