ミルトン・フリードマン単語

ミルトンフリードマン
5.2千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ミルトン・フリードマン(Milton Friedman、1912〜2006)とは、アメリカ経済学者である。シカゴ。マネタリスト

概要

フリードマンのキャリア

フリードマンボンボンケインズと違って貧しいユダヤ移民系であり、そのサクセスストーリーは典的なアメリカドリームの具現でもある。

フリードマンオーストリア移民の両から4人兄弟の末子としてニューヨークブルックリン地区で誕生した。両仕事は上手くいかず、収入はわずかで生活は常に不安定であった。父親ミルトン高校生のときに亡くなり庭になってしまう。それでも家族全員支援と本人のアルバイトそれに奨学金を加えて大学へ進学する。時は1932年、世は大恐慌の最中であった。その後シカゴ大学へ移り経済学の猛勉強をこなす。シカゴ時代には後の妻となるローズディレクターと知り合っている。

卒業後は大学研究機関を経てクズネッツとの共同研究に没頭。計量経済学と呼ばれたクズネッツの下、独自の経済統計ツールを開発に成功した。この業績を彼本人は「数理統計学者としてのは疑問の余地なく1945年の"VEデー"に頂点に達した」と述べている。VEとはヴィクトリー・インヨーロッパ、つまり二次世界大戦の終了の日をしている。

1946年フリードマンシカゴ大学から講義の依頼を受け、これ以降シカゴ大学は彼の終生の拠点となった。それから研究論文を沢山出版して有名に、ノーベル経済学賞受賞をもってその名は全世界へと広まる。

のレーガン大統領、英のサッチャー首相イスラエルリクード政権、中国共産党への政策提言など、そのは圧倒的であり世界に与えたという観点だけで言えばケインズと並んで20世紀最高峰の経済学者となった。

2006年死去。実は結構最近の人である。

フリードマンの経済思想

その思想の本質は「底的なリベラル自由市場至上義(リバタリアニズム」である。フリードマンは一切の政府経済への介入を許さずレッセフェー仏語自由放任)を追求した。

その思想を分かり易く表現する、「資本主義自由」においてフリードマンが撤すべきとする14の要項を見てみよう。

フリードマンは次の14個をした。( )内は編集注。

  1. 農業補助
  2. 関税の撤(→TPPがこれ)
  3. 最低
  4. 企業に対する規制の撤
  5. 政府による電波割当の
  6. 年金
  7. 職業免許止(医者なども含む
  8. 教育バウチャーの導入(立と私立のによる差別化を止める)
  9. 郵政民営化(日本小泉政権の下で達成)
  10. 負の所得税の導入。
  11. 時の徴兵制止(日本では達成)
  12. 住宅補助
  13. 国立公園
  14. 有料道路止(→日本では民主党がやろうとしたけど失敗)

この他に、義務教育止、ドラッグ自由化、売自由化、人種差別法に参加しない自由などを提唱。 これだけ見てもいかにフリードマン政府を怪しみ、市場システムを信頼していたかが理解できるだろう。

フリードマンの思想は「人間自由」に最高の優先度を与えたため、市場を不全として政府の介入を行うケインズ経済学とはっ向から対立し学と学同士がぶつかり合う大論争となった。それ故フリードマンは強な信奉者を得るとともにケインズの批難にもさらされることになる。

 

マネタリズム

フリードマン唱したマネタリズムとは良好な経済を形成するためには貨幣供給を行う中央銀行の役割を重視する考えのことである。中央銀行日本では日本銀行アメリカではFRB(連邦準備制度理事会)が存在する。

なんか難しそうだけど、要するに「通貨供給量が増えれば物価は上昇しインフレになる。供給量が減れば物価は下がりデフレになる」というだけの話だ。例えば、

A「日本が借でやばいって? じゃあ政府お金一杯刷ればいいじゃないw」
B「ばか、そんなことしたらインフレが起きて物価がジンバブエみたいにヤバいことになるだろ」

この会話のBはマネタリストと言える。

フリードマン1930年代の大恐慌に対して、その原因はFRBの策にあると結論していた。当時のアメリカは供給過多のデフレ状態であった(ちなみに現在日本デフレ不況である)。そんな時には中央銀行貨幣流通量を増やしてデフレを解消すべき、とフリードマンは述べたのだ。

しかし、その時期の経済学会はケインズ義に忠実であったため、通貨(マネー)が経済活動に与えるを軽視していたのだった。ケインズ経済を管理する為の融政策、すなわち通貨供給量の効果を期待できないとしていた。問題はインフレにある。ケインズ義者たちはインフレ貨幣流通量とはほとんど関係だと考えたのだ。

それに対抗しフリードマンはこう述べる。

「マネー・マターズ(問題はにある)」

フリードマンによれば、通貨供給は気循環とインフレーションにおける最大の決定要因であり、それは経済政策のもっとも有効なツールである。中央銀行は安定して安定的な貨幣供給を保障し、一定のペース貨幣通貨量を増やすことによってのみ経済成長を実現できる。

このフリードマンの提言は彼が予想した通り、1970年代ケインズ経済学がスタグレーションによって行き詰まってしまったことにより一気に説得を持つに至る。70年代後半にはイギリスアメリカはマネタリズム政治に反映させはじめ、FRBは正式に融政策を実行に移した。

しかしながらネタリズム融政策は結局スタグレーションを解消することができず80年代気後退も防ぐことができなかった。後にフリードマン自身もこの政策が璧ではなかったことを述べている。なんじゃそりゃ。

こうしてまたケインズ復活し、現在も「市場VSケインズ義」の戦いは続いている。

シカゴ学派

シカゴ大学経済学部の総称。別名マネタリズムとも呼ばれるこの学文字通りシカゴ大学経済学者たちによって提唱された。彼らは自分たちのフィールドを学部ではなく、学と呼ぶのだ。その中心的人物がフリードマンである。

シカゴ経済学会全体において強な集団でありシカゴ大学出身の経済学者は数多くノーベル経済学賞を受賞している。ちなみにシカゴ大学自体も最高峰の大学であり、総勢87名がノーベル賞を受賞している。例えばオバマ大統領シカゴ大学法学部卒である。

批判

上記のように多くの成果を残し、ノーベル経済学賞受賞をはじめとしてさまざまに評価されている人物ではあるが、非常にしい毀誉褒貶にさらされる人物として知られており、批判も多い。

チリ共和国における自由主義経済政策の失敗

1973年、南チリ軍事クーデターが起こり、選挙で選ばれていたアジェンデ社会主義政権が倒された。この時ホワイトハウスCIAアメリカ中央情報局)の支援を受けてクーデターを起こし権を握ったピノチェト将軍の部隊は、アジェンデ政権を支援した多数の自民と外国人シンパを虐殺した。(クーデター翌日だけで2700人の死体が確認された)

以後チリは10年以上に渡ってマネタリズムやさらに極端な「自由市場学説」の実験場として利用された。チリ若者シカゴ大学無料で招待され、シカゴの信奉者として帰した。彼らは新政権の中の経済省と中央銀行経済技術者テクノクラート)としてポストが与えられ、チリ自由市場提供した。もっとはっきり言えば、売国政策を行わせたのだ。(営の鉱山を海外資本に売り渡すなど)

チリ政権は当初成功しているかのように見え、フリードマンは”チリ奇跡”と呼んで賞賛したが70年代後半から急速な気後退と失業率悪化、そして何より凄まじい格差を招いた。貧困率はアジェンデ政権の二倍の40%に達し、数パーセントインフレを起こして崩壊した。こうしてピノチェト政権末期にはシカゴボーイズはシカゴギャングと呼ばれ追放され、一転しチリケインズ的政策への軌修正が行われた。

フリードマンピノチェト時代のチリ経済に起こったことは自分にはいかなる責任はないと後に述べた。

「ショック・ドクトリン」

グローバリズム活動家である「ナオミ・クライン」は、2007年フリードマンによって提唱された新自由主義を強批判する書「The Shock Doctrine: The Rise of Disaster Capitalism(邦題:「ショック・ドクトリン――惨事便乗型資本主義の正体を暴く」)」を著し、大きな反を得た。

同書でクラインは、フリードマンによって提唱された新自由主義について「危機に付け込んで革を断行する」という負の性質があると糾弾した。既存の政府から大きな変化・革を起こす場合、民主的に成立させようとしたら長い時間がかかるため、「戦争などで政府をぶっ壊してからその隙に市場経済理矢理成立させてしまおう」という方法をとる、と見なしたのだ。クラインはそういった方法について「ショック・ドクトリン」と名付け、しく攻撃している。

同書内では上記のようなチリでの自由義経済政策導入を「ショック・ドクトリン」の典として挙げ、またチリだけでなく以後多くの・地域にも用いられているとしている。

ショックドクトリンの定番パターンは、

  1. CIA内の不満分子を支援してクーデターを起こさせそのの政権を崩壊させる。(軍需産業がかる)
  2. その政府の重要ポストに、アメリカ教育を受けた経済技術者を送り親米的な政治を行わせる。(市場開放が始まり多企業かる)
  3. その結果経済が崩壊した場合、IMF(通貨)が支援しての財政を全に乗っ取ってしまう。緊縮財政が強制され財産は借のカタに海外企業に二束三文で売っぱらわれる。

とされる。

批判に対する反論

上記に挙げたようなフリードマンへの批判については、反論もなされている。

例えば早稲田大学政治経済学術院教授若田澄氏はこう述べる。[1]

フリードマンピノチェトの経済顧問であったことはない。チリには1975年3月に6日間訪問し、単独ではなく数人で大統領と45分だけ会談した。その訪問では大学で講演し、チリ自由が脆いものであること、チリ政治的に自由でないことを述べている。またチリ大学からの名誉博士号贈呈の申し出は拒否している。

(②~③は略)

ピノチェトのクーデター以前に、アジェンデの経済政策はすでに破綻していた。インフレ率は高騰し、が政権に就くにせよ高インフレの鎮圧が必要であった。しかも「シカゴボーイズ」が招請されたのは、ピノチェトの当初の政策が失敗した後である。

フリードマンは、高インフレについての処方箋として、「ショック療法」を提唱した。これは批判の的になったが、当時でもそして今も、高インフレに対して他に有効な処方箋があるわけではない。

若田部氏によれば、フリードマンが提唱した「ショック」とは高インフレから脱出するための手段であり、社会システムそのものの急な変革を意味するわけではない。

またナオミ・クラインの著書「ショック・ドクトリン」については

新旧シカゴ同一視しているなど歴史認識に問題がある。その他の点でも事実誤認が多く、陰謀論に傾いていることについてはRedburn2007,Norberg2008の書評を参照のこと。[2]

摘している。

関連動画

関連商品

資本主義自由」は政治パンレットのように一般人にも読みやすいぞ。「もし小泉進次郎フリードマンの〜」は、日本首相となった小泉進次郎が上記の14項を成立させようとしたら? というifストーリーである。漫画だけど内容は中々重い

関連項目

脚注

  1. *引用元:若田澄「歴史としてのミルトン・フリードマン:文献展望と現代的評価」 『経済学研究』52巻22-42ページ2012年
  2. *引用元:同上

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%B3
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ミルトン・フリードマン

40 ななしのよっしん
2020/07/19(日) 00:38:05 ID: 2h1r9aUx13
でもリーマンショック前に死ねたのは本当に最高だったよな
子のバーナンキが90歳の誕生日の時に、連邦準備制度公式代表としての立場から「大恐慌はFRBが悪かった、方たちのおかげで過ちは繰り返しません」って言われてるし人生の絶好調で死ねたんじゃない?
41 ななしのよっしん
2020/07/25(土) 02:17:23 ID: cKKvSy6ceb
ケインズが(倒すべき相手)ってなってるけど
(倒された相手)だよね
自然失業率発見したのもフリードマンでしょ
それからケインアンはまるで相手にされてない
合理的機体形成に対してもメニューコストなんていう苦し紛れな反論してるし
42 ななしのよっしん
2021/01/11(月) 18:56:52 ID: SrD5Z0lTCn
>>37
なんでフリードマン軍事政権の虐殺責任を負うの?(「が」とか言い出さないでね)
そもそも経済面でもピノチェト以前の左翼政権が既に破綻してたと記事で摘されてるだろうに
43 ななしのよっしん
2021/02/08(月) 17:54:03 ID: UZvV6oBtyK
批判するなら学説を批判すべきで、フリードマンの人格をどうこう言ってても仕方がない。それに、新自由主義政策が実行されて人々が苦しんでいると言っても、それを可にしたのは政府だし、それを支持してしまう「その程度の
民」なんだから、そっちに矛先を向けるべき。泣き言言ってるくらいならニコ動でもTwitterでも何でもいいからを上げた方がずっとマシ
44 ななしのよっしん
2021/10/27(水) 23:52:49 ID: SrD5Z0lTCn
そもそも論としてピノチェト政権についても根本的な誤解が多すぎる
ピノチェト時代はいうほど新自由主義的でもない(軍部が経済企業に介入するから)
・本格的な新自由主義政策は民政移管後で、基本的にずっと新自由主義ベースにやっている
現在は失業率は高いものの南ではマシな方、経済成長率はかなり良い
45 ななしのよっしん
2022/01/05(水) 02:32:50 ID: bwd0lSztwB
シバターへずまみたいなのが生まれたのはコイツのせいだわ。コイツが生み出した新自由主義のせいでまともに働くよりもYouTubeリングを使って藉を働く方が稼げてしまって「何をやろうが稼いだ正義」と言う世の中になってしまっている。

シバターへずま日本国内だけの話だが、世界中のネオリベ政策を進めているでは似たような話は多いだろう
(そもそもシバターけさせてるYouTubeアメリカ企業だしな)
46 ななしのよっしん
2022/01/05(水) 02:34:10 ID: bwd0lSztwB
新自由主義を全否定し、法的に規制しない限りっ当な労働者が報われる社会は訪れないだろう
47 ななしのよっしん
2022/01/30(日) 17:19:04 ID: 4MnDuCYw63
の法規制なんて市場の成長と発展に邪魔じゃね?」って言う考え方だからな
市場に対しては性善説的期待が寄せられてるが現実は...モラルハザードも労働環境悪化も起こってるのがな

良い悪いはともかくあくまでければ正義だからな

余談だけど最近言われてる親ガチャに対してもシカゴ大学の記事があったから紹介してあげる
https://president.jp/articles/amp/52615?page=1exit
48 ななしのよっしん
2022/02/12(土) 17:22:01 ID: SrD5Z0lTCn
性善説とかではなくて根拠が不明瞭な共通善より諸々の自由権を最大限尊重するということ
自由義者にとっては経済政策も含めて何事もその考えの延長線上にあるので
49 ななしのよっしん
2022/05/18(水) 02:05:24 ID: siAdzKjmk9
正直なところ共通善も自由権もそれらをめる動機は感情じゃないのか?
これらは本来同列にるべきであって、何かを尊重するのに根拠もクソもないだろう