マチュピチュ単語

マチュピチュ
1.4千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

マチュピチュ(マチュ・ピチュ)とは、ペルーにある世界遺産、遺跡である。

概要

ペルーの標高2400mの山中にあるイン帝国時代の遺跡、世界遺産である。もっとも、当時のイン帝国首都クスコはもっと高い位置にあった。

都市ともいわれるその見たの美しさから、ペルー観光地となっている。

1983年世界遺産登録。周辺にアンデスネコジャガーネコロイヤルカマドドリなど重な動植物が多く生息することから、自然遺産文化遺産の複合遺産として扱われている。

周囲を山に囲まれており、一部の方向からを除いて、その姿をにすることはできない。そのため、イン帝国の滅亡後も、スペイン人に発見・破壊されることはなかった。

地元のペルー人が最初に発見したとも、1911年アメリカの探検ハイラム・ビンガムが発見したともいわれている。アンデス文明は文字がなかったため何のためにこの遺跡が作られたのかは今もわかっていない。スペイン人に追い詰められたイン帝国民が隠れ住んだ、砦だった、太陽殿であった、王の別荘だった、天体観測の施設だった等の説がある。

転じて、兵庫県竹田城跡など、高所にある都市・集落やもマチュピチュに例えられることがある。

アクセス

マチュピチュに入るにはチケットの事前申し込みが必須である。インターネットや現地の「クスコ」・「マチュピチュ村」での事前購入をするか、ツアーでの申し込みをしてもらう必要がある。また、列車のチケットも当日には手に入りにくいので、事前予約が勧められている。

から来た場合は、ペルー首都のリマから「クスコ」と「マチュピチュ村(アグアス・カリエンテス)」を経由するのが一般的。

日本からリマに行く場合は北を経由することが多い。リマからクスコまでは飛行機バスのどちらかで移動する。クスコはかつてのイン帝国首都であり、3400mとマチュピチュよりも高い位置にある。標高が標高なので、高山病に注意。

クスコから「マチュピチュ村」までは複数のルートがある。以下が代表例。

  1. クスコ郊外のポロイから直行でマチュピチュに向かう列車があるが、最もお金がかかる。日によってはポロイから列車が出ていないときもある。
  2. 費用を節約する、または列車がポロイから出ていない場合は、オリャンタイタンボという町までコレクティーボ(定刻運行しない路線バス)で向かい、そこから列車で行くことが多い。
  3. また、途中の「水力発電」まで観光客向けのバスで向かい、そこから徒歩3時間で向かう方法もある。これが最も安いとされるが、時間がかかるのでバックパッカー向けと言われる。線路歩くため「スタンドバイミーコース」とも呼ばれる。

マチュピチュのある山のふもとのマチュピチュ村観光拠点になる。ここからバスで20分、または歩いて1時間でマチュピチュに着く。

クスコからトレッキングで3泊4日で向かうツアーもある。ただし、富士山並の高さのところを歩くことになるので、体がある人向け。また、人気ツアーのため予約がとりにくい。

関連動画

関連静画

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マチュピチュ

1 ななしのよっしん
2020/10/15(木) 02:12:53 ID: +R2AFd217I
マチュピチュの単を見るといつもピチューが思い浮かぶ
👍
高評価
0
👎
低評価
0

急上昇ワード改