マセラティ単語

マセラティ

マセラティ(Maserati)とは、イタリアの高級スポーツカーメーカーである。

概要

マセラティは1914年にマセラティ兄弟の三男・アルフィエーリによって開設された。戦前はレーシングカー専門のメーカーであったが、戦後は会社の式を取得したアドルフ・オルシにより乗用車の製造・販売が始まる。しばらくはレーシングカーの開発も継続していたが、1957年の「3500GT」を皮切りに本格的な高級スポーツカー中心のメーカーへと転換。1963年には4ドアの「クアトロポルテ(で4ドア)」を製造した。これは当時最速のセダンと呼ばれており、今日では当たり前となった「高性でスポーティーな高級セダン」の走りと言えるだろう。しかし経営は常に不安定であり、紆余曲折を経ることになる。

1960年代には、世界を代表する変態企業シトロエンと提携。フランス変態紳士と性欲旺盛なイタリアダムコラボが上手く行くとも思えないが、意欲的なモデルを発表した。その一つがシトロエンSMである。DS譲りのハイドニューマチックとマセラティエンジンを搭載した2ドアクーペで、流麗な姿は今見ても新鮮なもの。駄菓子菓子、やはり変態変態である。油圧を用いてセンタリングを強制的に出す操系は、ちょっとハンドルを切っただけで物凄い旋回がつき、恒例となったお漏らしプレイもある。雑誌などのメディアオーナーの話を読むと、一年のどは調子が悪いものの、時々ある絶好調の日のよさが忘れられず維持していると言う。全なシトロ菌キャリアであり、泥沼に嵌っている。
一方のマセラティ側では、新クアトロポルテの開発を行っていた。所謂、クアトロポルテである。これはシトロエンSMベースとなっている。共同開発のコアの部分を共有し、ブランド毎にを作ると言う手法自体は合理的であるが、如何せん変態×ヘタリアオイルショックという世情に翻弄されたこともあるがど売れず、わずか13台の製造で終了している。 というかそれ、作ってないのと同じじゃないの。陸自AH-64か。SMも商業的に成功とは言いがたいが、マセラティ明らかな失敗。辛い、辛すぎる。

両者とも「やっぱり私たちのマッチングはダメだよね」と気付いたのか、提携を解消。1970年代には同じイタリアスポーツカーメーカー、デ・トマ下に。ここでマセラティ史上、良くも悪くも重大な試みが行われた。1981年、「ビトゥルボ(ツインターボ)」シリーズが発売されたのだ。これはそれまでのものとべて小安価な商品で、クーペや4ドアがあった。名門がめやすい価格の商品を販売したことで、顧客を広げることに成功。ここまで見れば良いことのように思える。
しかし篠原重工のHOSがそうであったように、チャンスピンチにもなりうる。元々少量生産の高級メーカーであるので、生産体制はそれにあわせたものであり、他の日欧企業のような大量生産をやる組織になっていなかった。そうであるにもかかわらず、ビトゥルボでBMWを向こうに回すが如き生産を行おうとしたために、明らかにキャパオバーとなる。そのしわ寄せは全て品質にくることになり、品質は不安定であった。こうして、すぐぶっ壊れるマセラティの汚名を被ることになったのだ。キャパの把握は大事だよね。

そのデ・トマソもお亡くなりになってしまったので、1993年にはイタリアの大手大衆メーカーであるフィアット下に入る。これ以後マセラティの品質向上が行われる。1997年マセラティは同じフィアット下のフェラーリの管理下に置かれ、更なる品質向上が行われた。現在は高級セダンクアトロポルテベースを同じくするグランツーリスモ、そのオープンカーであるグランカブリオを製造し、高級史上で確固たる地位を築いている。生産はフェラーリ社の本社工場で行われている。

元々が少量生産のメーカーであるのだが、フィアット下後に大規模な生産ライン修が行われ、現在では年産3万6000台規模、将来的には7万台程度にまで増やすとのこと[1]

トライデント

マセラティのCIは、海神ネプチューンの三叉矛(トライデント)である。理由はマセラティ兄弟が会社をした地であるボローニャでは、ネプチューンシンボルにしていた為、らしい。類似例に、シュトゥットガルトの紋章を取り入れたポルシェがある。

現行モデル

カタカナ表記

外国語カタカナ表記をどうするかで悩むのが、日本人のいいところ。マセラティも例外ではない。

日本における輸入販売

日本での正規輸入・販売は2010年までコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドで行われていたが、同年に設立され2011年より業務開始のマセラティジャパン株式会社に輸入権が移り、それに伴いコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド日本総代理店から正規代理店へと移行した。

日本市場ではここで10年ほど500台/年程度の販売台数で推移していたが、2014年1407台、2015年1449台と、以前の3倍程度にまで大きくなっている。「どこにそんながあるんだ」とか思ってはいけない。あるところにはあるものなのだ。

関連動画

関連商品

外部リンク

関連項目

脚注

  1. *新車試乗記 第794回 マセラティ ギブリ ディーゼルexit
  2. *乗用車の他、輸送機械や農機、船舶用などに向けた産業用ディーゼルエンジンも手がけている。乗用車ディーゼルエンジンイタリアメーカーの他、クライスラージープダッジヒュンダイグループなどに供給している。親会社はフィアット社。イタリアは何も持っていないが、フィアットイタリアを持っている。
  3. *を走る自動車全体で見れば、農業トラクターは最高で500程度、トラックは最高で700戦車1000えている。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%A3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マセラティ

1 ななしのよっしん
2010/11/08(月) 13:41:40 ID: r8/jCce2Jm
MC12マジかっけー
2 ななしのよっしん
2011/02/11(金) 22:53:44 ID: PC/opYX+oK
マゼラーティとインザ・ワールドジェレミーの喋り方のことだよね?
3 ななしのよっしん
2011/02/19(土) 19:20:08 ID: aUJxn5+LQI
>>2
そうです。
ただそう確認されると恥ずかしい (*´ω`*)
4 ななしのよっしん
2011/05/07(土) 15:24:28 ID: DNPZnrUnCT
篠原重工のHOSってw
ニヤリとしたけどもうちょっとにでもわかる例の方がいいんじゃないか?
あとエゲレス(ジェレミー)はSedanじゃなくてSaloonだよ。
5 ななしのよっしん
2013/07/29(月) 03:44:55 ID: J1iHn+eCtZ
クアトロポルテはやっぱりガンディーデザインが好きだな。
どうしたらあんな不思議なデザインが思いつくのだろう。

今のクアトロポルテ抜けててカッコいいのだけど、
如何せんフェラーリ乗用車ブランドみたいな印を持ってしまう。
6 ななしのよっしん
2014/03/27(木) 18:23:26 ID: qJR3FKV0bV
グラントゥーリズモのネーミングがかっこいい。意味合いもかっこいい。
変な言い方だが「原点」と言う感じがする。
7 ななしのよっしん
2014/06/15(日) 23:19:25 ID: 0AbotS0qZU
100週年キター
浜松に新しくオープンしたディーラーに行って新ギブリシートに座ってきた。
ベースグレードで800万ぐらいなので何年か建てば手の届きそうな中古が…?
8 ななしのよっしん
2015/07/20(月) 03:29:06 ID: gLgX1ZxEmx
GTAでこれモデルにしたランパダーティってメーカーがあるんだけど、その説明で
「何度もグランプリで勝利を逃したため、退屈な女を引き付けるスポーツカー作りに専念してきました。結果は見事大成功。」
て書かれてて笑った
9 ななしのよっしん
2016/05/15(日) 14:27:03 ID: Py5d29vq0V
2chの専用版がもうも当てられない惨状なのでついここにきた。
もうここで話し合わないか…。