マヌエル・ノイアー単語

マヌエルノイアー
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

マヌエル・ノイアー(Manuel Neuer, 1986年3月27日 - )とは、ドイツサッカー選手である。ドイツブンデスリーガバイエルン・ミュンヘン所属。ポジションGK

2010年代において、多くのメディアファンから「世界最高のゴールキーパー」と評されている選手であり、「歴代最高のゴールキーパー」か否かという議論も盛んに行われている。

193cm92kg。利き足は両足。

概要

地元ゲルゼンキルヒェンに本拠地を置くドイツの強シャルケ04のユース出身。2006年シャルケプロデビューを果たすと、若干20歳にしてレギュラーを奪取。翌2007-08シーズンにはリーグ戦全試合出場を果たすとともにシャルケクラブ史上初のUEFAチャンピオンズリーグベスト8に導く大活躍を見せ、く間にドイツを代表するゴールキーパーに登りつめる。生え抜きであるクラブ徴として、過さで知られるシャルカーシャルケサポーター)から絶大な支持を得ていた。

2010年からシャルケチームメイトになった内田篤人とは非常に仲が良く、練習中やプライベートでしょっちゅうイチイチャしている。その様子はその手のおさま方から非常に人気があったとかなんとか

2011年ドイツブンデスリーガバイエルン・ミュンヘンに移籍。シャルケサポーターからは「史上最大の裏切り者」として前の大バッシングを受け、またバイエルンサポーターもあまりにシャルケイメージが強すぎるノイアーの獲得に対し当初疑念を抱いていたが、高いパフォーマンスを見せてそれらの反応を一蹴。2012年4月25日CL準決勝2nd legレアル・マドリード戦ではPK戦までもつれ込み、クリスティアーノ・ロナウドカカの2人のPKをストップする活躍を見せる。

在籍2年2012-13シーズンにはブンデスリーガ、DFBポカールUEFAチャンピオンズリーグ三冠制覇に大きく貢献し、一躍レジェンド仲間入りを果たした。この年、ブンデスリーガでは31試合に出場して失点数はリーグの最少記録となる18失点に抑え、新加入組が多く、開幕当初は不安視するもあったディフェンスラインを最後の砦として支えた。

その後もバイエルンの守護として君臨。ドイツ内のみならず世界的な名手としての地位を手にする。2017-18シーズンからは現役引退したフィリップ・ラームの後任としてキャプテンに就任。しかし、2017年9月に中足折の大怪を負い、長期離脱を経験。リーグ戦出場がわずか3試合にとどまるなど、ほぼ1年を棒に振ることとなる。2018-19シーズンに復帰し、正GKの座に返り咲いたものの、本来のパフォーマンスを取り戻すには至らず、2019年4月15日デュッセルドルフ戦で足を負傷しシーズン終盤を欠場することとなる。2019年5月26日のDFBポカール決勝のRBライプツィヒ戦で復帰し、クリーンシートを達成してタイトル獲得に貢献する。

開幕前には退団の噂も流れた2019-20シーズンでは、久々に大きな怪く1年間をフル稼働。ハンジ・フリック監督が就任した後、ディフェンスラインを高く押し上げるスタイルを打ち出したチームにあって、ハイラインの後方のスペースを埋める重要な役割を果たし、ブンデスリーガ8連覇とDFBポカール連覇に貢献。さらに、2020年8月23日おこなわれたCL決勝パリ・サンジェルマン戦では、ネイマールキリアン・ムバッペといったワールドクラスのアタッカーたちの決定的なシュートを何度もストップする活躍を見せ、自身2度となるビッグイヤー獲得、そして3冠達成を経験。自らの価値を世界中に再認識させるシーズンとなった。

ドイツ代表

2008年ドイツ代表デビュー2009年6月2日UAEとの親善試合で国際Aマッチ初出場を果たす。長年にわたりドイツゴールマウスに君臨してきたオリバー・カーン、イェンス・レーマンの2人がって代表を退く中で、新世代のGKとしてくから期待を受けた。

U-21ドイツ代表の頃も正GKを務め、2009年6月に開催されたUEFA U-21欧州選手権では大会を通して4失点しか許さず、優勝に貢献。このときのチームメイトにはメスト・エジルジェロム・ボアテング、マッツ・フンメルス、サミ・ケディラといった後にワールドカップ優勝を共に達成したメンバーが多く含まれていた。

2010 FIFAワールドカップ南アフリカ大会では当初第3GK扱いだったが、大会半年前に正GKだったロベルト・エンケが鬱病により自殺するというショッキングな出来事が発生。更に第2GKで同世代のライバルだったレネアドラーも怪で離脱し、急遽正GKとして大舞台に臨むことになったが、大活躍を見せてドイツの2大会連続となる3位入賞に貢献。一躍、その名が世界的にも知られるようになる。

以降、ヨアヒム・レーヴ監督からの信頼を得、ドイツ代表の不動の守護としての地位を手に入れる。2012年6月に開催されたUEFA EURO2012では、準決勝のイタリア戦でマリオ・バロテッリの2ゴールを許して敗れたものの、大会優秀選手に選出されている。

2014年6月には、自身2度ワールドカップとなる2014 FIFAワールドカップに出場。決勝までの7試合全てでゴールを守り、4度の完封勝利を含む4失点に抑え、ドイツ1990年イタリア大会以来24年ぶりのワールドカップ優勝に貢献。大会通算で86.2%という高いセーブ率を記録。また、高い足元の技術を駆使してビルドアップでも貢献するなど、新しい時代のGK像を示す。大会の最優秀GKにも選ばれ、世界最高のGKという呼びも高くなる。この活躍によって自身2度となるドイツ年間最優秀選手に選ばれ、GK初のバロンドール獲得への期待も寄せられるが、結果は2位とわずか1ポイント差の3位という結果になる。

2016年6月UEFA EURO2016に出場。ラウンド16までの4試合を失点で終え、準々決勝のイタリア戦では初失点を喫したものの、1失点に抑えてPK戦に突入。同じく世界的名手であるイタリアジャンルイジ・ブッフォンとのハイレベルPK戦では9人まで突入する死闘となるが、相手の5人と7人のPKを片手一本でセーブし、勝利に貢献。しかし、準決勝のフランス戦では、アントワーヌグリーマンに2ゴールを奪われ、敗れる。

EURO2016終了後、代表を引退したバスティアン・シュバインシュタイガーの後任としてドイツ代表のキャプテンに就任する。GKドイツ代表キャプテンは、オリバー・カーン以来2人。しかし、2017年9月に負った中足折によって長期離脱を強いられ、ロシアW杯予選はほぼ欠場となる。その間にこれまで第2GKだったFCバルセロナで守護を務めるマルクアンドレ・テア・シュテーゲンが急成長を遂げる。2018 FIFAワールドカップメンバーに選出されたものの、1年近く公式戦出場のかったノイアーではなく、好調のテア・シュテーゲンを起用するべきというも多くなっていた。しかし、レーヴ監督は、これまで通りノイアーを正GKとして起用することを明言する。ところが、本大会グループリーグ第3戦の韓国戦では、パワープレーに出たところで敵ボールを奪われ、ソン・フンミンのゴールを許す失態を犯す。試合に敗れたドイツグループリーグ敗退が決定してしまう。

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
2005-06 シャルケ ブンデスリーガ 0 0
2006-07 シャルケ ブンデスリーガ 27 0
2007-08 シャルケ ブンデスリーガ 34 0
2008-09 シャルケ ブンデスリーガ 27 0
2009-10 シャルケ ブンデスリーガ 34 0
2010-11 シャルケ ブンデスリーガ 34 0
2011-12 バイエルン ブンデスリーガ 33 0
2012-13 バイエルン ブンデスリーガ 31 0
2013-14 バイエルン ブンデスリーガ 31 0
2014-15 バイエルン ブンデスリーガ 32 0
2015-16 バイエルン ブンデスリーガ 34 0
2016-17 バイエルン ブンデスリーガ 26 0
2017-18 バイエルン ブンデスリーガ 3 0
2018-19 バイエルン ブンデスリーガ 26 0
2019-20 バイエルン ブンデスリーガ 33 0

プレースタイル

キャッチングやハイボールの競り合い、コーチングなど、GKに必要とされるあらゆる強さを兼ね備えているが、ノイアーのプレースタイルで群を抜いて際立つのが、果敢な飛び出し圧倒的な足元の技術である。

そのプレーエリアゴールキーパーとしては異常に広く、的確な判断で、ピンチとみればなくペナルティエリアを飛び出し足や頭でボールクリアする。もちろん1対1にも強く至近距離では神技のようなシュートストップを見せるが、ノイアーはむしろ、そうした決定的得点機が発生する前にその芽を摘み取ってしまうGKである。更に正確キック精度を有し、前線へのロングフィードはもちろんショートパスの組み立てにも参加して攻撃の基点となる。

ノイアーのスタイルGKというより「GKリベロ」「11人フィールドプレーヤー」と呼んだ方がしっくりくるものであり、単なるシュートストッパーではなく攻撃められる、現代的なGKの理想を体現した選手であると言える。

エピソード

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%8C%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マヌエル・ノイアー

7 ななしのよっしん
2014/10/29(水) 16:56:45 ID: eppk9yArEq
何かのインタビューに乗ってたけど、育成年代でフォワードとしてのプレー経験もあるらしい
どうりで足元がうまいわけだ
8 ななしのよっしん
2014/12/26(金) 01:13:30 ID: VWuX1fYqkv
>>7
そういや先代の世界最高のGKと呼ばれたブッフォンジュニアユース時代はFWだったね。チームメイトからも「十分にフィールドプレーヤースキルを持ってる」と評判だったし
9 ななしのよっしん
2015/07/19(日) 08:39:35 ID: b9ffKl3Gw4
ノイアーセーブしてる動画で「ベルリンの壁
とかコメントしてる人いるけどやめてほしい。
まがいなりにもあれはドイツ民にとって嫌悪
するものなんだし、ノイアーも呼ばれて嬉しかないだろう。
10 ななしのよっしん
2016/09/29(木) 14:20:56 ID: ywNT238WQb
「どうせボールには手が届かんから、
万が一ポストに跳ね返った場合に備えて腕引っ込めとくわ」
11 ななしのよっしん
2017/10/11(水) 23:35:19 ID: /e2rJuEHG8
内田との勝ったら震災のユニフォームを見せるってエピソード、何度も見返してしまう。
ノイアー封しただけならただの美談なのに、得点に絡むとかいうおかしな描写が混ざるから
キーパーの概念を変える選手だよね
12 ななしのよっしん
2018/06/28(木) 17:14:22 ID: GM6dy/Qc8g
マヌエル・ノイアー韓国戦の最後で諦めずにペナルティエリアから飛び出して攻めるのもボールが奪われ、反撃を食らって沈む。
(多分)国家代表としての最後の戦いが呆気ない最期となった。
13 ななしのよっしん
2018/06/28(木) 18:39:13 ID: nmxZfzqChR
ノイアー嗣
14 ななしのよっしん
2018/06/28(木) 19:33:34 ID: a4DZYDtXCA
チームの足を引っったチームに足を引っられたを一緒にするな
15 ななしのよっしん
2019/06/27(木) 23:15:39 ID: ReqRGyasHR
>>11
その時は失点にもかなりかかわってるけどな。
ミスを取り返して勝ち切るのは流石だけど。
16 ななしのよっしん
2020/11/07(土) 13:07:07 ID: pVkQ0aDmYu
CL決勝でのMOM級の活躍で34でまた世界一GKに返り咲いたな

異次元の身体麗なテクニック、魅せるプレー。間違いなく歴代No.1GK。