ミヤコ(ミストレ)単語

ミヤコ
5.1千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ミヤコ(ミストレ)とは、ブラウザゲームミストトレインガールズ』に登場するトレインナイトの一人である。CV:未開 絵:ねこ鳴都

概要

人の体と、人間の心を併せ持つ人形

2022年2月15日より開始されたイベント『ベイクドドール食いしん坊』にて実装されたメトロニシキ出身のトレインナイト。初登場時はNPCであったが後に正式実装されてプレイアブル化した。生えている獣耳黒猫のように見えるが実際は狐耳らしい。実装較的新しめのため、メインクエストに登場するのは二部に入ってからと遅めだが、ガチャから排出されるので入手自体は期に可。性格は物静かで礼儀正しく、の長と相まって大和撫子を彷彿させる。戦闘では会得した呪術を使って戦う他、手先が器用なので人形用の衣装自作する事もある。軍に入る前は人形衣装を作る仕立て屋の職に就いていたんだとか。同じニシキ獣人であり趣味も似通っているヨシノとは仲が良い。トレインナイトの名前名をそのまま使用しているのだがミヤコのみ非常にしい例外であり、その元ネタについて多くの憶測が飛び交った。名前の由来は京都駅とされている。

地下世界イリスメトロメトロニシキ鉄道軍に所属する呪術師で、連合軍に出向してからは特殊部隊(通称ヴェルサイユ隊)の副隊長を務め、何かと失態が多いヴェルサイユを横からサポートするしっかり者。ヴェルサイユ隊は各鉄道軍から集められた優秀な軍人で構成されており、ミヤコも優秀な存在だと言える。メアリーは「ミヤコヴェルサイユほどの実者がイリスクラウドにいたとしたら、連合軍が絶対に見過ごすはずがない」「あの二人はまだ本気を見せていないけど、かなり強い」と、イズリントンは「ミヤコちゃんのほうもかなりの呪術師だね。二代モアマヅに匹敵するかも」と評し、ヴィヴィアンからは「あのミヤコって子もけっこう切れ者よね。ヴェルサイユの後ろに隠れているイメージだったけど、必要なときはちゃんと前に出てくるし、言うことも的確」と評されている。古一週間閉じ込められた時も全く取り乱さず冷静さを貫き、結界呪術を利用して魔物がうろつく危険な千本鳥居の中を生き延びるといった人間離れした精も持つ。魔力を探知するにも長ける。

地下世界悪なモンスターを吐き出すメトロホール内部を敵と戦いながら調して情報収集する役割を担っていた。メインクエストでは侵入が容易ではない連合軍の駐屯地に特殊な呪術を使って入り込んだり、認識阻呪術で姿を隠したり、強過ぎる呪術によって訓練場の仮想敵が「ハードコアモード」で多数起動するなど呪術使いとして一線を画す存在。彼女が扱う呪術ニシキの民との相性が特に良く、ヨシノから痛みを吸い取る描写もある。メトロニシキ鉄道軍の中でも折りの呪術師であるため、難しい任務のたびにメトロニシキに呼び戻されている。

メトロニシキにはどんな人形でも引き取ってくれる、人形好きの女人が住む「屋敷」があった。元々ミヤコ人間であったが沢山の人形とともに「屋敷」に捨てられ、その際に人形化の呪いを掛けられて自分を人形と思い込んでいたため、何日もの間に曝され続けていた。「屋敷」の人は生人形ミヤビに世話を命じ、ミヤコ名前を与えた。しかしその女人の正体は魔物であり、皮な事にミヤコ魔物に命を救われ、魔物母親代わりとなって育てられたのである。人はミヤコに多くの呪術を教えたが、その中には禁術も含まれていて後に危険性を摘されている。しかし体は人間のままなので食べ物を与えられないまま体は衰弱していく。そんな中、人間だと気付いたミヤビ呪いを解き、餓死寸前のところで屋敷の外へ出してくれた。ミヤビく「あんたはとても強いを持っているのよ。そのがあれば、たくさんと人と人形を救うことができる」との事。続いて「人間愛して。人間を守って。あなたのを、人間のために使いなさい。」と最後の言いつけを残し、他の人形と暴れてミヤコが脱出するまでの時間稼ぎを行った。しかし人形だと思っていたミヤコにとって突然外に出されても何をすれば良いのか皆見当が付かなかった。やがて「屋敷」は濃い呪術に覆われ、最上級の危険地帯に定されて連合軍でさえ対処できない魔と化した。

その後、ヤエという有名な人形師の世話になり、糸とハサミを授かって古い人形のお世話をする仕事に従事する傍ら人間らしい生き方を学んだ。それでも人間性がまだ欠落しているらしく「人の言ってることを理解しない」「恐怖心がい」とよく言われる。その代わり物言わぬ人形と会話したり感情を読み取る事が出来る。と現在行方不明になったヤエとミヤビを見つけ出す事を的としている。

メインクエストでは

メインクエスト第二部第1章『イリスメトロ編』にて初登場(シルエットだけなら第一部第18章『巨大攻略編』のエピローグに登場している)。ヴェルサイユと一緒に『イリスメトロ編』の導入部を担う。

イリスメトロを蝕むメトロホールからの悪なモンスターに対抗及び地下世界を照らす球の異常を解決するため、預言書に従って地上世界イリスクラウドから神子を連れて来る的でヴェルサイユ隊はメトロホールに入った。しかしその過程で7名が行方不明になり、イリスクラウドに辿り着けたのはヴェルサイユとミヤコの2名だけだった。彼女らは神子めて連合軍の駐屯地に侵入、そこで特隊と一着があった末に戦錬磨の騎士メアリーによって捕縛される。2人は自らの素性を明かし、地下世界イリスメトロの存在と自分たちの使命を打ち明ける。それと時同じくして駐屯地の近くにメトロホールが現れ、「ホールが現れた以上イリスメトロだけの問題ではない」としてが決断した事で本格的な調を開始。重要参考人としてミヤコヴェルサイユも同行する。

辿り着いた先のイリスメトロでは地下世界での戦闘に慣れていない特隊を率先して支援。常闇の王がもたらす「」の中ですら頼もしい歩みを見せたった二人でメトロホールを突破してきた事が真実であるとに確信させた。暗闇ではパディントン記憶が使えないのでミヤコの高い記憶がその代役を務めてミストトレインまでの退路を把握。一帯に「」をもたらし球の異常を引き起こしていた常闇の王を特隊と共同で討ち取り、イリスメトロの住人から歓呼ので迎えられた。ひとまず球の異常を解決したものの、今度は巨大の近くにの古が現れたため、特隊と別れてそちらの調に赴いた。この事件がきっかけでメトロホールの調が行われ、メトロ内のメトロホールが地上に繋がっている事が判明。イリスクラウド連合軍が地下世界へ介入する運びとなった。

第2章『メトロセントイリス編』では特隊が地上に戻った後、ヴェルサイユとミヤコは突如現れた古の調に向かったが、内部に閉じ込められてしまう。調開始から既に一週間が経つも未だが発生し続け、いくら倒してもミストモンスターは際限なく出現。加えて各球で相次いで異常が観測され々に特隊へ協要請を出す羽になった。乏しい食糧と雨水で耐えぐ中、ようやく特隊の救援が到着して窮地を脱出。しかしすぐさまメトロニシキ鉄道軍との合流を命じられてヴェルサイユや特隊と別行動を取る事に。古を後にしたミヤコは後方部隊と合流してメトロ連合軍の駐屯地へと向かった。

第3章『メトロニシキ』編では、別行動中のミヤコ行方不明になったとメトロニシキ鉄道軍から連絡が入り、メトロセントイリスに駐留していた特隊が捜索活動を開始。大きな結界がある山に千本鳥居が現れ、そこに各地で行方不明になった子供が一斉に見つかる怪事件が発生。部隊が後退する際に単身引き返して調に向かってしまったのだと言う。千本鳥居のある山に到着した特隊は速おぞましいほどの魔力と相対する。くても危険な山だとヨシノは評し、メトロニシキ鉄道軍がミヤコほどの優秀な人材を失ってでも捜索中止を決断するなど恐ろしい場所であった。迷路のように筋が捻じ曲がる千本鳥居、嫌な魔力が渦巻く間、悪なミストモンスター跋扈と死が至る所で転がる中、ミヤコ鳥居に掛けられた結界呪術を利用して魔物から逃れており、事特隊と合流。いつの間にかヨシノに掛けられた呪いを自らの体に移して治療すると、呪いを解く方法と子供たちを誘拐した黒幕を捕まえるためミヤコった結界呪術を解いた間、お面をかぶったニシキ人形が溢れる洞窟へと飛ばされた。ここで「流し」に使われている雛人形行方不明になった子供の数が同一という事に気付き、関連性を見出すミヤコ。もはやメトロニシキ鉄道軍だけでは手に負えない大事件だと判断し、特隊へ正式に協要請が出された。ミヤコの推理は続き、犯人は違う考え方を持った2人以上の存在だと睨む。そんな中、に導かれたヨシノが呪いに満ちたたまりの中に飛び込む。呪いを受けても傷で済むミヤコのみが救助に向かい水中へと入った。そして地獄のような場所に流れ着いた2人は面をかぶった少女に山頂へ向かうよう促され、千本鳥居の場所に飛ばされて特隊と再合流。黒い人形に導かれて遂に山頂に到達する。ミヤコの推測通り犯人は考え方が違う2人…子供を守ろうとした山のを成そうとした存在がいて、既に前者はミストモンスターと化していて意思の疎通は不可能だった。子供を守ってくれた事に感謝しつつも特隊は山のを倒して再び眠りに就かせた。黒い鳥居の先にはを成そうとした存在、ミヤコとの因縁が深い「屋敷」とその人、生人形が待っていた。人の暴走を止めるためミヤコは単身黒い鳥居をくぐる事を決意。ヨシノや特隊の面々に別れを告げて邪念に包まれた先をした。

第4章『人形屋敷編』ではついに実質主人公となる。たった一人で「屋敷」に向かったミヤコを救うべく特隊やメトロ連合軍は救出の手段を検討するも、危険度を差し引いても徒歩では「屋敷」には近づけない魔の場所であった。このため元レジスタンスユウゼンのを借りて山頂から黒い鳥居を通って「屋敷」へ向かう事に。「屋敷」の人が仕掛けた呪いをどうにか退け、何とか敷地内に侵入する。するヨシノが持っていた黒い人形がり出しユウゼンともども何処かに消えた。幸運にも時置かずして2人は眠っていたミヤコを発見。ユウゼンが置いてきた式によって特隊の面々や事合流した。しかし今の「屋敷」は人の呪術によって迷宮と化しており、おいそれと人のもとへは辿り着けないようになっていた。それでも屋敷の人形たちはミヤコの帰還を喜んでくれたが人形たちも人の呪術で半魔物化していて余命幾ばくもい状態だった。またで屋敷内の人形ミストモンスターと化しており、図らずもミヤコは自分の友達と戦い続けなければならなかった。再び現れた面の少女は「ご人様を救えるのはあなただけ。ミヤコがいなければ『屋敷』の呪いを解くことはできない」とり、自身を初代ユウゼンが作った生人形ミヤビだと名乗った。だがの前にいるミヤビであり本体は別の場所にいるのだという。そして、ミヤビを与えて使役しているのは恩人であるヤエだった。ミヤビの導きにより人の部屋に辿り着き、いよいよ元屋敷の人と対峙。魔物人は何度倒しても起き上がってきたが、ミヤコの説得により人の姿を取り戻し、ミヤコ呪術によって手厚く葬られた。の消滅とともに発動する最後のをも突破して帰還。代わりの人と代わりのミヤビと会えて感極まったのかミヤコからが流れるが、人間らしい感情が乏しい彼女は何故泣いているのか理解できなかった。こうして例を見ない難事件は解決へと至ったのだった。屋敷の一件が終息した後、ミヤコユウゼンに付いて回って技術を磨いた。

しばらく出番がかったが、『シモアマヅの岩戸編』で再登場。呪いを受けて岩戸で療養中のヨシノを迎えに行くため特隊と同行した。インフレ化の波に巻き込まれ、初代シモアマヅが仕掛ける高度な呪術に全く対応・解析できず、ユウゼンのもとで修業したミヤコですら驚嘆のを上げる事しか出来なかった。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9F%E3%83%A4%E3%82%B3%28%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%29
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ミヤコ(ミストレ)

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ミヤコ(ミストレ)についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!