編集  

メガギラス単語

メガギラス

メガギラスとは、怪獣である。なお、この項では便宜上メガヌロンメガニューラに関しても取り扱う。

概要

ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」に登場した怪獣メガニューラが産み落としたの中で一分裂しないで成長するから生まれた個体が最終的にメガギラスとなる。劇中では究極の戦闘と呼ばれる。
別名「超翔竜」。モンハンっぽい二つ名だが、メガギラスの方が先である。「×メガギラス」ではディメンション・タイドの実験中にメガニューラが現代に迷い込みを産みつけた事が一連の事件の発端となる。
劇中では中国地で化石が発見されており、一匹だけではない事を匂わせている。

全長50メートル80メートル、体重1万2000トン、飛行速度マッハ4。並み居る怪獣の中では結構小で、昆虫のように飛行して移動する。元々が昆虫だけあって怪獣らしい特殊は有しておらず、俊敏さとハサミ、そして尻尾の針を武器にして戦う。非常に悪な面構えをしており、昆虫とは思えない威圧感を持つ。メガギラスは武器として尻尾の針と巨大なハサミを有している他、飛行時には高周波を発生させる事も可。この高周波によってディメンションタイドが故障した。一発だけではあるが、吸収したエネルギーを球状にして発射したこともある。この攻撃を喰らったゴジラは、たまらずダウンしてしまっている。
また、強大な戦闘を以ってテリトリーを広げる習性があり、テリトリー拡大の妨げとなる障を見つけると排除にかかる。劇中ではゴジラを障と認識し、お台場で戦う事になる。

モチーフになったのは、古代地球で存在していたとされる昆虫メガネウラ。全長70cm世界最大のトンボで、石炭紀の末期に出現した。当時は酸素濃度が高かった事もあり、他の昆虫ともども巨大化。一時はを支配したが環境の変化で酸素濃度が低下し、絶滅に至った。

劇中の活躍

現代に産み付けられたメガニューラは分裂を繰り返し、やがて大量のメガヌロンを生み出した。メガヌロンは地下脈を掘削し、渋谷没させる。他のメガヌロンが人間を捕食して活動する中、一つだけ分裂せずに水中に残ったがあった。そこから孵った個体が巨大メガヌロン、もとい後のメガギラスである。
物語中盤まで水中で横たわっていた巨大メガヌロンであったが、仲間メガニューラからゴジラエネルギーを注入され、一気に成長。その日の晩、水中から飛翔超翔竜メガギラスが誕生する。周囲の自衛隊員など気にも留めず、飛行。その際に羽根でビルを切断・崩落させたり、高周波で破壊活動を行っている。

翌日、お台場に上陸したゴジラテリトリーの障と認め、対決。メガギラスが放つ高周波はGグラスパーを不調にして不時着させ、ディメンションタイドをも故障させた。後述のメガニューラともども、人類の作戦に悪影ばかり与えてくれるやべー怪獣である。
高速移動で終始ゴジラを翻弄し、熱線をも回避するなど高い機動を見せつけた。また、フジテレビと隣接する建物を破壊して、瓦礫を倒れ込んだゴジラの顔に落とすなど残酷な一面も覗かせる。この時にゴジラの巨体を持ち上げて飛行しており、何気に怪力である事をわせている。
ゴジラの鋭利な背びれで左のハサミを切断されるものの、メガギラスの戦意は一向に衰えなかった。尻尾の針を突き刺してエネルギーを吸収し、熱線を封じる。残ったハサミでゴジラの顔を殴ったり首を絞めたりして、猛攻を浴びせ続ける。尻尾叩きつけ、何度もゴジラからダウンを奪うも互いに決定打が与えられない着状態が続く。そこでトドメを刺すべく、尻尾の針をゴジラの顔に突き刺そうとしたが、逆に止めをされ、針を噛み砕かれてしまう。の針を失ったメガギラスは遂に戦意喪失。逃げの一手を打とうとしたが、熱線を解禁されたゴジラから怒りの熱線2発浴びて墜落焼死している。

GODZILLA 怪獣惑星」にも登場。シベリア鉄道に乗った難民を襲い、捕食している。またこの世界ではラドンも存在しているようで、いつの日か対決しそうである。

メガヌロン・メガニューラ

メガヌロンは「の大怪獣ラドン」にて初登場。メガニューラのヤゴ(幼)で、1mほどの体を持つ。
「ヒョヒョヒョヒョヒョ」という特徴的な鳴きを発し、視聴者に恐怖を与えてくる。

核実験の地殻変動により、眠りから覚める。阿蘇山付近の炭鉱で繁殖し、人間を捕食する。麓に住む炭鉱夫の町屋を襲撃し、残虐の限りを尽くした。連続殺人犯犯人だったが、妙に動きがいことから特定までに時間を要している。やがて炭鉱に乗り込んできた警官隊と交戦、拳銃機関銃効化にする防御を見せたが、落盤により一部が倒される。生き残った個体もラドン捕食され、成化していない。

ラドン開から45年後の「×メガギラス」にて再登場。デザインも一新された。
ディメンションタイドの実験で時が発生。偶然石炭紀に繋がり、一匹の雌メガニューラが現代に迷い込む。これが全ての始まりであった。その後、メガニューラを産み落とす。
その早坂少年によって持ち出され、引越し先の渋谷まで運ばれるが、処分に困った早坂少年下水道に捨ててしまった。やがては自己分裂を起こし、大量のメガヌロンが誕生する事となる。生まれたメガヌロンの大群は地中の脈を掘削し、渋谷没させてしまう。
ちなみに元となったメガニューラはちゃっかり石炭紀に帰っている。
人間を食としており、分裂したから生まれたメガヌロンは地上に姿を現し、人間を襲った。劇中では一組のカップルが犠牲となっている。やがて羽化の時が近づくとビル群の面に引っ付き、一面をメガヌロンで覆った。自衛隊によって爆破作戦が進められたが、開始直前になって一斉に脱皮。驚いた隊員に軽機関銃を撃たれ、何匹かは絶命したが焼け石にだった。

メガニューラメガヌロンが脱皮したもので、動物を襲い、餌としている。「×メガギラス」で初登場したこのメガニューラは、渋谷面で一斉に脱皮したもの。水中で眠る巨大メガヌロンのためにエネルギーめ、飛翔する。
太平洋、奇岩におびき寄せられていたゴジラを捕捉すると数千匹が襲い掛かった。ゴジラはまさにエネルギーの塊で、メガニューラには絶好の餌に見えるという。尻尾の先にある針を突き刺し、全身からエネルギーを吸い取るメガニューラ。当然ゴジラは黙っているはずがなく、熱線や尻尾で抵抗する。
ゴジラシリーズではしい、対群体のシーンである。メガニューラの襲来は、人類側の作戦をも狂わせた。メガニューラの数が多く、ゴジラにディメンションタイドが撃てなかった。しかしゴジラの抵抗により相当数がやられた事で、ようやく照準を合わせられる。そしてゴジラに向けてディメンションタイドが放たれ、かなりの数が巻き添えの形で消滅させられた。
生き残ったメガニューラゴジラのいるから飛び去り、渋谷へと向かった。そして水中に潜り、持ち帰ったエネルギーを巨大メガヌロンに注入するが、注入を終えると絶命。生き残った個体も全滅した。

ちなみに、実在したメガネウラという原始的なトンボ日本ではゴキブリトンボとも言う。またメガニューラメガネウラりをラテン語読みしたものである。

余談

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%82%AE%E3%83%A9%E3%82%B9
ページ番号: 4496964 リビジョン番号: 2625496
読み:メガギラス
初版作成日: 10/11/03 06:26 ◆ 最終更新日: 18/09/17 17:01
編集内容についての説明/コメント: 余談追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

メガギラスについて語るスレ

172 : ななしのよっしん :2018/09/17(月) 18:35:00 ID: sW6Z0rta3z
ミス失礼!
いや先ほどアニゴジ小説読み返したらそこまでメガギラスがあっさり倒されるような場面もないか…ラドンと同じくから人類を攻撃する脅威ではあるが流石に他の怪獣より強といった記述もなかったが
173 : ななしのよっしん :2018/09/17(月) 18:51:07 ID: VVb9F7mTRH
>>167
あの世界の石炭紀にはメガヌロンやらメガニューラやらを餌にしてる恐竜翼竜がいたらしい

>>168
正しくは「究極戦闘形態」がメガギラス
メガニューラは「メガギラス成長の補助担当」と「産卵担当」の二つの役割に分かれてる
そして前者はメガギラスエネルギーを与えた時点で死滅してしまうため、恐らく戦闘のほとんどはメガギラスが担っていたはず
つまり、産卵前にメガギラスが死んだら事実上の詰み
…しかしまあ、よくこんなタイトな生態で一億年近くも存続してたなぁ…
174 : ななしのよっしん :2018/09/17(月) 23:05:31 ID: ueG5hbRdPh
メガギラス進化前となる巨大メガヌロン水の中で成長するらしいし
敵に襲われる可性は低そうである。病死されたら終わりだが。
175 : ななしのよっしん :2018/12/11(火) 11:03:39 ID: VCowpX7oxB
ハリウッド版でラドン強化されてギラスの立つ瀬が…
176 : ななしのよっしん :2018/12/13(木) 18:52:58 ID: wUkWePStbH
モンスターバースメガギラスはいないのに「立つ瀬がない」とは一体…

まあ冗談はさておき、仮にメガギラスが出るならラドンに合わせて強化されると思うよ
敵と戦うための形態で敵より弱かったら存在理由がなくなるし
177 : ななしのよっしん :2018/12/13(木) 23:31:57 ID: ueG5hbRdPh
ラドンとの対決も気になるが、バトラとも戦って欲しい。
178 : ななしのよっしん :2018/12/14(金) 07:53:40 ID: VCowpX7oxB
>>176
今回の復活ラドン火山して古代より強化されてるっぽいからなあ正直ギラスが仮にレジェンダリーでリメイクされるとして復活ラドンに勝てる気と人気的にそこまで強化される気がしない…
179 : ななしのよっしん :2018/12/14(金) 11:01:09 ID: VCowpX7oxB
レスを見返して自己嫌悪…例の予告を見た奮とラドン贔屓が高じてバカな事を書いてすまない…
そういやモンスターバース世界でもメガヌロン-メガギラスはいるだろうか今度の新作でのサプライズがもしかしたら大メガヌロンだったりして地中から出てきたっぽいのが予告に居たし
180 : ななしのよっしん :2018/12/14(金) 20:17:46 ID: wUkWePStbH
>>178
そうかな?
そもそもメガギラス自体、知名度低め&怪獣としては最弱クラスメガヌロン進化してゴジラと渡り合う強さを手に入れたわけだし、仮にリメイクされるならワンチャンあるかもよ

ま、現段階じゃ所詮は夢物語だけどね…
ラドン単体の映画が作られるとかなら復活の可性も出てきそうだけど
181 : ななしのよっしん :2018/12/14(金) 23:49:50 ID: VCowpX7oxB
×メガギラスに出た個体はG細胞を摂取して強くなった変異種という説が関連資料でも触れられてるし素のメガギラスがそんなに強いかどうか…映像での掘り下げがない限り真実は闇の中だが…
海外アメコミなどでも噛ませ扱いがつくしどうにか人気知名度が上がって再評価されないものか
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス