マンモスマン単語

マンモスマン
  • 3
  • 0pt
掲示板へ
  ノ l
  /  l         ___
-‐'´`'-、      r'´     `ヽ
   ウ `;   ,ィ´ ,-ー、    ヽ
ウ  メ  ヘ-‐'´      ヽ ヽ、,‐ヽ
メ  │   ヽ/ ̄    ヽェ、__l_ |      /
│      /´       ,‐'    /`ー->-‐'l´         
     ,ィ  /`--‐、  |    /    l  `ヽ  /     /
--‐-‐'l  ̄     l__<___l    `ヽ__l--'リ`__/  
     ヽ     / l´`--‐ヽ `‐‐-‐‐'"´ヽ、_r'´   /    /
       _/、__ |:':':';::;;;;;;l  /l`ー'´ヽ   `‐‐‐‐'´    /
ゝ、___,/  / l ̄>-‐, /  l    \        __,-‐'´
  `ヽ、_ノ´l /  ノ ノ  / /´`! l    / ̄`‐,-‐‐‐'´
    /  /´  `‐-'   /ノ  // _,-ヽ_,-'---‐、
-、  /   ,;;::     -'´  ,ノ /-‐'^ ;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;;;;;_,-‐'ヽ
 `-/    `'´      -‐'´ /   ;,;,;,;,;,;,;,;,;_,--‐'´´    `ヽ、
--ィヽ      ;;::    ,-‐‐'l´   ;;;;;;:__,-‐'´           ヽ、
  ヽゝ、       /   ヽlヽ-‐'                 ヽ
ヽ、 `ヽー-、__/      ヽ

マンモスマンとは、漫画キン肉マン』及び『キン肉マンII世』に登場する人である。

CV:佐藤正治

概要

キン王位争奪編において、キン肉マンスーパー・フェニックス率いる知性チームフェニックスチーム)のメンバーとして登場。1万年前の氷河時代を生き延びたマンモス一族が進化した人で、氷河時代から他のマンモス仲間たちと共に氷山に閉じ込められていた。知性と性の相反する性格を共有する人であり、「人破壊師(デストロイヤー)」の異名を持たれるほど恐れられている。

巨大な二本の牙「ビッグタスク」と長い鼻「パワフルノーズ」と筋々とした巨体が特徴的なパワーファイター。性格は胆かつ粗暴。マンモスのように「パオーン」という叫びをあげていたが、キン肉マンⅡ世では「パゴッパゴッ」と笑うようになった。圧倒的な強さを持っていることからこれまで戦った相手は余裕で倒せていたことから真剣勝負を経験したことがなく、対戦相手をめきるファイトをしていた。そのため、精的な弱さという弱点を持っている。

王位争奪編では、シリーズ序盤から終盤まで長きにわたってフェニックスの右腕として活躍。自らの勝利を度外視して命に従ってわざとに引き分けるなど、フェニックスに対する忠心は厚い。その一方で裏切られたときのための技を隠し持っておくしたたかな一面もある。

作中での活躍

キン肉マン(初代)での活躍

キン王位争奪編のフェニックスチームメンバー。5王子の初登場時、食ってかかったキン肉マンを弾き飛ばすというインパクトある登場をした。

キン王位継承サバイバルマッチ1回戦では、先鋒として登場。圧倒的な強さでビッグボディチームペンチマン、レオパルドンゴーレムマンを3人抜き(後にマンモスマンの三重殺と呼ばれる)、さらにスーパーフェニックス示を受けて副将キャノンボーラー戦にわざと引き分ける舐めプをし、圧倒的なを見せつける。また次鋒レオパルドン相手にはノーズ・フェンシングの一撃で殺し、レオパルドン殺の代名詞としてのネタキャラとする一因を担っている。また、長期戦に持ち込まれたかに見えたゴーレムマン戦も実は熊本城キン肉マンチームが3人抜きするまで手加減をしていた。

準決勝のソルジャー・チーム超人血盟軍)戦では、当初次鋒として出場予定だったが、中に浮かぶ立方体リングでの3対3のチームマッチメンバーとして出場。ブロッケンJr.プリズマン双方が脱落した後、ソルジャーチームバッファローマンと夢の野獣対決を行い、圧倒的なパワーでこれを圧倒。必殺のビッグタスクハリケーンミキサーを上回っていることを思い知らせ、バッファローマンに恐怖心を植え付ける。だが、ソルジャーの助言を受け恐怖を断ち切ったバッファローマンの「十字架落とし」によりダウン。その後、ソルジャーの正体について書かれた人預言書のページを入手しようとするが、バッファローマン十字架落としによって立方体リングから転落させられ、バッファローBOMBによってKOされる。しかし、実はこれは人預言書を奪うための芝居であり、実際は大きなダメージを受けてはいなかった。結果としてバッファローマンから人預言書を奪い、たいまつの火にこれを投げ入れソルジャーを消滅させ、フェニックス勝利に貢献する。

決勝戦前には対マンモスマン用の特訓を行っていたウォーズマンを襲撃、ウォーズマンの対策を上回る戦術を見せビッグタスクドリルによりマスクを砕いて戦闘不能に追い込む。

決勝戦では、当初副将に選抜されていたが、キン肉マンチームとの6人タッグによるイリミネーション・ルーレットマッチに参戦。ザ・サムライラリアットで吹っ飛ばされた際に人預言書を奪い返されたこともあり、ロビンマスクと1対1で戦うことになる。ビッグタスクによって優位に試合を進めるが、メンタルの弱さという弱点をロビンに突かれ、ビッグタスクで自らを貫く深手を負う。戦闘の過程で自身とロビンの預言書が共に火の中に入り体消滅の憂きにあい、フェニックスから見捨てられる裏切りを受ける。これにより、隠し技アイスロックジャイロによってフェニックスから離反。そして、これまで圧倒的な強さゆえに味わうことがなかった真剣勝負の醍醐味をロビンとの戦いを通して知ったことで、消滅を間近にし心行くまで戦いたいと言う思いが溢れ、体消滅のそのときまでロビンと死闘を繰り広げることとなる。最終的にはロビンマスクのロープワークタワーブリッジによりKO。死闘を通じ真剣勝負の素らしさに触れ心、ロビン体消滅を見届けた後、キン肉マンにその形見となるアノアロのを託して高笑いを残し消滅していった。

最終的にシングルマッチでは負けなし、タッグマッチでも対戦相手も戦闘不能に持ち込むという、敵チームの中では八面六臂の活躍を見せたキャラクターである。また、ロビンマスクとの戦いは王位争奪編のベストバウトに推すも多い。

アニメ最終回では他の人達同様キン肉マンフェイスフラッシュ復活を遂げており、 キン肉マン王位就任と婚約を祝っての牛丼パーティーにも参加している。

キン肉マンII世での活躍

タッグチームヘルズ・ベアーズ」の一員として究極のタッグトーナメントに参加。未来からやってきたウォーズマンがまだ見ぬ強人をめ、アラスカの凍土に眠るマンモスマンを発掘。フェニックスによる支配を受ける前のな状態のマンモスマンを正義人のパートナーとしてむかえる。当初は着ぐるみキャラクターマイケルとして活動しており、中身は人とされていた。

未来においては悪魔将軍キン肉マンスーパーフェニックスに並び、悪行人の最強補の一に数えられていることが明かされている。

予選のバトルロイヤルでは、邪気な振る舞いから時折暴さを覗かせ、ジャングルブックスを脱落させるなど見せ場を作り、勝ち抜ける。1回戦ではチームコースマス(メテオマン・スプートニックマン)をテディー・クラッシュで撃破。

2回戦第4試合でヘル・イクスパンションズ(ネプチュ-ンマン・セイウチン)と対戦し、ネプチューンマンと対峙した際にその正体を現す。当初はウォーズマンによって性を抑え、クリーンファイトを見せるなど正義人としての振る舞いを見せていた。同じ性を持つセイウチンを実で圧倒し、ウォーズマンとのコンビネーションでイクスパンションズを追い込むが、次第に血を好む残虐ファイト覚め、これを妨げようとするウォーズマンに反旗を翻す。本質的に悪行人のマンモスマンは、ウォーズマンによって本来の性を抑え込まれていたことに次第に不満を募らせていた。結局試合中にパートナーを組みなおす暴挙を見せ、ネプチューンマンと新(ノヴァ)・ヘル・イクスパンションズを結成。セイウチンの顔の皮を剥がし、地獄氷結落としでウォーズマンを撃破し勝利する。その際ファイバーパワーを発生させるための石を口にし発した言葉が

ウメーウメー

である。全く知性のかけらも感じさせないこのセリフに多くのキン肉マンファンは衝撃を受けた。

2回戦終了後、時間人が召喚した大魔王サタンによる「蜘蛛呪い」のエネルギー注入にネプチューンマンと共に参加。準決勝前には、完璧超人としての導をネプチューンマンから受け、偵察に来たミートから「人大全」を奪い取り、その内容を吸収することで知性を大幅にアップさせる。

準決勝第2試合では時間人のコンビ世界五大厄(ライトニングサンダー)と対戦。当初はネプチューンマンに従い、ノーズ・フリージングによって時間人のアクセレイションを封じるなど知性的な働きを見せ、ネプチューンマンダメージにより戦えない間は、1人で時間人相手に奮闘する。だが、絶対的な知性(アブリュートフェニックス)と名乗るフードの人物の示とネプチューンマン示が違うことに困惑。さらに友情パワーを捨て切れていなかったネプチューンマンの言動が完璧超人の教えと矛盾したものであることを感じ、これに反抗。マグネットパワーを得て放ったクロスボンバーをわざと不発させる暴挙を働き、ネプチューンマンの左腕を破壊。さらにネプチューンマンに対して非難の言葉を浴びせて試合を放棄してリングを降りてしまう。カオス・アヴェニールたちの説得にも全くを貸さずに試合放棄を一方的に宣言。フードの人物と共に試合場を後にした。

キン肉マン」で裏切りを受けたことに反抗し、正々堂々と戦いたいとした姿がのようであり、ウォーズマンネプチューンマンと裏切り続けたその姿に「マンモスマンのが下がった」という意見が集まった。

超人DATA

必殺技

ビッグタスク
顔のから伸びる巨大な牙。その破壊バッファローマンロングホーンすら上回っている。まっすぐ突くことはもちろん、回転させたり枝分かりさせたり自由に動かすことが出来る。また自動で血や汗を追尾する機も備えているが、返り血を浴びると自身の身体に向かってくる欠点も持っている。
1万年氷河に閉じ込められていた頃、偶然氷から飛び出していたビッグタスクが近づく動物たちから養分を吸い取っていたことで生き延びることができた。
ビッグタスクファン
キャンバスの一部をビッグタスクに刺し、それを仰ぐことにより突を起こす。ソルジャーナパームストレッチ阻止するために使用し、フェニックスを救った。
ショベル・スクー
で落下してきた相手をショベルカーの如くキャンバスで打ち上げる快な技。宙に浮いた相手を追撃し、キャンバスで打ち下ろす「ショベルハンマー」という生技もある。
ビッグタスクドリル
ビッグタスクドリルのように回転させ相手を貫く隠し技。ウォーズマンを襲撃した際に披露し、「ウギャア キンマーン!!」でお染みの技。
ブランチ・タスク
相手に受け止められたビッグタスクを枝分かれさせ、相手を後から貫く技。王位争奪編のロビンマスク戦で使用していたが、技名がついたのは究極のタッグ編から。
ビッグタスクスープレックス
ビッグタスクを相手のに刺し、両腕を交差させて捕らえてそのままフロントスープレックスの要領で場外掛けて投げる。作中ではビッグタスクが止められたため、そこから伸びたブランチ・タスクで相手を捕えて技を発動した。
パワフルノー
別名「ジャンボノーズ」、「エレファントノーズ」とも呼ばれるマンモスマンの長い鼻。ビッグタスクと並ぶマンモスマンの特徴的な武器のように相手をいたり、腕の代わりに相手の体に巻き付けたりする。
パワフルノーズ・ブリカー
パワフルノーズを伸ばして相手を捕獲、シュミットバックブリカーの要領で立てた片膝に叩きつける。
ノーズ・フェンシング
長い鼻であるパワフルノーズを用いた突き技。ビッグタスクと並ぶマンモスマンの代表的な技。レオパルドン殺したことにより、有名になった。
ノーズ・フリージング
鼻を振り回して凄まじい吹雪を起こす。究極のタッグ編において、多くの強人たちを苦しめてきた時間人のアクセレレイションを封じた技でもある。永久凍土の中で1万年眠っていた、凍える体をもつマンモスマンだからこそできる技。
ゴースト・キャンバス
相手をリングのキャンバスに逆さに突き刺し、その状態で足からねじりあげる。からまったキャンバス生き物のように相手の首を引きちぎることから名付けられた残虐な技。作中ではこの技によってゴーレムマンの首を引きちぎり、惨殺している。
アイスロックジャイロ
パワフルノーズで捕えた相手を中に放り投げ、複雑に飛び回らせることで気化熱により氷漬けにする技。そのまま氷漬けにした相手を粉々に粉砕することでKOする。フェニックスに裏切られたときのために隠しておいたとっておきの技。後にこの技を受けたロビンマスクは自身の持ち技としてマスターしている。
アニメでは相手を放り投げ、何度もパワフルノーズでくことによって複雑に飛び回らせている。
イヤーガスト
顔の両側から巨大な両を出現させる技。大きく仰ぐことにより相手を吹き飛ばすほか、飛行するときの滑にも使われる。
ブライドアリー・イヤー
両方の巨大で相手を挟み潰す。
マッキンリー崩落とし
中に放り投げた相手をアルゼンチンバックブリカーに捕らえ、横転しキャンバス叩きつける。

タッグ技

地獄三重殺デコレーション・ツリー
知性チームの技。マンモスマンが1人の相手をアルゼンチンバックブリカーに捕らえると同時に、両膝に残り2人を仰向けに乗せる。そしてフェニックスプリズマンが逆立ちの状態で、アルゼンチンバックブリカーに掛けられた相手に首四の字と足四の字を同時に仕掛け、さらに両膝に乗せた相手に体重を掛け責める複合技。3人で1人の相手を攻撃するバージョンもあり、その場合は中高く放り投げた相手をフェニックスプリズマンが首四の字と足四の字に捕らえ、さらにマンモスマンが相手の背中掛け勢い良くジャンプし、攻撃を加える。
テディー・クラッシャー
ヘルズ・ベアーズのツープラトン。相手を中に投げ、両脚と胴を自分のと股で挟み込むようにクラッチしたツームストーン・パイルドラバーで落下し、ベルモンド(ウォーズマン)が地上でもう1人をベアハッグにかけ、相手の同士を突させる。
アイスバーグ・アバランチャー
ヘルズ・ベアーズのツープラトンウォーズマンが相手にダブルアーム・スープレックスで投げ、飛び上がったところを共に飛び上がり、ウォーズマンの両脚を自らの大腿部に乗せ、ウォーズマンごとそのまま相手を投げる強化スープレックス
地獄氷結落とし
ヘル・イクスパンションズのツープラトンネプチューンマンが対戦相手の部にチョッキの針を突き刺すと同時に、相手の背中ビッグタスクで刺すことにより全に動きを封じ、2人で協してジャーマン・スープレックスの体勢で投げ捨てる。
オプティカル・ファイバークロスボンバー
ヘル・イクスパンションズのツープラトンネプチューンマンの左腕、マンモスマンの牙から、それぞれファイバーで繋ぎ前後からネプチューンマンの喧ボンバーラリアートで打撃を加える。後に時間人の復活したマグネットパワーによるクロスボンバーも使用可となったが、ネプチューンマンに不満を持つマンモスマンが故意に誤爆させ、ネプチューンマンの左腕を破壊した。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マンモスマン

89 ななしのよっしん
2020/08/31(月) 17:01:39 ID: 7Lg6JvkyQO
だって何時本気かつ本調子で戦ったか不明だもん、ほとんどフェニックスによる手抜き試合ばっかだし二世は知性が足らんし、ロビン戦はメンタル弱いとキツイ状況だもん
90 ななしのよっしん
2020/08/31(月) 17:12:01 ID: stt7hF1OaD
ザ・マン悪魔将軍
完璧超人始祖
大魔王サタン
サダハルスグルアタル、五王子アリステラ
マンモスマンオメガマン六鎗客無量大数軍

とかランキングを考えてみるとマンモスマンの間はかなり開くよ
91 ななしのよっしん
2020/08/31(月) 22:22:25 ID: r5GsLOptaM
マンモスマンの登場はロビン復活と一緒って可性はないかな。
王位争奪戦でロビンとの戦いで真剣勝負の楽しさを知った事に義理立てして、ネメシス後にロビン助けて一緒に修業してた、みたいな感じで。
まあ、敢えてマンモスマン出す必要もないと言えばそれまでだけど、二世のヤバいイメージなんとか払拭するための一つの手かな、とは思った。
92 ななしのよっしん
2020/09/01(火) 02:08:13 ID: d0nGbM6qQF
レオパルドンと戦った時のマンモスと較べれば数倍強くてもおかしくないだろ
スグルロビンと戦ったあとの数倍だったらヤバイけど
93 ななしのよっしん
2020/09/01(火) 02:30:49 ID: CXYGwhlWIk
マンモスマンが出てきたらまず間違いなく友情パワーを使うだろうから
昔の何倍も強いだろうな
94 ななしのよっしん
2020/09/10(木) 02:01:13 ID: /nV4fLDDPp
やっぱりフェニックスがぼろぼろの身体を引きずって戦おうとしたら、なんか嫌み言いながら参戦するというベタベタな王道やってくれるのかな
95 ななしのよっしん
2020/09/10(木) 23:36:10 ID: Ja+q7Lc3ID
読み返してたけどやっぱこいつクッソ強え
96 ななしのよっしん
2020/09/10(木) 23:53:54 ID: CRluIhJD/i
マンモスって敵で出すには扱いが難しすぎるんだよなプロレス的に。将軍みたいな硬度0とかギミックがあるわけでもなく、ただひたすらに打たれ強いのと類のタフネスだけでどんだけ攻撃しても倒れるけどすぐ立ち上がってくるという。負けるイメージが思い付かない、どうやって負けに説得を持たせればいいのかが最後まで分からなかった。2世の迷走はその辺にも原因あるかも。
97 ななしのよっしん
2020/09/11(金) 02:07:59 ID: CRluIhJD/i
例えて言うならバックドロップ使用禁止のジャンボ鶴田みたいなもん。フェイバリットがない分試合時間は伸びるけれども、何をやっても起き上がってくるからその内攻める方がガス欠になって受けのスキルが落ち、鶴田にとっては繋ぎ技でしかないジャンピングニーなどがクリーンヒットして必殺技化するという。
でもプロレスとしてはしょっぱいw
98 ななしのよっしん
2020/09/12(土) 06:06:56 ID: nnHmBXTR3a
ウォーズマンファンだけどマンモスマンに関しては「こんなに勝てるわけないじゃん…」という感想しかない

急上昇ワード改

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

樫野(アズールレーン) ボトルマン MMDまほやく ヒックス