マリア主義単語

マリアシュギ
3.0千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

マリア主義とはアニメ機動戦士Vガンダム」に登場する思想または宗教

概要

提唱者はマリア・ピァ・アーモニア宇宙世紀における思想(と劇中で説かれているモノ)ではジオニズムコスモ貴族主義に次ぐ。どちらかと言えば宗教色が強いが、コスモ貴族主義にも思想を宗教的に捉える団体がおり、必ずしも特徴とは言えない。

最初の活動域はサイド1のアルバニアンであったが、最終的にサイド2のアメリアに移り、信者らがザンスカール帝国を建マリア女王となった。

前史

0100年のジオン共和消滅と共に連邦コロニーは共通の敵を失い、コロニー数の増加もあって徐々に連邦の権勢はコロニーに及ばなくなって行った。この間隙をつき、0123年にはコスモ貴族主義を奉じるクロスボーンバンガード軍が再建された旧サイド5(フロンティア)を占拠。コスモバビニア名乗り連邦戦闘状態に入ると言う事件が勃発する(コスモバビニア紛争)。

この紛争は短期間で終結するが、旧来のジオニズムに依らない思想の誕生は反連邦的な思考を持つ者に大きな衝撃を与えた。

0133年、木星に拠点を築き地球に対して偏執的な憎しみを抱いていたクラックス・ドゥガチ地球圏へと侵攻を開始。こちらも、新生クロスボーンバンガード独立し始めていた各コロニーの治安部隊の活躍により排除される。しかし、連邦政府にはもはや彼らの協なくして地球を維持するは存在しないことも明らかになり、0140年をコロニーに対する干渉政策は取れなくなり各コロニーにはなし崩し的に自治権が与えらえることとなった。

だが、各コロニー間には元来、経済格差や資を巡る争いが存在し、コロニーの武装化もあって紛争状態が頻発。宇宙は極度に不安定な時代を迎えた(宇宙戦国時代)。

マリア・ピァ・アーモニア

この混乱の中でコロニー住民の人心も荒れてしまう。0124年に生まれたマリア・ピァ・アーモニアは幼少期に両離婚を経験し、サイド1のアルバニアンにおいて売婦としてクロノクル・アシャー)を育てると言う極貧生活を送っていた。ついにはをも知れない子供シャクティ・カリン)を妊娠し辛の限りをめ尽くす。

しかし、この妊娠出産を機にヒーリングを中心とした霊覚めた。このを利用して、0141年当地において人生相談所または代替医療的な医院を設立。少なからず人々の支持を集めて行く。

0144年、支持者がマリアの言葉を集めた書籍を出版。宇宙戦国時代の不安を背に反を呼び組織は急速に拡大。であるクロノクルの助けもあり、同年には「マリア教団」と言う宗教団体に発展する。

フォンセ・カガチ

ここまでは新興宗教に過ぎず、教団自体もマリアカリスマによって立つ在り来たりなムーブメントであった。しかし、拡大する組織に木星団の重役であったフォンセ・カガチが着。0145年にカガチマリアと接触し、翌年には宗教政党であるガチ党が結党され世俗政治に参入を開始する。

ガチにオルグされたガチ党は巧みに選挙を戦い抜き、0147年には信徒が多かったサイド2アメリア政庁の第三勢にまでのし上がる。これを好機と見たカガチは贈収賄に関与したグループギロチンにかけて処刑。このマリア主義と世俗における行動のギャップは大きな衝撃を持って迎えられ、反対は次々に口をつぐみついには政権を奪われてしまう。

0149年、サイド2はほぼガチ党一握されザンスカール帝国の建を宣言。カガチマリア女王として祭り上げた。

0152年、地球への進攻を開始し、連邦関心をよそに占領地を拡大。リガ・ミリティアなどの抵抗分子と戦いながら作中世界開始時点である0153年を迎えることとなる。

思想

本質的にはマリアカリスマとカガチのオルグ(組織)による宗教であり、思想と言えるモノではないのかもしれない。

マリアの考えとしては、宇宙に人類が移住し、その地において自治権を獲得してもなお争いを止められない人類に猛省を促すと言う単純なモノだった。自身の経験からこの遠因を男性社会め、それをめるために女系社会への回帰を。また、なる存在の徴である地球を大事にし崇拝すると言う側面も存在した。

歴史的には日本における邪馬台国を彷彿とさせ、マリア卑弥呼クロノクルはそのに擬せられる側面があった。また劇中における予告セリフであるが、シャクティは「を過信した者」と評しており性を中心とした教義であった。その究極の狙いは0153年に建造されたエンジェル・ハイロゥであり、サイコウェーブにより人類の闘争心を摘除。幼児退行させて紛争を消滅させ、ザンスカール帝国やマリア主義の理想を遂すると言うものだった(ただし、マリアはそこまでの強制があるものだとは認識していない)。

一方、カガチのマリア主義に対する信仰は疑問視されており、最終局面の追い詰めらた情勢ではあるが「占い師から育ててやった恩を忘れたのか!」と叫んだことからもマリア本人は体よく利用できる存在でしかなかったようだ。また、ギロチンマリアが意図したものではなく、あくまで国家的な催事(処刑された人間悪人ではなく、自分たちの理想の礎になるのだと言う考え)として取り入れたのも彼であると推測できる。

ただ、「穏やかな人類を再建したい」と言う本音を吐露する場面もあり、エンジェル・ハイロゥによる人類の強制的な幼児退行作戦についても「赤子こそ平和へのなる祈り」と述べ、マリア主義と自身の理想が近かったからこそ支持したのだとも取れる。

最終的にこの両者によって立つザンスカール帝国導部全員死亡により崩壊。エンジェル・ハイロゥマリアであったシャクティ・カリンの活躍により化した。

ジオニズムとの関係

既にジオン号とする国家が消滅してから半世紀が経過しており、大きなは確認できない。エレズム地球崇拝との関係に関連性を見る摘もあるが、あくまでマリア主義では大切にすると言う程度の認識である。

これの裏返しか、厳格な意味では反連邦思想ではない。既に連邦は形骸化しており、アースノイドにもかつてのような優位性はなくなっていたのである。ただし、衰えたとは言え、本格的な反攻を企図されれば物量的にザンスカール帝国サイド2のみ)のでは太刀打ちできないため、表向きは和戦両様で臨みエンジェル・ハイロゥ建設までの時間を稼いでいる。

ガチはあくまで人類に絶望していたと言われており、宇宙戦国時代に翻弄された経験を持つマリアも同様の思考を持っていたため、ジオニズムのような希望を煽る思想ではなく諦めの宗教である。この点がある意味では最大の相違点と言えるのかもしれない。

また、ニュータイプ思想はこの現実を前に宇宙からほぼ一掃され、代わりに地球生まれ・地球育ちのニュータイプであるウッソ・エヴィンが反マリア主義勢であるリガ・ミリティアに参加している。結果的ではあるが、これが致命傷ともなった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E4%B8%BB%E7%BE%A9
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マリア主義

12 ななしのよっしん
2021/11/14(日) 16:41:45 ID: 4vxUSrKitg
>>7
実際グレタとかいう似たような拗らせ方をした輩は居るよな
究極的にはフェミニズムこそが女性差別だしエコ思想こそが環境破壊につながるというのに…
13 ななしのよっしん
2021/11/14(日) 16:44:46 ID: Mn7Xroixua
グレタちゃんは無敵の人希望だぞ!
持たざるものでも担ぎ上げてもらえるんだから
14 ななしのよっしん
2021/11/17(水) 16:43:49 ID: NgX8GtatWl
赤子の純さを過信しすぎな気もする
15 ななしのよっしん
2021/11/20(土) 16:43:07 ID: LEgvw0ii36
赤子食欲に貪欲だしな。
自然界だと蜘蛛殺しとかとかもそうだけど、フィクションだとDODのあかさんたちを思い出す。
16 ななしのよっしん
2021/11/28(日) 19:12:15 ID: 3AcnhsLdJ2
>>12>>13
なお富野はグレタを登場当初から現在まで支持している模様
まあグレタの思想を支持していると言うよりは、環境問題に対して本気にならない大人を入れる子供、というシチュエーションを気に入ってるという感じだが
17 ななしのよっしん
2022/03/13(日) 21:49:21 ID: X+gSNfSgxC
戦争は男社会で起きてきたから、女社会なら戦争は起きない」という発想の元で動いてきたザンスカール帝国だけど、そもそも地球や他のコロニー国家に対して戦争を吹っかけてきた時点でその理論は破綻してるんだよね
18 ななしのよっしん
2022/03/13(日) 21:50:32 ID: idbjhnP+85
ハマーン様とか言う女なのに好戦的導者
19 ななしのよっしん
2022/03/17(木) 12:32:03 ID: z1Z/ycxzRS
>>17
クロスボーンゴーストでその辺少し触れられていたな。
基本的に女性戦争に反対するもの、何故なら戦場に出て死ぬのは自分の旦那息子だから。でもマリア主義の為なら他人の旦那息子ギロチンにかけてもよいとなってしまった。
女性の為と宣伝することで女性=市民の半数が戦争に反対しなくなったのだと。
ザンスカールだけでなく、かつての木星ジオンも同じ、聞こえのいい大義を掲げ人々がそれに異を唱えなくなれば何処にでも起こり得ることなのだと。
20 ななしのよっしん
2022/04/15(金) 19:00:45 ID: X+gSNfSgxC
>>19
女は自己正当化が半端なく高いからな

男に対して「暴力反対」と訴えかけても、女が暴力を用いる事は問答用で正当化するし、女が加害者側に回っても「女」だからで無罪放免だしな
女は全員「女だから何でも許される」というのを本としてプログラミングされてるから

ザンスカール帝国マリア主義に基づく理念を掲げて地球侵攻に走り、その過程で多数の犠牲者を出して、その中にも「女性」が大勢居るという現実は知った事じゃないし、その犠牲を知ったとしても「マリア主義に反発したから殺された」位にしか思わないだろ
21 ななしのよっしん
2022/06/24(金) 18:40:11 ID: NP979vI6A6
>>5
その後待ってるのが終わりのい小規模戦争の繰り返し 人口増加による非人なクンタラの誕生 どうしようもなくなってによるリセットだからなぁ
絶望論に走っても仕方ない面はあるな ウッソ達も何も後世に希望を残せたわけじゃないし