マッドサンダー単語

マッドサンダー
  • 2
  • 0pt
掲示板へ
ゾイド > マッドサンダー

マッドサンダーとは、『ZOIDSシリーズに登場するトリケラトプス巨大決戦ゾイドである。

機体解説

マッドサンダー
MAD THUNDER
基本情報
RBOZ-008
RZ-055
所属 ヘリック共和国
モチーフ トリケラトプス
スペック
全長 41.8 m
全高 16.6 m
全幅 13.3 m
重量 585.0 t
最高速 100 km/h
武装(旧)
武装(新)
ゾイドテンプレート

マッドサンダー

ヘリック共和国がEPZ-6デスザウラーを倒すべくその威信と誇りをかけて生み出したトリケラトプス決戦ゾイド
その標通りに登場後は“デスザウラー敵的存在”として活躍し、ゼネバス帝国軍に追い詰められていた共和軍を救った伝説ゾイドであり、デスザウラーぐ凄まじい戦闘から荒れ狂う“雷神”の異名を持つ。

あらゆる武装が打倒デスザウラーに向けて作られており、まずデスザウラー最大の武器である荷電粒子砲を頭部の襟巻きに当たる部分を覆う特殊セラミクス振動体で構成された反荷電粒子シールド効化し、そして今までいかなるゾイドでも打ち破れなかった重装甲は同じく頭部に装備されたマグネーザーと呼ばれる巨大なドリルで貫いて最後には内部のゾイドコアを抉り取ってしまう。

背部には今でのゾイドのそれよりもかに大きな口径を持つ衝撃とRPZ-7シールドライガーMk-2にも搭載されていた大ビームキャノンを装備する事で圧倒的な火力を獲得し、防御面においても全体を覆う装甲はデスザウラー重装甲とほぼ同等かそれ以上の強度を有しているため、当時の帝国ゾイドの攻撃を通す事はほとんどかった。

後方部には自己エネルギー生成機関ハイパーローリングチャージャーを搭載、これにより長期間の補給での戦闘が可で、なおかつ背部左側には臨時室が設置してあるためRBOZ-3ウルトラザウルスに代わって前線での部隊揮を担う事もできる。

また頭部のマグネーザーは対デスザウラー装甲というだけでなく、シールドマシンのように硬い岩盤を掘削して地中を掘り進んだり、時には鎖付きミサイルとして飛ばして遠距離にいる敵にぶつけたり、たとえ折れ曲ってもく間に再生できるなど非常に多機である。

さらに必殺技として全エネルギーを前面部に集中して相手に突貫する“サンダークラッシュ”という戦法を有している。

デスザウラーを基本前提としているが、それ以外の全帝国ゾイドに対しても圧倒的優位性を実現しており、このマッドサンダーが登場するや今までデスザウラーによってゼネバス帝国側に傾いていた軍事バランスはあっさりと逆転、帝国軍もマッドサンダーに対して改造デスザウラーを次々とぶつけるもまるでが立たずに敗走を重ね、その結果帝国はまたしても滅亡寸前まで追い詰められる事となる。

ゼネバス帝国が滅び、ガイロス帝国との戦いに移行した大陸戦争においても量産されたマッドサンダーがとなったが、この頃になると対が低いという弱点が露呈しはじめ、DBOZ-17ギル・ベイダーDPZ-23ガン・ギャラドと言った帝国軍飛行ゾイドの前に苦戦を強いられる事が多くなった。

しかも惑星Zi大異変によって大半の個体が絶滅、幼体のコアが僅かに残るだけになってしまった。
しかし、その後の第二次大陸戦争においては暗黒大陸での最終決戦に備えてコアの育成が進められ、防御こそ以前より落ちてしまったものの見事に復活を果たし、かつてのライバルであるデスザウラーと再び相まみえる事となる。

しかし、その戦いでデスザウラーもろとも全滅してしまい、それ以降は共和の状況が逼迫したため再生産できなくなったと思われ、二度とこのマッドサンダーが戦場に立つ事はなかった。

劇中での活躍

バトルストーリー

ZAC2048年ロールアウト。この当時の共和軍は首都を奪われており、も著しく低下していたが、あのウルトラザウルスを生み出したハーバード・リー・チェスター教授揮の元、長きに渡る研究の末に遂に完成へと漕ぎ着けた。

まず帝国軍に奪われた共和首都の奪還のために動き出し、その途中で帝国の技術士官マイケル・ホバートの操る改造デスザウラーが立ちはだかるも、これを難なく退けて共和首都へ向かい、首都に到着後はそのまま首都へ大軍を率いて突入、見事共和首都奪還に成功した。

回復させた共和軍はマッドサンダーの量産に着手、師団を結成して一斉反撃を開始する。
帝国軍は切り札のデスザウラーを尽く失って戦線は全に崩壊する事となり、そしてマッドサンダー師団は帝国首都を包囲し、再び帝国首都を陥落させた。

その後、マッドサンダー師団とウルトラザウルス艦隊を擁する共和軍はゼネバスおよびゼネバス帝国軍をニカイドスまで追い詰めるが、そこにガイロス帝国が介入、その結果ゼネバス帝国は滅び、今度はガイロス帝国との大陸戦争へと戦いはれ込む事となる。

暗黒大陸戦争でも共和軍の機として従軍、局地戦改造機がいくつも登場したが、DPZ-10ダークホーンの集中攻撃を浴びて撃破されたり、戦用に改造されたマッドサンダー艦隊がギル・ベイダー部隊の猛攻を受けて全滅するなどその優位性は脅かされていったものの、最後まで共和軍の最高戦として活躍を続けた。

ZAC2099年では前の惑星Zi大異変によりほぼ絶滅状態に陥ってしまう。
しかし、帝国デスザウラー復活計画を推し進めているのが知られてか、共和でも僅かに残された幼生コアの培養と育成が進められ、暗黒大陸戦争末期復活を果たす。

帝国軍のデスザウラー配備了には間に合い、セスリムニル戦においてデスザウラー30機に対してマッドサンダー20機を持って迎え撃つが、育成を急いだ結果反荷電粒子シールドの防御が多少落ちており、デスザウラーオーガノイドシステムパワーアップしていたのも相まってかなりの苦戦を強いられたものの、それでも数で勝る相手に果敢に挑み、3日に渡る大戦の末にデスザウラー軍団を壊滅に追いやった。

しかし、マッドサンダー達もまたそれと引き換えるようにして全機体が大破し、結果的には相打ちとなった。
ネオゼネバス帝国との戦争時には再生産がきかなくなったようで、これ以降のストーリーには登場する事はなかった。

アニメ

アニメ放映時期とキット再販時期が合わず、現在までどのアニメシリーズにも登場していない。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マッドサンダー

78 ななしのよっしん
2020/06/23(火) 11:49:55 ID: /PxOFQYh6y
弱体化設定なんてただカッコ悪いだけだと思うが。
79 ななしのよっしん
2020/06/27(土) 00:40:28 ID: NfZxEjrcb4
>>71
バトストでおもいっき重力でふっとばされてたので不可能かと
そも名前の通リ重力コントロールなので荷電粒子は関係ないし
>>75 >>76
>マグネーザー届かない

そのために背中に大衝撃DCSと同(かつコアの出の違いでDCSより高威で連射可)のビームがついてるんやで

あとマッドは機体自体は鈍重だけど首周りは俊敏で死から接近戦挑んだ改造コングがマグネーザーの一撃で吹っ飛ばされてる(まあ後方からの攻撃は防げないだろうけど)
ただこれは弱体化前の出来事なので急増マッドができるかは不明

てかデスザウラーOS強化機)戦でもライガーゼロケーニッヒウルフがマッドを支援してたからやっぱ弱体後は単機で戦うのには不向きになってたんだろうね
80 ななしのよっしん
2020/07/05(日) 11:53:18 ID: /PxOFQYh6y
背中の衝撃ビームブレイカーフューラー運動性に対応できるのだろうか?
かつてを移動中にライジャーの襲撃を受けたマッドは、ライジャースピードに翻弄されている間にを爆破されて底に落とされたこともあったし。
仮に当たってもラウンドシールドEシールドで弾かれるかもしれない。
さすがグレートサーベルセイバータイガーATあたりなら撃破できるだろうけど。
81 ななしのよっしん
2020/07/26(日) 03:21:31 ID: NfZxEjrcb4
店頭PVマッドサンダーからの攻撃(増設されたのかなぜか側面からミサイルも撃ってた)をイクスはめっちゃギリで逃げてたからイクスより(スペック上は)運動性低いブレイカーフューラーなら命中するんじゃね?
1発2発防げても防いで動きが止まったところに連続で叩き込まれたらEシールドは衝撃は防げないしラウンドシールドもきつい希ガス

リッツが乗ってた試作一号機のブレイカーなら攻撃かわしてマッド倒しそうだけど
82 ななしのよっしん
2020/08/04(火) 08:03:18 ID: /PxOFQYh6y
ミサイルを増設したPVのマッドはともかく、通常のマッドはそんなミサイルは持っていないから理では?
83 ななしのよっしん
2020/08/08(土) 01:17:03 ID: NfZxEjrcb4
そもマッドはジェノやフューラーみたいな高速ゾイドと戦うようなゾイドじゃないししょうがないね

逆に言えばデスザウラーデスステだって凱龍輝ゴジュラスギガ相手なら手も足も出ないし
84 ななしのよっしん
2020/08/16(日) 17:54:20 ID: tmtQ7da3yk
マッドの背中台は通常兵器の範囲内で荷電粒子砲ガンブラスター級の火力クラスはない。
デスステ以上の重装甲はゴジュラスキャノン連射でやっとへこみ傷付けれる程度で重装甲は論ジェノブレのも厳しい。
量産型ブレイカーならまあ遅いので連射すれば撃ち落とせるかもしれないがリッツのは当たらない量産型より多分硬い再生してしぶといで理だと思う。
速い相手が苦手なマッドは外すとしても逃げて荷電撃たれたらシュナイダーとか高速格闘機でもどうしようもなく、短時間の中格闘できるアーサーブレードがまさに対抗可ライバルになってるわけだ。
85 ななしのよっしん
2020/09/28(月) 10:51:18 ID: q8eps+vkYa
ジェノブレイカーフリーラウンドシールドブレードライガーABのアタックブースターで損傷する程度の防御だから直撃したらさすがに厳しいと思います。シュトゥルフューラーアクティブシールドならともかく。というかアクティブシールドが硬すぎる。デスザウラーより硬いでしょあれ。
86 ななしのよっしん
2020/10/02(金) 05:34:25 ID: /PxOFQYh6y
マッドも火力アイアンコングを破壊する程度の威しかないから、撃でブレイカーシールドを破るには火力不足では?
87 ななしのよっしん
2020/10/16(金) 12:37:46 ID: /PxOFQYh6y
マッドのマグネーザーは丸い棒に4枚のをくっつけたような構造をしているが、キングゴジュラスなどに回転中のマグネーザーを掴まれた場合、キンゴジュに掴まれたの部分だけもぎ取れたりして。