メクレンブルク=フォアポンメルン州単語

メクレンブルクフォアポンメルンシュウ

メクレンブルク=フォアポンメルン州(Land Mecklenburg-Vorpommern)とは、ドイツ連邦共和国を構成する16連邦州のひとつである。ドイツ北東部に位置する。

概要

メクレンブルク=フォアポンメルン州は、ドイツの北東部、バルト沿の「メクレンブルク」(Mecklenburg)地方ポンメルン(Pommern)地方の西側、すなわち「フォアポメルン」(Vorpommern)とをたる領域とする州である。かつて東ドイツドイツ民主共和国DDR)の領域に創設された「新連邦州」のひとつ。ドイツ内で人口密度が最も薄い州である。特に1990年ドイツ再統一後は深刻な過疎化が進んでいる。

メクレンブルク=フォアポンメルン州は、その南はブランデンブルク州と、南西はニーダーザクセン州と、西はシュレスヴィヒ=ホルシュタイン州と接しているほか、東はポーランドとのを成している。州の北にはバルト(Ostsee)が広がっている。

州の北東にはドイツ最大のであるリューゲン(Rügen)をはじめ、ウーゼドム(Usedom)やヒッデンゼー(Hiddensee)といったが連なっており、には多くの海水浴客が集まるほか、州西部のメクレンブルク地方にはが点在し、この「地方」にも観光客がやって来る。日本からの観光客はかなり少ないが、かつてのハンザ同盟歴史を今に伝える港湾都市などの魅がある。

なお、"Mecklenburg"の発音は「メークレンブルク」のほうが近い[1]が、日本では「メクレンブルク」とられる場合が多い。"Pommern"の発音は今日では「ポマーン」のようにも聞こえるが、少し古い発音に則って「ポンメルン」とることが多い。

主要都市

人口10万人をえる都市は次のとおりである(2012年現在、人口の多い順に配列)。

州都のシュヴェリーン(Schwerin)は人口約9万人と、ドイツの州都としては最も人口が少ない。バルト沿およびバルトに注ぐ河川の河口付近に多くの中小都市があり、西から順にヴィスマル(Wismar)、ハイリゲンダム(Heiligendamm)、ヴァルネミュンデ(Warnemünde)、シュトラールズント(Stralsund)、グライフスヴァルト(Greifswald)、ヘーリングスドルフ(Heringsdorf)などが挙げられる。

世界遺産

州内に立地する世界遺産は次のとおりである。

関連項目

脚注

  1. *北部ドイツでは歴史的に"-ck"の直前の音は長く発音されていたが、現在ドイツ語の正書法にこのような用法はない。ドイツ語を知っている日本人の中には「メックレンブルク」と発音するのだと誤解している例もある。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A1%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AF%3D%E3%83%95%E3%82%A9%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%B3%E5%B7%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

メクレンブルク=フォアポンメルン州

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • メクレンブルク=フォアポンメルン州についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!