ミドリ(ケムリクサ)単語

ミドリチャン
2.4千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

ミドリ(ケムリクサ)とは、アニメケムリクサ』に登場するキャラクター(?)である。

概要

姉妹が根にしている「輪が付いた電車)」で育てられている、葉っぱケムリクサ)が生える。りん以外の姉妹は「ミドリちゃん」、りんは「ミドリ」、わかばは「ミドリさん」と呼んでいる。

りつが六の壁で枯れかけのミドリの枝を見つけ、ずっと育ててきた。りつはミドリが大好き(というか親バカ)で、ミドリが大きくなるのを楽しみにしている。一般的な植物と同じようにを吸って育つが、生長スピードは非常に速い。の根元に核となる枝があり、それを壊されると止まってしまう。核の枝を使った攻撃はケムリクサよりも威が高い。

りつ及び電車とは一心同体状態で、りつの意思で緑色る根を自在に伸ばしたり動かすことができる。根を通じて遠距離でも会話できるほか、りつは根の上にを出現させ遠くの音も聴くことができる。根の先からを吸い上げて別の根の先に送ることが可で、タンクにを蓄えるために使われる。わかばはタンクにを溜めているときに突如タンクの中から現れた。

線路の上を移動するときは後ろに伸びた根が電車を押し出すように動き、線路がい場所では根を四本足状態にしてのしのし歩く新手の猫バス 姉妹(+わかば)のに欠かせない存在であり、電車ともども家族の一員であり立仲間である。

電車には「1904」のナンバー京都市交通局の局章が付いていることから、広島電鉄路面電車1900車両番号1904、称「かも」がモデルと思われる。広島電鉄車両なのに京都市交通局の局章が付いている理由は、京都市交通局から広島電鉄に移籍した車両で、記念に以前の局章をとどめているため。

_ミドリちゃんはすごいんだにゃ!>∧∧_____└|[][ ][]|

ミドリのケムリクサ

に身体強化や煙を吸い込んで噴き出す、葉の等として姉妹によるアカムシへの攻撃に使われる。

一方でケムリクサによる攻撃を受けたわかばは傷が癒え、わかば自身が使用した際には柱や輪などの機物までもが修復された。橙のケムリクサに残されたりょく考察によると「緑色ケムリクサは大きく私たちの助けになるはず」。わかばく「ユニークな葉の形」、りつく「音もすっごく良い」とのこと。

_綺麗にゃ?綺麗にゃ?>∧∧_____

ミドリの大樹

にそびえるを突くほどの大。りつが六の根を調べたところミドリと同じだと判明した。

電車が通れるほど太い根が中にまでり巡らされ六にも届いているが、ほとんど枯れている。七の入り口の分厚いやその向こうにある大の周囲にはアカギリはなくアカムシもいない。

りょくが近くに大量のがある可性があると考察した「巨大な生きた枝付きのケムリクサ、枯れてても長い幹や根」に合致する。うろに姉妹が生きていくのに十分なほど大量のが溜まっており、どこからか吸い上げているのかが流れ込み続けている。

しかし反対側の壁の向こうは見渡す限りアカギリが広がっており、「い根」から生まれるアカムシが大の根を残に食い荒らす惨状となっている。このままではそう遠くなく場まで「」が侵食してくるのは間違いなく、姉妹たちとわかばはりんの決意に従い安住の地の確保をして「」の破壊のため「」の根元をすことになる。

_ミドリちゃんの方がツヤと音が良いのにゃ!>∧∧_____

真実

この項は、ケムリクサ11話以降のネタバレ成分を多く含んでいます。
問題のい方のみスクロールしてください。

地球人類とは異なる存在である“ワカバ”たちが使用する、未知の技術によって造られた具「ケムリクサ」の一種。状態保全・修復の効果がある。ワカバたちは食事や睡眠にあまり頓着せず、代わりにミドリの葉の煙を吸うことで体の強化をしたり体調を整えたりしている。地球人(の遺体から再生された)りりの感覚だと、ミドリの煙は地球煙草のそれらしい。

ケムリクサ暴走した際にも浸食を止めるためにワカバが使おうとしたが、で地面からの新規発芽を阻されてしまう。進退窮まったワカバは「時間はかかるけどまた会える」「駄だったら好きなことをして楽しく生きて」と言い残してりりを遠くへと逃がし、ひとりの中へ消える。一へと飛ばされながらりりにしたものは、いくつものが生成され、その向こうで緑色高く伸びていくであった。

その後りりワカバ救出のためにを突破するべく、複数のケムリクサを同時使用する荒業で自身の成長と分割を試みる。分割処理が行われる最中、救うべきワカバの居場所を明確にするべく「記憶の葉」を確認していたが、その中で倒れワカバの身体から植物が生えているにしてしまう。ワカバは地面からではなく自身の体内からのミドリの発芽を試み、りりはそれを自覚のないまま撃してしまっていたのである。絶望したりり記憶の葉にロックをかけ、ダイダイに書き残した「ワカバを助ける」という文を塗り潰して「好きに生きて」と書き加えた。

――つまり、七の大ワカバのなれの果てである。りつが見つけたミドリの枝も元は大の一部であったと思われ、ミドリちゃんのところにわかばが現れたのもこれと関係ではない可性が高い。

自主制作版における大樹

に効く葉が生える、を吸い上げる、に可がられているなどは共通だが、こちらは単に「」とだけ呼ばれている。「さいしょのひと」が降り立った地(現在の「村」)に生えていたとされ、このの周囲では赤霧が薄くなる。

エンディング映像において、わかばはこのから生まれたことが示唆されている。

汚い手でに触るんじゃねぇ、このゴミ虫がァ…!!>(◎ω◎)

関連動画

関連静画

関連立体

関連商品

関連チャンネル

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9F%E3%83%89%E3%83%AA%28%E3%82%B1%E3%83%A0%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%82%B5%29
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ミドリ(ケムリクサ)

8 ななしのよっしん
2019/03/29(金) 09:52:56 ID: lsdiTuc5V5
枯れたミドリにどこからか流れ込んでたのも、あれ一部がまで出てたってことなんだろうな
9 ななしのよっしん
2019/03/30(土) 12:03:58 ID: q+EzwHCDu9
根幹の設定がほぼ同じだと考えるなら同人版の「」も元々のわかばが発芽させたものなのかな
10 ななしのよっしん
2019/03/31(日) 11:38:12 ID: UjpLZYxnIZ
>>1
同人りつ姉怖すぎワロタ
11 ななしのよっしん
2019/03/31(日) 23:30:49 ID: TSstUzXUoo
結局、7の大の正体は判明したけれど
みどりちゃんはが多いね。ケムリクサから誕生したのか、それとも大から種が飛んだのか。そもそもなぜ5にいたのか?
12 ななしのよっしん
2019/03/31(日) 23:49:40 ID: UjbvWFzFWI
>>11
ミドリちゃんが居たのは6の端。おそらくはちょうど大ミドリの根が伸びてた方向と思われる。
多分、大ミドリが最後のを振り絞ってりりを逃した方に根を伸ばし逃した本体か、分けされた子供
13 ななしのよっしん
2019/04/04(木) 03:24:44 ID: uypeS+LeX2
最期、ミドリちゃんだけが特に言及もなく消えちゃったのが気になってたけど、ミドリちゃん=大ワカバだと考えるとようやく納得できたぜ。
12.1話裏三姉妹と同時?に大ワカバ復活していたのも納得だし、救われてよかった。
14 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 16:38:53 ID: qsvIW3tHZR
ミドリちゃん擬人化が見られないのは元々かわいいから・・・・?
15 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 22:27:21 ID: iZ/zOj09Nm
全話ようやく見たけど諸先生咲爺論序説を連想した
16 ななしのよっしん
2019/04/24(水) 22:48:53 ID: 2ch7v87b1T
北欧神話バルドルを倒したヤドリギが元ネタだろうね、多分
17 ななしのよっしん
2019/04/25(木) 22:45:10 ID: IDCnA1M+dV
海外感想の所で見たけど七の大のところに見つけ辛いけど白衣が落ちていたんだよね・・・・・・。