ミストバーン単語

ミストバーン

…大魔王さまのお言葉はすべてに優先する…

ミストバーンとは、「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」の登場人物である。
アニメ版の声優難波圭一

概要

魔王軍魔影軍団長(のち魔軍)で、「魔影参謀」の肩書きを持つ大魔王バーンの側近の一人。

魔王軍が結成される以前から大魔王バーンに仕えていた人物で、本人によれば数千年もバーンの側近として彼を守護していたという忠臣でもある。
魔王軍が結成された際に魔影軍団長に任命されハドラーの部下となっているが、ハドラーを呼び捨てにするなど実質上の立場はミストバーンの方が上だともいえる。

「一度口を開いたら以後数年は口を開かない」とまで言われるほど寡黙な人物であり、ヒュンケルに暗闘気を用いた闘法を伝授する際にもど話さなかったといわれている。
しかし、物語が進むにつれて饒舌になり、終盤は「寡黙?何それ?美味しいの?」と言わんがばかりの多弁ぶりを披露するに到っている。
寡黙だった理由はミストバーン本人の正体に関係しているのだが、それについては後述する。

なお、「ミストバーン」とは魔王軍が結成された際に与えられた幹部名であり、本来の名前は「ミスト」である。
また、対極の性格を持つキルバーンとは友人関係にある。

作中3種の形態を見せている為、個別に解説していく。

形態解説

「闇の衣」装備時

大魔王バーンが自らの若さを分離した分離体をで覆い尽くす様な形で隠している状態で、普段はこの姿で活動している。
バーンにより封印が為されており、バーン許可がない限り封印を解く事が許されておらず、ヒムにより追い込まれた時以外は断で封印を解いたことはかったようである。

この姿の時は自身が持つ暗闘気を用いた技を多用する他、自身のを伸させる「ビュートデストリンガー」や生技の「デストリンガーブレード」を得意技としている。
なお、何度かが切断されたりしている事からバーンではないと思われるが、作中にいて詳細な解説は一切されていない。また、時に再生可である。
原理は不明だが、自分に向けて放たれた呪文を増幅して撃ち返すことが可となっている。

物理攻撃が一切効かない体の持ちであり、暗闘気と相反関係にあるの闘気でしかダメージを与える事が出来ないという特徴がある。

なお「闇の衣」という名称はロン・ベルクが用いた喩であり、正式な名称は不明となっている。

バーン分離体憑依時

バーンの封印を解除してバーン分離体に入り込み意のままに操れるようになった状態。
バーンとの大まかな差異としては、がないという点であろうか。

この状態になると圧だけでその場に居た全員叩きつけた上に圧をかけられる程の威があるほか、ヒムのオリハルコンの腕を造作にねじ切るという別次元を有している。
また、分離体に施されている「凍れる時の秘法」の影により、アストロンがかかったまま動けるに等しい状態となっている為、一切の攻撃を受け付けない。ただし、メドローアだけは例外となっている。

バーンの技である「フェニックスウィング」を使用したことがあるが、カラミティエンドなど他の技も同様に扱えるのかどうかは定かではない。
また、バーンが作成したの核晶に爆破を与える事ができることから、魔法も有していると思われるが、彼が作中呪文を使用したことがない為不明となっている。

ミスト本来のではないことと、話す際に分離体の口が開いている点から、バーン帯を用いて話しているものと推測される。(但し、本来ので話す際にも口が動くことから、憑依した者の身体と連動しているものと思われる。)
この為、バーンの秘密を知られる事を懸念して長年寡黙にならざるを得なかったという経歴があり、特にヒュンケルロン・ベルクに対しては警していたようである。
なお、この状態でもミスト本来ので話すことが可となっているが、何故最初からそうしなかったかについては残念ながら定かではなく、闇の衣をっている状態でも本来ので話せるかどうかも不明となっている。

封印しているとはいえ、老バーン以上の戦闘を持つこの体の管理、守護を任されていることからもミストがかなりの忠臣であったことを裏付ける一面となっている。
余談であるが、「ミストバーン」とは「バーン本来の体を隠す」という点から由来している。
もっと短絡的に言えば、「ミスト+バーン=ミストバーン」となる訳である。

ミスト

ミストバーンの本来の姿であり、暗闘気の集合体に意志が宿ったものとなっている。

体を持たない為、一切の物理攻撃が効かないだけでなく、他者の体に入り込み意のままに操る事も可となっている。
しかし、それ故に己を鍛えて強くなることが出来ないという側面を持っており、ハドラーバランをはじめとした強者たちへの羨望から、バーンとは理由が違うものの常に強者への敬意を失わないという性格の持ちである。

バーンに本来の体を返却した後のスペアとしてヒュンケルを鍛えたという経歴があり、ミスト憑依されたヒュンケル戦闘力バーン体に憑依していた時に匹敵するほどといわれていた。
しかし、ヒュンケルの魂に触れた間、魂に蓄積されていたの闘気が開放されにのまれて消滅した。
憑依には、魂を一時的に消される場合と魂を砕かれる場合の2種類があり、後者の場合憑依された者は死んでしまう。

余談であるが、ミストは自分にとってヒュンケルとは武器・具であると返答しているのに対し、アバンは自分にとってヒュンケルとは誇りであると返答している。

マァム憑依体

ミストが自分の懐へ飛び込んできたマァム憑依した姿。

マァム体が持つフルに使える為か、作中でもラーハルト一方的に痛めつけるなど作中のマァムからは想像もつかないほどの強さを見せている。
しかし、それは同時にマァム体を破壊してしまう程のを発揮している事を意味しており、それに気付いたヒュンケルによりアバンの技で彼女を救う事を提案、示している。

ラーハルトから借り受けたの魔を用いて放たれたアバンの虚が命中する寸前に、マァムの身体から脱出してヒュンケル憑依している。

主な技

闘気の集合体であるミストバーンは、自身が持つ暗闘気を用いた技を多く持っている。
ここでは彼の技を列挙、解説する。

闘気
アバン使徒をはじめとする戦士たちが使用する「の闘気」と対極の位置にある闇の闘気。
大魔王バーンをはじめとする魔王軍の戦士たちが使用する闘気で、この闘気で受けたダメージは回復呪文では治らないという特徴を有している。また、騎士の「闘気」も同じ性質を持っているとされている。
ダイの大冒険世界いて、闘気の類は一個の生命を持つ者しか操る事が出来ないが(注1)、ミストバーンや武装フレイザードは自身が闘気そのものである為、例外的に使用可となっている。
なお、暗闘気とは闇の闘気の総称のようなもので、炎の暗闘気は「魔炎気」と呼ばれている(注2)。
闘魔傀儡(とうまくぐつしょう)
から糸状の暗闘気を発して相手を拘束マリオネットのように操る技。
ヒュンケルにも伝授した技であるが、ミストバーンほどの使い手となると相手をねじ切ってしまえる程の威があり、攻撃手段として用いる事の方が多かった。
闘魔滅砕(とうまめっさいじん)
ミストバーンを中心に蜘蛛の巣のような暗闘気によるを発生させ、陣内にいる相手全てに闘魔傀儡をかける技。滅砕とは別に傀儡重複してかけることも可で、重複攻撃を受けたヒュンケルがまるで「トータル・リコール」か何かのような状態になりかける程の威を持っている。
効果範囲が一瞭然となっている事と、アバン流のの技などでを破壊されると消えてしまうという欠点を有している。
ちなみに、最もひどい破り方をしたのはヒムで、一発踏みつけただけで吹き飛ばしていた。
ビュートデストリンガー
ミストバーンのを高速伸させ相手を刺し貫く技。
オリハルコンに次ぐ硬度を持っているはずのの魔を貫くほどの威があるほか、軌を自在に操る事が出来る為、地面に打ち込んで相手の足元から攻撃という使い方も可となっている。
また、刺し貫く以外にも相手を絡め取って締め上げるという使い方が出来るなど、多な攻撃手段を有している。
デストリンガーブレード
ビュートデストリンガーを応用して先を伸して結合させ物を形成する技。
ミストバーンが接近戦を挑む際に用いる技で、ヒュンケルクロコダインを処刑させる為に懐から出したを用いずにこちらを用いた事からかなりの切れ味を誇ると思われるが、作中ではロン・ベルクの顔に十字の傷をつけた程度の活躍しか挙げていない。
闘魔最終(とうまさいしゅうしょう)
に全暗闘気を圧縮するミストバーンのの手。
その威はオリハルコンですら豆腐のように容易く粉砕できるほどであるが、一度しか使用しなかったこともあってか印の薄い技だともいえる。
フェニックスウィング
高速で繰り出される撃で、その圧によりいかなる呪文をも弾き返す防御技(注3)。
元々はバーンの技であるため、バーン分離体に憑依した状態でのみ使用できる。
また、あまりにも高速で繰り出される為に摩擦でに炎を帯びる特徴を持っており、フェニックスの名もここから来ているといわれている。
バーンの技の特徴と同じく予備動作が非常に小さく、即時放つことが可となっているがバーンとの共通点を見抜かれることを懸念してか、ミストバーンはこの技の使用をめている。

ミストバーン語録

寡黙な割には意外と名言の多いミストバーン。ここではその一部を抜、列挙する。

  • 大魔王さまのお言葉はすべてに優先する…
  • …命する……死ね
    お前たちには一片の存在価値もない 大魔王バーン様の大望のを汚すだ…
    …降伏すら許さん死ね!
  • …見たな…!!!
  • 人から人へ成りあがりだけをあてにうろつくドブネズミなど私は絶対に信じぬ!
  • …たまには自分の手足を動かせ…!
  • 私は強体や精を持った者は敵味方問わずに尊敬する
    諸君らの活躍を永遠に心に留めておく事を約束しよう!
  • ……私は…幾千年も前からもともと一人だった!一人でバーン様を守り抜いてきたのだ!!!
  • 人形情がハドラーの生まれ変わりのような顔をするのはっ…身のほどを知らぬにも限度があるっ…!!

関連動画

関連商品

関連コミュニティ 

関連項目

注釈

  1. 厳密に言えばこの設定が為されているのはの闘気のみだが、暗闘気を使用した人物に関してもミストバーンを除けば全て一個の生命を持つ存在となっている。また、闘気に関しても同様となっている。
  2. 闇、炎属性以外の暗闘気があるかどうかは不明。
  3. 呪文を弾く性質を持った何か」で跳ね返しているという説もある。
    そもそも、バーン圧の威が規格外であることも考えに入れる必要がありそうである。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ミストバーン

239 ななしのよっしん
2019/01/20(日) 15:53:34 ID: TNL1E/tj9a
岩城戦のときにヒュンケルを高所から落として殺そうとした。
しかしその後、再び暗闘気を使わせて再洗脳しようとした。
マァムの呼びかけでヒュンケルに返ったら、やっぱり死ねトドメを刺そうとした。
最初のバーン戦後に捕えたヒュンケルに暗闘気の液体を飲ませた。

始末しようとしたり、やっぱり惜しいと思ったりとブレがあるな。
240 ななしのよっしん
2019/01/20(日) 20:01:17 ID: 4jWTfvJg9V
まあそれこそ、本当に使う機会が来るとは思ってない具、とかじゃないの?
色々と手にかけて工夫も凝らしてるから着はあるけど、今すぐ必要なわけじゃないから邪魔なら捨てて作り直せばいいや、位の
241 ななしのよっしん
2019/01/22(火) 13:32:01 ID: RM5219ENwc
フレイザードを見限って殺したのもフレイザード手に入れて
イキってて自らので強くなることを放棄したのも理由の1つなのかな。
242 ななしのよっしん
2019/01/30(水) 06:49:34 ID: RmhNA7gbjZ
一種のラストエリクサー病なんだろうね
正直要らない可性高いが余裕できるとやっぱ確保しときたくなる
243 ななしのよっしん
2019/05/04(土) 22:37:38 ID: bwGMjt9057
>>221
バーンバーンでいくら信用の置けるミストとはいえ他人に現時点の自分よりもはるかに強い体を(しかも常時アストロン状態)預けるって相当な覚悟がいったと思うよ。もしミストが操られたり別のに入れ替わられたりしたらとんでもないことになってしまうわけだし
244 ななしのよっしん
2019/05/04(土) 23:58:52 ID: +b8IIWfMuk
>>243
最悪戦えば勝てる自信はあったんじゃない?呪文で圧倒して。
アストロン状態は任意に解除できるしね。
強制的に取り戻して元の姿に戻れるかもしれない。

絶対の信頼を置いてたというよりはその方がバーン様っぽい気がする。
245 ななしのよっしん
2019/05/06(月) 12:49:33 ID: OVLks2rMLG
呪文に対しては、仮面時なら増幅反射、秘法時ならフェニックスウイングがあるんだよなぁ。どちらもミストじゃなきゃできないかもしれんが。 
バーン様からすれば、信頼どうこう以前に「ミストを利用しなければ、自分の野望成就はない。」ってことじゃないかね。
246 ななしのよっしん
2019/05/12(日) 03:56:54 ID: +lBgXgldm3
例えば煙っぽいものなり、あらゆる呪文に対して反射等が効くかは怪しいから何とも

いざとなれば闘気技も効くしな
247 ななしのよっしん
2019/05/12(日) 04:56:12 ID: 4jWTfvJg9V
まあ、本当にミストバーンが戦うことになった場合、秘法は任意に解除できるわけだから、結局のところミストバーンを乗っ取れるのかどうかって問題じゃね?
バーン自体、大な魔と暗闘気を抱えて老人の体に憑依している、対限定のミストみたいなものとも言えるし。
248 ななしのよっしん
2019/05/16(木) 17:57:42 ID: OVLks2rMLG
秘法解除はできるとしても、体返還の導権がどちらにあるのか、ミスト憑依を強制的に解除できるか、って問題もある。
いずれにせよ、バーンミスト本体に対しダメージを与える手段を持ってるかが焦点になるんじゃないかね。いは秘法のような封印術が効くかどうか。
それがいなら、バーン戦闘力がどれだけ高くても、ミストには(負けないにしても)勝てない。
まあ増幅反射とか「ミストバーン」の・性質に不明な点がある以上、結論はでないだろうけどね。

急上昇ワード