マーラ様単語

マーラサマ
  • 24
  • 0pt
掲示板へ

                    マーラ様

マーラ様とは魔神の一種で、釈迦悟りを開く定に入った時、その瞑想を妨げる為に現れた天魔のことである。
正式名称マーラ・パーピーヤス。音訳して「魔羅」とも言われる。

概要

おシャカ様が菩提の下で決死の瞑想に入ると、そこにマーラが妨せんと現れた。マーラは煩悩の化身であり、釈迦悟りを開き煩悩を絶ってしまうと身の破滅に繋がるためである。そこでマーラは性技に長けた達を送り込んだり、絶倫化物を呼び寄せたり、岩やらやらを降らせたり、ついに自身で肉弾戦を仕掛けたりとあの手この手で賢者タイムの邪魔をするが、釈迦敗北してしまう。かくして釈迦はめでたく大悟・成し、悟りの絶頂に達したのである。ふぅ…

このことから日本では「マーラ魔羅=煩悩」となり、仏教界では煩悩の徴である男性器すようになったとも言われている。元々のサンスクリット語ではマーラ義は「殺すもの」であるとも、「死」そのものの人称形であると言われている。さらに「魔」という字はマーラそのものを表すために特別に中国で作られたものである。
またこの釈迦の故事にあやかって、マーラを降す(負かす)ことを降魔というようになった。が、どっかの作品で「悪魔を現世に降ろす」という解釈がされた結果、逆に降魔はマーラ様を引き寄せるということになってしまった。物好きな。

由来が不明なであり、女神カーマの別名とも、あるいは仏教よりも古いウガリット神話に出てくる季と炎と死のモートが仏教にとりこまれたものとも考えられている。いずれにせよ天魔、即ち第六天魔王であることに違いはない。

女神転生シリーズにおけるマーラ様

マーラ様は『真・女神転生Ⅰ』から登場した悪魔である。種族はもろちn…もちろん魔王。ただしⅠとではデザインが違っている(大元は同じ)。マーラ様

その姿はご立な煩悩そのもの。に向かってそそり立つその姿は全プレイヤーを煩させた。戦闘でも精的に暴れたり「ゲヘヘヘ」と笑ったりともうヤりたい放題。男性プレイヤーの中には意気消チンする者すらいたという。

真・女神転生Ⅱ』ではコクマを務める「ごりっぱな」悪魔である。ご立なのはもちろん雄、もとい御姿のこと。しかし、『真・女神転生Ⅲ』では召喚が不十分で見るも哀れなフニャ○ン状態だった。それでもかなり強いのだが。
だが『ソウルハッカーズ』では物理属性攻撃しか持たないという雄々しさ全開で麗に再起、自身にタルカジャ(攻撃UPの魔法)をかけ、女性キャラに体当たりをかまし、女性キャラがいないと大暴れ…というなんともすさまじい思考パターンで攻撃を仕掛けてくる。

デビルサマナー 葛葉ライドウアバドン王』では別の時のライドウを追い、封印を破ってこの世界までやってきた。3Dの姿を得てギンギンに怒したマーラ様、その外径も発言も色々な意味でギリギリである。今度は無限湧きのお供を伴って頭からとっとこマラ太郎するという賢い戦法に切り替わった。オーガズムに入ったのか、時折くてヌルヌル飛ぶ「たたり生唾」を飛ばす。実はこの濁液、万属性な上ライドウにかかるとヘブン状態になるため割と痛い。

ペルソナ3FES』では追加ペルソナとして登場。他の追加ペルソナ真・女神転生Ⅲからの使いまわしなのに、マーラ様だけ作り直されているあたり、製作者からもされている悪魔である。装備してベルベットルームに入ると…?

P3P』にもペルソナとしてしっかり登場、「マラギダイン」なる固有の炎魔法を習得する。もちろん女性主人公にも降魔可であり、どう考えてもふたなr…おいこらなにするやめ(ry

マーラ様の動画検索したい人は「マーラ様」よりも「ご立派様を拝む会」で検索してみよう。似た悪魔に「ミシャグジさま」がおり、プレイ動画等でガチンコ対決を実現する気の利いたプレイヤーもいるとかいないとか。

ちなみに、『ペルソナ4 the animation』ではファンから「出してほしい」という要望がかなり多く、更には声優までもが登場を期待するペルソナだったのだが、流石に深夜といえど地上波テレビで登場させるには問題があると判断された為か、登場はならなかった。 だが、どうやらアニメスタッフも「出来る事なら出したかった」と考えていたらしいとか……

ペルソナ5』では「ちぎれた煩悩大王」と「そびえる煩悩大王」の2種類が登場し、
「ちぎれた煩悩大王」は『真・女神転生III』に登場するフニャ○ン姿。
「そびえる煩悩大王」は『真・女神転生II』以降の戦車に乗った、ご立な姿。
ペルソナにできるのは「そびえる煩悩大王」の方。(ちぎれた煩悩大王の方は交渉不可)
ペルソナとして入手していない時に「そびえる煩悩大王」の名前になる。

ペルソナシリーズでは「」のアルカナに分類。

マーラ様のフィギュア

恐ろしいことに、あの御姿を模したこけしフィギュアが存在する。
2007年コトブキヤから発売されたワンコインフィギュアシリーズ女神転生 悪魔召喚録 -第五集-』の中に、シークレットとして例の戦車に乗ったマーラ様が降臨なされているのだ。

ツヤツヤボディの再現は流石コトブキヤ。さらにコトブキヤショップでの予約限定特典では、なんと色にくマーラ様の御体が挿入されていた。そのご立存在感で隠されていても隠し切れず、その重量感でマーラ様と他の悪魔を見分ける信者達が続出。すぐに予約特典が品薄になってしまったとか。

ここだけの話、御体と女性フィギュアとの親和性はバツグンで、その為に手に入れる者が多か…おや、誰か来たようだ

ご立派な関連動画

関連静画

関連立体

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 24
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%A9%E6%A7%98

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マーラ様

235 ななしのよっしん
2019/07/04(木) 15:51:17 ID: VVNZanX0Fy
「ラガ(情欲)に等しい火はない」との通り、性欲とは最も御すのが難しい、最も強な煩悩である事とカーマとも結び付けられたことから伝来にあたって魔羅となったが
本来、悟りに至るまでの大いなる徴であり、義とされる「殺す者」とはつまり死の擬人化を意味する

受け入れることから悟りは始まるのだとすればマーラ様は煩悩の徴であると共に「死という最も受け入れがたきもの、心を乱すもの」の体現とも言えるんじゃないだろうか

何が言いたいかっていうとメガテンでたまにはご立な姿だけじゃなく人フォルムでラスボスで出してくれないかなーとか思ったり
いはもう出てる?
236 ななしのよっしん
2019/07/28(日) 15:12:35 ID: bnLIBKuC5I
>>231
どっちかというとお子さん()のほうがこういうの大好きだろw
237 ななしのよっしん
2019/07/28(日) 15:14:03 ID: bnLIBKuC5I
>>234
ギリメカラっつー魔物に乗ってるのよこの御方
238 ななしのよっしん
2019/09/28(土) 09:47:36 ID: UBiW+c8iea
アニメまちカドまぞく1話での良ちゃんの「おから生えてるこのごりっぱ様は一体…?」というアニオリ台詞にぎょっとしたのはだけではないはず
239 ななしのよっしん
2019/10/10(木) 19:56:20 ID: HkFHg4BJ0v
現実世界マーラー様が降臨なされたもよう。
https://news.nicovideo.jp/watch/nw6039309?news_ref=search_searchexit_niconews
240 ななしのよっしん
2019/12/19(木) 00:42:16 ID: UHJJnFzGMe
ファイアーエムブレム外伝ラスボスのドーマ様は、
緑色でドロドロブヨブヨの形容しがたい姿で、その先端の何か太いものがぬーっとそそり立ち、先っちょの皮がめくれてい一つのようなものがのぞく。」
というおもっくそマーラ様を連想させる容姿だったのと、大地と対になる存在なので、長年「男根崇拝的な雄の徴的な」だと思ってたw

リメイクエコーズで実は「ゾンビのようになってしまった西洋」だったと判明したが、なぜ単眼にしたのかは永遠の
241 ななしのよっしん
2020/01/03(金) 07:44:35 ID: FIkogyUYJ+
ガ○使であの歌を聞いて御立様を思い浮かべてしまった。今度Ⅰで呼ぶ時にでも歌おうと思う
大きなイチモツをください
タイトル:大きなイチモツをください
Twitterで紹介する

242 ななしのよっしん
2020/01/03(金) 12:21:33 ID: 2PngHH6aQR


神様神様イチモツを願うのか…(困惑)
243 ななしのよっしん
2020/01/08(水) 15:19:44 ID: /dLVGAG+/E
「絶対に笑ってはいけないメガテンシリーズ24時」があったら出てきそうw
244 ななしのよっしん
2020/01/15(水) 12:04:15 ID: biJmEQcwaK
ギリメカラは『ペルソナ5(ザ・ロイヤル)』だと、『真・女神転生』で見た妖魔ガネーシャパーツ違い(人間)で、
真・女神転生(ディープ)ストレンジジャーニー』や『真・女神転生IV』『真・女神転生IV FINAL』だとの姿をしている。
マーラ様乗り物なら、の方が向いてると思うが。
手綱とかを付けて、戦車につなげればいいし。
それで、ギリメカラに引っってもらう。

急上昇ワード