マンタ師匠単語

マンタシショウ

マンタ師匠とは、ニュルブルクリンクで開催される耐久レースに気まぐれに現れる妖精さんドイツのレーシングチームベックマンから、にVLNシリーズニュルブルクリンク24時間レースといった耐久レースに参戦しているオペルマンタの通称である。

「マンタ先輩」「マンタ先生」「マンタさん」などと呼ばれ方が一定しない場合もあるが、いずれにせよこんな名前で呼ばれているオペルマンタ世界にただ1台しか存在しないので、特に問題はないと思われる。

概要

個体としてのマンタ師匠の出自は、グループBホモロゲーション用として生産されたオペルマンタ400のうちの1台と思われる。

当時オペルは、オペルパフォーマンスセンター(OPC)というレーシングチューン部門を擁し、アスコナグループB仕様WRCワークス参戦するなど活発にモータースポーツ活動を行っていた。このOPCと密接な協関係にあった準ワークス的なプライベーターであるキスリングモータースポーツが、耐久レースに参戦するために1台のオペルマンタ400を改造したのが、マンタ師匠が誕生した切っ掛けであるらしい。

マンタ師匠がいつからニュル24を走っているか、正確な時期は定かではないが、1987年レースに参戦した際のものとされる写真キスリングFacebookに掲載されていることから、マンタ400がロールアウトした1983年から、写真が撮られた1987年の間のどこかであることは間違いないだろう。

魔改造

前述の通り、マンタ師匠の改造と運用に携わったキスリングモータースポーツはOPCと密接な技術協関係にあり、オペルメカニズムについては隅々まで精通していた。そんな彼らの手によって、30余りにわたる参戦歴の中で、マンタ師匠には次々と近代化の手が加えられていく。

判明しているだけでも、

と、改造箇所は多岐に渡る。

これらの改造によって、マンタ師匠は外見こそ30年物の旧でありながら、内部メカニズムは最新のマシン較しても遜色ない性アップデートされ続けている。実際、現在でもニュルブルクリンクコースベストラップは10分を切り、トヨタ86スバルBRZといった強めくSP32000cc未満NA)クラスでも随一。トラブルさえ出なければ充分にクラス上位を争える戦闘力を備えているのだ。

そして何より、マンタ師匠をる上で外せないのは、師匠「本体」こと

もっふもふのしっぽ

である。

ルーフアンテナの先端に括り付けられた大きなしっぽが、走行時の風圧に煽られ、アンテナ自体の弾とも相まってフリフリ、ピコピコと踊っている様は、そのらしさゆえ過酷な耐久レースにおける一の清剤として、ファンのみならず多くの関係者にもされている。

禍福は糾える縄のごとし

2011年ニュルブルクリンク24時間レース車輌レギレーション正によって、製造終了後10年以上経過したマシンはエントリーすることができなくなった。当然、種1988年に製造終了しているマンタ師匠も対となり、1980年代からの連続参戦はストップしてしまう。

しかし、長年にわたり参戦し続けた師匠の復帰を願うファンは根強く、この後押しを受けて2014年以降、催者招待という特別エントリーが数台分設定され、このには上記の10年制限が適用されないことが定められた(当然、安全装備などのアップデートは前提条件となる)。かくしてマンタ師匠は、再びニュル24の舞台に降り立つこととなった。

そんなマンタ師匠の一世一代の晴れ舞台は、2015年ニュルブルクリンク24時間レース。この年3月のVLN開幕戦で発生した上り坂でのマシン離陸によるクラッシュと、それに伴う観客死亡事故の影により、ニュルブルクリンクコースには直線部分に200~250km/hの最高速規制が掛けられた。これに加え、折からの雨模様で思うようにパワーを発揮できずペースを乱されるマシンが続出する中、しく立ったトラブルく24時間を快走したマンタ師匠は、ルノークリオとの壮絶な競り合いを制して見事SP3クラス優勝にいたのである。

そして、これからも

2019年1月キスリングモータースポーツオペルの親会社であるプジョーグループ再編方針、および創業オーナーであるヘルムート・キスリング氏の病気引退に伴って、レーシングチーム運営を含む全てのモータースポーツ活動を終了することを発表した。

この衝撃的なニュースに、世界中のファンからマンタ師匠の運命を心配するが上がったが、チームドライバーの一人であるオラフベックマンキスリングから車輌の所有権を継承して、元OPCチーフエンジニアドライバーフォルカー・ストリチェクらスタッフ仲間と共にレース活動を継続することが発表され、2019年のVLNシリーズニュルブルクリンク24時間レースにも事エントリーを果たした。

不幸にも、この年の決勝でマンタ師匠はクラッシュによって左フロントのサスペンションが折損全壊するという即死級の大ダメージを負ってしまうが、チームの技術は実に9時間にわたる修復作業によって、自走可なまでに師匠を回復させるという離れ業を演じて見せた。[1]

このように、キスリング時代からの卓越した車輌知識と技術は確実に継承されている模様であり、もうしばらくの間は、ニュルブルクのを気持ちよさそうに泳ぐもふもふノルドシュライフェを元気に走る師匠の姿を見ることができそうである。

関連動画

マンタ師匠に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連静画

マンタ師匠に関するニコニコ静画イラストマンガを紹介してください。

関連商品

マンタ師匠に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ・チャンネル

マンタ師匠に関するニコニコミュニティもしくはニコニコチャンネルを紹介してください。

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *とはいえさすがにピットでの応急処置のみでレーシングディスタンスを走りきるのは危険と判断されたらしく、試験走行的に数ラップ周回した後は最後の5分間にパレードとして1周するのみだったが

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%BF%E5%B8%AB%E5%8C%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マンタ師匠

1 ななしのよっしん
2019/07/18(木) 11:19:06 ID: 7RG1J0z6Qp
今年のクラッシュマンタ先輩フレームとかに深刻なダメージがないと良いが…
ほぼパーツワンオフだろうしスペア車両もなさそうだし
2 ななしのよっしん
2019/07/26(金) 21:39:19 ID: NW61bob5q5
ひとまずドライバーで今年のエントリーは何とかなったみたいだけど、来年の活動はまだ未定らしいね

急上昇ワード

2019/10/15(火)08時更新