マグナガード単語

マグナガード

マグナガードとは、『スター・ウォーズシリーズに登場するキャラクターである。

概要

正式名称はIG-100 マグナガード、または自己学習プログラム戦闘ロイドホロワンメカニカルズ社が製作独立系連合のグリーヴァス将軍に仕えるボディーガードとして著名である。

グリーヴァス将軍は自らの配下として高度な知性を持つバトル・ドロイドを要、それに応えるべく生み出されたのが先進的な戦闘学習プログラムが組み込まれた人間戦闘マシーンである。

戦闘学習プログラムにより、他のバトル・ドロイド較して多種多な任務を遂行できるようになっており、また各個体毎に得意とする戦い方に違いがある。

機体構造は人的なアクロバットスピード戦闘を発揮することを可とさせている。また、耐久性が高いだけでなく特殊なシステムによって、たとえ頭部が切り離されても全に破壊されない限り戦闘継続することができるよう設計されている。

あらゆる武器や乗り物を扱うことができたが、最も有名な使用武器はエレクトロスタッフだろう。ライトセーバーでさえも切断不可能なこの武器とマグナガード自身の戦闘により、熟練ジェダイとさえも渡り合うことを可としている。

グリーヴァスの出身種族であるカリーシュの伝統に従い外套を着せられており、この該当にはムムーという生物を思わせるマーキングが施されている。

銀河帝国時代に恐怖の賞稼ぎとして名を馳せたIG-88はこれと同じシリーズである。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マグナガード

1 ななしのよっしん
2016/11/12(土) 04:10:23 ID: QyA6vJ/U/c
当初グリーヴァスは生前自分が率いていたカリーシュ族の精鋭達を雇いたいと申し出た
かしこの要ドゥークーと首から拒否され、代わりとしてこのドロイドが作られた

更に言うと、納品前まではジェダイライトセーバーフォームを含めたあらゆる戦闘技術を入されてたのだが
納品直前になってグリーヴァスはそのデータを全て消せと命した

彼自身としては「戦い方を入するのではなく、自ら鍛えたい」と考えたそうで
敗北を通じて強くなって欲しいと言う実軍人らしい望みである

その甲斐あってか、彼らは様々な「成長」を遂げた
格闘戦に秀でた者、爆薬に秀でた者、射撃戦に秀でた者…
そして将軍に実を認められた者には上記の外套(頭巾とマント)が授けられた