ミホシンザン単語

ミホシンザン
3.0千文字の記事
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

の血。

疾風のような差し脚に、20余年の時をえて、偉大なの面が重なった。
ナタの切れ味と評された、あのの、走りっぷりまでしっかり受け継いでいたのか。
ミホシンザンよ、シンザン息子よ、君は、たちに競馬ロマンを教えてくれた。

―JRAヒーロー列伝 No.22 ミホシンザンexit

ミホシンザンとは、1982年まれの日本の元競走馬種牡馬である。
シンザンの最高傑作
名はシンザン好きの馬主さんがこれぞと思うに出会うまでとっておいたとっておきの名前とのこと。
ちなみにミホノブルボンとの共通点は皐月賞であるということだけであり、馬主が同じだったりということはない。 

デビュー~皐月賞:シンザンを継ぐ者

言わずと知れた日本競馬の越えるべきとして君臨した偉大なるシンザンナポリジョオー、タニノムーティエらを輩出したムーティエという血統。
正直、彼が生まれた1982年当時でもすでに古臭さを感じる血統で、その上体も丸っこくて見栄えもしないため評価は低かったのだが
彼の馬主となった氏は何かを感じたらしく、調教師を説得して管理する約束を取り付けこのを購入。前述のとおりのとっておきの名前を付けたほど入れ込んでいた。

膜炎に悩まされ、さらに調教にも手間取りデビュー1月までずれ込んだが初戦を9ぶっちぎりで飾り注を集めると
条件戦スプリングステークスを連勝し敗のまま皐月賞へ。快速サクラユタカオー折でリタイヤ、シンボリこの年の一番シリウスシンボリはゴタゴタで出走できずと有が欠け欠けだったとはいえ
一番人気に推されたのはシンザン息子ということもあったであろう。しかし5ぶっちぎっての圧勝劇で支持に応えてみせる当たり、恐ろしい才を引き継いでいたと言える。
だがこの皐月賞に臨んだ時の体調は最悪で、パドックですっ転びかねないフラフラっぷりだったという。それでも5身ちぎるんだから意味がわからない
右脚をかばって走ったため左前脚を折。ダービーは断念せざるを得なくなった。しかし軽度な折であったため軽く調教しながらに備えることになった。

復帰~5歳春:暗転する運命

折明け初戦はセントライト記念で迎えたが、不良馬場にノメりにノメり倒しろくに走れず5着に敗れてしまう。 気を取り直して京都新聞杯に挑んだがここは大楽勝。良馬場なら負けないことを明し迎えた菊花賞までが降って馬場が渋ったが、回復で稍重まで戻ったため
彼を阻むものはなかった、スダホーク以下を軽くいなしての快勝で二冠達成。

そして、三冠を取れなかった分もシンボリルドルフを打ち負かしてやると挑んだ有馬記念。離された二番人気であり、ルドルフとどこまで戦えるか注された。
しかし結果は4身離されて敗れた。実況も「世界ルドルフ日本のミホシンザンを離す!」なーんていう始末。 
うん、まあ中山が一番得意な皇帝後顧の憂いも考えず全開で突っ走りやがったのが古初体験は辛いよな。というわけで翌年が勝負の年になったのだが
始動戦の日経賞は重馬場でひたすらノメるばかりで6着に敗退。なお悪いことにまた左前脚を折し休養を余儀なくされた。

5歳秋:苦難

競馬には間に合う程度の折だったためトライアルから始動したが、覚醒したサクラユタカオーレコードで爆走するのをに3着。
続く天皇賞(秋)ではサクラユタカオーに様々な不利があるとされ一番人気に推されたがまたもサクラユタカオーレコードで大爆走する中3着。
捲土重来を期したジャパンカップトリプティクやアワウェイリースターといった己より人気した外や一番人気ユタカオーには勝ったが
ジュピターアイランドアレミロードの火の出るような叩き合いをボケっと眺めるような形になり3着。あれ?もしかして
そして有馬記念距離適性やジャパンカップ日本最先着を買われ一番人気に推されたがダイナガリバーはともかくギャロップダイナにも負けて3着。
新馬戦からの付き合いの柴田政人いわく、折した箇所をかばって全を出せていなかったという

6歳春~現在:二冠馬の矜持、そして…

というわけで、休養もなくアメリカジョッキークラブカップへ。柴田政人怒りの逃げ戦術で久々勝利を勝ち取る。続く日経賞では先行してねじせる競馬で圧勝。
天皇賞(春)では圧倒的な支持を受けるが、前走や前々走の反動で体調が悪化しすぎて皐月賞以来の絶不調に陥っていた。(ノ`)アチャ
しかし負けるわけにはゆかぬと柴田政人渾身の内ラチぴったりめ先頭で押し切ろうとしたが、外からニシノライデンが凄まじい勢いで突っ込む。
内外並んだところがゴールであった。しかし彼はなんとかハナぎ切り薄氷の勝利を得た。
体調最悪だったにも関わらず、ここで勝ち切って天皇賞子制覇達成したんだからやっぱり強い。二冠伊達じゃない。
かしこの代償は大きく、レース後の彼は疲労困憊で死にかけであった。そしてそのまま調子は戻らず引退となった。

種牡馬としてはマイシンザンを出したが、生まれるのが10年遅ければ成功したかもと言わざるを得なかった。
そう、トニービンブライアンズタイムサンデーサイレンスといった、90年代競馬を作っていった英才たちが覇を競う時代に突入してしまっていたのだ。
そこにセントサイモン直系で、世界的に先細りなボワルセルの枝をに持ち、もまたセントサイモン直系でプリンスローズの枝であるムーティエという血統では
逆にどうやったらいい成績残せたのか聞きたいレベルの逆だった。
かくして、最高傑作と謳われたミホシンザンも失敗したことにより、日本競馬の越えるべきであったシンザンの直系は絶えた。

種牡馬引退後も功労としてと同じく谷川牧場にて余生を過ごしていた。同様長命であったが、2014年12月4日死亡。32歳。
期待されていたの長寿記録を越えることは出来なかった。 

血統表

シンザン
1961 鹿毛
*ヒンドスタン
1946 黒鹿毛
Bois Roussel Vatout
Plucky Liege
Sonibai Solario
Udaipur
ハヤノボリ
1949 栗毛
ハヤタケ *セフト
飛龍[1]
第五バツカナムビユーチー *トウルソル
ツカナムビユーチー
ナポリジョオー
1975 栗毛
FNo.9-c
*ムーティ
1958 栗毛
Sicambre Prince Bio
Sif
Ballynash Nasrullah
Ballywellbroke
*タイタイ
1969 栃栗毛
Will Somers Tudor Minstrel
*クヰーンスジエスト
Anneiv *ヴィエナ
Singing Sister

クロスNearco5×5(6.25%)、Gainsborough 5×5(6.25%)

主な産駒

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *サイトによって表記ゆれがあるが、ここは「サラブレッド血統書・第1巻」(国立国会図書館デジタルコレクション)exitの記述を優先した。

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9F%E3%83%9B%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B6%E3%83%B3
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ミホシンザン

20 ななしのよっしん
2021/12/04(土) 18:34:51 ID: HCxiZDyllq
>>18
「出てたら負けてた」ってのは相手が競走がかなり高く重馬場も大得意なシリウスシンボリってのもあるだろ
する前は稍重ばっかり走ってたのに敗で圧勝してるぐらいの実持ってるんなんだからどの同世代は相手にならんて
21 ななしのよっしん
2021/12/11(土) 21:26:44 ID: cYs/fvo3Dp
ミホシンザンは5身差の皐月賞ですらサザンフィーバーユタカオーとかで他の側からも言い訳がたくさん見つかるタイプなので…
でもまあアイドル人気は高かったよ
22 ななしのよっしん
2021/12/23(木) 23:00:24 ID: mlmz90mzYl
>>18
シービー程じゃないけど、ルドルフに負けたせいも多分にある。
23 ななしのよっしん
2021/12/23(木) 23:06:48 ID: wdQXb/bhJJ
まぁ、ルドルフが強いのが悪いよ…ミホシンザン同期もちゃんと実ある
何回やっても勝てるビジョンが浮かんで来ないのはミホシンザン側に落ち度は全くない
24 ななしのよっしん
2021/12/29(水) 02:08:46 ID: OoKVOxPiT5
シービーはルドルフに負けた原因は蹄が悪いからって言い訳が通ってるけど、
ミホシンザンも「怪しやすい体質だから」って言い訳はできないのかな?

実際、怪を恐れて本気で走れなかったって柴田ジョッキーが言ってるし
25 ななしのよっしん
2021/12/30(木) 20:14:43 ID: HCxiZDyllq
クラシック競走に拘って発揮できなくなった好例だわな
26 ななしのよっしん
2022/01/03(月) 19:09:57 ID: OoKVOxPiT5
>>25
3歳時と5歳時の強さを見れば、
4歳時は全に棒に振るってる
それでも3着にくるのは実の高さを示してはいると思うけど、日経賞パフォーマンスから有馬記念は取れたんじゃないかなと思ってしまう
27 ななしのよっしん
2022/01/09(日) 17:58:06 ID: eNJOp1uy/k
>>25
柴田騎手の話しによれば古になったからのケガで
しばらく走る意欲自体が減退していたみたいだし
ソコはあんまり関係ないと思う

近い例としてはナリタブライアンみたいな感じじゃねえかな
28 ななしのよっしん
2022/02/12(土) 12:34:18 ID: k3sSkkHlF1
に怪明けの不良、重の戦績だけ見て馬場ばかりが弱点として取り上げられるけどこのの弱点はどう考えても脚
トウカイテイオーみたいに脚が悪くてもなりに走ってれば絶対3冠取れたと違って、ミホシンザンダービー出たら馬場が何だろうと勝ってただろうけど、この足ではそこから菊に向かうのは不可能だったと思う
だから脚がどうにかならん限りifるのは難しい。どのみち二冠
29 ななしのよっしん
2022/02/14(月) 20:48:12 ID: OoKVOxPiT5
日経賞ダイナガリバー相手に
5身千切ったパフォーマンス
らしかったが、その後すぐに
反動が出てしまい、結果的に
競争喪失につながってしまった

万全なら1986年有馬は取れてたと思うが…