ミリンダ=ブランティーニ単語

ミリンダブランティーニ
6.3千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ミリンダ=ブランティーニは、ライトノベルヘヴィーオブジェクト』にとうじょうするキャラクターである。

CV鈴木絵理

概要

『正統王』第37機動整備大隊に所属する『エリート』(パイロット)。階級は中尉。搭乗機は「ベイビーマグナム」。
クウェンサー達や作者読者からはど「」という称で呼ばれている。

年齢14歳身長155cm、体重39kg。スリーサイズはB79,W56,H80。
特徴は肩までかかる金髪に色素の薄い眼。この淡い色の瞳は『エリート』として進化したであり、オブジェクト操縦時に発する微弱な赤外線レーザーで眼球の色素が薄まったことによる。

エリート』はそれぞれ専用のオブジェクトしか操れない為、ベイビーマグナムとは一心同体の関係。
しかしベイビーマグナムは時代遅れの第一世代であり、次々と投入される新(第二世代)にスペックで大きく劣っている。そのためお様は作中でも苦戦するシーンが多く、常に敗北と隣り合わせの環境に立たされている。
ただし彼女量がいという訳ではく、第7巻『七〇の支配者』では『資本企業』のオブジェクト2機を立て続けに沈めるという活躍を見せた。

この世界での「クリーン戦争」は、オブジェクト同士の戦闘の結果が部隊の勝敗に直結する。つまり『エリート』の敗北がそのまま部隊の敗北に繋がるわけである。ミリンダは心の中で他の兵達を「自分が守ってやってる」と見下していたが、同時に他のオブジェクトが発展していく中で戦闘に不安を抱えていた。
しかしアラスカでのウォータートライダー戦の際、クウェンサーからかけて貰った言葉で考えをめ、同時に自身を窮地から救ってみせたクウェンサーを意識するようになった。

好待遇もそうだが、お様のコンディションはすなわち部隊の安否に直結するため、彼女の周りには護衛や諜報部隊が常に何人か待機している。

人物

クウェンサーとは友達で、アラスカ戦線から続く縁。メル友でもある。

クウェンサー心を抱いており、時に“泥酔した爆乳上官”とクウェンサーを取り合ったり、“おほほ”とクウェンサーを賭けて勝負したり、彼を巡って気苦労が絶えない日々を過ごしている。
なお、当のクウェンサー鈍感のため内に秘めた心に気付かず、お様すら「セクハラ」の対にしている。

バスルームや寝室よりもベイビーマグナムのコックピットの方がリラックスできるらしい。
恐らくはベイビーマグナムのコックピットが下手な個室よりも快適な環境だからだろうが、戦場で緊しない為の「刷り込み」があった可性も示唆されている。

コラボ小説のあとがきによると、キャラ造形はあえて作者流(巨乳だったりロリだったり)から外したデザインにしたとの事。
エリートの特殊スーツデザインは凪良氏の訂案が採用された。

『エリート』のひらがな台詞

台詞平仮名で表記される。ただし全て平仮名なのではなく、漢字を少しだけ混ぜるのがポイント
この法則は、漢字の画数が原作では6画、コミカライズでは7画以上の物がひらがなになる様である。
ただし「6画以上の漢字とそれ以下の漢字が混ざった単」の場合はその限りではない。
様だけではなく、『エリート』にカテゴライズされる者は全てこの法則に従って喋る。少し読みづらいかもしれない。

元々お様はあまり喋らない方ではあるが、台詞量がメインヒロインの割に少ない。HOは基本的に短編形式であるため、章ごとにスポットが当たるキャラが変更される事も一因している。

ちなみに台詞は男であろうがひらがな。緊感が削がれる事この上い。

ベイビーマグナム

BABY MAGNUM
ベイビーマグナム
所属 正統王:第37機動整備大隊
設計者 クレアホイスト
エリート ミリンダ=ブランティーニ
分類 総合マルチロール第一世代
用途 戦場抑圧用兵器
全長 75m(最大展開時)
装甲 2センチ×500層(不純物含む)
最高時速 530km
仕様 電気レーザー推進システム
兵装 :回転アーム式兵装×7
レーザーコイルガン
メインカラー ホワイト

正統王が開発した第一世代「総合マルチロールオブジェクト」。
操縦士エリートはミリンダ=ブランティーニ。

サイズは本体が50mと均的だが、身含む全長は75mとオブジェクトの中では割と小さい方。

球状の本体から伸びるメイン・アーム7本にレーザー、下位安定式プラズマレールガン、高出レーザービームコイルガンアニメ版のみ)などの巨を接続しており、いずれも対オブジェクト用に底した高火力を持たせている。
大・小100門からなるを全身にビッシリと装備した「の塊」である。

七つのは3種類の方式のを別々で撃てるよう設計されている。
に聞こえるが、逆に言えば「次々と台頭する新オブジェクトを一撃で破壊し得るという自信のさが設計に表れた結果」という見方も出来るだろう。

推進はシャトル等に使われるレーザー推進及び静電気の応用。
特殊な反発剤を周囲に撒いて静電気を発生させ、そこに高出レーザーを照射・乱反射させ空気の急速膨で推進する仕組み。
そのため反発剤を散布出来ない上では別途フロートを装着する必要がある。

モニタセンサーカメラとの連動式。エリート300以上ものウインドウを緻密にで追っていかねばならない。
操縦系統は、通常のエリートの眼球の動きを読み取る(赤外線)以外に、メインにもサブにもなるキーボード戦闘機の操縦形式などが存在する。これは機体の操縦を複雑化させる事に他ならないが、システムに不備があった場合に備えているためである。

2巻「採用戦争」でコックピットマッサージチェアや小冷蔵庫電子レンジ等が追加された。
上述した通り、現代の戦争ではオブジェクトの勝敗が全てを決するため、それを操縦するエリートのコンディションには軍も細心の注意を払っている。ゲームなんかもある模様。

例えばコラボ小説とある魔術のヘヴィーな座敷童が簡単な殺人妃の婚活事情』ではクウェンサーヘイヴィア上条たちが北欧世界に飛ばされて必死になっている中、もっとも快適な環境に居たのは実はベイビーマグナムから出られなくなったミリンダであったという。

立体化

ガンダムADVANCE OF Ζ)で有名な氏を中心に、電撃ホビーWEB上で立体化企画が始動。

完成サイズは1/144との事。
ソラリュウ氏は当時「オブジェクト並にでかい某ガンダム」の1/400模型を作成予定だったはずだが、リソースをベイビーマグナムに割いてくれている。

完成品は『電撃文庫 の祭典2015』や『ヘヴィーオブジェクト&とあるシリーズショップ@渋谷マルイ』にて展示された。

戦績

本編での対オブジェクトの戦績一覧

先述通りベイビーマグナムは万の第一世代だが、対オブジェクトに特化した第二世代相手には不利。お様はスペックで第一世代に勝る第二世代相手に、かなり善戦している事が分かる。

VS 『穢れなき真実の剣持つ「白き」女王』

コラボ小説『とある魔術のヘヴィーな座敷童が簡単な殺人妃の婚活事情』にも参戦している。

今作では同作者の別シリーズ未踏召喚://ブラッドサイン』のラスボスメインヒロイン穢れなき真実剣持つ「き」女王《Iu・nu・fb・a・wuh・ei・kx・eu・pl・vjz》』と戦った。
通称:女王, 陛下格級のさらに先にある秘の存在「未踏級」の頂点に立つ最強(・狂)の少女である。

闘争テュールは因果運命を操作し、“お様達が絶対に勝てる”という状況を作りだす。普通ならば発動した時点で全ての因果は「勝利」に収束していく。事実、おほほのラッシュもそれで雪女敗北していた。

しかしテュールの因果運命操作も「女王」には影せず、ベイビーマグナムだけは絶対勝利の恩恵を受けられずに陛下に破壊寸前まで追い込まれていた。
打開策を講じたインデックスが『幻想殺し』を持つ上条当麻に、陛下愛しの召喚士「あにうえ(恭介)」の防護円を破壊させようとしたため、陛下興味は一上条達に移った。

未ブラ本編ですら惑星規模の人工霊場の副作用で因果がめられ、その末に“ある少女”の願いをえた者が世界変させた中で「女王」だけは世界変の影を受けなかったので、至極当然の結果ではあったのだが…。

なお、地味にこれは池作品のメインヒロイン同士の戦闘であり、互いに科学魔術の極致、対極の存在と言える。作者デザイン陛下インデックスみたいい子で、逆を行くデザインがおでもある。(あとがき)
そしてこの小説ヘヴィーオブジェクトアニメ放映一ヶ前にガンガンで連載・漫画化されている。何も知らない者からすると、人間大のツインテ少女に巨大兵器ボコボコにされている構図でしかない。

関連動画

ミリンダ=ブランティーニに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連静画

関連商品

原作表紙

漫画表紙

関連項目

長篇シリーズのメインヒロイン

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%80%3D%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ミリンダ=ブランティーニ

15 ななしのよっしん
2015/11/10(火) 00:12:04 ID: q2n0OeY6VV
様はかわいい 
しかしベイビーマグナムたんの方がかわいい
16 ななしのよっしん
2015/11/12(木) 20:09:45 ID: rwtZuWMav4
イカされた女
17 ななしのよっしん
2015/12/21(月) 17:54:43 ID: JeVN8aghxK
その身のオブジェクト普通ならお尻を注させればいいじゃない!


アニメだと出番多めって聞いたが
18 ななしのよっしん
2016/02/01(月) 17:54:18 ID: zpt+1tRZj/
ベイビーマグナム落ちの第一世代であり

この説明は悪意があるような…機体を構成するパーツ
常にアップデートされてるし、純スペック値も第二世代とべて
極端に劣っている訳でもないから少なくとも『落ち』ではないぞ。

第一世代と第二世代の違いは飽く『運用思想』の違いだから
使われている技術準自体は同じで性も似通ってる。
ただ『戦場特化』や『運用特化』で生じる設計上の余裕の差が
単純明快な戦果に現れているというだけでしかない。
19 ななしのよっしん
2016/02/01(月) 18:56:03 ID: qeq8bKGmhF
ザクIIグフみたいなもんか?
使ってる技術に差はないけど、戦場への最適化で優位性を出すってことで。
20 ななしのよっしん
2016/02/08(月) 17:25:31 ID: zpt+1tRZj/
>>19
そんな感じだね、明確に『落ち』なら態々第一線で使う意味がい。
というかオブジェクト本体の構造的に落ちになるいんだよ。
21 ななしのよっしん
2016/02/22(月) 21:59:28 ID: zpt+1tRZj/
このヘヴィーオブジェクト世界は『最新鋭兵器一騎打ち』が前提だから特別な理由がい限り
落ち兵器に出る幕はないんだよね…ハイローミックス運用が前提の現実軍隊ならもさ。

汎用の第一世代が運用されてるのは劇中でもあるように
『戦が足りてないとこへ派遣』する為なんだろうね。
二世代は基本的に『性を発揮するのに戦場を選ぶ』設計思想だから
適時追加戦として世界中何処でも戦える第一世代は必要なんだろう。

そもそも落ちって『ネェル・アーガマで運用されるガンダムマークⅡ』辺りか?
22 ななしのよっしん
2016/04/05(火) 11:09:00 ID: b9UYhdbm0M
ラスボスだったとはたまげたなぁ
23 ななしのよっしん
2016/10/25(火) 14:57:05 ID: ZEJuMHXUA6
baby magnum、37、7連装、正統王=伝統系
S&Wの匂いがする
24 ななしのよっしん
2020/04/13(月) 09:54:09 ID: gPoCmc9JHm
様の記事のはずなのに女王に関する概要ガッツリ書き込まれていて
やっぱり陛下ってすげぇわ

急上昇ワード改

大百科GPチャンピオンシップ

”王者級”超クオリティ記事はコチラ!

活字中毒 岐阜タンメン Suica Oculus Quest またキテレツじゃねぇか!