マダム・タッソー単語

マダムタッソー
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

マダム・タッソーMadame Tussaud)ことマリー・タッソーMarie Tussaud, 176112月1日 - 1850年4月16日とは、フランスの蝋人形作家である。

概要

1761年、アンナマリーグロシュルツとしてフランス・ストラスブールに生まれる。
ジョセフは軍人だったが、彼女が生まれる前に戦死。アンヌはスイス・ベルンに移住し、ドイツ人の医者フィリップクルティウス政婦として働く事となった。
クルティウスは蝋細工の名手として知られ、当初は医療教育模型ムラージュ)を製作していたが、やがて人の姿を映しとる蝋人形を手掛けるようになった。彼は幼いマリーに蝋細工の技を伝授し、マリーは『伯父』と慕った男の子として、その才を開させてゆく。最初に制作した蝋人形1777年、哲学ヴォルテールった作品だったという。

写真技術のない当時、蝋人形は絵画以上にに迫る作品として、高い地位の人々に好まれた。マリールイ16世エリザベートの美術の家庭教師として、1780年からヴェルサイユ宮殿で過ごす事となる。
しかし1789年、フランス革命が勃発。王党派であるという疑いを招き、1793年にマリー逮捕死刑を宣告された。と共にラ・フォルスに投されたものの、卓越した技量をかわれて助命。代わりに革命政府への忠として、ギロチンの犠牲者達のデスマスクを作る「仕事」につかされた。
ルイ16世マリー・アントワネットなど、かつて仕え、知遇を受けた王族貴族の首級と向き合い、死相を蝋に写し取るという凄惨な体験が、彼女にどれだけの衝撃を与えたかは不明である。しかしその後ロンドンにおいて恐怖の部屋(Chamber of Horrors)」と題した、実体験に基づいたグロテスクな展示を行っている。

1794年、クルティウスが死去。彼は自らが製作した蝋人形コレクションと財産を遺し、翌年マリーは技術師のフランソワ・タッソーと結婚した。夫婦仲は良好で、2人の男子を設ける喜びも得た。
この間もマリーの「仕事」は続き、かつて革命を実現したものの、殺・処刑されたマラロベスピエールデスマスク製作した。

1802年、マリー長男を伴って渡英。蝋人形展示の行を打って好評を博したが、ナポレオン・ボナパルトの台頭によって英の間に戦争が勃発、帰出来なくなる。フランスに遺したと夫との再会は最後までわず、後年成長した次男を呼び寄せる事が精一杯だった。
イギリスでの地方巡業は人気を博し、30年の長きに渡った。その後もたびたびロンドンで蝋人形展示が開催される。そして1835年、常設展示を可とする蝋人形館、通称「マダム・タッソーの館」がベーカーに開館した。
当時マリーは既に70代だったが、老いてなおその腕は衰える事なく、1838年には回想録を執筆するなど、積極的に活動を続けた。1842年には、自身の蝋人形制作。これは現在でも展示されており、衣に身を包んで眼鏡をかけた老女としての姿を見る事が出来る。
1850年、ロンドンで死去。享年88歳。

補遺

「マダム・タッソーの館」は、ロンドンにおける観光名所の一つである。様々な偉人・有名人の蝋人形が展示されており、内外に多数の分館が存在する。
なお先述した「恐怖の部屋」はその後も人形を変えながら、拷問、死体、殺人を始めとした犯罪など陰惨な内容で見る者を震え上がらせたが、2016年閉鎖現在シャーロック・ホームズを題材としたアトラクションになっている。

日本でも2013年東京お台場に「マダム・タッソー東京exit」がオープン映画スター歴史上の人物、文化人、スポーツ選手など、多岐にわたる蝋人形と身近に接する事が出来る。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%BD%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マダム・タッソー

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • マダム・タッソーについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!