ムッソリーニ単語

ムッソリーニ

ムッソリーニ(ベニート・ムッソリーニ、正式名ニート・アミルカレ・アンドレア・ムッソリーニ 伊:Benito Amilcare Andrea Mussolini 1883年7月29日-1945年4月28日)とは、イタリア政治家である。

概要

青年時代は小学校教師を務めていた時代もあったが、レーニンとの親交を結ぶうちに政治活動にのめり込み、一方でイタリア軍への入隊や高校教師資格を得たりしつつイタリア社会党に入党。その後、党機関「アヴァンティ!」(「前進」の意)の編集長となり発行部数を2万部から10万部へと伸ばし、この頃から若手の有望格として後々まで呼ばれるようになる“ドゥーチェ”(この頃は導者の意、時代が経つにつれ総領、総統、首領、総帥などの意と変化する)という呼称が用いられ始める。ちなみに、当初"ドゥーチェ"の呼称は右系新聞に批判的に付けられたものだったが、後に好意的に使われるようになった。

第一次大戦では戦論をイタリア社会党を除名させられ(この時、レーニンイタリア社会党の行為に嘆いたという)、ムッソリーニは右翼的・左翼的思想の両方の影を受けたファシズム思想を提唱して「イタリア戦闘ファッシ」を組織し1921年11月国家(全)ファシスタ党へ組、1922年10月クーデター(ローマ進軍)を実行、当時の内閣国王布告の署名をめたが拒否され、逆にムッソリーニへ内閣の組閣を命じ1943年まで約20年にり続くファシスト政権が誕生する。(このファシズム世界各地に波及し、英など後の連合側にもファシスト政党は誕生し、スペインフランコ政権、ポルトガルサラザール政権などが誕生し、“本家イタリアが大戦の敗北ファシスト政権が幕引きとなった一方で戦後70年代後半まで存続する事となる。)

1939年ドイツポーランドに侵攻し第二次大戦の戦端が開かれた後も序盤は中立的な態度を取り続けイタリア戦争に参加しなかったのだが、1940年になりドイツ西方電撃戦により開戦から1月足らずやでフランス敗北が決定的になった状況を見てを上げ、日独同盟を結び1940年6月に英、1941年12月アメリカ宣戦布告する。しかし戦争実行の為の物資備蓄など準備不足の中大戦への参加を決断した為、継戦に乏しく劣勢を余儀なくされ(降伏直前のフランス軍にも反撃され、フランスの降伏が遅ければ逆にイタリアに侵攻されていたとも)1943年には燃料不足で大艦船の行動が不可能になるなど、贔屓に見てもナチスドイツの足を引っってるようにしか見えず(同じファシスト政権でも内戦終結後でに乏しいと自覚し、ドイツからの参戦依頼も蹴って(枢軸国寄りだが)中立を保ち続けたスペインと対照的でもある)、1943年の連合によるシチリア上陸作戦後、ついにムッソリーニは失脚・逮捕されるが、ナチス(武装親衛隊オットー・スコルツェニー)によって救出(グラン・サッソ襲撃)され、事実ドイツの傀儡政権であるイタリア社会共和の首班となる。だが1945年4月レジスタンスのパルチザンに捕縛、略式裁判の後28日に殺され、遺体は愛人クラレッタ・ペタッチの死体とともにミラノのロレート広場に逆さ釣りにしてされた。(満61歳没)

現代イタリアにおいてもマフィアを押さえつけていた事、雇用政策などを推進し、それなりにイタリアを発展させたこと、熱心なサッカーファン祖国イタリアを強豪国に育て上げるなど、ソビエトレーニン第二次大戦では敵同士であった英国チャーチル首相からも一定の評価を受けている事は注すべきである。
そのせいか、ドイツにおける伍長閣下ほど忌み嫌われておらず、今でも故郷のブレダッピオのにある彼の記念碑にを手向ける人は多い。子孫親族も苗字を変えるなどして迫を逃れるなどの必要もなく、それどころか、孫アレサンドラに至っては国会議員欧州議会議員にまでなっている。
また、世界最小の国家、「バチカン市国」はムッソリーニ政権下のイタリアと教皇庁が締結したラテラノ条約にて国家として認められる事となった条約である。外政、特に軍事面はてんでダメだったが、内政面ではを見る活躍をしていた訳である。

詳しい事はWikipediaのムッソリーニの項を読まれる事をお勧めします。

架空戦記のムッソリーニ(ドゥーチェ)

iM@S架空戦記シリーズ及びニコニコ歴史戦略ゲーにおいてのキャラクターの原点となったのは間違いりっちゃんP作品「ドゥーチェの野望」が原点と思われる。

この作品の影は大きく、パスタ好き、女好き、そしてりっちゃん好きといったイメージ視聴者及び架空戦記動画製作者に植え付け、欧州舞台とした架空戦記においては時系列関係イタリア半島国家担当キャラとしてお付け役の情報大臣アメーと共に多くの作品に登場するようになり、呼び名もムッソリーニ(さん)と実名で呼ばれるよりドゥーチェ(さん)と呼ばれる事が多くなったと思われる。

関連動画





ネタMAD


iM@S架空戦記シリーズドゥーチェがほぼレギュラーキャラ化してる作品を紹介)



歴戦系作品

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A0%E3%83%83%E3%82%BD%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ムッソリーニ

266 ななしのよっしん
2018/04/18(水) 21:29:37 ID: J1yvdb4G9X
あの状態で参戦した時点で有能ではないけど
ガチモン無能大日本帝国TDN基地外ナチカスのおかげでちょっと有能に見えてしまう
267 ななしのよっしん
2018/04/23(月) 16:39:16 ID: 4mLYiU4ULv
>>264
>>265
本当にムッソリーニが帰ってこられます。タイトルSono Tornato(直訳:私は帰ってきた)
>>sm32555135exit_nicovideo


雰囲気がどことく「帰ってきたヒトラー(er ist wieder da)」に似ていますが、どうやって差別化を図るのかに期待してます。
268 ななしのよっしん
2018/04/30(月) 14:07:20 ID: OctsTlSc3b
この映画マジ見てみたい!

もし現実で帰ってきたらイタリア民の大半は大歓喜間違いなしなんだよな。
現にムッソリーニは今でも民的英雄として扱われて、没した日になるとお墓にネオファシスト以外にも大勢の民が押し寄せて署名のノート余白含めて直ぐ埋まるくらいされている。
逆にムッソリーニや幹部るしたCLNAIやその支持者を民の多くは野蛮で醜い連中と凄く憎んでるから。

本当にヒトラーとは逆すぎて色々と考えさせられる人だよ。
269 ななしのよっしん
2018/07/04(水) 18:59:08 ID: S22HfxiXyZ
第二次世界大戦で中立貫いてたらどうなっただろう
うーん...南チロルはドイツにぶん取られてたのかな
270 ななしのよっしん
2018/07/04(水) 20:05:04 ID: oa13int4uP
中立に走ったらドイツが南下してきて傀儡国家にされてたでしょうな
その後は史実通りかもしれない
271 ななしのよっしん
2018/07/07(土) 17:29:42 ID: 4U/yj325UO
>>269-270
ドイツにそこまで戦線を広げる余裕はいから、史実のスペインスイスと同じように、
中立として貿易の仲介をさせた上で、放置になると思うよ
ドイツイタリアの間は、アルプス山脈があるので、南下で侵攻するには最悪の地形だし
272 ななしのよっしん
2018/11/07(水) 00:14:50 ID: /cbAmR0klB
ブレダッピオで恒例のネオファシストの集会が行われたところ、
極右ムッソリーニサルヴィーニ副首相の肖像を掲げてローマ敬礼をするという
一昔前からタイムスリップしてきた人間が見ると意味不明な事態に

まあムッソリーニも当時からすれば極左からの転向者・異端の思想であった訳だから
こうしたカオスの中からこそ本当のファシズムは誕生するものなんだろう
273 ななしのよっしん
2018/11/23(金) 09:59:45 ID: nnLGYRi3F1
ムッソリーニを知るのに良い資料って何があるかな
274 ななしのよっしん
2019/01/23(水) 21:27:12 ID: qu8DXNCcsl
>>239は運が悪いというけどローマ進軍の成功は運があったからな気もする
275 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 17:36:09 ID: yZqQqRceAJ
有楽町のイタリア映画祭で見てきたけど、質問してた人も居たんだけど、いくら本家パロディからしょうがないとはいえユダヤ人差別義者扱いされてたのは納得いかなかった。