マリキータマン単語

マリキータマン
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

マリキータマンとは、漫画キン肉マン」に登場するキャラクターである。

概要

オメガ・ケンタウリの六鎗客の一人で人。口癖は「キャミキャミ」。
六鎗客を束ねるオメガマン・アリステラとは過去に戦った経験があり、闘を繰り広げた末に敗北。その戦いから深い信頼を寄せるようになった。

全身ばかりでなく顔まで斑点模様で覆われており、・鼻・口などが外面上からは見られない。このため表情が全く読み取れない特異な容姿をしている。しかし潰しを浴びせられると効果はあるようで、一応はでものを見ているようだ。

冷静な性格で心理戦も得意としており、体の斑点を変移させて相手の心理を分析する「ロールシャッハドット」を使用する。
表情が見えず、心理戦を得意とするものの、全に感情が働かない人物ではく、さかんに「ケラ」呼ばわりされた時には苛立ち、仲間たちを侮辱された時には怒りを露わにする事もある。また相手の心情を理解したうえでの介錯をあえて行う、武人としての一面も持ち合わせている。

相手のを十分に出させたうえで、その上を行って勝つというプロレス王道を理解しており、カレクック戦では残虐殺法、ゼブラ戦では技巧において相手を上回るを見せての勝利を成し遂げた。

オメガでは八リングでの戦いに自信を持っていたが、ゼブラ戦では特に「八リングならではの戦い方」を披露する事はかった。

プロフィール

作中での動向

滅亡の危機したを救うための友情パワーマグネットパワーを得るため、仲間たちと共に地球に来襲。
迎撃に出た若手の正義人たちを蹴散らして行くが、そこに駆けつけたウルフマンカレクックなどの正義人たちとの戦いとなる。

対カレクック戦

正義人たちとの戦いではカレクックと対戦。

すでに仲間のヘイルマン、ギヤマスターが順調に勝利を得ていたものの、友情パワーの分析は進まなかった。そのためアリステラからは相手の惨殺のみならず、友情パワーの確実な発動を命じられる。しかしそれを見たカレクックは、あえて友情パワーを発動させず、残虐人として戦おうとする方針になってしまった。

しかし、カレクックの残虐殺法の根底は、心から血をめている狂乱ではなく、仲間を失った理性的な怒りであると看破。カレクックの繰り出す様々な技も、それ以上の技を繰り出し、切り返していく。

もはやカレクック友情パワーを発動させるしか打つ手がくなり、応援に駆けつけたキン肉マンも促すが、カレクックは重大情報の秘匿のため残虐人として戦い抜く。その姿に心打たれ、命違反となる事を承知で必殺技羽根」で切り裂き、試合を終わらせた。

試合後に命視を詫びるが、アリステラも「あの状況なら同じ事をする」と寛大な態度を見せた。

対キン肉マンゼブラ戦

運命の王子たちとの戦いではキン肉マンゼブラと対決。イタリアのデルモンテに得意の八リングを構えて待ち受ける。

ボクシングチャンピオンの経歴を持つゼブラと互の殴り合いを演じ、さらにプロレス技の技巧においても五分の攻防を繰り広げる。もともと羽根で飛べるだけにマッスル・インフェルノもあっさり脱出。

心理面に問題を抱えるゼブラの深層心理を見抜くと、自分の体の斑点をゼブラに転移させて理矢理にするという方法で人格を変化させてしまう。そして「実はゼブラよりも弱い」と従来の設定を逆転させる事実摘。パルテノンや邪悪からのの供給がかったためか、確かにゼブラ王位編の時に見せた「鋼っているような防御」を発揮していなかった。

不利を摘されてますます意地になるゼブラを様々な必殺技で追い詰めていくが、ゼブラが自らの罪を認めた事でゼブラの人格が統合。さらにキッドの魂もゼブラを励まし、ゼブラマッスル・インフェルノで勝負に出る。これでゼブラの逆転の可性もあったが、それまでの試合経過の中で与えていたダメージの蓄積が大きく、脱出に成功。「マリキータ・デッドリーライド」でとどめを刺した。

試合中は終始優勢なペースを握り続けた安定の勝利を見せていたが、ゼブラの人格統合がもっとければ勝敗は分からなかったとゼブラも認め、讃える発言を見せた。

敗れたゼブラは、「サタンは絶対信用するな」と忠告する。
マリキータマンもまた、このまま突き進んでいく事に不安を感じつつも、それでも進んで行くしかいと決意を新たにした。

対フルメタルジャケッツ戦

ゼブラ戦の後、安土城に姿を見せ、フェニックスを倒したアリステラと合流。そして、アリステラと「オメガグロリアス」を結成し、キン肉マンソルジャーキン肉アタル)とブロッケンJr.の「フルメタルジャケッツ」と関ケ原に復活した立方体リングで戦うこととなる。

試合では、先発として登場しブロッケンJr.と対峙。ソルジャーからのビンタによる静を取り戻したブロッケンに対し、ロールシャッハドットによって精的揺さぶりをかける。だが、これを跳ね除けたブロッケンソルジャーの連携攻撃を受けてしまい、アリステラと交代。ソルジャーから火事場のクソ力を引き出させたいアリステラサポートし、ツープラトン技でフルメタルジャケッツに襲いかかる。
また、ソルジャーアリステラに対して必殺技ナパーム・ストレッチに捉えた際は、落下地点に立って自らを犠牲にしてアリステラを救出しようとする。その行動がアリステラが業火のクソを手に入れるきっかけとなる。
だが、アリステラ全な業火のクソを得ていたわけではなく、ソルジャーからザ・マンへの恨みを捨てない限り、を習得することはできないと告げられる。だが、それでも復讐の気持ちを捨てず、つき進もうというアリステラに同調し、呪われたであってもアリステラに付いていくことを宣言する。
ツープラトングロリアスエヴァタイユでブロッケンを痛めつけ、ロールシャッハドットによって助けに入らないソルジャーの深層心理を暴くことでブロッケンを揺さぶろうとする。しかし、胸に現れたのは「L」の文字だった。ソルジャーからの励を受けたブロッケン火事場のクソ力(おそらく第三段階)を発動し、グロリアスエヴァタイユから脱出されてしまう。羽根を繰り出すものの、ベルリン羽根を切断されてしまう。
続いて繰り出されたフルメタルジャケッツのツープラトンナパームコンビネゾンを受けて倒された。最後のを振り絞ってアリステラタッチをすることでオメガグロリアスの負けを回避すると、後のことをアリステラに後を託して立方体リングから転落する。

必殺技

羽根
背中羽根を大きく広げ、鋭いで相手を切り裂く。カレクックを葬った技。
マリキーフリップ
中から垂直落下しての頭突き。
マリキーフライング
背中羽根をはばたかせ中へと飛び上がり飛行する。
ロールシャッハドット
体の斑点を胸に集め、相手の深層心理を反映した模様を浮き上がらせる技。相手を動揺させる心理戦に用いる。
ロールシャッハインフリューエンス
コキネリツイスターで捉えた相手に模様を移す生技。
これによってゼブラからへ強制変更させた。
コキネリツイスター
背後から相手に絡みつき、左腕・胴・右足を同時に固める複雑な関節技。
ミミックニードル
背中の甲からを生やす、背中への攻撃に対する防御技。モチーフになっているのはテントウムシマシ背中を狙う相手を迎撃できる他、背面からの投げ技をさせ辛くする。
テントウムシマシクラッシャー
ミミックニードルを展開した状態で繰り出すショルダータックル
ウイングブックエンド
背中の甲を閉じて攻撃してきた相手の手足を挟む技。ミミックニードルと同じく背中を守る防御技。
エクスキューナースープレックス
相手の背後に回り、高所から落下しつつクロスアーム式スープレックスでキャンバス叩き付ける。
シェルリング・ピューパ
全身をのようなに包まれる防御技。同時にゼブラ驚愕するほどの怪力が発揮できるようになる。
マリキータモルディン
相手を捕らえたから脱皮。を利用して敵の腕を閂で拘束する。
マリキータピューパ二重殺
マリキータモルディング」で動きを封じた相手をごと抱えて飛翔。そのまま背後のリング掛けスープレックス叩き込む1人ツープラトン技。
ウイングラッピングシャット
羽根の裏側にある薄い膜状の後ろ羽根で相手を包み込んで動きを封じる技。
ウイングラッピングブレーンクラッシャー
後ろ羽根によって動きを封じた相手の頭を中に持ち上げコーナーポスト柱に投げ付けるように叩きつける。
マリキータピカレスギロチン
相手の両腕を掴んで持ち上げ、頭部からリング叩きつける。
マリキータエリコテロ
タイガースープレックスの体勢からさらに足を固め、マリキータウィングで上昇。縦回転で胸からリング叩きつける。
マリキータデッドリーライド
両腕で相手の両腕を捉え、相手の両膝の裏から両足を通し、相手の上にのしかかる体勢でマットに落下する。これまでアリステラにしか使ったことがなかったというマリキータマンのフェーバリットホールド。この技によってゼブラKOされている。
なお、「敬意のフィニッシャー」とマリキータマンは呼んでいるが、喰らった相手はとても恥ずかしい格好にされてしまう。

タッグ技

グロリアスサンクションクラッシュ
オメガグロリアスのツープラトン。形としては「マリキータピューパ二重殺」をアリステラと2人でかけた技だが、マリキータマンの役割がのほうの役になっている。
グロリアスツープラトンNO.2 アセンションギブレット
オメガグロリアスのツープラトンその2。マリキータマンが中でアリステラの足を掴んで回転することにより加速し、オメガハンドを1つにまとめて先端ので攻撃をする。かつてケンダマンとスクリューキッドが放った「地獄のねじ回し」に似た形状の技である。
グロリアスエヴァタイ
オメガグロリアスのツープラトンによる絞め技。アリステラが相手の左腕を取り、マリキータマンが相手の右腕を取ることで2人がかりでのパロ・スペシャルのような形に入る。
グラッジミミックニードル
オメガグロリアスのツープラトン技。マリキータマンの体を相手に投げつけ、背中の甲から生えたで相手を攻撃する。
グロリアスグレイブヤードスプラッシュ
オメガグロリアスのツープラトン技。マリキータマンがアリステラの両足を取って上昇し、そのままアリステラの体を相手に振り下ろし、オメガハンドで相手を切り裂く。
ブレーンズシャットダウンボンバー
オメガグロリアスのツープラトン技。アリステラが相手をロメロスペシャルに捉え、マリキータマンがラリアットを喰らわせる。地獄コンビネーションPART1とクロスボンバーミックス技のような外見をしているが、前後からの打撃にはなっておらず、相手へのダメージは「ラリアートクリーンヒットする」のみ。

小ネタ

WWE中邑真輔モデルになっている模様。共通点としては勝利ポーズの人差しと小を立てるポーズベビーフェイスヒール等様々なバトルスタイルをこなす点など類似点が幾つかある。

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マリキータマン

71 ななしのよっしん
2019/11/26(火) 16:45:18 ID: y6bU7V5pj6
>>70
てっきマリキータマンに都合のいい結果を出して相手の心理的動揺を誘う技なんだと思ってたから、今回のは意外だったな
これだと自軍にも不利な展開が発生しうるわけだから場合によっては敗因にもなりかねない博打技ってことになりそうだ

というかロールシャッハドットでLの形をだすなんて狂った発想がさらっと出せるのは流石ゆでとしかいいようがない…
72 ななしのよっしん
2019/12/04(水) 23:52:22 ID: 3jPH3uP8SL
ロールシャッハドット



○○

みたな感じで「(Lの)形」を出すのではなくそのまんま「L」の文字を映し出すのほんと最高に好き。大好き。
73 ななしのよっしん
2019/12/05(木) 07:34:32 ID: Z8SjFlHSyR
3戦やって、羽と頭のヒビ意外傷って。いくらなんでもタフすぎない?こいつ。
74 ななしのよっしん
2019/12/09(月) 00:32:56 ID: jBMn5ZwtXC
ついに敗れたか……
タフなやつだったぜ…
75 ななしのよっしん
2019/12/09(月) 04:14:55 ID: oGGek0rZFz
胸にAB掘られながら開けられて交代して死んでいったな…
76 ななしのよっしん
2019/12/09(月) 04:22:46 ID: Z8SjFlHSyR
こいつに限った話じゃないけど、
「再生技は2、3回になると急に使わなくなる」
って多いよね。まあなんどもサナギになられても困るけど
77 ななしのよっしん
2019/12/09(月) 04:29:00 ID: KgZHrQea4O
再生技なんてあったっけ?
78 ななしのよっしん
2019/12/09(月) 04:43:31 ID: Z8SjFlHSyR
なんか勘違いしてたかも、あのサナギ再生技だと思ってたぞ

多分「こいつ脱皮して回復すんじゃね?」って一部で言われてた気がしたし
79 ななしのよっしん
2019/12/09(月) 13:09:41 ID: DJIkxG1VPk
キャビホーッ(絶命)
80 ななしのよっしん
2019/12/09(月) 20:34:19 ID: hW8Q9DD1jb
マリキータマン強かったな。晴れ