マット・カラシティー単語

マットカラシティー

マット・カラシティーMatt Carasiti1991年7月23日-)とは、アメリカ合衆国コネチカット州出身のプロ野球選手投手)である。現在シアトル・マリナーズに所属。

概要

プロ入り前

バーリン高校卒業後、テキサス・レンジャーズからドラフト36巡(全体1,084位)で名されるもこれを拒否。セントジョーンズ大学へ進学する。

大学では2012年ビッグイーストカンファレンスで2勝をあげるなどチームの優勝に貢献し、最優秀選手に選ばれる。卒業後はコロラド・ロッキーズからドラフト6巡(全体198位)で名され、入団に至る。

MLB(マイナー含む)

2016年8月12日フィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャーデビューを果たすも1回2失点(自責点1)と振るわず。同年8月19日シカゴ・カブス戦でMLB勝利を記録するが、その後も不安定な投球が続いた。

2017年にはザック・ロスカップとのトレードでシカゴ・カブスへ移籍したものの、MLBでの登板はなし。オフにはNPB東京ヤクルトスワローズと1年契約を結ぶ。

日本球界入り

2018年

開幕から抑えを任される。3月30日横浜DeNAベイスターズ戦でNPB登板(1回失点)を果たすと、翌日のDeNA戦で来日初セーブをあげる。また4月13日阪神タイガース戦では同点の9回裏を失点で抑えると、直後にチームが勝ち越し、NPB勝利を記録した。

その後は4試合連続で失点するなど安定感を欠き、抑えの座を剥奪されて2軍降格。しかしロングリリーフとして再昇格した後は、カットボール体のピッチングに切り替えたことが奏功。セ・パ交流戦だけで3勝をあげ、チーム初となる交流戦最高勝率に貢献した。

6月15日北海道日本ハムファイターズ戦で先発に転向すると、6月27日中日ドラゴンズ戦で先発勝利。開幕から傷の5連勝は、チーム外国人投手として初めてのことである。

しかし後半戦になるといイニングで打ち崩されることが多く、オフには自由契約となった。

MLB(マイナー)復帰

2019年1月シカゴ・カブスマイナー契約を結んだが、メジャー昇格はなし。その後シアトル・マリナーズマイナー契約を結び、6月23日ボルティモア・オリオールズ戦でメジャー復帰登板を果たした。

プレイスタイル

最高153km/hのストレートに、決め球のフォーク、そのほかチェンジアップカットボールアウトを取る。マイナーでは奪三振率9~12%と高い数値を記録している。

成績

2018年終了時点)

年度別投手成績

年度 球団 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2016年 COL 19 0 0 0 1 0 0 2 1.000 15.2 11 17 17 16 9.19
2018年 ヤクルト 32 13 0 0 7 3 3 1 .700 94.2 43 73 53 44 4.18
MLB:1年 19 0 0 0 1 0 0 2 1.000 15.2 11 17 17 16 9.19
NPB:1年 32 13 0 0 7 3 3 1 .700 94.2 43 73 53 44 4.18

関連動画

今のところ特になし(上がり次第追記)。

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マット・カラシティー

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • マット・カラシティーについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード