マシュ・キリエライト単語

マシュキリエライト

マシュ・キリエライトとは、スマホRPGFate/Grand Order」の登場人物の1人である。

CV種田梨沙高橋李依病気療養による休業のため交代)

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

概要

主人公が最初に出会う人物で、特務機関カルデアで局員を務める、不思議な雰囲気をった心優しい少女。実質このゲームメインヒロインとなる。眼鏡をかけており、ショートカットだが前は長めで、基本的に片は隠れている。見た通り頭は回るが、運動は苦手なタイプの模様。

主人公のことを先輩と慕うが、少なくともカルデアにおいては主人公の方が後輩であり、そう呼ぶ理由は不明。彼女にとっては主人公くらいの歳の相手はみんな先輩らしいが、主人公は特別なようで、口に出して先輩と呼ぶのは主人公に対してが初めてとのこと。
ちなみに「Fate/Grand Order materialⅠ」によると、主人公と出会ったのは16歳になった日と書かれている。主人公の年齢は特に設定されていないため、彼女主人公より年下かは不明だが、マシュが主人公を「先輩」と呼ぶ理由はシナリオを進める事で明らかになって行く。
のちに5次アーチャー、とある円卓最後の忠臣を”先輩”と呼ぶため、彼女の中にある先輩像に合致した相手にこう呼ぶようだ。

二年前にカルデアに来てから、外にはほとんど出たことがないらしいが、読書知的好奇心旺盛なため知識量は多く、時折飛び出す天然ブラックな発言を除けば箱入り娘だとか世間知らずといった印は薄い。常識が少し欠けているが常識的。

性格は外交的、弱気、動的。一見クールだが内実恐がりであり、それでも頑れる強さも持った少女。そういう意味では、豆腐メンタルだが問題からは逃げ出さない(逃げ出せない)オルガマリー所長とは似ているのかもしれない。基本的にだがノリも良く、主人公のことを信頼し、時には叱責しつつも先輩を立てて励ますことも忘れないという、まさに後輩ヒロイン直接の関係はないがFateにおける最大のライバルがこうして誕生したのだった。

動物好きなようで、カルデアに住み着いている生物フォウのお世話も自ら進んで行っている。

シールダー

物語序盤、彼女はカルデアを襲った破壊工作によって、マスター補達に巻き込まれる形で重傷を負い、死を待つだけの状況にまで陥ってしまう。しかし、カルデアが事前召還していた三騎のサーヴァントのうち、マスターを失い消滅を待つだけとなっていた一騎のサーヴァントと利が一致。マシュは自分を助けに来てくれた主人公を救うため、サーヴァントは自分に代わり歴史を修正してもらうため。カルデアが実験していた英霊と人間融合した姿「デミ・サーヴァント」となり、マシュは一命を取り留めた。

サーヴァントについてはサーヴァント(聖杯戦争)の記事を参照。

クラスは特殊クラスシールダー」。主人公の最初のサーヴァントであり、パートナーとなる。融合したサーヴァントを与えると同時に消滅してしまっているため、名と宝具については詳細不明。その名前の通り、身の丈以上の巨大なを所持しており、高い防御を持ち使いやすい性となっている。

サーヴァント化したことにより見たも変わっており、露出の多い衣装に身を包んでいる。また、その露出度によって判明するが、意外にもかなりおっぱいが大きい。身体の向上と共に視も回復しており、この状態になると眼鏡も外す。かけていてもかけていなくても可愛いので一粒で二度おいしい。カルデアに戻っている時は、かける必要はないものの元の装に戻り眼鏡もかけなおしている。磨伸先生も大喜びだろう。

他のサーヴァントと違いストーリーに大きくかかわるため、霊基再臨というレベルキャップの解放は、ストーリーを進めることで自動で行われる。再臨することで姿も少し変化し、手甲などが追加されより騎士らしいへと変化を遂げるのだが露出は減りおへそが見えなくなってしまう、チクショウ

特筆すべきは型月作品中トップクラスと言っても過言ではないそのセクハラスタイルのよさや衣装の際どさで言えば他にもアレな人たちがわりかしいるはずなのだが、なぜか登場人物、およびプレーヤーからは高確率で胸ネタなどでいじられまくっている。名前とかけてマシュマロおっぱい、単にマシュマロとも。軽く例に挙げるだけでも
兄貴になよっとしてるようでいい体してるとを触られる(炎上汚染都市木)
・寝息を含む生体音を、マリーさんと合わせてアマデウス内録音される(邪百年戦争オルレアン)
・DEBUからは胸のふくよかなお嬢さん呼ばわり(女神はお団子の夢を見るか?)
・同性で自身もなかなかのものをお持ちなうえ、胸なんてあってもり合いの邪魔と言う沖田さんからすら胸ネタをふられる(ぐだぐだ寺)
デンジャラス・ビースト (2016年バレンタイン
などなど。プレイヤーからはイベントや新章でセクハラされるたびに「ノルマ達成」などと言われる始末である。また、マシュマロだけでなくの色合いのせいでオハギ扱いされたりする時があるが、あるクエストDr.ロマンオハギを勝手に持ち出して食べようとする場面があるので、公式でマシュがオハギ扱いされている可性すらある。
ただし、上記のDEBUの見立てでは、ネロ(B83)よりはバストサイズは下らしい。

ステータス

ゲーム開始時からメンバーに加入している所以「初期メンバー」。 レアリティ3扱い。
独自クラスシールダー」によりクラスによる特効・弱点といったものがなく、常に等倍ダメージとなる。
また、主人公の正式契約サーヴァントということからか、編成コストゼロという特徴がある。

自身の把握しきれていないという設定からシナリオ進行でが解放される。そのため序盤では育成の簡単な低レアリティ組に、中盤は強制加入する中~高レアサーヴァントに実が劣る状態が続く。
最初は単なる打たれ強いだけで総合的な攻撃準で下から数える方というお世辞にも編成コスト以外の優位性を見出せない一騎というポジション実装シナリオが少ない頃の評価はそれはもう散々だった。
第三スキル「奮い立つ決意の」はターゲット集中とNP回転率上昇という2つの効果を併せ持つスキル。第二スキル「時に煙る亜の」と併せると、無敵状態のまま敵の攻撃を受け、NPをノーリスクで補充することができる。逆に、マシュのArtsカードが多く出た時にこのスキルを使うのも強。最大レベル400にもなるNP獲得量アップ効果のため、1ターンでNPを100%溜めてしまう事すら可

そして名解放イベントによってレアリティ4に変化して以後は、攻撃準まで向上。スキル宝具が攻防一体のものへと劇的に使い勝手が良くなり、マシュが戦術の要を担うように。まさにが咲くような大出世である。
名開放前はぱっとしたところがく、コスト0であることを生かした荷物持ち程度しか役割がいとするプレイヤーも多かった所、今では高難度クエストでお呼びがかかる常連キャラとなり、「最優先で育成しておくべき」サーヴァントの評が定着した。
もが確実に持っているキャラで、かつ評価が知れ渡った今では、「サポート編成に入れておいても使ってもらえない」と言う点だけは変わっていないが。

まさにFGO第一部はマシュの成長を通して成長の実感を得る物語と言って過言ではないだろう。

保有スキル

今は脆き雪花:― 固有スキル。味方全体の防御を3ターンの間強化する。デミ・サーヴァントが特殊な存在故か、名が分かっていないためか、スキルランクはない。使用者の精物理防御に変換する。
時に煙る亜の:― 上記と同じくランクのない固有スキル。味方一人に1ターンの間無敵を付与し、宝具の使用に必要なNPを10チャージする。とはあるが、その実態は対の時間軸を一時的にズラすことで攻撃を逸らす回避スキル。(以下ネタバレ反転スキル名は亜のと称されるキャメロットから来ているものだろう。
奮い立つ決意の:― 上記と同じくランクのない固有スキル。自身にターゲット集中(ヘイト集中)と、NP獲得大アップを付与する。このスキル、元となった英雄の物ではなく、マシュの「守るための勇気」が形となったものである。
誉れ堅き雪花:― シナリオが進むと『今は脆き雪花』から変化するスキル名が判明したものの、スキルランクはなし。味方全体の防御を3ターンの間強化に加え、ダメージカット1回を付与する。
戦闘続行:C 窮地における生命の強さ。 瀕死の傷でも戦闘を可とし、決定的な致命傷を受けない限り生き延びる。奮い立つ決意のが本実装されるまでは第三スキルとして表記されていたが、現在削除されている。設定上は今も保有しているのかは不明。
対魔:A クラススキル魔術に対する抵抗。一定ランクまでの魔術効化し、それ以上のランクのものは効果を削減する。防御特化のシールダーらしく、セイバー並の高いランクを有する。
騎乗:C クラススキル。騎乗の才。正しく調教されたものであれば万全に乗りこなせる。
こちらはあまり高いランクとは言えないが、二つのクラススキルから考えるに、シールダーはセイバークラスに近い性の模様。
防御:C 味方、ないし味方の営を守護する際に発揮される。防御限界値以上のダメージ削減を発揮するが、自分はその対には含まれない。また、ランクが高ければ高いほど守護範囲は広がっていく。
憑依継承:? サクスィード・ファンタズム。デミ・サーヴァントが持つ特殊スキル憑依した英霊が持つスキルを一つだけ継承し、自己流に昇する。マシュの場合は『魔防御』。 魔放出と同タイプスキルで、魔をそのまま防御に変換する。
バンカーボルト:A オルテナウス装備時のスキル。自身のBusterカードアップ&自身のBuster攻撃時のクリティカルアップ
アマルガムゴート:D オルテナウス装備時のスキル。自身にターゲット集中状態を付与&自身のNPを増やす
悲壮なる奮起の オルテナウス装備時のスキル。自身に無敵状態を付与&自身にターゲット集中状態を付与&自身のHPを減らす

宝具

仮想宝具擬似展開/人理の礎(ロード・カルデアス
ランク:D / 種別:対人宝具 / レンジ:1 / 最大捕捉:-
名が分かっていないため全には開放できていないが、マシュの守りたいという想い、本から展開に成功した宝具ロード・カルデアスという名前は所長のオルガマリーが仮として付けたものであり、当然カルデアから名前を取ったもの。また、カルデアが開発した過去現在、そして未来地球再現し観測する装置(正しくは観測するのはシバという別の装置だが)、疑似地球環境モデル・カルデアスの名を冠してもおり、マシュの根底にある願いが、人類の未来を見ることであることから付いた名前でもある。
の正面に巨大な守護障り、攻撃を受け止める。とてつもない防御を持ち、セイバーオルタエクスカリバーすらも受け止めてみせるほどの耐久を誇る。
ゲーム中の性としては、味方全体に3ターンの間、防御アップダメージカット状態を付与するというもの。に見えてダメージが減るが、基本的に敵の宝具などの強な攻撃は「時に煙る亜の」などでダメージ効にしてしまったほうがいいため、それらのスキルが使えない状況を除けば展開のタイミングはしっかりと考えたい。
なお、これだけの性を秘めていながら、本来はとして使うような宝具ではないらしいが……?
(以下ネタバレ反転
いまはか理想のロードキャメロット
ランク:B+++
種別:対悪宝具
英霊・ギャラハッドが持つ宝具
亜のキャメロットの中心の、円卓の騎士たちが座る円卓(ラウンド)をとして用いた究極の守り。その強度は使用者の精例し、心が折れなければ そのも決して崩れはしないという。
要するにマシュのは二重の意味でのラウンドシールドである。
ギャラハッドを知る英雄たちく、この宝具を発揮させるためには「敵の攻撃を防ぐ」のではなく「自分の後ろにいる人を護る」という意識を持つことが重要らしい。
この宝具は、カルデアがサーヴァント召喚システム確立させるためにも利用されており、「円卓とは英雄の集う場所」という特性を利用し、数多の英雄の召喚を成功させている。(各章にて召喚サークルの設置にこのを用いているのはそのため)。く、『英霊召喚用確定Sレアチケット』。これがければ晶石召喚でも1や2のブタばかり引くハメになっていたと考えると背筋が凍るものがある
この宝具を初めて解放する場面では、きのこ直々のシナリオ、演出、種田さんの演技(現在高橋さん)、この後の戦いにおける実用性の高さなど最高峰の演出が用意されているため、一見もとい必見の価値あり。
ゲーム内性は前述のダメージカットに加え、自分以外の味方全員への3ターン30%の攻撃アップ付与。まさに攻防一体の宝具へと変化する。
スキル「誉れ堅き雪花」と併用するとすさまじいダメージカット効果になり、無敵貫通効果を持ち回避でも無敵でもやり過ごせない全体宝具を持つ敵への数少ない対抗手段となり得る。
「それは全ての疵、全ての恨を癒すらが故郷。顕現せよ、『今はか理想のロードキャメロット)』!」
いまは脆き夢想のモールド・キャメロット
ランク:D / 種別:対人宝具
ギャラハッドのを失いオルテナウスを装備して放つ宝具。性は下がっている。

出自(ネタバレにつき全反転)

カルデアによってデミ・サーヴァントとなるために作り出されたデザイナーベビー、それがマシュ・キリエライトである。人工授精によって産まれたとはいえれっきとした人間であるが、魔術回路とマスター適正を優先したことにより、活動限界はもって18年とされている。四章において、モードレッドと同じくフランと意思疎通が行えたのは、おそらくは三人とも人工的に作り出された存在であったからだろう。

彼女に定着した英霊はマシュが十歳の時に召喚され、マシュと一体化したものの、非人的なこの試みに協することを拒んだ。自分が退去すれば触媒となったマシュは死亡する。そのため退去はしないが覚めもしないという形を取って。

その後マシュは、カルデアの隔離室の中で過ごしていたが、自分の担当となったDr.ロマンの説得もあり、カルデアの職員、マスター適正者として、隔離室から出てカルデア内での活動を許された。これが本編開始二年前の出来事である。

人によって作り出されたマシュにとって、「先輩」とは自分が生を受ける際、手本とされたような人達。人間としてごく自然な、均的な数値の人。最高ではなく最善を望む一般人。他人を傷つけず、自分を弛めず、まっすぐに立っていられる、そんなかである。
16歳誕生日に出会った、廊下で眠りこけるあなたは、「今まで出会ってきた人の中でいちばん人間らしく」「まったく脅威を感じない」「敵対する理由が皆無な」彼女にとっては紛れもない、生まれて初めての特別な「先輩」だったのだ。

真名(ネタバレにつき全反転)

英霊としての名は円卓の騎士「ギャラハッド」。ランスロット卿の息子であり、聖杯を手に入れ、に返した者。
ちゃんとした男性である。

円卓の完璧超人ランスロット卿の息子であるが、後に人妻マニアと弄られる生涯独身義のランスロット魔法によって不倫相手に化けた他人と褥を重ねてできた不義の子であった。
しかし、マーリンく「ランスロットより優れた騎士となる」という予言通り、聖杯探索を達成し、そのままの座へと穢れなきまま還った。
円卓全盛期に退場したことで、憎乱れるカムランの戦いを経験していない。

彼の特徴は騎士としての武勇は論だがそれ以上に呪い耐性が話題に上がるだろう。
・ 円卓第13席に施された座ると即死の呪いをものともしない
・ 「勝手に持ち出した者を殺す」某スタンドのようなのが憑いている十字が刻まれたを所持。
・ 「する者を自ら殺す呪いのある選定の」を引き抜き、所持していてもなんともない。
・ 抜不可能な呪いが付いたソロモン王由来の”ダビデの”を抜。そのまま所持。
・ 聖杯に辿りつくまでに数多くの呪われた土地を巡って健常
…そんなエピソードゆえに、デミ・サーヴァントとして覚醒したマシュはシールダーという防御ガン振りのクラスへと変貌したものと思われる。ゲーム内では屈の対魔というパッシブスキルで表現されている。
ちなみに、覚醒イベント後にマシュは帯するようになるのだが、果たしてどちらのなのか……

なお、マシュはギャラハッドの心理をある程度受け継いでいるためかランスロットへの当たりは厳しい。
というか、関わらなくて済んだカムランの戦いの経緯を知ってしまったためになおのこと。さらに女の子でさらにさらにピュアな性格の子であるため余計に。
ギャラハッドはごく幼少の頃を除いてランスロットのことはとは全く思っていないのだが、その感情を受け継いだマシュはランスロットに対してあえて「お父さん」と呼びかけることがちょくちょくある。もちろんその理由は皮をたっぷり込めた痛な突っ込みの為であるが、当のランスロットが「敵であったはずのダ・ヴィンチちゃんを『美人だったからつい』助けた」とか「最終決戦の直前に三蔵ちゃんにコナをかける」とか女にだらしない面が全開であったため、突っ込みどころに困ることがかった。
セイバーとして召喚がったランスロットバーサーカーになりたがる理由がまた一つと増えることとなったのであった。

その旅路

デザイナーベイビー故にもともと寿命が限られていたマシュは、第六~七特異点の辺りで限界が見え始め、終局特異点にたどり着いた時点で余命はあと数日の状態であったが、それでもマシュは主人公と共に戦いの場に立つことを止めなかった。

七十二柱の魔神柱を駆け付けたサーヴァントの助けで全て押さえこみ、ゲーティアの待つ玉座へとたどり着くが、ゲーティア主人公たちを殺すべく、第三宝具「誕生の時きたれり、其は全てを修めるもの」が放たれる。
3000年分の人理を焼却して抽出されたその魔は、エクスカリバーに匹敵する魔を持つの帯が幾億も束になったものであり、人類史のどこを探してもこれをえる熱量は存在しない。少なくとも、物理法則の範疇ではこの熱量を防ぐ手段は何もない。それが、マシュと主人公に向けて放たれた。

「私はこの時のために生まれたのですね」と優しく微笑んだマシュは、主人公に「あの時」のように手を握ってもらう事をめる。そしてゲーティアに向き直り…「いまはか理想の」を展開。「誕生の時きたれり、其は全てを修めるもの」の全に防ぎ切った。

を貫くほどの熱量を防ぎながら、「いつも守られてばかりだった」「最後に一度くらい先輩の役に立ちたかった」と思うマシュは、確かに一後ろを振り返り、微笑んだ。そして———を残して消滅した。

 

これにより、ゲーム上でもゲーティアとの最終決戦および脱出中のゲーティアとの再戦の2戦においては、例えサポートフレンドから借りる形であっても、マシュを戦闘に参加させることはできなくなる。
借り物マーリンとでお手軽耐久パを作っていできたマスターは注意!

 

敗北し、限りある命になってようやくできた意地」によって時間殿からの脱出を阻もうとするゲーティアを退け、崩壊する足場を伝って脱出可ポイントまで走る主人公。だが、あと一歩の所で足場が崩れる方がく、脱出は失敗したかに思えた。

  「まだです、手を伸ばして——!先輩、手を——!」

残った足場から差し伸べられた手。
消滅したはずのマシュがそこにいて、主人公を引き上げ、寸でのところで主人公は時間殿からの脱出に成功したのであった。

 

マシュは確かに死亡していた。体は全に消滅した。
しかし、それを良しとしない一つの意思があった。
別の世界では「プライミッツ・マーダー」と呼ばれたもの。人の妬みや悔しさを糧に育ち、必ず相手よりも強くなる特性を備えた、「較」の理を持つ第四の
マシュたちカルデアのスタッフが「フォウ」と呼んでいた小動物

本来ならば、村程度の集団に一年ほど放り込んでおくだけで手が付けられない怪物に成り果てるはずのものが、一年経っても元の小動物の姿を留めていられるほど、主人公とマシュとの路は美しいもので溢れていた。
「私は本当に、美しいものを見た。」「第四のは、君たちによって倒された。」
マシュへの感謝の念を込め、マーリンから放り出されてからの数年溜め込んだ魔を全て開放。マシュが死亡したのが時間の外である時間殿であったこともあり、魔法ですら成しえない奇跡「死者の全な生」を実行。
同時に自身の運命を全て譲渡し、自身は何の知性もいただのに成り下がる事と引き換えに、マシュに人並みの寿命を与えた上でマシュを生き返らせたのであった。

 

これ以降、マシュは再びカルデアの職員として、主人公パートナーとして生きていけるようになった。
ただし人理修復から間もない亜種特異点の探索では、ロマニの抜けたを埋めるべく、レイシフト中の主人公の意味消失を防ぐための観測スタッフとしてカルデアに残っており、会話こそするものの探索には同行しない。(でも現地での戦闘では普通にマシュを参加させられる)

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

余談

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マシュ・キリエライト

755 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 21:10:41 ID: jznNoLzYEj
あれほどの経験を経て未だに純ってのはさすがに人間味がないから
あとマシュは痛めつけられていないって何の冗談だ
体が蒸発する苦しみも助けたい人を助けられない苦しみも見えてないのか
756 ななしのよっしん
2019/06/24(月) 08:41:03 ID: Y2FP8EtAP+
ペペさんもガチで驚いてたもんなぁ
の話をするようになったり、その方面での願望を持つようになったり、意思表示するようになったり。
解釈違いで最期まで純でいやがれよと悪態つきそうな人がいそうなのが怖いが(ぺぺさんくベリルが今のマシュちゃん見たらなんていうかしらねぇ・・・と意味深
757 ななしのよっしん
2019/07/19(金) 10:48:59 ID: ENhep7M1rM
とりあえずマシュ家老・キリエライトをAチームの皆に見せてやりたかった
758 ななしのよっしん
2019/08/05(月) 16:15:40 ID: zGUtRgjpVu
マシュみたいな後輩が欲しいなどという身の程をわきまえないことは望まないが紫髪メカクレナイスバディでマシュみたいな見たと性格の後輩から一途に慕われたいだけの人生だった……
759 ななしのよっしん
2019/08/06(火) 09:19:57 ID: AXkAZ4ocNP
本当の身の程知らずはNTRと相性が良いなどと抜かす
言い換えればマシュは中身のないラブドールと言ってるようなもんだし
760 ななしのよっしん
2019/08/07(水) 23:42:58 ID: +w3jBJt0u+
7章エピソード0を見てめて、一章~六章はマシュ人間になっていく話なんだなーと胸が熱くなった
761 ななしのよっしん
2019/08/10(土) 13:49:40 ID: 5f36gmRu5d
12歳マシュおっぱい在り過ぎじゃね
清姫級じゃん

とか思ってたら入院着だとそんなになさそう
ギャラハドアーマーはパッド入りだった…?
762 ななしのよっしん
2019/08/11(日) 13:02:02 ID: ENhep7M1rM
体が老いないとか言ってたし、もしかしたらギャラハッドさん展開したら強制的に体が16歳に固定されたのかもしれん
763 ななしのよっしん
2019/08/11(日) 21:34:57 ID: aZ6ieFuXKV
個人的にギャラハッドの部分が残っていてアグラヴインに敬意を抱き過ぎている様にも見えるんだよな。
仮にアグラヴインが敵として立ちはだかったらって負傷とかしそうな気がする。
764 ななしのよっしん
2019/08/12(月) 15:33:11 ID: HOYLS49X+a
>>730
だけどマテリアルゴーストネタでくっそ吹いた

急上昇ワード

2019/08/21(水)10時更新