マンチェスター・シティ単語

マンチェスターシティ
8.5千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

マンチェスター・シティFC英:Manchester City Football Club)とは、現在イングランド・大マンチスターマンチスターに本拠地を置くプロサッカークラブである。

現在イングランドにおける1部リーグである、イングランドプレミアリーグに所属。

概要

マンチェスター・シティFC
所属リーグ プレミアリーグ
創設 1880年
ホームタウン マンチスター
ホームスタジアム ティハドスタジアム
(55,097人)
クラブカラー スカイブルー
代表者 カルドゥーン・アル・ムバラ

称はザ・ブルース英:The Blues)、またはシティズンズ(英:Citizens)。本拠地はエティド・スタジアム(2010年、シティオブマンチスター・スタジアムから命名権買収)。クラブ応援歌ブルームーンクラブマスコットはムーンチェスターとムーンビーム

1880年、マンチスターのセント・マークス教会チームを結成しアーディックAFCとなり、1894年に現在の名称となった。

世界規模、全区のマンチェスター・ユナイテッドに対し「マンチスター市民クラブ」と言われる。マンチェスター・ユナイテッドとの試合は「マンチェスター・ダービー」と呼ばれ、マージーサイド・ダービーノースロンドンダービーと並び、リーグの三大ダービーの一つに数えられている。

同じ地区に本拠地を置くマンチェスター・ユナイテッドべ、以前は人気、実共に差をけられていた。80年代から00年代にかけてタイトルとは縁の生活を送ることとなり、プレミアリーグ創設後は隣の宿敵マンチェスター・ユナイテッドが長い低迷の後、アレックス・ファーガソンを招聘して世界的な強になっていくのをただ見ていくだけとなった。

2008年UAEの投資グループに買収されて以降、豊富な資を活かしてプレミアリーグの強クラブとなった。近年、急速に下部組織の強化を図っており、各年代毎にカテゴライズされたユースチームはそれぞれの年代でリーグ優勝するなどイングランドの中でも1、2を争う集団となっている。2008年にはマンチェスター・シティを中心としてシティフットボールグループを創設し、メルボルン・シティFCニューヨーク・シティFCといったシティブランドを立ち上げており、日本でもJリーグ横浜F・マリノスの少数となっている。

サポータークラブ称をもじり「シチズン(Citizens)」と呼称される。マンチスター出身でもあるOasisギャラガー兄弟熱狂的なファンとして有名。問題発言も多いが、クラブが財政難の際はスポンサーとして出資したりするなど貢献している。また、彼らの代表曲である「Roll with It」や「Wonderwall」がスタジアムの入場曲として使用されている。
ファンピッチに背を向けて、肩を組んでジャンプするがおなじみとなっているが、これはELで対戦したレフ・ポナズンファンがやっていた応援方法で、シティファンが感銘をうけて取り入れられたもの。意味は「俺らが試合を見なくても彼らなら試合に勝ってくれると信じてるよ」とのことらしい。

歴史

1880年に前身のクラブであるゴートンアスレティックが発足され、1887年にウエストゴードンと合併し、プロ組織として「アーディックAFC」が発足し、フットボールリーグ2部に所属する。その後、1894年に現在チーム名である「マンチェスター・シティFC」に変更となる。

1899年にフットボールリーグ2部で優勝し、1部昇格を果たすと1904年にボルトン・ワンダラーズを下してFAカップを制し、クラブ初のタイトルを手にする。この年はリーグ戦でも2位とあと一歩で二冠というところまで迫っており、当時使用していたハイドローズ・スタジアムにイングランド史上初めて王室が訪れるなど、イングランドの中心的なクラブとして存在していた。1906年にクラブは財政危機に陥り、17人の選手が1年間出場できないという危機が訪れ、しばらくの間タイトルから遠ざかる。

1923年に火事によってハイドローズ・スタジアムが全焼し、メインロードにスタジアムを移転。メインロードは85000人収容と当時、ウェンブリー・スタジアムに次いでイングランドで2番に大きなスタジアムだった。1934年ストーク・シティ戦では英国最高の8万4569人の観客動員を達成しており、その年に二度FAカップ優勝を果たす。1937年には初のリーグ優勝を成し遂げ、リーグ優勝1回、FAカップ優勝2回、準優勝3回と強の一となっていた。

しかし、リーグ優勝を達成した翌年の1938年リーグ最多得点記録しながらも2部降格の憂きに遭う。ここからしばらくの間は1部と2部を行き来するエレベーターチームとなってしまい、長きに渡りタイトルから遠ざかることになる。1954-55シーズンには104得点100失点という記録を残している。1956年FAカップ決勝でバーミンガム・シティを破り、3度優勝を果たす。このときGKバート・トラトマンが首のを折りながらプレーし続けるという伝説を作っている。だが、リーグでは低迷期が続いており、3部降格というどん底すら経験していた。

1965年ジョー・マーサーとマルコムアリソンが共同でチーム揮を執る体制となり、マイク・サマービー、コリン・ベル、フランシス・リーなどの有選手を擁して黄金期を迎える。1968年に31年ぶり2回リーグ優勝を果たすと、1969年にはコミュニティシールドFAカップ優勝1970年にはEFLカップに加え、初の欧州でのタイトルとなるUEFAカップウィナーズカップを獲得。隣人マンチェスター・ユナイテッド黄金期を迎えたことでに隠れがちではあるが、1968年から70年代までの3年間で5つのタイトルを獲得するほどの実績を残している。

1972年ジョー・マーサーがチームを追われると、ここから長い暗期がスタートすることになる。1976年にEFLカップ優勝を最後に36年間タイトルからは遠ざかり、1974年に宿敵マンチェスター・ユナイテッドエースだったデニス・ローの引き抜きに成功、1979年に当時の移籍記録を破る1450万ポンドでスティーブ・ダーリーを獲得するがリーグ戦の順位は中位ないし下位にまで低迷。1982-83シーズンにはリーグ最下位でとうとう2部降格となり、1部昇格と2部降格を繰り返すエレベータークラブとなってしまう。90年代に入り、1部に定着するかに思われたが、1995-96シーズンリーグ18位となり2部へ降格。さらに、1997-98シーズンには2部でも低迷しどん底ともいえる3部降格の屈辱を味わう1992年プレミアリーグ創設以降タイトルを次々と獲得し、世界的なビッグクラブに成長していったマンチェスター・ユナイテッドとの格差は大きく開いてしまい、シティ3部で戦っていた1998-99シーズンユナテッドは初の三冠獲得という頂点を極めていた。

3部降格から最短の2シーズンプレミアリーグ復帰を果たしたものの、また1年で2部に逆戻りするなどチームジェットコースターぶりは相変わらずだった。それでも2001-02シーズンに昇格してからはプレミアリーグに定着するようになる。2003年、約80年に渡りメインスタジアムとして使用していたメインロードからシティオブマンチスター・スタジアム(現在のエティド・スタジアム)へ移る。

2007年タイ首相のタクシン・チナワット氏の会長就任。前イングランド代表監督スヴェン・ゴラン・エリクソンの監督就任が発表され、シーズン前半戦は好調だったものの、後半失速し9位でシーズンを終える。巻き返しを図り、ヴァンサン・コンパニショーンライトフィリップスらを獲得するが、2008年7月タイで勃発した軍によるクーデターでタクシン政権は1年で終焉することになる。

タクシン会長は、オーナー権をUAEの投資グループADUG(アブダビユナテッドグループフォーデベロップメント・アンド・インベストメント)へ売却。これによって当時世界有数の財を持っていたチェルシーを抜き「世界一お金持ちクラブ」へと変貌。因みにチェルシーオーナーアブラモビッチ氏の総資産は70億ポンド(約9700億円)。シティの現オーナー、シャイフ・マンスール・アルナーヤン氏の総資産150ポンド(約2兆700億円)である。

この余りある資背景に現オーナー買収後、今までに数多くの世界スター選手を獲得。当初は補強と結果が上手く結びつかなかったものの、2009年に前インテル監督ロベルト・マンチーニを新監督として招聘すると、守備を重視した戦術が徐々に浸透し、2010-11シーズンには42年ぶりのタイトル獲得となるFAカップ優勝プレミアリーグも3位で終え、クラブ史上初となるUEFAチャンピオンズリーグの出場権を獲得した。

2011-12シーズンダビド・シルバやサミルナスリがチームの中心となり、前年とは打って変わったポゼッションサッカーを披露し、ホームゲームでは19戦中、18勝1分と圧倒的な強さを見せつけた。UEFAチャンピオンズリーグでは同じ組であったバイエルン・ミュンヘンSSCナポリの前に屈し、グループリーグ突破はならなかったが(その後UEFAヨーロッパリーグに回ったがここでもスポルティングCPに敗れている)、リーグではカルロス・テベスマンチーニの確執、マリオ・バロテッリの度重なる問題行動などピッチ外でのゴタゴタが続いたが、この年の補強の玉であったセルヒオ・アグエロが額面通りの得点を発揮し、何かと問題を起こす選手たちをマンチーニがしっかりとまとめあげたことでタレント軍団は終盤まで優勝争いを演じる。そして、マンチェスター・ユナイテッドとのデッドヒートは最終節までもつれ込み、最後は勝ち点で並んだものの得失点差でぎ、実に44年振りとなるリーグ制覇を果たした。

2013-14シーズンからマヌエル・ペジェグリー監督が就任し攻撃的なサッカーフィットさせる。テベスチームを去ったものの、アグエロが28得点、ヤヤ・トゥーレが20得点記録するなどリーグ最多となる102得点叩き出し、2年ぶりのリーグ制覇を果たした。またUEFAチャンピオンズリーグでも初の決勝トーナメント進出を果たすなど飛躍のシーズンとなった。この頃からアレックス・ファーガソンが退任し迷走するようになったマンチェスター・ユナイテッドとの立場が逆転するようになる。

2016-17シーズンからペップことジョゼップ・グアルディオラ監督が就任。シティ2012年よりペップの盟友でもあるチキ・ベギリスタインをフットボールディレクターに招き入れ、グアルディオラ招へいのための準備を着々と進めていた。就任1年チーム戦術が浸透せず、守備の脆弱さがとなって冠に終わったが、2年となった2017-18シーズンになると、懸案事項だったGKにエデルソンが定着するようになり、ケヴィン・デ・ブライネダビド・シルバが卓越したゲームメイクで試合を支配するポジショナルプレー完成度を増し、グアルディオラの理想とするものが実現されたことで圧倒的な強さを見せるようになり、4シーズンぶりのリーグ優勝を果たす。

以降、グアルディオラ率いる「ペップ・シティ」はシーズンごとに新たな進化を遂げる革新的な戦術を披露。2018-19シーズンは急を付けてきたユルゲン・クロップ監督率いるリヴァプールFCとのハイレベル優勝争いを繰り広げ、2チームと他チームの格差が大きく広がったシーズンとなる。最終的に勝ち点わずか1の差でリヴァプールを振り切り、プレミアリーグ連覇を達成。また、この年はEFLカップFAカップも制覇しており、イングランド史上初の快挙となる三冠を達成する。一方、CLでは、トッテナムを相手に延長戦までもつれこみながら敗れ、2シーズン連続でベスト8敗退となる。

2020年代に入ってからもユルゲン・クロップ率いるリヴァプールとの二強時代が続く。長年チームの躍進を支えてきたダビド・シルバアグエロの二人がチームを去るが、デ・ブライネ世界最高レベルMFに成長し、チーム生え抜きフィル・フォーデンも台頭したことで世代交代に成功。グアルディオラ就任以降の6シーズンプレミアリーグは4回制覇しており、名実ともに世界レベルの強チームとなっていた。残す標は初の欧州制覇だが、2020-21シーズンクラブ史上初となるCL決勝進出を果たしシーズン三冠に王手をかけていたが、チェルシーに敗れてしまいあと一歩でビッグイヤー獲得を逃す。2021-22シーズンも準決勝でレアル・マドリード相手に終了間際の立て続けの失点で逆転を許している。

2022-23シーズンは若くしてドルトムントで圧巻のゴール数を記録した怪物アーリング・ハーランドが加入。

タイトル

国内タイトル

国際タイトル

現所属選手

背番号 Pos. 選手名 生年 加入年 前所属
- 監督 ジョゼップ・グアルディオラ 1971.1.18 2016 バイエルン
2 DF カイルウォーカー 1992.11.16 2017 トッテナム
3 DF ルベン・ディアス 1997.5.14 2020 ベンフィカ
4 MF カルバン・フィリップス 1995.12.2 2022 リーズ
5 DF ジョン・ストーンズ 1994.5.28 2016 エヴァートン
6 DF ナタン・アケ 1995.2.18 2020 ボーンマス
7 DF ジョアンカンセロ 1994.5.27 2019 ユヴェントス
8 MF イルカイ・ギュンドア(C) 1990.10.24 2016 ドルトムント
9 FW アーリング・ハーランド 2000.7.21 2022 ドルトムント
10 MF ジャックグリーリッシュ 1995.9.10 2021 アストン・ヴィラ
14 DF アイメリク・ラポルテ 1994.5.27 2018 アスレティック・ビルバオ
16 MF ロドリ 1994.5.27 2019 アトレティコ・マドリード
17 MF ケヴィン・デ・ブライネ 1991.6.28 2015 ヴォルフスブルク
18 GK シュテファンオルテガ 1992.11.6 2022 ビーレフェルト
19 FW リアン・アルバレス 2000.1.31 2022 リーベルプレート
20 MF ルナルド・シウバ 1994.8.10 2017 モナコ
21 DF セルヒオ・ゴメス 2000.9.4 2022 アンデルレヒト
25 DF ヌエル・アカンジ 1995.7.15 2022 ドルトムント
26 FW リヤド・マフレズ 1991.2.21 2018 レスター
31 GK エデルソン 1993.8.17 2017 ベンフィカ
33 GK スコットカーソン 1985.9.3 2019 ダービー
47 MF フィル・フォーデン 2000.5.28 2017 マンチェスター・シティユー
80 MF コールパルマ 2000.5.28 2020 マンチェスター・シティユー
82 DF リコルイス 2004.11.21 2022 マンチェスター・シティユー
96 MF ベン・ナイト 2002.6.14 2021 マンチェスター・シティユー
97 MF ジョシュウィルソンエスブランド 2003.12.26 2021 マンチェスター・シティユー

U-21登録選手。

背番号23はコンフェデ杯2003準決勝カメルーンコロンビア戦の試合中に心臓発作を起こし、28歳の若さでこの世を去ったマルク=ヴィヴィアン・フォエ(シティが最終所属クラブ)をんで永久欠番

おもな過去の所属選手

関連動画

関連商品

関連静画

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マンチェスター・シティ

5 ななしのよっしん
2012/05/14(月) 01:46:02 ID: 3h4zmGOd8d
まさに劇的という字はこの試合のためにあったようなものって言いたいくらい劇的な試合だった!優勝おめでとおおおおお!!!
6 ななしのよっしん
2012/05/14(月) 17:44:19 ID: LrKu7qk40j
優勝したからいまさら作りやがっておせえんだよ
もっとく作っておけよな。以前からマンユやアーセナルだけあってシティだけないのムカついてたわ
7 ななしのよっしん
2012/05/18(金) 23:02:10 ID: YP18pdKR4L
>>6
>>1の書き込み日時見てみ
8 ななしのよっしん
2012/05/19(土) 15:01:51 ID: 3E6hxdJE1o
日本では多国籍軍って絶対受け入れられないよな
9 ななしのよっしん
2012/06/13(水) 14:03:27 ID: 18avC4aSaL
>>8
さすがに全部そうおうのはいただけないがJリーグに一つくらいそういうクラブがあってもいいんじゃね?と思ってしまう今日この頃
10 ななしのよっしん
2013/04/03(水) 00:17:07 ID: WLiYn0nYAT
プレミアリーグ自体が多籍だからね
正直英国人がリーグだったらこんなに人気いでしょ
11 ななしのよっしん
2014/04/01(火) 22:09:13 ID: 4wwFXwWOhQ
>>10
日本人人気ないだけだからw
地元ではマンチスタークラブとか言われてるし
12 ななしのよっしん
2014/05/12(月) 00:52:09 ID: 4wHL6KKsEU
2013/14優勝記念カキコ
またファンピッチ崩れ込んでカオス
13 ななしのよっしん
2017/12/05(火) 13:29:47 ID: wabaafIGVB
>>6
14 ななしのよっしん
2019/09/21(土) 21:41:50 ID: N7JRdMSSqL
いいチームになったもんだ。
CL獲れば、完璧