マリア主義単語

マリアシュギ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

マリア主義とはアニメ機動戦士Vガンダム」に登場する思想または宗教

概要

提唱者はマリア・ピァ・アーモニア宇宙世紀における思想(と劇中で説かれているモノ)ではジオニズムコスモ貴族主義に次ぐ。どちらかと言えば宗教色が強いが、コスモ貴族主義にも思想を宗教的に捉える団体がおり、必ずしも特徴とは言えない。

最初の活動域はサイド1のアルバニアンであったが、最終的にサイド2のアメリアに移り、信者らがザンスカール帝国を建マリア女王となった。

前史

0100年のジオン共和消滅と共に連邦コロニーは共通の敵を失い、コロニー数の増加もあって徐々に連邦の権勢はコロニーに及ばなくなって行った。この間隙をつき、0123年にはコスモ貴族主義を奉じるクロスボーンバンガード軍が再建された旧サイド5(フロンティア)を占拠。コスモバビニア名乗り連邦戦闘状態に入ると言う事件が勃発する(コスモバビニア紛争)。

この紛争は短期間で終結するが、旧来のジオニズムに依らない思想の誕生は反連邦的な思考を持つ者に大きな衝撃を与えた。

0133年、木星に拠点を築き地球に対して偏執的な憎しみを抱いていたクラックス・ドゥガチ地球圏へと侵攻を開始。こちらも、新生クロスボーンバンガード独立し始めていた各コロニーの治安部隊の活躍により排除される。しかし、連邦政府にはもはや彼らの協なくして地球を維持するは存在しないことも明らかになり、0140年をコロニーに対する干渉政策は取れなくなり各コロニーにはなし崩し的に自治権が与えらえることとなった。

だが、各コロニー間には元来、経済格差や資を巡る争いが存在し、コロニーの武装化もあって紛争状態が頻発。宇宙は極度に不安定な時代を迎えた(宇宙戦国時代)。

マリア・ピァ・アーモニア

この混乱の中でコロニー住民の人心も荒れてしまう。0124年に生まれたマリア・ピァ・アーモニアは幼少期に両親の離婚を経験し、サイド1のアルバニアンにおいて売婦としてクロノクル・アシャー)を育てると言う極貧生活を送っていた。ついにはをも知れない子供シャクティ・カリン)を妊娠し辛の限りをめ尽くす。

しかし、この妊娠出産を機にヒーリングを中心とした霊覚めた。このを利用して、0141年当地において人生相談所または代替医療的な医院を設立。少なからず人々の支持を集めて行く。

0144年、支持者がマリアの言葉を集めた書籍を出版。宇宙戦国時代の不安を背に反を呼び組織は急速に拡大。であるクロノクルの助けもあり、同年には「マリア教団」と言う宗教団体に発展する。

フォンセ・カガチ

ここまでは新興宗教に過ぎず、教団自体もマリアカリスマによって立つ在り来たりなムーブメントであった。しかし、拡大する組織に木星団の重役であったフォンセ・カガチが着。0145年にカガチマリアと接触し、翌年には宗教政党であるガチ党が結党され世俗政治に参入を開始する。

ガチにオルグされたガチ党は巧みに選挙を戦い抜き、0147年には信徒が多かったサイド2アメリア政庁の第三勢にまでのし上がる。これを好機と見たカガチは贈収賄に関与したグループギロチンにかけて処刑。このマリア主義と世俗における行動のギャップは大きな衝撃を持って迎えられ、反対は次々に口をつぐみついには政権を奪われてしまう。

0149年、サイド2はほぼガチ党一握されザンスカール帝国の建を宣言。カガチマリア女王として祭り上げた。

0152年、地球への進攻を開始し、連邦関心をよそに占領地を拡大。リガ・ミリティアなどの抵抗分子と戦いながら作中世界開始時点であり0153年を迎えることとなる。

思想

本質的にはマリアカリスマとカガチのオルグ(組織)による宗教であり、思想と言えるモノではないのかもしれない。

マリアの考えとしては、宇宙に人類が移住し、その地において自治権を獲得してもなお争いを止められない人類に猛を促すと言う単純なモノだった。自身の経験からこの遠因を男性社会め、それをめるために女系社会への回帰を。また、なる存在の徴である地球を大事にし崇拝すると言う側面も存在した。

歴史的には日本における邪馬台国を彷彿とさせ、マリア卑弥呼クロノクルはそのに擬せられる側面があった。また劇中における予告のセリフであるが、シャクティは「を過信した者」と評しており性を中心とした教義であった。その究極の狙いは0153年に建造されたエンジェル・ハイロゥであり、サイコウェーブにより人類の闘争心を摘除。幼児退行させて紛争を消滅させ、ザンスカール帝国やマリア主義の理想を遂すると言うものだった(ただし、マリアはそこまでの強制があるものだとは認識していない)。

一方、カガチのマリア主義に対する信仰は疑問視されており、最終局面の追い詰めらた情勢ではあるが「占い師から育ててやった恩を忘れたのか!」と叫んだことからもマリア本人は体よく利用できる存在でしかなかったようだ。また、ギロチンマリアが意図したものではなく、あくまで国家的な催事(処刑された人間悪人ではなく、自分たちの理想の礎になるのだと言う考え)として取り入れたのも彼であると推測できる。

ただ、「穏やかな人類を再建したい」と言う本音を吐露する場面もあり、エンジェル・ハイロゥによる人類の強制的な幼児退行作戦についても「赤子こそ平和へのなる祈り」と述べ、マリア主義と自身の理想が近かったからこそ支持したのだとも取れる。

最終的にこの両者によって立つザンスカール帝国導部全員死亡により崩壊。エンジェル・ハイロゥマリアであったシャクティ・カリンの活躍により化した。

ジオニズムとの関係

既にジオン号とする国家が消滅してから半世紀が経過しており、大きな影は確認できない。エレズム地球崇拝との関係に関連性を見る摘もあるが、あくまでマリア主義では大切にすると言う程度の認識である。

これの裏返しか、厳格な意味では反連邦思想ではない。既に連邦は形骸化しており、アースノイドにもかつてのような優位性はなくなっていたのである。ただし、衰えたとは言え、本格的な反攻を企図されれば物量的にザンスカール帝国サイド2のみ)のでは太刀打ちできないため、表向きは和戦両様で臨みエンジェル・ハイロゥ建設までの時間を稼いでいる。

ガチはあくまで人類に絶望していたと言われており、宇宙戦国時代に翻弄された経験を持つマリアも同様の思考を持っていたため、ジオニズムのような希望を煽る思想ではなく諦めの宗教である。この点がある意味では最大の相違点と言えるのかもしれない。

また、ニュータイプ思想はこの現実を前に宇宙からほぼ一掃され、代わりに地球生まれ・地球育ちのニュータイプであるウッソ・エヴィンが反マリア主義勢であるリガ・ミリティアに参加している。結果的ではあるが、これが致命傷ともなった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E4%B8%BB%E7%BE%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マリア主義

1 ななしのよっしん
2015/03/06(金) 22:01:25 ID: bzBiPJYtHk
こんな(きちんとした記事な)の、おかしいですよ製作者さん!
2 ななしのよっしん
2015/03/06(金) 22:05:26 ID: /FbxLZZIn7
結局人類殺のための方便だよなあ…
3 ななしのよっしん
2017/07/10(月) 13:00:44 ID: 1QPmzke5SG
方便だけではない、マリアへの信仰心はなかっただろうがカガチの考え方の芯は同じようなもの。
4 ななしのよっしん
2018/11/28(水) 15:13:12 ID: CHBh/6Lnl7
記事内容がガチ党…
5 ななしのよっしん
2019/01/09(水) 18:53:42 ID: QZZX+jf4tK
エンジェルハイロウ(と細菌兵器)による全人類の穏やかな終末・・・。
そんな発想にすがりつくほどに宇宙世紀人類は疲弊しちゃっているんだな。
(元気なとこは元気だけど疲れてるとこはとことん疲れてる)
6 ななしのよっしん
2019/01/31(木) 11:28:03 ID: 8Yh+sFrJO2
おなじ元木星船団のシロッコとの共通点はよく言われるけど公式に言及したのはクロボゴーストカーティスがったのが初か?
7 ななしのよっしん
2019/10/25(金) 08:59:31 ID: zYy5JxYSRC
ヴィーガンフェミニズムエコ思想とスピリチュアルでこじらせるとマリア主義カルト宗教)になる、という感じ
現実モビルスーツスペースコロニーは存在しなくても、カルト思想としてはすでに似た勢実在するから怖い
8 ななしのよっしん
2019/10/27(日) 02:27:30 ID: 67o+H9EIf2
こそ全てとする一方、それは女性の役割を究極的に女性に限定してしまう思想であって、
フェミニズムのもう一つの側面である男性と肩を並べるとは矛盾してしまう。また、同じ女性間で
あっても、を過信する者(マリア)、を欲しても持てない者(小説版ルぺ・シノ)、
女性であり過ぎた者(ファラ・グリフォン)、になることを拒否する者(カテジナ)と、みな
生き方が違う。

御大ファーストの頃は「女を止めた女は死ね」(キシリア)、Zの頃は「仕事恋愛も出来て
女性であることを止めない女性」(エマ>レコア)になるけど、Vガンはどれが正しいのかが
言えなくなってるのよね…。
9 ななしのよっしん
2019/12/04(水) 17:23:58 ID: zYy5JxYSRC
>>8
結局、シャクティが一番まともで正しい、って結論が描かれてるんじゃないの
癪に障るヒロインだろうけど、作中の女たちの中でも幼年なのに一番地に足が着いてて、堅実なのがシャクティ
分不相応な過ぎた夢も野望も抱かない、不気味に感じるくらい欲って物がない
シャクティが望む物はただ穏な生活、子供を育てて野良仕事をしてウッソと共に夫婦のように穏やかに歳をとっていく、ただそれだけ
異常に老成してるというか、昔話の洗濯にいくおばあさんくらいの精年齢(12歳にしてもはや老婆のような精の持ちだと思う)

その落ち着きっぷりが欲望に満ちた若い女性の権化みたいなカテジナや、女権社会のキャリア競争とマウンティング必死ザンスカール帝国の地に足が着いてない女性幹部たちから見て不気味に見えるし、癇に触る
でもそのおかげで作中よりも、単に血筋ではなくマリアよりも女王に相応しい巨大な器(圧倒的な性と私の心)を持ってる

12歳のシャクティの方が老成しすぎてて大人で、カテジナをはじ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
10 ななしのよっしん
2020/01/11(土) 23:21:20 ID: B7caWilUdE
>>9
老成してると言うより原始の生活に近いんだと思う、御大が意図しているかしてないのかわからんが、シャクティの考え方の根底は自然への崇拝、共存なんだよ。
厳しい大自然の中で夫となるパートナーと手を取り合い困難を乗り越えていくという太古の昔から続く普遍的な理、人類が宇宙に上がろうとも結局一番大切な部分はそこなんだとウッソとシャクティを見ていて感じたな。

急上昇ワード