マチネの終わりに単語

マチネノオワリニ

マチネの終わりにとは、平野啓一郎の小説である。2019年福山雅治石田ゆり子の演で映画開される。

概要

京都大学在学中に『日蝕』で小説家デビュー、同作で23歳のときに芥川賞を受賞した平野啓一郎の長編小説
2015年3月から2016年1月まで毎日新聞noteで連載され、2016年4月に単行本が発売された。

天才クラシックギタリスト野と、婚約者のいるジャーナリスト洋子。6年間でたった3度しか会わなかった人が、人生よりも愛した存在になるまでを描く。
ページをめくる手が止まらない」小説ではなく、「ページめくりたいけどめくりたくない、ずっとその世界に浸りきっていたい」小説というのを考えてきた、という平野啓一郎が「40代をどう生きるか?」を読者に問いかける作品となっている。

2019年開予定の映画は「容疑者Xの献身」で福山雅治と組んだ西谷メガホンを取る。
ギタリストでもある福山は、本作でいつも手にしているエレキアコギとは異なるクラシックギターに挑む。
石田ゆり子は、「こんなふうに人をせたら…、そんな気持ちで一気に読み終えた『マチネの終わりに』の映画化に参加できることに心震える思いです」とっている。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%81%E3%83%8D%E3%81%AE%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マチネの終わりに

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • マチネの終わりにについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!