マリスビリー・アニムスフィア単語

マリスビリーアニムスフィア
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

マリスビリー・アニムスフィアとは、Fate/Grand Orderの登場人物。

人理継続保障機関フィニス・カルデアの設立者にして初代所長、時計体科のロードであった人物。

作中では故人であり、彼の役職と地位は、オルガマリー・アニムスフィアに引き継がれている。

CV:野島健児

概要

時計の最高権者たる、12人のロードのうちの一人で、体科(アニムスフィア)のトップ科学技術を嫌うものが多い魔術師の中ではしく科学技術にも理解があり、カルデアにも一般の学者を多く招致している。

研究一筋の学者肌といった人物で、オルガマリーく、自分をさなかったわけではないが、それ以上に研究中心の人物だったという。アニムスフィア冠位指定グランド・オーダー)である、人理保障に忠実で、人類も良識もある人物ではあったが、魔術師としての冷酷さも多分に持ち合わせており、デミサーヴァント実験をはじめとする、非人的な実験も行っていた。

1990年にアニムスフィアの悲願であった、疑似地球環境モデル・カルデアス完成させる。が、動かすための燃料が足りず、これを補うために、木でおこなわれた、聖杯戦争に参加。優勝し、聖杯を使い大な富を手にする。これによって、カルデアスの起動のみならず、アニムスフィア文台でしかなかった、カルデアを国連下の特務機関とすることに成功し、時計世界各地から優れた人材を集めた。

その後も、カルデアは彼の揮のもと、英霊召喚式Fateレイシフト技術など人理保障の武器となる技術を発明していくが・・・。

2011年、所長室を訪れた何者かにカルデアスの停止を要され、それを拒否する形で、自ら拳銃自殺した。

関連人物

マークが付いているものは個別の記事あり。

ロマニ・アーキマン
とある事柄で、ともに戦った友人。その後、放浪のに出ていた彼を、カルデア医療部門トップとして雇用する。
オルガマリー・アニムスフィア
マリスビリー。人並みに愛してはいたらしいが、別世界線である『ロード・エルメロイII世の事件簿』においては、ある理由から、あっさりと切り捨てている。
キリシュタリア・ヴォーダイム
マリスビリーの一番子。体科の首席であり、その優秀さから、オルガマリーよりもアニムスフィアの後継者にふさわしいと言われている。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マリスビリー・アニムスフィア

1 岡田以蔵のマスター(Fate/Requiem)
2020/09/11(金) 00:14:25 ID: VHQ28wQ1m+
マリスビリー・・・・・・お前にとって〝人理焼却事件〟も〝異〟も・・・全部「茶番劇」か?それとも「想定範囲外の出来事」か?
2 ななしのよっしん
2020/09/20(日) 11:16:45 ID: XPl2ldFxgo
そもそも「魔術師世界を救う」とかいう発想をする時点で既にそこに矛盾があり過ぎる。大体魔術師は現代技術を忌避するなのに、カルデアを築く為とはいえ「現代技術を忌避『しなさ過ぎる』」のが特におかしい。
どう考えてもこの聖杯探索自体が根に到達・接続する為の儀式だと踏まえると…

急上昇ワード改