マリーガルマネジメント単語

マリーガルマネジメント

マリーガルマネジメントとは、かつて存在した任天堂リクルートの合弁会社である。

概要

ゲーム制作において、経理、広報、総務、営業などの後方支援を担当する会社。当時から懸念されていたゲーム開発費の高騰という問題を解消し、会社のマネジメントや権利関係の処理などで疲弊していたクリエイターを援助するという的で1996年6月に設立された。出資任天堂40リクルート60

社名は任天堂シンボルである「マリオ」とリクルートシンボルである「カモメ(シー・ガル)」をくっつけたもの。マリーガルと対になる組織に「シーリオスタジオ」というもの(由来は推して知るべし)があり、こちらはゲーム企画プロデュースを行っていたらしい。後述のサクラ大戦GBなどもシーリオスタジオの関わったタイトル

ゲームへの出資をファンドの形で募り、マリーガルマネジメント契約している制作チームへ配分することでゲーム制作支援、そのゲームヒットしたには投資へ配当する、というゲームファンドを行っていたのが特徴。ゲームクリエイターの他、プロデューサーとの契約パブリッシャーとのソフト出版契約も行っていた。契約していたプロデューサーチュンソフト中村光一ゲームナリストの平林久和ポケモンシリーズの総合プロデューサーである石原恒和、学問としてゲームデザインを研究している桝山寛、アートディレクターの江並直美など。

「gemzi(ゲンジ)」というブランドN64向けに大人向けのソフトを売る企画もあったが、gemziのブランドを冠して発売されたのは「バイオレンスキラー」1本だけであった。なおCMには羽賀研二が起用され失笑を買った。

gemziは「運をに任せず(Independence)常識に負けず(Zip子供に媚びず(Equal)駄を楽しみ(Gererous)真剣ゲームする(Mad about)」の頭文字アナグラムしたもの。「運をに任せず」は、「運をに任せる」から来たとも言われる「任天堂」という社名の逆を行くものであり、「N64子供向けイメージを払拭する」というgemziブランドの狙いを徴するようなネーミングといえる。

マリーガルに関わった主なクリエイター、会社など

香山哲

リクルートに在籍していた香山哲はマリーガル社長を務め、宣伝として各種メディアに露出した。2000年にはセガから誘われ、マリーガルを離れてセガ取締役を務めた。取締役就任後最初に行ったことが「ドリームキャストの生産中止」発表だったり、セガファンその他からいろいろ顰蹙を買った人物でもある。

マリーガル在籍時にも、「コラムス」1999年にSFC、GBCで発売したり、「サクラ大戦をGBで発売する」と、(おそらく)セガとの話が纏まっていない段階で発表しているexit(当時コメントめられたセガは「DCGBを繋げるのならという条件付きです。GBC版を発表されたということは、この条件を満たす処がついたということなのでしょう。まだその話はセガに来てないのですが。」と発表した。)。なおいずれのソフトも、香山が代表取締役を務めていたメディアファクトリーから発売されている。

ゲームは会社ではなくクリエイターのもの」という、マリーガルの思想に立った行動だが、セガファンと開発に関わったセガスタッフからすればそりゃ堪ったものではないだろう。

また香山は任天堂が切り捨てようとしていた64DD企画を拾い上げるため、1999年リクルート任天堂の合弁会社であるランドネットディディの設立に関わっている。マリーガル64DD企画噛むことで実現できるゲームの新しいアイデアなど、夢のような話を香山は各種メディアりまくったが、結果としてど夢に終わってしまった。

ちなみに検討されていたアイデアのなかには、過去ファミコンソフトなどを購入して遊べるようになるというものがあったが、これはバーチャルコンソールという形で実現したといえる。N64GC版の「どうぶつの森」には実際に遊べるファミコン具が登場するが、これはその名残である。

良くも悪くも大胆かつフットワークの軽い人物であるが、だからこそ実現できた企画もあることは確かである。

猿楽庁

香山が抜けた後、2001年GC発売を機にマリーガルは活動を縮小。2003年5月に解散した。デバッグ部門であった「楽庁」は株式会社として2001年独立し、同年9月にはエンターブレインへ身売りされた後、2010年にはゲームデバッグ会社ポールトゥウィン子会社となった。

ジャムズワークス

マリーガルスタッフが集まって設立された、著作権管理、プロモーションマネジメントなどを行う会社。カルドセプトを制作した大宮ソフトとはマリーガル時代との付き合いであり、同シリーズのプロデュース、プロモーションなどを行っている。exit

楽庁、ジャムズワークスマリーガルの業務を実質的に引き継ぐ形で、共同して同じソフト後方支援を行っていることがある。水口哲也桜井政博の関わった「メテオス」や、後述するサルブルネイの「動物番長」などもその一つである。

パーラム

飯田和敏を中心とした有限会社パーラムは、マリーガル支援を受けて、64DDソフト巨人のドシン1」を制作した。マリーガル契約システムについて飯田和敏は「個人的に考えていた『理想のゲーム制作の仕組み』にあまりに似通っていた」と述べている。

サルブルネイ

デザイナー松本弦人が設立した会社。「パラッパラッパー」を手がけた伊藤ガビンと組み、マリーガル支援を受けてN64向けに「動物番長」を開発した。N64版は2000年の末に完成したが、そこから1年かけてGC移植されてGCソフトとして発売された。

なおGC版の「巨人のドシン」には、動物番長モチーフとした隠しステージが、「動物番長」には背景にドシンが登場する隠しステージが収録されている。巨人のドシンプロデューサーを務めた桝山寛が松本弦人をマリーガルに誘った経緯があるためだろうか?

アンブレラ

東京大学理論科学グループ学生やOBを中心とした、カラオケに使われる音声認識システムのノウハウを持っていた会社。これをゲームに活かすためマリーガル契約し、N64の「ピカチュウげんきでちゅう」を制作。「ピカチュウげんきでちゅう」はマリーガルの中でも売上本数において最も成功した企画となった。

同社はその後「ポケモンスクランブルシリーズ制作している。ちなみに同社の社名はバイオハザードに登場するアンブレラ社から取ったものだそう。

ノイズ

ナムコでコズモギャング・ザ・ビデオなどを手がけた、見こうじこと鈴木治が設立した会社。マリーガル支援を受け、石原恒和プロデュースのもとで「カスタムロボシリーズ制作した。

同社が制作に関わったソフトの一つにGCの「ポケモンチャンネル」があるが、これは石原恒和が代表取締役を務める株式会社ポケモンアンブレラ企画を手伝った形であり、マリーガルでの付き合いを縁に実現したものである。

ちなみに香山の企画によって、販促用のカスタムロボフィギュアが有名な造形師により制作され、ワールドビーフェアや任天堂スペースワールドなどで展示された。

こうじは「マリーガルのコンセプトは多分に実験的な側面もあって、いろいろ難しい問題もあったのですが、トータルでは大変価値のあるプロジェクトだったと僕は思います。exit」と後に述べている。

パリティビット

部博之率いる、「ダービースタリオンシリーズ制作した会社。DD版ダービースタリオン企画が進んでいたようだが、発売されなかった。当時騒がれた内容としては「64GBケーブル(後述)の要素が入る」「サッカーゲーム企画も進んでいるらしい」などがあった。後者の「サッカーゲーム」とはのちの「カルチョビット」のことであろう。

ちなみに前述のジャムズワークスは「カルチョビット」の著作権管理、プロデュースに関わっている。

クレバートリック

歴史、育成、恋愛などシミュレーションゲームで豊富な開発歴を持つ安田雄率いる」会社だと、物の本には書かれているのだが、いくら検索しても開発実績などの詳細が出てこない会社。情報む。

ゲームナリストの平林久和プロデューサーにし、RTSエコーデルタ」をN64向けに開発していた。スペースワールド2000に出展、公式サイトexitが準備され、雑誌に開発者インタビューが載るなど、製品としては完成していたと思われるが、何故かお蔵入りしてしまった。発売時期も2000年12月(のちに翌年2月に延期)と発表されていたのだが・・・

2006年には海外のオークションサイトであるebayに、流出した試作ROMが出品されたexit現在Youtubeなどにプレイ動画exitスペースワールド出展時の映像exitが残っているため、その内容を確認することは可

スパイラル

ファミコンで「ソロモンの鍵」「キャプテン翼」などを開発した鶴田孝を代表として、マリーガルマネジメント支援を受けて「モンスタータクティクス」を制作するために立ち上げられた有限会社exit。おそらく「モンタク」発売後に解散したものと思われる。プロデューサー石原恒和が務めた。

フロッグネーション

渡辺KEN=GO→)と佐藤大によって設立されたテクノレーベルフロッグマンレコーズ」を体に設立された会社。マリーガルの出資を受けてPS向けに「エンエンエンジェル」を制作した。現在は「DARK SOULS」「Bloodborne」「TOKYO JUNGLE」などのローカライズ、ボイスディレクションを担当している。

佐藤大は90年台にゲームテクノ融合したクラブイベント東京ゲーマーズナイトグルーヴ」を企画していたほか、砂原良徳と共にMD向けソフト「パルスマン」のイメージアルバムを制作したexitことでも有名。パルスマンを制作したゲームフリークに在籍し、ライター業を行っていたこともある。

その他の実現した企画、しなかった企画

ローソンSFCGBソフト安価で書き換えられる「ニンテンドウパワー」は、マリーガルの提案により登場した、問屋を通らない新しい流通システムである。これは当時「ゲームキオスク構想」と呼ばれていた。ソフト開発、マネジメントにも関わっていたのか、たまごっちタウンバンダイ)、お絵かきロジック世界文化社)など一部の書き換え専用ソフトタイトル画面に©Marigulの著作権表示がみられる。

また、GC向け周辺機器の「GBAケーブル」は、マリーガル及びランドネットディディで行われていた、N64GBを繋げて、独立したモニタとして活用する「64GBケーブル」の実験から生まれたもの。このような手元とテレビ独立した画面を用いる遊びは、のちのWiiUにも活かされている。

64GBケーブル活用するソフトとして開発されていたのが、遠藤雅伸率いるゲームスタジオが手がけたカードゲームDT」である。N64に接続したGBの画面に手札を表示して遊ぶことを想定して64DD版も開発されていたexitが、結局世に出ることはなかった。なお遠藤は「動物番長」のアドバイザーとしても関わっている。

64GBケーブルとは別に、GBカセットに液晶画面やボタンの付いたようなGBソケットという周辺機器も企画されていた。これは単体で遊べるほか、GB64GBケーブルと接続することも可で、新たな遊びを提案するものだったようだ。PSポケットステーションDCビジュアルメモリのような物だろうか?

このように、マリーガルゲームの新しい作り方、新しい遊び方、新しい売り方の提案を志した会社であった。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マリーガルマネジメント

1 ななしのよっしん
2015/11/04(水) 19:02:58 ID: x8VkcMQJZb
今の任天堂WiiUの姿も、数世代前からの構想が反映されて形になったものなんですねぇ・・・。
2 ななしのよっしん
2015/11/07(土) 00:30:23 ID: Y6brTJZ0SF
カスタムロボで名前を見た記憶があるがモンスタータクティクス動物番長巨人のドシンとかとも関係があるのか
モンスタータクティクスってここに挙げられている作品で一番版権がごっちゃになっている作品じゃないだろうか
スマブラとかでも見ないし
3 ななしのよっしん
2016/06/17(金) 01:06:46 ID: xsjJUFuEEb
DD版ダービースタリオンはそのままダービースタリオン64に移行したんじゃないかなぁ発売メディアファクトリーだし
ただシリーズ中で一二を争うほど評判悪いけど…
4 ななしのよっしん
2017/03/12(日) 15:52:54 ID: pWqYHa4u+4
結果は散々だったけど挑戦的な姿勢は面かったな
割と10年後に役立ってたりするし
5 ななしのよっしん
2019/04/16(火) 05:00:13 ID: zoc0arZ2N4
富野由悠季監督の『癒し』にも名前が出て来て驚いた記憶がある>マリーガル
会社という意味での成功・不成功はともかく、意義深いことは沢山やってたんだなあという印