メジロアサマ単語

メジロアサマ

メジロアサマ(Mejiro Asama)とは、1966年まれの日本競走馬毛の

前評判を悉く覆し続けた逆にして、メジロ軍団の執念と伝説を生み出した名

生い立ち

パーソロンスヰート、First Fiddleという血統。出生はシンボリ牧場である。

は1970~1980年代にかけて日本競馬を引っった名種であり、本日本供用2年の産駒にあたる。なおパーソロンサクラショウリやシンボリルドルフが出るまで、「典的なフィリーサイアーで、産駒は熟の短距離向き」という評価が為されていた。
スヰートは英国で走った後日本へ移籍し、そこで4歳特別を勝利。因みに本名は「Sweet Sixteen」だったが、日本輸入時にSixteenはどっか行った。
ファーストフィドルハンデ競走を数勝。

4代に一大系の祖ラトロワンヌを持ち、本の近親には活躍が多い、良血である。

誉れ高き天皇賞馬へ

メジロアサマは名調教師である尾形吉に預けられ、7月デビュー戦こそ2着も次戦には勝ち、そこから3連勝を飾る。しかし重賞勝利は挙げられないままクラシックシーズンに入り、ダービーではダイシンボルガードの16着に敗北。以後オープンでは勝つも重賞では中々勝てないレースが続いた。因みに芝とダートを両方とも走っているが、どっちも成績は変わらない。また距離1600~2000を中心に走っている。

転機となったのは4歳になってから。この年に尾形厩舎の戦騎手だった保田芳が厩舎を開業し、そっちに転厩。芝マイルオープン戦レコード勝ちすると、次戦2着を挟んだ安田記念勝利し、重賞初制覇を飾る。2戦連続2着を挟んで函館記念を勝利オールカマー3着と目黒記念(当時2回やってた)2着を記録し、次戦の天皇賞(秋)へと向かう。当時の東京3200mである。

この天皇賞出走に関して、営に対し距離が長いのではないかという意見が寄せられた。前述したとおり、パーソロンは当時短距離、もって2400の種と思われていたのだ。競馬解説者として活動していた大橋巨泉には「パーソロン子供じゃ理だよ、何て酷いことするの」と言われたそうな。そこでメジロ総帥の北野豊吉は「大丈夫だ、アサマにはスヰートの血が入ってる」と返答。5番人気で迎えた実際のレースではフイニイアカネテンリュウといった実績人気を相手に勝利を飾り、大橋巨泉レース後に北野へ誤りに行ったそうだ。因みにメジロアサマは史上初の毛の天皇賞である。

当時「毛のは弱い」、「パーソロン産駒は距離が持たない」と考えられていた中で、メジロアサマは前評判を悉く覆した。反旺盛で知られた北野が「それみたことか」と思ったのは想像に難くない。

天皇賞後も現役を続行。60kg以上の斤量が当然になっても入着を重ねており、1972年までにAJCC2回、ハリウッドターフクラブ賞、オープン3回を制し、1972年有馬記念では2着に入っている。

1972年有馬記念をもって引退。通算成績は4817勝、2着14回、3着6回。当時の天皇賞は勝ち抜け制で1回でも勝ったら2度と出られなかった。重賞は天皇賞含めて6勝で、賞も1億8000万と当時としても優秀な成績を残している、最後の有馬記念に勝ってたら史上初の2億円ホースとなっていた。

種なしスイカの逆襲

引退シンジケートが組まれて日高で種入り。すると初年度に種付けした28頭のが悉く受胎しない。1頭の例外もなく。シンジケートは解散され、本の活躍に前後して創設されたメジロ牧場に「種なしスイカ」という有難くない渾名と共に送り返されてきた。

してみた所、精子の量が少なく授精が低い事が判明。原因は1971年に流行し、本患したインフルエンザ抗生物質投与による後遺症と考えられている。種失格の烙印を押されたが、メジロ総帥、北野豊吉は諦めない。「として譲ってくれないか」という神社からの申し出をはねのけ、意地でもメジロアサマの子供を残そうとした。

そんな中、とあるアラブがメジロアサマの種を受胎。翌年にはヤマノボリというが受胎し、その翌年にはメジロエスパーダが誕生する。アサマは決して種なしスイカじゃない!

北野は牧場スタッフを出す。「シェリルアサマの種を何としても受胎させろ!

シェリルとはフランスのリーディンサイアーをに持ち、更にフランスの名門系出身という良血フランスから日本に持って行くときに現地では引き留め攻勢にあった程である。はっきり言って授精の低い種を付ける事は暴挙、狂気の沙汰である。実際シェリルは後にメジロライアンの祖となり、アマゾンウォリアーやアサユリらと共にメジロ牧場の基礎系を構築している。

1977年北野の祈りが通じたか、それとも執念に運命が折れたか、シェリルアサマの種を受胎
翌年、アサマと同じ毛のが生まれたが、それが1982年天皇賞メジロティターンである。
メジロアシガラはもっと誇って良いぞ。

メジロアサマは1986年20歳で死去。死ぬまでに僅か19頭の産駒しか遺せなかったが、天皇賞メジロティターン京都大賞典を制したメジロカーラ、通算6戦4勝ながら稀代の快速と呼ばれたメジロエスパーダなどを輩出。としては全くだったが、流石に残したが少なすぎるから評価は難しい。

メジロティターンメジロマックイーンを輩出し、子三代での天皇賞制覇という偉業を成し遂げ、メジロ軍団の執念を結実した。北野豊吉は1984年に急逝する前に「ティターン子供天皇賞を勝て!」という遺言じみた示を出しており、ティターンメジロ軍団はそれを成し遂げた。

系子孫はメジロマックイーンが不振だった事もありほぼ残っていないが、北野メジロの「天皇賞」への執念は世代をえて受け継がれ、メジロマックイーンに持つゴールドシップ2015年天皇賞を制した。論、ゴールドシップ毛である。

メジロマックイーンを持つオルフェーヴルが種入りし一定の途が立った。現代でも北野メジロが限りなく小さい針に通した血の糸は、荒削りだが名作を生み出す細工師によって現代でも紡がれ続いている。だからドリジャもゴルシも頑れ。ギンザグリングラスはもっと頑れ。

余談

競走馬擬人化したメディアミックスウマ娘 プリティーダービー」にてメジロマックイーンが登場するが、アニメにて「お婆さま」という登場人物をほのめかすシーンがある。この「お婆さま」については色々と該当者が居るが、下の代表格が本メジロマックイーンの祖、メジロアサマである。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A1%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%83%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

メジロアサマ

1 ななしのよっしん
2018/07/24(火) 23:10:46 ID: ZjB29yIzps
最強伝説の原点的存在だな。・・・すまん、不覚にも"種スイカ"に笑ってしまった。それはファントムの方でしたな(あ、言っちゃった!)

急上昇ワード

2019/08/23(金)00時更新