ミスキャスト単語

ミスキャスト

犠牲は「時」の役を選んだ 分かり安さが売り物の価値だ

Words & Songs Written by HIDE

ミスキャストとは、

  1. 劇やドラマなどでその役に合わない人物に役を割り振ること。
  2. 日本の元競走馬、種である。この記事で記述。
  3. X (現・X Japan)の楽曲Miscast作詞作曲HIDE

 


サンデーサイレンスノースフライトトニービン
としても一時引退に追い込まれたが、現在は再び種で頑っている。

競走馬の一覧

競走馬時代~種牡馬引退まで

は稀代の名リーディンサイアー・サンデーサイレンス
は名マイラーとして名前を刻んだノースフライトという良血である。

デビューしたのは2001年2月と遅かったが、同年の弥生賞で3着に入り、キャリア2戦で皐月賞に出走する。
しかし、同レースではアグネスタキオンの前に6着と敗れる。
その後、ダービートライアルプリンパルステークスを制するものの、ダービーを前に故障してしまい戦線離脱。

その後は条件戦をコツコツ勝っていったものの、重賞にはあと一歩届かず、2005年の鳴尾記念を最後に引退し、種となった。

が、種としてもたいして期待されていなかったのか(サンデー系がたくさんいたのもあるだろうけど)初年度種付け頭数の21頭に始まり、その後も10頭→4頭→2頭と減っていき、2009年の種付けを最後に種引退となる。

まあ、多くのファンは「へー、種やめるんだ、どうせ血統だけでなれてたんだし……」と思っていたかもしれない。
数少ない初年度産駒の中に一粒種がいることに気づくまでは。

21頭から生まれた一粒種

初年度産駒はわずか21頭だったミスキャスト産駒。
さらにいうと、登録されたは13頭であった。
その13頭の中にアラームコール毛のがいた。
そのビートブラックと名付けられ、競走馬としてデビューした。

まあ、これだけ聞いても「ふーん……」としかならないだろう。
ところが、そのビートブラック菊花賞で14番人気ながら3着に走する。
この結果を受けて、ミスキャストは再び種に復帰する。

そして、2012年天皇賞(春)
ビートブラックは再び14番人気走した。
底先行をし、残り1000mからロングパートを見せると、オルフェーヴルが後方でもがく中、そのまま逃げ切りついに重賞制覇。
ミスキャスト産駒の重賞制覇も初、騎手の石橋脩騎手も京都勝利でGI初勝利と、人って初物尽くしのGI制覇となった。

れ、ミスキャスト。
数少ない子供たちの中からこんないいが生まれたのだから、もっと評価されてもいいはずだ。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ミスキャスト

1  
2012/06/30(土) 18:19:08 ID: gL8Fh8BELH
競馬を見始めて最初のクラシックが01年
その前戦だった弥生賞でキャリア1戦、パドックでもキョロキョロ子供っぽい仕が印的だったミスキャスト
アグネスタキオンの強さばかりが立ったが、ぐしょぐしょの不良馬場の中でタキオン意外でただ一頭脚を伸ばしていたのがミスキャストだった
「これは将来すごいになるぞ!」と追いかけだした
初めて好きになった
の中では未だにタキオンジャンポケクロフネ、マンカフェと素質面で劣らなかったということになってるから、ビートブラックに活躍は嬉しかった
2 ななしのよっしん
2017/05/28(日) 13:13:24 ID: a9iGQX+Pe4
ミスキャスティング