マリリン・キャリー単語

マリリンキャリー

マリリン・キャリーとは、漫画うえきの法則』と、それを題材にしたアニメの登場人物である。
三次選考の参戦チームマリリンチームのリーダーでもある。

cv:雪野五月 プラス版:未登場

概要(ネタバレ注意)

序盤にて、作中のが有補として注視した中学生の一人。もっとも、本格参戦は三次選考時から。

参戦当時は裕福ととって差し支えないうえに、子のようにづる扱いする軽薄者とのトラブルなどもない生活を送っているが、かつては、戦地の兵士として出する時のためにチームメンバーと苛な訓練を受けていた(植木チームと同等とも、それ以上ともとれる連携が培われた理由の一つは、この訓練と、訓練の合間をぬって、互いの心身を癒すために行った掛け合いによるものでもあった模様)。
空白の才などには強い関心を抱いておらず、バトルもあくまで、闘いの充実感を得るために参戦したらしく、善意悪意もなく戦っているかのようなそぶりを時折見せている。その闘いぶりのためか、少々きつめで反応に困るような言葉もちらほら。

三次選考では場外乱闘こそしないものの、過剰とすら思えるほどの重装備と、かつての訓練などで磨いた体術などを冷淡に駆使する、物騒なおまけに、界人の器を見ても、頭ごなしにおびえたり過剰反応したりしないばかりか、射程距離の長い武器その1と解釈してはばからない。分析もあり、器が中戦に向いてないことに(モニター越しとはいえ)勘づいている。

お陰で、少々(?)取っつきにくいが、界人だけでなく、妖怪と勘違いしかねない貌の住人を見ても、強い恐怖心や偏見などを抱かず、良い人扱いで片付け裏表なく感謝する描写や、上部だけでなく人柄や行動を見て評しようとすることも少なくない。そのためか、内に秘めた仲間南者などへの情もあって、植木チームの面々との相性はそれほど悪くない。

能力(詳細は本編参照)

マリリンチーム

で対応できるか怪しい武器だけでなく、探索・目眩ましなど、破壊一辺倒でない具まで多数用意したうえで、速攻や奇襲だけでなく、長期戦などもこなす、面倒なチーム


バトル開始前から五人で一緒に行動することが多くなりがちな生活ゆえか、バトルセンスだけでなく補の人柄も見抜くスキルもあったのか、他の補助のための材料用意・味方を巻き込むリスクを抑えたえでの近接・投擲攻撃や回避の兼用など、連携攻撃を意識した者が多い。上記の経歴故か、単独でも侮れない戦闘スキルを持つうえ、驕りが強いのかいのか怪しい言動も少なくないのも厄介
ただ、流石にレベル2の特徴までは読みようがなかったようで、やや癖が強く使いどころの難しいものとなっている。

男女混合のチーム故、強いとは言い難いが、面倒事に発展しかねないを持つギタールに絡まれるリスクもあったが、植木チーム以上に体術や協調性などが低かったからか、情報が多すぎたからか、他のグラノチームメンバーともどもダイジェストで片付けられた。

構成メンバー

バロン
良くも悪くも愚直なうえ少々天然少年。だが、その性格故か、日頃の訓練等の賜物か、レベル2に覚めている。

メモリー
少々口うるさいが、仲間を気遣う優しさもある少女

マシュ
カルパッチョほどではないが、女好きで多弁な少年。口では辛辣なことをいいつつ、抜けなく死からの攻撃を対処したり、仲間への情のこもった涙を流したりすることも。

・プディン
小柄でにこやかな少年。穏やかで仲間への気配りを忘れない、チームのなだめ役。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マリリン・キャリー

1 ななしのよっしん
2019/03/05(火) 14:51:36 ID: BUxBBfu9QA
同姓同名の別人の記事かなと思ったら
うえきの法則マリリン・キャリーの記事だった。懐かしい。

作成乙です!
2 ななしのよっしん
2019/03/05(火) 22:41:09 ID: 7evXR3vG6X
>>1
コメントありがとうございます

急上昇ワード