ミカ・ハッキネン単語

ミカハッキネン

ミカ・ハッキネン(Mika Hakkinen)とは元F1ドライバーであり、1998・99年のF1ワールドチャンピオンである。

概要

 1968年9月28日フィンランドヘルシン郊外ヴァンターにて生まれる。

 6歳の時、父親仕事場の近くにあったサーキットカートを見たのをきっかけにカートを始める。 は本業のラジオ局の仕事の他にタクシー運転手を掛け持ちしながらスポンサーを探し、パートを掛け持ちしていた。  83年から86年までカート選手権を連覇する。 

 88年、貨物船に飛び乗り単身渡英。 1990年イギリスF3選手権で同(しかも実家道路を一本挟んだだけ)のミカ・サロとチャンピオンを争い、計9勝を挙げて見事チャンピオンとなる。

 同年11月F3世界一を決めるマカオGPではドイツF3チャンピオンになったミハエル・シューマッハしいバトルを展開する。 アイルトン・セナの持っていたコースレコード更新してPPを獲得したハッキネンは第1レグで優勝を果たす。

 しかし第2レグではこの年のドイツF3チャンピオンであるミハエル・シューマッハしいバトルを最初から展開し、ハッキネンはミハエルに先行を許すもタイム差ではこのままでもハッキネンは総合優勝を勝ち取れたが、最終ラップミハエルに仕掛けたハッキネンはミハエルリアに接触しクラッシュ。 

 ハッキネンはリタイアを喫し総合優勝の座をシューマッハに奪われた。 ハッキネンはマシンを降りるとグローブを地面にたたきつけ悔しがり、人をはばからず涙を流した。

F1デビューから長い苦労人時代

 1991年ロータスジャッドF1デビューを果たす。 開幕戦アメリカGPではステアリングが外れるというトラブルに見舞われるも60マシントラブルリタイアするまで走を見せた。 第3戦のサンマリノGPで初入賞を果たすもののフランスGPでは予選落ちを経験したりするなど、メインスポンサーもつかない資不足のチームで苦戦を強いられた。 結局入賞はサンマリノの1度きりでシーズンを終了する。

 1992年ロータスベネトン落ちながらフォードエンジンを手に入れ、資不足ながらシーズン途中よりセミアクティブサスペンションを搭載したマシンで6度の入賞を果たし計11ポイントを獲得。 ランキング8位となる。 さらにベルギーGPの終盤ではアイルトン・セナしいバトルを繰り広げ関係者の評価を上げる。 一旦ウィリアムズ契約するもフランクウィリアムズのエントリー忘れで白紙に。 ロータス残留かともうわさされたが、マクラーレン契約し移籍が決まる。

 1993年インディカーから来たマイケルアンドレティとのコンビで行くはずだったが結局契約でもたついたアイルトン・セナが乗ることになりハッキネンは控えドライバーとなってしまうが、アンドレティF1世界染めずイタリアGP後にアメリカへ帰したため、満を持して第14戦ポルトガルGPでようやくレギュラードライバーとして登場した。 ハッキネンは予選でいきなりセナを上回る予選3位の結果を出す。(決勝ではアレジとバトルを繰り広げるもクラッシュリタイア) 第15戦日本GPでは3位に入り初の表台に上った。

 1994年マクラーレンプジョーエンジンスイッチ。 チームメイトマーティン・ブランドル。 シーズン序盤はエンジンに足を引っられ最初の9戦で7度のリタイアに追い込まれるも、後半戦に入ると連続入賞を挙げ、コンスタントに表台にも上がる様になり最終的にはランキング4位でシーズンを終える。

 1995年マクラーレンプジョーとの契約打ち切りメルセデスエンジンイルモア)へスイッチチームメイトナイジェル・マンセルマークブランデル。 エンジンとシャシーマッチングが上手く行かずこの年も出走した15戦中9度のリタイアを記録しランキングも7位に下げた。 さらに最終戦オーストラリアGPの予選、タイヤパンクが原因でバックストレートエンドクラッシュ。(前年の予選も同じ場所でトラブルが原因でクラッシュしている) この際、タイヤリアに当たった際の衝撃で頭を強く打った上に舌を噛みきってしまい瀕死の重傷を負うが3日後意識が回復。 この入院中、後に結婚するイリヤさんと知り合う。

 1996年、開幕前のテストで復帰。 この年からF1引退までの間、チームメイトペヤング先生ことデビッド・クルサードとなる。 シーズン途中からショートホイールベースマシン乗り換えてから安定感が増し、16戦中13戦で完走を果たす。 この年限りでマールボロスポンサーを降り、移籍話が取り沙汰されるも残留する。 この年ランキング5位。

 1997年ウエストスポンサーとなりマシンシルバーアローマシンに変わる。 この年もコンスタントに上位入賞を果たすが、第9戦のイギリスGPではトップを走っていた残り7周でエンジンブロー。 第14戦オーストリアではスタートトップに立つも1周の最終コーナーでまたしてもエンジントラブルストップ。 第15戦ルクセンブルグでは自身初のポールポジションからトップを快走中にまたしてもエンジンブローと初優勝を前にして手の届かないレースが続き、リタイア後の「これもレースだから」「一番大切な事は自分の体が健康である事なんだよ」というコメントがお染みとなってしまう。

 このまままたしても初優勝はお預けかと思われたが最終戦ヨーロッパGP。 チャンピオン争いをしていたミハエル・シューマッハジャックヴィルヌーヴがヘアピンで接触。 シューマッハリタイアし、ヴィルヌーヴは完走狙いにシフトしたものの、タイヤブリスターを作ってしまいペースが上がらない。 
 ハッキネンは最終ラップヴィルヌーヴとチームメイトクルサードを抜き(チームオーダー説もあるが詳細は不明)F1参戦99戦にして悲願の初優勝(※当時、最も遅い初優勝)を飾る。 この年は2勝を挙げたクルサードの後を拝し、この年限りで引退したゲルハルト・ベルガーと同点のランキング6位でシーズンを終える。

ワールドチャンピオン獲得、そし早すぎる引退へ…

 1998年、ここからミハエル・シューマッハとのタイトル争いが始まって行く。 チームは前年の途中にウィリアムズから「鬼才エイドリアンニューウェイが加入し、タイヤブリジストンへとスイッチする。 その効果はすぐに現れて、開幕戦オーストラリアGPではフロントロー独占から、チームメイトクルサードと共に3位以下を周回遅れにするぶっちぎりのワンツーフィニッシュを達成。 するとブラジルスペインGPでもぶっちぎりのワンツーを決め開幕ダッシュに成功。 そしてモナコGPでも初優勝を果たし、ミハエルとのポイント差も22ポイント差まで開く。

 しかし、この後3戦でミハエルが3連勝を決めた事で一気に3ポイント差にまで詰め寄られてしまう。(ミカリタイア・3位・2位) ドイツオーストリアワンツーを再び決めて再びポイント差を開くもハンガリーイタリアGPでミハエルに優勝をさらわれて、ついにポイントで同点に並ばれてしまう。

 しかし、次戦ルクセンブルグでミハエルから鮮やかな逆転勝利を収め、タイトルに王手をかけた状態で最終戦鈴鹿を迎える。 予選ではミハエルの後を拝すも、2回スタートミハエルが痛恨のエンストを喫し最後尾スタートを強いられる。 3回スタート後、ミハエルは最後尾から怒涛の追い上げで3位まで挽回するも、32ホームストレートタイヤバーストリタイア。 ハッキネンはそのまま最後までトップを走り切り、自身初のワールドチャンピオンを優勝で決めた。 この年はシーズン8勝・9PPを挙げコンストラクターズとのダブルタイトルを獲得。 さらにシーズン中にイリヤさんと結婚する。

 1999年タイヤブリヂストンワンメイクとなる。 ハッキネンは開幕戦でPPを取るもマシントラブルリタイア。 第2戦のブラジルシーズン初優勝するも、次戦サンマリノではトップ快走中にまさかの単独クラッシュを喫する。 サンマリノモナコと連勝していたミハエルポイントで先行を許していたが第8戦イギリスミハエルがストウコーナーにてクラッシュを喫し、まさかの折欠場に追い込まれる事となり、もがハッキネンの連覇を信じて疑わなかった。

 しかし、そのイギリスではピットストップで左リアタイヤのナットが締まらないままピットアウトし、タイヤが脱落しリタイア。 次戦、オーストリアではスタート直後のレムコーナーチームメイトクルサードに追突され優勝のチャンスをフイに(最終的に最後尾から3位まで挽回した)。 さらに次戦ドイツでは給油機の故障からタイムロスした後、インフィールド手前でリアタイヤのコンパウンドがいきなり弾けたために大クラッシュを喫し、オーストリアドイツで優勝したフェラーリエディ・アーバインランキングで先行される。 
 ハンガリーでは優勝するもベルギーで再びクルサードスタート直後に接触し、レース中にやる気くしトップを追い詰めることなく2位に終わるが再びポイントリーダーに返り咲いた。 しかし、第13戦イタリアトップ快走中にシフトミスが原因でコースオフリタイア。 この際、自分への不甲斐なさからピットへ帰らずの中で号泣している所を空撮でバッチリ抜かれ映像で全世界に流れてしまう。

 第15戦マレーシアからミハエルレースに復帰。 復帰後即、ぶっちぎりの速さPPを獲り、レースでもアーバインをパーフェクトアシストワンツーフィニッシュ。 一度フェラーリ勢がバーボードの寸法違反で失格になるもリザルトが元通りとなり、アーバインに逆王手をかけられる形で最終戦鈴鹿を迎える。 

 ここでもPPミハエルに奪われハッキネンは2位となるも、スタートであっさり逆転。 そのまま独走で優勝を果たしアーバインを再び逆転。 見事にF1史上7人の2連覇を達成した。 ちなみにこのシーズンPPを11回も取るも優勝は5回に留まった。

 2000年、開幕3連勝を果たしたミハエルに対し、ハッキネンは開幕3戦連続でPPを奪うも、そのうち2戦をマシントラブルで落としてしまう。 サンマリノイギリス2位の後、第5戦のスペインでようやくシーズン初優勝を飾るも、開幕8戦で5勝を挙げたミハエル全に後れを取ってしまう。 おまけレースの合間のプロモーション活動等で精的に疲労困憊となっていた。 これを見たロン・デニス、およびチームは第10戦オーストリアを前にしてチームが休暇を取らせた。

 そしてそのオーストリアで見事ポール・トゥ・ウィンを達成し、その後ハンガリーではスタートで、ベルギーでは終盤の劇的なオーバーテイクでミハエルから鮮やかな逆転優勝をもぎ取り、第9戦フランスから3戦連続ノーポイントを喫していたミハエルとのポイント差をついに逆転する。 
 しかし、第15戦アメリカで痛恨のエンジントラブルから再逆転を許し、次戦鈴鹿では熾な予選のPP争いの末に2位に甘んじるがスタートミハエルを逆転する。 しかし、ピットストップで再逆転を許し、最後まで彼に喰らい付くも逆転はわず、タイトルミハエルに奪われてしまった。 このシーズンは4勝、PP5回、FLは当時シーズン最多の9回を記録した。

 ちなみに第13戦ベルギーミハエルを周回遅れのリカルド・ゾンタと共にぶち抜いたオーバーテイクは「20世紀最高のオーバーテイク」と呼ばれている。

 2001年、開幕戦でサスペンショントラブルからクラッシュを喫すると、ブラジルオーストリアではスタートで動けず、フランスではフォーメーションラップすらも走る事も出来ずにリタイア。 さらに第5戦スペインでは2位ミハエル40の大差を付けていた最終ラップ突入直後にマシントラブルによりストップし優勝を逃すなど、とにかくマシントラブルに泣かされ続けたハッキネンのモチベーションは下がり続けた。 
 本人は引退を決意していたと言われているが、監督ロン・デニスに説得され2002年からの休養をシーズン中に発表。 イギリスアメリカで優勝するも17戦中7度もマシントラブルによりリタイヤを喫し、タイトル争いからは縁遠いシーズンとなってしまった。(ランキングは5位) 結局2002年ドイツGPでF1からの引退を発表した。

 1991年2001年の11年間、出走回数161回、優勝20回、PP26回、FL25回の成績を残す。

  引退後はラリーにスポット参戦したり、DTM(ドイツツーリングカー選手権)に出場していたが2007年を最後にレースからの引退を発表した。

ハッキネンにまつわるエピソード

ミハエル・シューマッハとのライバル関係

90年のマカオから98年~2000年タイトル争いとそのライバル関係は数々の名勝負を生んできた。 それをいくつか紹介しようと思う。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9F%E3%82%AB%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%8D%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ミカ・ハッキネン

1 ななしのよっしん
2016/03/21(月) 01:49:15 ID: QtmVhZIDZ/
イリヤって人とは離婚したんだっけ?
2 ななしのよっしん
2016/04/13(水) 11:55:39 ID: tuEpqOwxOC
最近まで記事がなかったことが意外
3 ななしのよっしん
2016/04/30(土) 01:07:18 ID: 3Fqq2xI1Lx
ガルパンキャラ元ネタの人だから話題性で最近出来たのかと思われ
4 ななしのよっしん
2016/05/30(月) 12:09:52 ID: 9X/sgGzv19
昨日モナコGP見てたらいきなり川井ちゃんのいたブースに乱入してきてワロタ

しかもTwitterの自分のタイムラインではF1見てる人とガルパンBD見てる人がどっちもかなりの数いたからどっちのミカかごっちゃになるってもうねw
5 ななしのよっしん
2017/10/19(木) 19:47:28 ID: W+ZyJXICZB
この人があと何年か現役を続けていたらF1はまだまともになっていたかもしれないねぇ
別にミハエル無双時代が嫌だったわけじゃないけど、出来レース感が否めなかったし、チートマシンさえ作られればそのチーム1強という状況が現在でも変わらないというのがね
6 ななしのよっしん
2017/11/17(金) 22:33:34 ID: wjjPms50GO
もっと惨めな落ちぶれぶりをさらすことになったから今思えば最適のタイミング
7 ななしのよっしん
2018/04/30(月) 15:52:09 ID: DcoSA+02Ps
ボロロータス時代から切れのいい走りを見せていた
シューマッハ悪魔のように速いと言わせたのは伊達じゃない
もしかしたらシューマッハハッキネンっ向勝負では苦しくなるかもしれないと覚悟すら持っていたかもしれない
脆さも感じさせるがハマったらもうも手がつけられないくらい速いのでね
8 ななしのよっしん
2019/03/05(火) 14:35:16 ID: aU/z4flrbz
1999イタリアグランプリで1位だったのにスピンコースアウトしただけでレース放棄したのはなんで?
エンジンは止まったけど、再びエンジンを始動して体勢を立て直してレース続ければ2位や3位はムリでも5位ぐらいにはなったんじゃないか?
9 ななしのよっしん
2019/06/27(木) 17:00:40 ID: JWo+4UV6J8
>>sm35151890exit_nicovideo

また日本ミカさん走るみたいですよ。
www.as-web.jp/sports-car/470101
twitter.com/f1mikahakkinen

急上昇ワード

2019/08/20(火)22時更新