ミエスク単語

ミエスク
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ミエスクとは、アメリカで生まれフランス調教された元競走馬・繁殖である。

マイル路線で活躍した名で、アメリカ産であることから20世紀のアメリカ名馬100選にも名を連ねている。

概要

は本の他にもシアトリカル、ソヴィエトスター、スピニングワールドハートレイクなど、そして日本調教としてブラックホークといった活躍を輩出したヌレイエフ
はパサドーブル。このは他に活躍を輩出しなかったが、半にGI1勝のシルヴァーシュプリーム、そして半の子孫にグッドババなどの活躍がいる。
プルーアウト

2歳の8月、ドーヴィル競馬場でのデビュー戦(芝1200m)は2着に2身差で勝利。しかし、2戦のGI・モルニ賞(芝1200m)はサクラバクシンオーサクラユタカオーなどの「サクラ」の冠名で知られるさくらコマース所有のサクラレイコから1身差の3着となる。だが、これが生涯最低順位となるのだった。3戦サラマンドル賞(芝1400m)ではサクラレイコに1身半差でリベンジを果たし勝利すると、4戦のマルセルブサック賞(芝1600m)でも2着のミリラムに半身差で勝利。この結果フランス最優秀2歳となった。

3歳になり初戦のインプルーデンス賞を勝利すると、その後もイギリス1000ギニー、フランス1000ギニーを連勝。イギリスではミリラムに1身半差で、フランスではサクラレイコに2身半差で勝利したのであった。英1000ギニーを連勝したのはミエスクが3歳の初戦を勝利したレースに名を冠せられているインプルーデンス以来2頭の快挙であった。次に向かったのはフランスオークスだったが、これまで経験のなかった2100mという距離もあったか、インディアンスキマーから4身差つけられての4着となる。この後、営はマイル路線に絞っている。

短い休養の後選んだレースジャックルマロワ賞。同年の英2000ギニーを制したドントフォゲットミーなどの強敵がいたが、2着ナッシュミールから3身差で勝利する。次戦のムーランドロンシャン賞ではフランス2000ギニーを制したソヴィエトスターに2身半差をつけ勝利し、フランスマイル路線の最高峰2競走の連勝を達成。しかし、クイーンエリザベスIIステークスではミリラムに5身差をつけられ2着となってしまった。なお、この競走は生涯で騎手が変わったものであり、その影があったのかもしれない。

3歳の最終戦ブリーダーズカップマイル。この年はハリウッドパーク競馬場での開催だったが、2着に3身差をつけ、1分328のコースレコード勝利。この結果、イギリス最優秀3歳、最優秀マイラー、フランス最優秀マイラー、そしてエクリプス賞最優秀芝といったタイトルを獲得した。

4歳の初戦は久々マイルを外れた距離である芝1850mのイスパーン賞。やや長い距離ではないかとも思われたが2着に短頭差でなんとか勝利ジャックルマロワ賞では3歳最強マイラーのウォーニングが参戦してきたが、1身差で勝利し連覇達成。続いてジャックルマロワ賞連覇も狙いに行ったのだが、ソヴィエトスターにアタマ差で敗れた。

4歳の最終戦は昨年と同じくブリーダーズカップマイル。本年はチャーチルダウン競馬場での開催だったが、2着ステイレンに4身差で勝利ブリーダーズカップ同一競走で初の連覇を達成した。

この競走を最後に引退。通算成績は16戦12勝(GI 10勝)、マイル戦に限っては10戦8勝という成績であった。4敗したうち3敗は重馬場での競馬であり、やや苦手としていたことがうかがえる。

繁殖牝馬として

ミエスクは生まれ故郷であるアメリカで繁殖生活に入った。そして第1子がいきなりGIとなる。その名はキングマンボフランス2000ギニー、セントジェームズパレスステークス、ムーランドロンシャン賞を勝利し、種としても日本調教だけでもエルコンドルパサーキングカメハメハといった産駒がおり、キングマンボ系とも呼ばれる勢を築き上げた名種である。そして第2子のイーストオブザムーンはフランス二冠を達成。繁殖としても活躍したのだった。

さらに系としても非常に優秀であり、孫世代以降にも活躍が多い。GIだけに限定しても、アルファセントーリ、カラコンティアマーニ、ランプルスティルトスキンタペストリースタディオブマンといった競走馬がおり、日本にもランプルスティルトスキンの半ラヴオンリーミーが輸入され、ドバイターフを制したリアルティールとオークスとなったラヴオンリーユーという2頭のGIがいる。

なお、キングマンボの全ミシックドライブ日本に輸入されたのだが、大した活躍はできず用途変更となっている。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9F%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ミエスク

1 ななしのよっしん
2019/10/22(火) 16:37:05 ID: iFbH4OqLmb
繁殖としても非常に優秀だが、文中のキングマンボイーストオブザムーンだけでなく孫以下の世代にリアルティール、ラブオンリーユー、アルファセントーリスタディオブマン、カラコンティタペストリーとGⅠてんこ盛り、欲セットな実績。エアグルーヴ以上だろう。
2 名もなき修羅
2019/12/22(日) 00:08:30 ID: qz0MdzI9w7
ダビスタではサヨナラでお染みの
玄孫にアーモンドアイがいる。
3 ななしのよっしん
2020/01/08(水) 21:29:26 ID: iFbH4OqLmb
>>22
アーモンドアイミエスクの血を引いてないよ。
別のと間違えてないか?
4 ななしのよっしん
2020/03/21(土) 03:55:45 ID: BeG3DehGo2
キンカメ系なんだから血ぃ引いてるに決まってんだろ・・・

急上昇ワード

2020/03/30(月)17時更新

おすすめトレンド