メキシコ単語

メキシコ
  • 6
  • 0pt
掲示板へ
基礎データ
正式名称 メキシコ合衆国
西:Estados Unidos Mexicanos
国歌 西:Himno Nacional Mexicano
公用語 スペイン語
首都 メヒコ(メキシコシティ
西:Ciudad de México (México)
面積 1,972,550km2世界第13位)
人口 約1億500万人(世界第11位
独立 スペインより
1810年9月16日(宣言)
1821年9月27日(承認)
通貨 ペソMXN, Mex$

メキシコとは、北アメリカ南部である。

概要

アメリカだがアメリカ合衆国カナダと違ってラテンアメリカ、つまりスペイン系のである。正式名称はメキシコ合衆国。合衆の名を持つのはこことアメリカの2カだけ。でも英語表記ではUnited States of MexicoじゃなくてUnited Mexican Statesなので注意。Mexicoは英語読みで、公用語スペイン語ではメヒコ。日本語での略称

歴史

かつてはアステカ帝国が栄えていた土地である。そのアステカ帝国スペインが滅ぼし植民地としていたのだが、19世紀初頭に起こった独立戦争スペインから独立。そのときの領土は今よりも大きかったが、戦争やらでアメリカに割譲されたものも多い。その後はフランスからの侵攻で傀儡状態となるも権を取り戻したり、独裁政権が長きにわたって続いたりした。

現在では独裁政権も存在せず、1992年のNAFTAのおかげで貿易も好調(しかし、これによる弊も生まれた)。

治安

控えめに言って最悪の部類に入る。

地帯では密輸および密入が頻繁で、これにより利を得る犯罪組織が抗争を繰り返している。巻き込まれる民間人も少なくない。
首都メキシコシティおよび地方都市でも治安はよいとは言えず、日常的に強盗・スリ・窃盗・強姦殺人などの重犯罪が発生。許可拳銃を所持している市民も多く、犯罪による負傷者・死者の数は極めて多い。また身代的の誘拐も多く、裕福な庭を狙った『ビジネス』として成立しているのが実情。

観光客については現地民よりは安全な部類に入り、また都市中心部は較的治安が良いとされるが、それでも間外出はまずアウト公共交通機関の利用も慎重を期する必要があり、正式な観光ツアー以外の手段で行動するものではない。安全情報を正しく理解し、行動する事が肝要である。
詳細は外務省海外安全ホームページexit、および在メキシコ日本国大使館の安全情報exitを参照。

取り締まる側の法組織も犯罪組織によって大多数が脅迫または買収されており、下手に抵抗すると家族どころか親族ぐるみで殺される事もある。
犯罪組織撲滅を宣言した次の日に市長が射殺されるなど、ショッキング報道も見られる。

メキシコ麻薬戦争

特に顕著なのは麻薬関連の犯罪で、毎1000人の犠牲者が出るとされる。
カルテル(麻薬組織)への裏切りや検挙に対して見せしめの為に極めて残虐な方法で殺し、バラバラにした死体をしものにしている。

カルテルを対とした武紛争「メキシコ麻薬戦争」は、甚な被害を出した事でも知られている。
1990年代コロンビアのカリ・カルテルとメデジンカルテルの壊滅に端を発し、メキシコのカルテルが勢を拡大。アメリカにおける違法物の市場の約70を独占しているとされる。
これに対しアメリカ合衆国務省はメキシコ政府と連携してカルテル撲滅に乗り出したが、2011年には物政策際員会によって事実上の敗北宣言が出されるほどの被害を出す結果に終わった。僅か5年でメキシコ内の犠牲者は4万人を突破したと言えば、その恐ろしさの片鱗が垣間見えるかも知れない。
これらカルテルの軍事は単なる犯罪組織に留まらず、軍隊や特殊部隊並みの高性・高準な装備を所有しているとされている。

住民


住民の民族構成は、人とインディヘナ(ラテンアメリカにもともと居た先住民)との混血のメスティソが60先住民であるインディヘナが約15人が約10である。外国人が約15万人居住し、人口の約75都市部に居住する一極集中である。

宗教

キリスト教徒が約95と大半を占め、内訳はカトリックが約90プロテスタントが約5である。残りの約5ユダヤ教徒、バハイ教徒、土着の伝統宗教などである。

文化

スペイン人によってもたらされた欧州の文化と先住民の文化がミックスした独自の文化を形成している。民性を反映してか、テキスタイルや絵画、ポスターアートなどは鮮やかな色を用いたものが好まれる。

食文化

メキシコの料理はだいたい辛い。そう思っておいてまず間違いない。
トルティーヤと呼ばれるとうもろこしの生地が食で、これを用いた有名な料理タコスブリトーである。アルコールではコロナビールテキーラが有名。

アメリカ合衆国のメキシコ系移民が多い州ではメキシカンの屋台レストランが多数出店しており、アメリカイズされたメキシコ料理が徐々にアメリカの食文化に浸透してきている。

スポーツ

サッカーが非常に盛ん。プロであるメキシコリーグがあるほか、ワールドカップでは1994年から4大会連続で予選を突破し決勝トーナメントに進出している。

野球も同様に盛んであり、メキシカリーグが存在する。ワールド・ベースボール・クラシックボブ・デービッドソン誤審により日本アメリカ敗北した後、メキシコもホームラン二塁打にされ、それによって奮起したのかアメリカを打ち破った。そのおかげで日本は準決勝に進出でき、ついには優勝(この際日本国内ではメキシコ万歳コール大使館に殺到した)。

プロレスもやはり有名で、ルチャ・リブレの本場といったらここである。
ミル・マスカラスレイミステリオなどの覆面レスラーは有名。伝統的に覆面が視されており、覆面をかけた試合があるほど。なお覆面でないレスラー髪の毛をかける。

ボクシングでは中軽量級のチャンピオンを多数輩出している。

伯方の塩はメキシコ産である。

著名なメキシコ人

(姓でアイウエオ順、記事のある人物は太字

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A1%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%82%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

メキシコ

162 ななしのよっしん
2020/02/14(金) 13:00:33 ID: JWWLCSD5UT
最後の砦のカンクンでさえ、世界のワースト10以内に入ってしまった。それでも観光客は過去最高とか言ってるんだから…意外とコロンビアが南でまともなになってきてるのが皮としか思えん
163 ななしのよっしん
2020/03/03(火) 19:51:46 ID: 84Olyc0ATP
>>159
だからこそか、今や米国企業サイトには英語版だけでなくスペイン語版もあるところが増えている。
米国では中学生フランス語やらせているけど、マジスペイン語のほうが必要ではないかと。

ところで、2017年12月に◯されたユーチューバーの話が出てこないけど、削除されたのかな?
164 ななしのよっしん
2020/03/15(日) 01:34:31 ID: mi4jMjWIsG
コロナメキシコアメ公とのを閉じたとかいう英字ニュース見てが生えまくる
165 ななしのよっしん
2020/03/26(木) 00:37:29 ID: wSlZCRvsVl
トルティーヤってさ、あんまり旨くないよね?
なんかよく外の人が自分の好物にタコスを挙げてるけどさ、独特なあの匂いみたいなのがダメなんだよね…
166 ななしのよっしん
2020/04/04(土) 15:37:14 ID: SFFPUVlmPY
不要不急の生産禁止とはな、いつの間にかメキシコも大変なことに。

コロナビール生産停止へ 「必要不可欠でない」要請受け
https://www.asahi.com/articles/ASN442RG1N43UHBI03F.htmlexit
167 ななしのよっしん
2020/04/16(木) 01:11:49 ID: obW9/p3nxq
>>163
序に摘しておくと「100年予測」って書籍だと
アメリカ西部の旧メキシコ領の一部が22世紀メキシコ領になる可性について論じられてるんだよな・・・
隣接地域へ大量移民して、その地域の民族国家が変動するというのはよくある事だから
あり得ないとも言い切れないんだよな・・・
一例としてアルザスロレーヌ、遼寧
168 ななしのよっしん
2020/04/23(木) 20:41:13 ID: Xpvuwczj2M
結局麻薬カルテルを滅亡させるには勇次郎やらのような一個人がクソ強いだけを送り込んで敢えてトップは始末せずに雑魚たちを無双すれば自然ギャングは減っていくんじゃないか
169 ななしのよっしん
2020/04/28(火) 21:00:05 ID: sX2hW+HsXT
>>168
マンガみたいな事言ってんだと思ったが案外アリかもしれない。軍や警察が組織立って取り締まると、指揮官が買収されるか弱み握られるか一族皆殺しかで体制そのままに腑抜けにされるし、大正アメリカ軍の介入を期待しようにも本土と地続きで内の犯罪組織とも繋がっているカルテルに挑めば泥沼待ったなし

組織のボスを仕留めようにも、悪党の権争いはカタギのじゃないから別のカシラが出てくるだけ。ほんと難儀な連中だ
170 ななしのよっしん
2020/05/04(月) 13:41:44 ID: Xpvuwczj2M
TOCANAの記事で、ライフルが効かないと言われる「ナワル」っていう狼男がいるらしい
そいつがメキシコ麻薬カルテルのギャング達を襲ってくれればメキシコにとってもアメリカにとっても願ったりったりだろうけど、都市伝説感がバリバリだからなぁ
171 ななしのよっしん
2020/05/11(月) 20:02:54 ID: R9a6ajpQNF
500年前のメキシコ
全身に戦化粧を施しコカの葉を噛んでハイになりながら戦いに臨み捕えた周辺部族を太陽の祭壇で生きたまま心臓を抉り出し解体し生皮を剥いで被って踊り狂った
nowメキシコ
全身にタトゥーを入れコカインを吸ってハイになりながら抗争に臨み捕えた敵対組織を動画サイトで生きたまま心臓を抉り出し解体し生皮を剥いで狂乱してる

おいスペインどうにかしろ