ムッソリーニ単語

ムッソリーニ
2.4千文字の記事
  • 9
  • 0pt
掲示板へ

ムッソリーニ(ベニート・ムッソリーニ、正式名ニート・アミルカレ・アンドレア・ムッソリーニ 伊:Benito Amilcare Andrea Mussolini 1883年7月29日-1945年4月28日)とは、イタリア政治家である。

概要

青年時代は小学校教師を務めていた時代もあったが、レーニンとの交を結ぶうちに政治活動にのめり込み、一方でイタリア軍への入隊や高校教師資格を得たりしつつイタリア社会党に入党。その後、党機関「アヴァンティ!」(「前進」の意)の編集長となり発行部数を2万部から10万部へと伸ばし、この頃から若手の有望格として後々まで呼ばれるようになる“ドゥーチェ”(この頃は導者の意、時代が経つにつれ総領、総統、首領、総帥などの意と変化する)という呼称が用いられ始める。ちなみに、当初"ドゥーチェ"の呼称は右新聞批判的に付けられたものだったが、後に好意的に使われるようになった。

第一次大戦では戦論をイタリア社会党を除名させられ(この時、レーニンイタリア社会党の行為に嘆いたという)、ムッソリーニは右翼的・左翼的思想の両方のを受けたファシズム思想を提唱して「イタリア戦闘者ファッシ」を組織し1921年11月国家(全)ファシスタ党へ組、1922年10月クーデター(ローマ進軍)を実行、当時の内閣国王布告の署名をめたが拒否され、逆にムッソリーニへ内閣の組閣を命じ1943年まで約20年にり続くファシスト政権が誕生する。(このファシズム世界各地に波及し、英など後の連合側にもファシスト政党は誕生し、スペインフランコ政権、ポルトガルサラザール政権などが誕生し、“本家イタリアが大戦の敗北ファシスト政権が幕引きとなった一方で戦後70年代後半まで存続する事となる。)

1939年ドイツポーランドに侵攻し第二次大戦の戦端が開かれた後も序盤は中立的な態度を取り続けイタリア戦争に参加しなかったのだが、1940年になりドイツ西方電撃戦により開戦から1月足らずやでフランス敗北が決定的になった状況を見てを上げ、日独伊三国同盟を結び1940年6月に英1941年12月アメリカ宣戦布告する。しかし戦争実行の為の物資備蓄など準備不足の中大戦への参加を決断した為、継戦に乏しく劣勢を余儀なくされ(降直前のフランス軍にも反撃され、フランスの降が遅ければ逆にイタリアに侵攻されていたとも)1943年には燃料不足で大行動不可能になるなど、贔屓に見てもナチスドイツの足を引っってるようにしか見えず(同じファシスト政権でも内戦終結後でに乏しいと自覚し、ドイツからの参戦依頼も蹴って(枢軸国寄りだが)中立を保ち続けたスペインと対照的でもある)、1943年の連合によるシチリア上陸作戦後、ついにムッソリーニは失脚・逮捕されるが、ナチス(武装親衛隊オットー・スコルツェニー)によって救出(グラン・サッソ襲撃)され、事実ドイツの傀儡政権であるイタリア社会共和国の首班となる。だが1945年4月レジスタンスのパルチザンに捕縛、略式裁判の後28日に殺され、遺体愛人クラレッタ・ペタッチの死体とともにミラノのロレート広場に逆さ釣りにしてされた。(満61歳没)

現代イタリアにおいてもマフィアを押さえつけていた事、雇用政策などを推進し、それなりにイタリアを発展させたこと、熱心なサッカーファン祖国イタリアを強豪国に育て上げるなど、ソビエトレーニン第二次大戦では敵同士であった英国チャーチル首相からも一定の評価を受けている事は注すべきである。またイタリアには反ユダヤ思想こそ根付いていたが、多くのユダヤ人が熱狂的なファシスト支持者になって政権を支えてくれたため、排除したくても出来ない環境と化した。加えてムッソリーニ自身もユダヤ人友がいた事から排斥には消極的であり、むしろう様子さえ見せていた。ドイツからのユダヤ人引き渡し要請を「イタリア語を話すユダヤ人イタリア人」として蹴り、連行を防ぐため沿部から内陸部に移住させたのは有名な話である。

そのせいか、ドイツにおける伍長閣下ほど忌み嫌われておらず、今でも故郷のブレダッピオのにある彼の記念碑にを手向ける人は多い。子孫族も苗字を変えるなどして迫を逃れるなどの必要もなく、それどころか、孫アレサンドラに至っては国会議員欧州議会議員にまでなっている。

また、世界最小の国家、「バチカン市国」はムッソリーニ政権下のイタリアと教皇庁が締結したラテラノ条約にて国家として認められる事となった条約である。外政、特に軍事面はてんでダメだったが、内政面ではを見る活躍をしていた訳である。

詳しい事はWikipediaのムッソリーニの項を読まれる事をお勧めします。

架空戦記のムッソリーニ(ドゥーチェ)

iM@S架空戦記シリーズ及びニコニコ歴史戦略ゲーにおいてのキャラクターの原点となったのは間違いりっちゃんP作品「ドゥーチェの野望」が原点と思われる。

この作品のは大きく、パスタ好き、女好き、そしてりっちゃん好きといったイメージ視聴者及び架空戦記動画製作者に植え付け、欧州舞台とした架空戦記においては時系列関係イタリア半島国家担当キャラとしてお付け役の情報大臣アメーと共に多くの作品に登場するようになる。呼び名もムッソリーニ(さん)と実名で呼ばれるよりドゥーチェ(さん)と呼ばれる事が多くなったと思われる。

関連動画





ネタMAD


iM@S架空戦記シリーズドゥーチェがほぼレギュラーキャラ化してる作品を紹介



歴戦系作品

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 9
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A0%E3%83%83%E3%82%BD%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8B
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ムッソリーニ

314 ななしのよっしん
2021/07/06(火) 10:43:22 ID: nnLGYRi3F1
WW2に参加さえしなければ・・・って人ではある
315 ななしのよっしん
2021/09/13(月) 19:51:02 ID: sab4ES+ko/
まああんな自分をアーリア人だと思ってる精異常者がトップキチガイ国家が近場に出来てよりによって政体まで真似リスペクトしやがってくる時点で参戦は不可避だったよ
てかもし参戦しなかったらしなかったで逆に襲いかかってくるだろうし
316 ななしのよっしん
2021/09/14(火) 19:19:19 ID: nnLGYRi3F1
>>315
スペインみたいに枢軸寄りの中立を維持しとけばワンチャンあったかも?と思わないでもない
317 ななしのよっしん
2021/09/29(水) 02:08:08 ID: nnLGYRi3F1
この人が当時の日本ドイツの権者たちと違ってそんなに評価が悪くないのって、正式な手順を踏まずに処刑されたってのが大きいんじゃないかな(戦前の評判が悪くなかったのも一因だと思うが)
日本ドイツの権者は曲がりなりにも裁判という手続きを経てしかるべき刑を執行されたわけだが、ムッソリーニはパルチザンによる私刑によって殺されたから、それが一因でムッソリーニ人生に悲劇性が増してどうじょうされるようになっちゃったんじゃないかなと
318 ななしのよっしん
2021/10/05(火) 21:28:07 ID: e3K4GbD4WF
ww2に参加せずスペインとともに全体主義国家として生き残っていた場合の世界線がすごく気になる
319 ななしのよっしん
2021/10/29(金) 16:36:36 ID: eNk+2/92Zh
ラテラノ条約でイタリアと教皇庁との関係を安定化させただけでも歴史に残る偉業なんだよなあ
320 ななしのよっしん
2021/11/03(水) 21:00:29 ID: tchrhzmbLb
フランス中立を保ったとしてもバルカンが続々と枢軸に入る時点でイタリア民と国王が騒ぎ出してどのみち加盟は避けられなさそうな気はするけどねえ
321 ななしのよっしん
2021/11/04(木) 15:08:54 ID: e3K4GbD4WF
>>319
地味だけどすごい事だよな、建以来の因縁をきっちり解消してるんだから
322 ななしのよっしん
2021/12/16(木) 20:47:56 ID: 6wSsCAhfGz
仮にイタリアWW2に参戦しないor参戦しても敗戦はしなかった場合、リビアイタリア植民地のままでいずれは油田も発見されるんだろうけど、その場合リビアは泥沼の独立戦争でもっとい段階で荒してたのかな
仮にファシスト政権が倒れても、後の政権もわざわざ油田を手放そうなんてことはしないだろうし、独立したとしても利権は絶対死守してそうだけども
323 ななしのよっしん
2022/01/26(水) 23:36:42 ID: WLfxzN4mAh
>>320
協約締結時に「3年間は参戦しない、日本も3年は日中戦争やるだろうし」
という覚書をムッソリーニが渡してヒトラーも了承してるんだけどね

それを「日世界大戦に参加しない(自分達はやる)」と独が解釈し
が「独は世界大戦を起こさない」と解釈したのが枢軸国の足並みのわなさを物語ってるけど