マップ単語

マップ

マップmap)とは、ラテン語の「mappa」がとなり、これは「食事用に使う布」「布」「木綿」「ナプキン」「特定タオル」を意味する。

また、その「ナプキン(布、木綿)」に場所や地形を書いていた事から、「地形の書かれた布」の意味に転じる。

現在では「ナプキン」の意味はくなり、「地形の書かれた物」の意味で使われる事が多い。

概要

日本で「マップ」と言えば「地図」の意味が一般的である。

コンピューターゲームでも「マッピング」「オートマッピング」など様々な使い方で頻用されている。近年のコンピューターRPGではだいたいMAPがあり、そのゲーム内の地形が見渡せるようになっている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マップ

1 ななしのよっしん
2013/01/12(土) 22:25:15 ID: Pj/4kEM864
Skyrimで探索しながらマップ見てると、
どんだけこの世界広いんだよwww夢が広がりんぐwwwってなるな
2 ななしのよっしん
2015/01/06(火) 23:47:27 ID: CKjYpP9TNQ
昔のダンジョンRPGプレイするゲーマーにとって方眼は慣れ親しんだ友だった
今では3Dダンジョンを題材にしたゲーム自体少ないし、多くのゲームマップをいつでも確認できるようになったから自分で地図を書く人は減っちゃったけれど
探索の足跡を形にして残すのも面いぞ

急上昇ワード

2019/03/23(土)23時更新