ムツィオ・クレメンティ単語

ムツィオクレメンティ

ムツィオ・クレメンティ1752~1832)とは、クラシック音楽作曲兼ピアニストである。ソナチネなどでお世話になった人も多く、さらに「グラドゥス・アド・パルナッスム」の作曲としても有名。

概要

1752年ローマに生まれた。親は細工師であったが、幼いころから音楽教育を受け、童のオルガン奏者として活躍をしていた。やがて、ローマを訪れたピーター・ベックフォードの申し出でを給付する代わりにロンドンに来いと誘われて彼の父親は承諾、1767年単身イギリスへと移った。

そこでは自分で厳しくセルマネジメントしながら練習を続け、ひたすら音楽修行に身をささげた。1776年にっくフォードとの契約了しマリー・アントワネットの紹介でオーストリアのヨーゼフ2世のもとへと移る。そこでモーツァルトとのピアノ勝負があったかどうかは偽は不明である。

リヨンで駆け落ちに失敗した後長らく結婚は行わず、以降長年独身生活を送った。ピアノ一本に絞った彼は作曲だけではなく教師としても名をはせ、ジョン・フィールドフリードリヒ・カルクブレンナーヨハン・バプティスト・クラマー、イグナーツ・モシェレスといったそうそうたる顔ぶれの子を育成した。

その後1804年、52歳のとき18歳カロリーネ・レーマンと結婚したものの、長男カール出産によって死別。その後59歳で26歳のエマ・ギズボーンと結婚をして四児の父親となった。その後も作曲としての活動をつづけ、80年の生涯は大往生を遂げて終わったのである。

彼もまたほぼすべてのジャンルの楽曲を残しているが、世界的にはソナチネや「グラドゥス・アド・パルナッスム」の作曲として悪名をかせていて有名である。バイエルハノンチェルニーブルグミュラーらと同様彼の楽曲の練習で挫折したものも多くいるのではないかと思われ、その拠と言っては何だがドビュッシーにその退屈っぷりをパロディされた「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」という楽曲まで作られている。
しかし彼は多くのヴィルトゥオーソたちの流にあたり、またほかの多くの楽曲が取り上げられるようになるなど、近年のクラシック音楽を取り巻く環境の中で少しづつではあるものの再評価が進められている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A0%E3%83%84%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ムツィオ・クレメンティ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ムツィオ・クレメンティについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード