マハトマ・ガンジー単語

マハトマガンジー

マハトマ・ガンジーとは、インド活動家政治家であり、イギリス統治下にあったインドにおいて「非暴力義」を用いて独立を勝ち取った、「インド」として知られる人物である。

本名はモーハンダースカラムチャンド・ガーンディー。マハトマ(マハートマー)は「偉大なる魂」を意味する尊称である。

正しく表記すれば「ガーンディー」なのだが、日本語では一般的に「ガンジー」と表記される。単に「ガンジー」と言えばこの人物をすことが多いが、ガンジーインド人の苗字としてしくないもののようで、彼以外にもガンジーさんは多数いる。インド首相となったインディラ・ガンジー苗字が同じだけで、血縁関係はない。

生涯と評価

ガンジーは裕福な庭の生まれで、法曹界を志してイギリスへと留学、弁護士となって同じくイギリス領であった南アフリカへと渡っていった。しかし、ここで強な人種差別の当たりにして、権利拡大のために民権運動に参加、後の非暴力思想を形成していった。インドに帰した後、ガンジーイギリスへの不信感からインド独立を志すようになり、政治結社「インド会議」へと参加する。

ガンジーは武を用いず、しかし従しないという姿勢をもってイギリスから独立するという思想「非暴力・不従」を支持者に説いた。当然ながら相手はそんなこと知るかを振るってくるが、それを知った上で耐えなければならない、言うには簡単だが実行するには勇気と根性のいる活動で、提唱者のガンジーも投を経験している。有名な糸を回しているガンジー写真や、にかかる税抗議した「の行進」もこの頃の出来事であった。

第二次世界大戦インドも戦火にされるが、ガンジー終戦まで非暴力を貫き通した。そしてついにイギリスが支配を諦め、1947年にインドイギリスから独立を果たし、現在インド共和国の原初となった。

しかし、インド内にはヒンドゥー教徒とイスラーム教徒の対立が隠れており、イギリスという共通の敵がいなくなったことで対立がより顕在化してしまった。ガンジー独立運動の頃から宥和をしてきたが、結局パキスタンバングラデシュ独立されてしまった。さらにイスラームに譲歩する姿勢を見せていたことから、一部のヒンドゥー教徒にも敵視されるようになり、1948年にヒンドゥー教過激派に暗殺されて生涯を終えた。享年78。

を伴わない独立を果たした功績などから、現代においても平和義者として際的に名高い。ノーベル平和賞にも何度かノミネートされていたが、結局受賞には至らなかったという。

インド」などと称される一方で、インド内での評価はそこまで高くないという。これには、「ガンジーの清貧思想・西洋文明否定のままでいたらインドは近代化に立ち遅れていただろう」という経済政策の側面もあれば、「非現実的なイスラームとの宥和を続けていたら内戦が起きていただろう」という宗教対立に起因する問題もあるという。

Civ

シミュレーションゲームシヴィライゼーションシリーズにおいて、ガンジーインドの文明のリーダーとして1作から登場している。プレイヤーは他の文明と争ったり歩み寄ったりしていくが、COMの他文明リーダーもそれぞれの義によって好戦的・平和的と様々である。その中でガンジーは元の人物通りに平和義者と設定されていた。しかし…

旧作で攻撃性1に設定されていた平和義文明の代名詞とも言えるガンジーだが、民主主義(他文明の攻撃性-2)を取ると攻撃性がアンダーフロー(原文ママ)して攻撃的になるバグがあった。 その頃に解禁される核をパなして暴れまわったのだ。

そのバグが以降のシリーズで正式採用?され、ガンジー平和と核が大好きというイカれた設定になった。 Civ5の性格設定ではインドの核に関するパラメタは12で、次点のロシアアステカは8と実に2位5割増しの数となっている。

Civ用語集exit」より引用

こうして、核武装ガンジーという平和義とは、非暴力とは何かを考えさせられる存在が誕生したのであった。

20世紀末インドが、次いでパキスタンが核保有となったのだが、これもガンジーの教えの賜物なのかもしれない。現代にガンジーがいたら世界は大変なことになっていたかもしれない。

関連動画

知ってるインドの偉い人とちょっと違う

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%8F%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マハトマ・ガンジー

24 ななしのよっしん
2018/02/12(月) 14:56:36 ID: wLhrWUoF5H
これって韓国がやってる事だよね。慰安婦問題
25 削除しました
削除しました ID: g5S8X/QCj7
削除しました
26 ななしのよっしん
2018/06/19(火) 17:02:50 ID: wLhrWUoF5H
インド極右政権ができて、教科書から名前が消されたらしい。「保守」と「右翼」の言葉の区別ができるいい事例だよ。
27 ななしのよっしん
2018/08/20(月) 12:34:52 ID: wOTx+GZZue
踏みつけて来るヤツ(イギリス)を許すことは出来る。異教徒(イスラーム)も許すことは
出来る。しかし、自分が踏みつけてるヤツ(アウトカースト)を最後まで許しはしなかった。
もちろん、残念なことに「差別はするけど同じ人間だよ」「これは仕方がない住み分けなんだから、
慢して次の生で良い生まれを得ようね」と言えるだけでも、現代のヒンドゥー教の感覚からですら
融和的と言う有様であることは考慮しないといけないけど。

同胞であるはずのヒンドゥー教徒に殺されてしまったことを皮と捉える向きもあるけど、
いずれヒンドゥー教限界にぶち当たって崩れて行ったんだろうな、感じはする。
28 ななしのよっしん
2018/10/06(土) 16:42:28 ID: h53KH4yWoE
カースト制を否定しなかったのは賢明だろ
地球人口の七分の一を占める13億人国家インドカースト制が崩れたらマジ世界最大の内戦が起きる

圏の人間が「自由」や「等」を唱えながら内輪揉めの殺し合いをしまくってる間、
インドはずっとカースト制度での安定を保ってきたということは忘れてはいけない。
29 ななしのよっしん
2018/10/06(土) 16:48:31 ID: J3XF0OisQY
が安定してるのとそこに住んでる人がまともに生活出来てるかは別問題だけどな
30 ななしのよっしん
2018/11/01(木) 14:49:14 ID: QjUTPlF/SA
>>28
カースト制がインドの安定を保ってきたというのはどういう意味?
インドなんて言う20世紀まで存在していなかったし、
「今でいうインド」にあった戦争ばっかやってるよ。
31 ななしのよっしん
2018/12/02(日) 20:37:37 ID: edQTDiP2y+
世界的にステレオタイプイメージが非暴力従のイメージで浸透してるからこそ
ギャグとして成立してるんじゃねえの
もし仮にアッティラチンギスハーンが現代で核兵器ブッパしまくってもそんなもんだろう違和感なさそうだし
そう言う意味じゃイメージ戦略として大成功だったよなガンジー
32 ななしのよっしん
2019/01/31(木) 02:59:22 ID: gXFsKOOAT2
ガンジーカースト容認はカーストを「人間の本性」とみていたから
歳を追うごとに考えをカースト制度と宗教的な役割としてのヴァルナを区別した
ヴァルナを更に細分化し明確な上下関係をしてるカーストを否定する冊子を出してる
カーストは否定するがヴァルナを肯定し彼自身ヴァルナの階層間に上下関係はない、区別はするが差別はしないというスタンス
だから彼はアウトカーストをハリジャン神の子)として差別めてた
差別民からすればカーストもヴァルナも同じかもしれんけどね
彼が世界で尊敬を集める反面インド内での評価が低い(実際チャンドラボースの方が評価高い)のは
西洋進歩義に懐疑的な姿勢や民族右翼歴史修正
そして彼が居らずもっと独立できた(ムスリムに強硬的であれば)という「たられば」で考えてる人が結構いるから
エロ方面で色々言われてるけどやっぱ個人的には評価は変わらんわ
33 ななしのよっしん
2019/05/08(水) 00:22:21 ID: pWUiU/zyRA
>>32
「他者より強く、他者より先へ、他者より上へ! 競い、妬み、憎んで、その身を食い合う!」

「本性」ってこれのことかい?

こればっかりは、稀代の英雄の手腕を以ってしても全には払拭できなかったと言わざるを得ない。
だからといって、全に「本性」の赴くままに「たられば」で行動したら、行き着く先は「クロアチア独立」なんだろうがね…