ミサイル単語

ミサイル
  • 11
  • 0pt
掲示板へ

ミサイル(missile)とは、兵器の一種である。

概要

ミサイル

広義には飛び道具全般をであるが、現代ではおおむね誘導装置と推進装置を持つ飛翔体をいう。誘導装置、推進装置、任務/用途によって大まかに区分される。日本語(防衛用)では「誘導弾」という。

誘導装置を持たないロケット弾、推進装置を持たない誘導爆弾はミサイルには含まれない…はずなのだが、運用元によっては推進装置をもたない滑爆弾をミサイルに区分していたり(AGM-114JSOW)、GPS誘導のロケット弾をロケット弾と呼んでいたり(GMLRS)なので、余りこだわる必要はい。ドイツ語ロシア語ではそもそもロケットとミサイルを区別しない。

発射された後は誘導装置が定された標に対して進路を制御、推進装置により飛翔して対に命中(もしくは近接信管による起爆でダメージを与えられるまで接近)する。通常は弾頭部の炸爆発することでダメージを与えるが、一部のキネティック弾頭と呼ばれるものは弾頭部が直撃した際の運動エネルギー自体で対を破壊するよう設計されている。

推進装置

ロケットエンジンもしくはターボジェットエンジンに用いられる。

ロケットエンジンは保管が容易で扱いが簡単な固体燃料ロケットが広く用いられる。液体燃料ロケットは燃料の保管や注入の手間がかかるなどデメリットが多いため、現在では一部の弾道ミサイルに使用されているのみである。

燃焼に際し化剤を積む必要がないターボジェットエンジンは、長距離飛翔する巡航ミサイルや対艦/対地ミサイルに使用される。ただし現状では最大速度ロケットに劣る、化剤(空気)がい高では飛翔できない、コストが高いなどのデメリットがある。

現在も高速度と高燃費をしたラムジェットやダクテッドロケットなどの技術が研究されている。

誘導装置の形式

ミサイルの誘導形式は多岐にわたるが、ここではざっと解説する。

まずは外部からのによる誘導とミサイル自体が標を追尾する形式に分かれる。ミサイルが外部から誘導される場合としては線/有線による直接誘導、慣性航法や地形照合、GPSなどによる事前飛翔経路/標設定が挙げられる。また、ミサイルから送信された情報(画像、レーダー情報)を元に操作員が操作を行うこともある。

ミサイル自体が標を追尾(ホーミング)する方式はおおむね三種類に区分される。

ミサイル自体が標まで勝手に飛んでいってくれるアクティブホーミングやパッシブホーミングは「撃ちっぱなし(fire and forget)」が可になるため、発射する側の生存性向上に有利である。近年の電子装置の小高性化に伴い、そのような撃ちっぱなしを持つミサイルも増えている。
最近ではさらに発射前ロックオン=LOBL(Lock On Before Launch)から、発射後ロックオンLOAL(Lock On After Launch)へと進化しているミサイルも登場している。LOBLの場合、ミサイルが自身のマーカー(あるいは機のレーダー等)で標を捕らえたのちに機から射出されるが、LOALでは発射後、独自、あるいは機からのデータリンク標を追尾することで命中が向上しているものがある。

飛翔形態による区分

弾道ミサイルBM
大気圏外もしくは大気圏上層を弾道飛行するミサイル。非常に高価なため、コストパフォーマンスの面から弾頭に大量破壊兵器を搭載していることがほとんどである。長射程で、射程により短距離弾道弾(SRBM)、中距離弾道弾(IRBM)、大陸弾道弾(ICBM)と区分される。潜水艦発射のものは潜水艦発射弾道弾(SLBM)と呼ぶ。
巡航ミサイルCM
を長距離飛行するミサイル。単に長射程の対地/対艦ミサイルとも言えるが、長距離を飛行するため揚を生むとターボジェットエンジンを備えていることが多く構造上はジェット機に近い。亜音速でちんたら飛んでいるといい的になるため、最近ではステルス化や音速化が進められている。

任務(目標)による区分

対地ミサイル
地上標を破壊するためのミサイル。大都市を一撃で燼に帰すICBMや、肩撃ち式の対戦車ミサイルも広義の対地ミサイルである。
対空ミサイル
中の標(航空機、敵のミサイル)を破壊するためのミサイル。対衛星ミサイルのような特殊なものもある。
対艦ミサイル
艦船を破壊するためのミサイル。洋上で大の艦船を破壊する関係上大で長射程のものが多い。
対潜ミサイル
潜水艦を攻撃するためのミサイル。水中飛翔することはできないので、弾頭部に短魚雷を搭載している。

ミサイルの区分でよく見られる「SAM」「AAM」と言う略語は発射プラットフォームと標を組み合わせたものである。「SAM」は(surface/ship to air)で地上/艦上発射対空ミサイルを、「AAM」はair to air)ミサイルをさす。地(艦)対地(艦)ミサイルはSSM、対地(艦)ミサイルはASMとなる(潜水艦は「underwater」で「U」を用いる)。

大百科に記事のあるミサイル兵器/装備

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ミサイル

100 ななしのよっしん
2019/08/24(土) 17:21:14 ID: 7no5pZU3OE
あのやそれを取り巻く状況が変わって
事実上のミサイル という言葉が聞かれなくなって久しい
101 ななしのよっしん
2019/08/29(木) 13:59:05 ID: Zm1RXjb7Hl
ポリコレ野郎やフェミニストは大体都心なので、テポドン落ちても困らない
102 ななしのよっしん
2019/09/30(月) 17:55:22 ID: zx1QTpO9Ih
Exocetあれ𩹉う意味でしたか…
理の性の訳ですね
103 ななしのよっしん
2019/11/30(土) 13:13:23 ID: QvSI5hnF3L
ミサイル」と呼ぶのは、ジェット推進研究所の場合と同じく当時の米国での「ロケット」のの印が悪かったので
別名を考える必要があったためとの説明を見たことがある。
104 ななしのよっしん
2019/12/24(火) 20:37:50 ID: CSd2virQNq
プリウス
105 ななしのよっしん
2020/01/20(月) 22:04:15 ID: zUrpKThp9k
フィクションミサイルは、やたらと持久は高く・探知範囲は広くいつまでも執拗に追いかけてくる。一方で、やたらと最高速度は低く・旋回半径半径はでかく、いつまでたっても追い付けない
106 ななしのよっしん
2020/01/20(月) 22:25:00 ID: zUrpKThp9k
「現代戦はミサイル撃って終わりだからつまんない」に対する反論が
昔(トップガンとかの頃)は漫画とかでも「ハイテクは意外と信頼性低いから機が必要」みたいにハイテクで全てが片付くわけじゃない的な論調をよくにしたが
いつ頃からか「ミサイルを当てられずに当てるための戦闘技術が必須」「ミサイルミサイルに撃ち落とされる」「や機ハイテクFCSで距離から必中させてくる」みたいにハイテクを駆使するせいで余計に一筋縄じゃいかない的な方にシフトしてきた気がする
107 ななしのよっしん
2020/02/20(木) 00:30:24 ID: gm+NFlvSc4
>>106
今後が気になるね。
中世まで軍のだったのうち現代まで残ったのはだけ。
同様にAIミサイルが闊歩する世界では意外なものが生き延びてるかもしれないね。
108 ななしのよっしん
2020/04/12(日) 16:03:25 ID: 1gfNhNDtR/
ミサイルおっぱい(ボソッ)
109 ななしのよっしん
2020/04/15(水) 14:27:10 ID: w5/T8aw44r
冒頭に、「喩表現としてのミサイル」の追加を提案します。
1.「ミサイルの様に長大で先端部がった形状の物体」2.「ミサイルの様に長射程を飛行し、
物に大打撃を与える物体及び手段」という事になるかと思います。
1.は>>108氏がご提唱の「ミサイルロケットおっぱい」、2.は(故)ジャイアント馬場御大版のドロップキック32ミサイル」が一例だと思います。
概要に関しては、『飛翔体』は本来カタカナ英語ロケットと同様に非軍事的なニュアンスですが、昨今では「ロケットミサイルか、情報不足な段階では不明な人造物」という意味で使われています。
関連項目も含めて追加を提案します(あちら側は投げ遣りなネタ記事ながら、こちらへのリンクられています)。

以上、皆様宜しく合意形成の上で、今後の更新に反映させて頂ければ何よりです。

>>101
東京在住ではないから飛翔体を回避出来ても、今頃は他のモノが命中していないと良いのだが(果てしなく遠い)。

急上昇ワード

2020/05/27(水)01時更新