メジロパーマー単語

62件
メジロパーマー
9.1千文字の記事
  • 19
  • 0pt
掲示板へ

そしていつか

友人たちの躍進に
誇らしさを感じながら

自分へのもどかしさも
また抱いていた

いま先頭で走る
逃げているのではなく

実は彼らの後ろ姿
追いかけているのだ

少しずつ差を詰めよう
そしていつか抜き去ろう

JRA「名馬の肖像」メジロパーマーexit

メジロパーマーとは、1987年生まれの競走馬1992年宝塚記念有馬記念に勝った名である。

名前を聞くと「くすっ」と笑ってしまう、すべき名であった。いわゆる馬鹿コンビの片割れとして有名。もうちょっとかっこいい異名を付けてやれよ…。

な勝ち
1991年:札幌記念(GIII)
1992年:宝塚記念(GI)、有馬記念(GI)、新潟大賞典(GIII)
1993年:阪神大賞典(GII)

曖昧さ回避 この記事では実在競走馬について記述しています。
このを元にした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するキャラクターについては
メジロパーマー(ウマ娘)を参照してください。

概要

齢表記は当時の旧表記(現表記+1歳)とします※

生まれ

1987年3月21日メジ牧場にて誕生。幼名は「峰」。競走馬名はアメリカゴルフ英雄アーノルド・パーマーから取られた。

メジロイーグル メジロファンタジー ゲイメセン(Gay Mecene)という血統。
は19戦7勝。京都新聞杯などを逃げ切り勝ちした他、東京優駿では向こう正面で20身差をつける爆走の果てに5着にりこんだ「だれからもされた逃げ」。種牡馬入り初年度の1982年は「種なし」状態だったが、大人の遊びを覚えて当てとのトレーニングを経て善した、変わりなであった。ほとんどメジロ牧場の自生産用として繋養されているような状態であり、パーマーはその5年産駒である。
は4戦1勝。米国で12戦5勝。
平成後期の競馬ファンから見れば地味ーに見えてしまうかもしれないが、いやいやこれこそがメジロの血統ですよ。

パーマーの種付け年、メジロ牧場イーグルの種付けに注していたが、パーマー含む産駒達の評価はあんまり高くなかった。何しろ彼らの同期には、アンバーシャダイの「」と、メジロティターンの「オーロラの62」――それぞれ後のメジロライアンメジロマックイーンがいたのである。これでは仕方ない

幸いにも大きな病気をすることもなく、パーマーはすくすくと成長していった。育成担当の古賀末徳は「小さい時から、軽い性格、ひょうきんって言うのかな。ちょろちょろ動いては、他の——それがでもでも——にチョッカイを出していましたね」と回顧している。

1989年:デビュー

東の大久保正陽厩舎に入厩したメジロパーマーは、89年8月函館競馬場新馬戦で一番人気を背負ってデビューするも、出遅れた挙句6身差の2着。2週間後の新馬戦(当時は複数回新馬戦に出られたのである)でも2着だったが、更に2週後の未勝利戦、更に2(ryコスモス賞オープン)を連勝する。

京都競馬場に移り、10月萩ステークス(OP)、11月京都3歳ステークス(OP)を走るが、いずれも着外。更に骨折が発覚し、長期休養を余儀なくされた。

90年:苦節

休養は長引き、復帰はクラス再編が行われる6月になった。シーズン全に棒に振った上に、なまじOP競走を勝ってしまっているため、分不相応な1500万以下クラスに放り込まれてしまう

札幌函館で5戦するが、エルムステークス(1500下)と道新杯(OP)で5着に入るのがやっと。初重賞挑戦の函館記念(GIII)では斤量48キロハンデを貰ったにも関わらず、15頭中7着である。営はここで逃げ戦法に活路を見出したが、またも骨折が発覚。再度の長期休養を余儀なくされる。

パーマーが四苦八苦している一方、メジロライアンクラシック3戦と有馬記念で2着、メジロマックイーン菊花賞を制する大活躍を見せていた。

91年:障害転向

3月鈴鹿ステークス(1500万下)にて復帰。特に見せ場なく5着だったが、続く条件戦オープン戦では逃げ戦法がハマり、3着と4着に好走する。

4月末、パーマーは初のGIとなる天皇賞(春)に挑んだ。マックイーンとライアンが1番、2番人気に推される一方、パーマーは18頭中16番人気である。レースではやはり逃げるが、失速。13着に終わった。

な~んかの底が見えてきた気がした大久保師は、障害競走への転向を考え始めた。障害飛越練習をさせてみると意外とタイムがよかったのである。しかし、6月クラス再編で500万下に降格することが決まったことで「もうちょっと地で走らせてみっか」ということになり、この件は保留となる。

一年ぶりの北海道パーマーはニセコ特別(500万下)で2着した後、十勝岳特別(500万下)を大差で逃げ切り、実に13戦ぶり勝利を挙げる。おまけ連闘となった6月末の札幌記念(当時GIII)では、第2コーナー手前から先頭に立ち、そのまま逃げ切って重賞初制覇! やったぜパーマー!一年遅れの「の上がり」だぜ! そして、この勝利によって種牡馬引退寸前だったメジロイーグルの現役続行も決定し、イーグルの担当スタッフは泣いて祝ったという。

……が、8月賞(OP)、函館記念10月京都大賞典(GII)では6着5着7着。結局パーマーは障害競走に送り出されることになる。仮にも重賞勝ち障害に回すとは、容赦いな当時のメジロ牧場……。

障害試験をレコードタイムで合格した後、4歳以上未勝利6身差の圧勝。2の4歳以上400万円以下も2着と、なかなかの滑り出しだった。
だが、大久保師は「こりゃ駄だ」と気づいた。生来の性格が災いしたのか、パーマーは障害に飛越していないのである! 生け垣を跨ぎ、壕に落ち、帰ってきたら前足は腫れあがり、体中が擦過傷だらけ。「こんな危ない障害には使えない」と、地に戻すことになった。

1992年:山田泰誠との邂逅

3月末、復帰戦のコーラルステークス(OP)は4着。続く、再びの天皇賞(春)にて、メジロパーマーは運命の出会いを果たす。この年のアーリントンカップ重賞勝利を挙げたばかりの、奇しくもパーマーと同年デビューの若手騎手山田である。
大久保師から「ピューと逃げてくれ」「気楽に逃げてくれたらいいから」と投げやりなのか自信があるのかわからん示を受けた山田騎手は、これまで以上のハイペースパーマーを走らせた。結果は連覇達成したメジロマックイーンの7着だが、山田騎手は確かな手ごたえを掴んでいた。以後、特別の事情がない限り、パーマーの戦は山田騎手で固定されることになる。

5月新潟大賞典(GIII)。メジロパーマー&山田騎手は54kgの(較的)軽ハンデに助けられ、ハイペース大逃げで4身差の勝を遂げる。重賞を二つも勝ったのであるからもう堂々たるオープンである。もう使えないとは言わせないぜ!
大久保師は「出走できるかどうかについては皆さんの判断に任せるしかありませんね」としながらも、宝塚記念への出走を表明。ファン投票は36位であったものの、新潟での奮戦がJRA推薦委員会に評価され、推薦に選ばれた

宝塚記念:まんまと逃げきり!

大きな顔をして乗り込んだ宝塚記念(GI)パーマーは23.1倍の9番人気だった。
この年の宝塚は、メジロマックイーンと前年の敗2冠トウカイテイオーの再戦が大見ものとなっていたが、両は直前に骨折して共々回避。結果、残った13頭はGIにしては小粒……悪く言えば「がっかりムードが漂う」感じの面子だった。人気割れており、かろうじて春天安田記念連続2着(!?)のカミノクレッセが一番人気(単勝2.0倍)。続いてマイルCS覇者ダイタクヘリオス(5.9倍)、本年の京成杯重賞初制覇のミスタースペイン(10.8倍)、有馬記念覇者ダイユウサク(11.5倍)という感じだった。
よりもがっかりしていたのがメジロ牧場の関係者で、パーマーが出るというのに応援ツアーは中止。関係者がほとんど応援に来ていないという有様だった。

ところがである。パーマーと山田騎手暴走気味のハイペースでぶっ飛ばし、ハナに立とうとしたダイタクヘリオスとオースミロッチに先行すると、後は単騎独走。芝の生育ミスで「良馬場なのに不良馬場並に時計がかかる」異常馬場をものともせず、そのまま底知れぬスタミナで直線を押し切ってしまい、2着カミノクレッセ3、3着ミスタースペインには7、その他10頭に大差をつけて、先頭でゴール線を駆け抜けたのであった。人共にGI初制覇である。

阪神競馬場は歓……ではなく、どよめきに包まれた。実況していた関西テレビ杉本清アナもたまげたらしく、彼にしては妙に言葉の繋がりが悪かった。おそらくTVで観戦していたメジロ牧場の人々も、歓喜する前に数思考停止時間を挟んだのではないだろうか。
口取り式はGIとは思えないほどの寂しさであり、写真にはパーマー+山田騎手大久保師+山田一厩務員+メジロ商事北野俊雄社長1頭と4人しか映っていない。名物馬主として知られていたメジロ牧場総帥・北野ミヤが不在のGI口取り式など、この時くらいの物であろう。

グランプリホースになったとはいえ、これでパーマーの評価が上がったかというとそうではなかった。やれ「メンバーがしょぼかったから」だの、やれ「クソ馬場だったから」だの、散々な分析が行われていたためである。杉本アナが「まんまと」「まんまと逃げきり」を連呼していたもあるかもしれない。不憫

秋・一転して…

メジロ牧場で休養後、京都大賞典にて復帰。2番人気に推されたはいいが、マークを受け、それ以前に山田騎手が前日の競走で落して骨折していたこともあって、オースミロッチの逆襲を許し9着に終わる。

流石山田騎手は降ろされ、天皇賞(秋)(GI)藤田伸二代打騎乗。一転して10番人気になった。ここではダイタクヘリオスと並んで爆走し、1000m57.5ハイペースを作り出した挙句、ずるずると沈んでブービー(17着)惨敗。後に「大逃げ馬鹿コンビ」と呼ばれるペアが結成された間であった。
1番人気トウカイテイオー暴走に巻き込まれて7着惨敗し、11番人気レッツゴーターキンが勝ったことで府中はどよめきに包まれ、結果として藤田騎手を悪し様に言うはあまりなかった(そもそも人気薄だったしね)。ただこのレース、1着との差は1.8とそこまで極端に離れていない。一緒に沈したと思われがちなダイタクヘリオスも、実は0.6差の8着に残って出走奨励を持ち帰っている。

この結果を受け、ジャパンカップは回避。有馬記念に照準が合わせられた。ファン投票は17位で優先出走権は獲得できなかったが、今回も推薦として出走が決まった。上にはかろうじて回復した山田騎手が戻ってきた。

有馬記念:爆走、そして…

有馬記念(GI)では49.4倍の15番人気。下にはイクノディクタスしかいない堂々のブービー人気である。オースミロッチ(11番)とかサンエイサンキュー(13番)とかヤマニングローバル(14番)よりも人気薄だったのだ。グランプリホース
上位人気を観てみると、1番人気トウカイテイオー(2.4倍)。前走JCではシンボリルドルフ以来の日本勝利を達成し「絶対」とまで言われていた。JC走したは消しだとあれほど2番人気はこの年のクラシック戦線でミホノブルボンの後を追い続け、菊花賞で遂に先着したライスシャワー(4.9倍)。3番人気外国産馬故に街道を走ってきたライス同期ヒシマサルII(6.9倍)。4番人気(惜しい)は前年3着の善戦マンナイスネイチャ(11.1倍)。

ところがこのレースは、いわゆる「馬鹿コンビによる馬鹿コンビのための馬鹿有馬記念」とまで言われ、伝説となる。

スタートから例によって頭が高い走り方で先頭に立ったメジロパーマー。トウカイテイオーは出遅れ。この時点で観客席に嫌な感じの「ざわ…」てな雰囲気が漂う。一周スタンド前、歓に盛り上がったか、あのダイタクヘリオスが口を割ってメジロパーマーに競り掛ける。パーマーは譲らない。だんだんだんだんペースが速くなり、向こう正面ではなんか物凄い勢いでヘリオスパーマーが突っ走っていく。

「あ~あ~あ~あ~、ま~たやってるよあいつら……」。ファンは苦笑した。秋天でも馬鹿逃げ、そして沈没した2頭である。後続が大きく引き離されても、ファンはまったく心配していなかった。
だがしかし、3コーナー手前から馬鹿コンビ暴走は更にしさを増す。11台のラップが連発するのである。更に引き離される後続。そして、最後方でもたもたしているトウカイテイオー。観客席でもざわめきが大きくなる。だが、まだ「トウカイテイオーピンチか?」くらいの心配であった。だが――!

さぁ三番手以下までまだ15、6身ある!さぁ、く追いかけなければいけない!ここは3・4コーナー!後続14頭が一気に差を詰めないと、とても前の二頭は捕まりそうもない!
メジロパーマー大逃げ宝塚再現成るか!? 残り400mの標識を、メジロパーマー、ダイタクが切った! さぁ三番手グループはなんだ!?

――フジテレビ 堺正幸アナウンサー

アナがまくしたてる最中、3コーナーから4コーナーにかけて、後続の人気上は猛然と追い出しに掛かっていた。ちゃんと追い掛けていたのである。しかし最終直線に入ったメジロパーマーは、尽きたダイタクヘリオスを置き去りにして駆けていく。残り200m、一人旅になったパーマー。ファン裏にあの宝塚る。スタンドから湧き上がる絶叫
残り150m地点で遂に脚が鈍るパーマー。それを見計らったかのようにレガシーワールドナイスネイチャ以下、後続が最後の進出を開始する。そしてただ一頭レガシーワールドが抜け出し、追い込み、ほとんど同時にゴール線を通過し、すぐに追い抜いて行った。ファンの大歓はたまた悲鳴がく。だが、山田騎手勝利を確信し、パーマーの首をいて勝利祝福していた。テレビの前の競馬ファンは「ヒシマサルも、トウカイテイオーも、そしてライスシャワーも、どうしたんでしょうか」と、呆然と叫ぶアナに「まったくだ」と同意したのであった。

写真判定が終わった。メジロパーマーはハナ差でり切り、ゴールを先頭で駆け抜けていた。ついでにナイスネイチャ定席。単勝4940円。馬連はなんと31550円! ……とても宝塚記念がらみの馬券とは思えん。

グランプリ連覇」ユウフオーレルシンザンスピードシンボリイナリワンに次ぐ、史上5頭の快挙だった。メジロ冠の有馬記念制覇はメジロデュレン以来であり、そしてこれが最後となった。メジロライアンメジロマックイーンも2着に敗れ、勝てなかったのだ。
一時は較することすらおこがましいとまで思われた同期の名2頭に、パーマーは遂に並び、メジロ牧場 の62年組」を形成したのである。

1993~94年:老兵は死なず

1月。92年度JRA賞では最優秀父内国産馬と、最優秀5歳以上く。6歳でのグランプリ優勝ということで、引退してもおかしくはないのだが、まだまだ元気だったことで現役続行が決定した。血統的に魅が薄いとか大久保厩舎に有がいなくなるからとか、他にもいろいろ理由があったけど

始動戦は3月阪神大賞典(GII)。メジロパーマーはナイスネイチャタケノベルベットに次ぐ3番人気となる。……いやなんでだよ!? グランプリホースだぞ!? しかもネイチャには有馬勝したんだぞ!?
この結果にパーマーと山田騎手が憮然としたかはわからないが、レースでは実に鮮やかな勝利を収めた。例によって単騎独走し、2周の第3コーナーで後続を引き付け、ベルベットとネイチャと競り合いになる。しかしパーマーの二の脚を前に、ベルベットとネイチャは失速。そのままさし返して身差でゴールしたのである。

またもう一度メジロパーマーが伸びる!もう一度メジロパーマーが伸びるこのあたりがメジロパーマーの恐ろしいところ!もう一度出た出た出た!また出たぞ~!
メジロパーマーだまたメジロパーマーだ!またまたメジロメジロだ!強い~~!強い~~!

またまた伸びた!山田は本当にこのを知っている!またまたメジロパーマーだ!

――関西テレビ 杉本清アナウンサー

杉本さんラスト200mパーマーのことしか言ってねぇ……

余勢を駆って天皇賞(春)に向かったが、ここには帰ってきたメジロマックイーンと、生涯最高の仕上げであったライスシャワーがいた。パーマーはこの2頭と、ライスに先着した実績を持つマチカネタンホイザに次ぐ4番人気まぁかろうじて1桁オッズだし、いいか…。
史上最高レベルステイヤー二頭を向こうに回し、パーマーは果敢に逃げ、最終直線まで一歩も引かなかった。最後は抜け出したライスシャワーに置き去りにされたものの、マックイーンに3/4差、後続のタンホイザを6身離した3着にりこみ、グランプリホースの面躍如と相成った。

が、これが1993年最後のきとなった。宝塚記念京都大賞典スワンステークス(GII)(何故出たし)ジャパンカップ(GI)は10着9着11着10着。有馬記念ではメジロライアン戦だった横山典弘に乗り代わりとなるが、ギリギリ掲示板外の6着だった。

1994年も現役続行。有馬から一か後の日経新春杯(GII)では山田騎手が戻り、60.5kgの酷量を背負いながら2着に突っ込む。すわ復活か、と思われたものの、右前脚に屈腱炎が見つかり、休養に入る。しかし年齢も考慮し、遂に9月での引退が決まった。

競走馬としての総評

二度の骨折障害転向、グランプリ制覇……。とにもかくにも波乱万丈な競走生活であった。「障害競走に出走したが、GI勝利した」史上一の例というサクセスストーリーの持ちでもあり、馬鹿コンビでの大逃げ漫才で笑いも取ってみせる、色々とネタが多いであった。

馬券的には一切信用出来ないであり、宝塚記念に勝ったでありながら、その後一回も一番人気になっていないハイペースで潰れない逃げと言えば聞こえは良いのだが、なまじ展開が落ち着いてしまうと終いの脚がいために直線で交わされ、そうするとやる気を失って沈没して掲示板にも残れないという極端なであり、怖くて買えないだったというのが馬券師の見解である。

だが、同じような脚質だったツインターボべるとちゃんとGIに二回も勝っており、強い時には間違いなく強いであった。92年宝塚有馬も「展開のあやで勝った」とは言えない、強いレースである。
ちなみに勝利したレースはすべて右回り(障害レースは除く)という、底した右回り巧者であった。

山田騎手パーマーの引退後伸び悩み、GI級の勝利パーマーと共に挙げた2つのみとなった。彼のパーマーに向けたを示すエピソードとして、有馬記念優勝の副賞として貰ったマツダ・アンフィニMS-8に「パーマー」と名付けていたことが挙げられる。山田騎手パーマー号入手をきっかけに師匠田中調教師から運転免許取得を認められ、その後は騎手名鑑の「」欄に、他の騎手がそれぞれの種名を記載する中、堂々と「パーマー号!」と記載していた。

種牡馬入り後

種牡馬入りしたことはしたが、時は外種牡馬御三家の群雄割拠期。トニービンブライアンズタイム、そしてサンデーサイレンスという、日本競馬の血統を塗り替えた歴史種牡馬を前にしては流石に分が悪いなんてものではない。競争の高速化の波にも着いていけず、活躍ど輩出できないまま、2002年種牡馬引退となった。一の活躍メジロライデン障害だったのは何かの皮だろうか。

2012年4月、25歳死亡。当時から屈の個性として、ニコニコ動画でもあの有馬記念動画を中心として大人気のメジロパーマー。これからも希代の逃げとして長くり継がれて欲しい名である。

血統表

メジロイーグル
1975 鹿毛
メジロサンマ
1963 鹿毛
Charlottesville Prince Chevalier
Noorani
*パラデイシア Aureole
Chenille
*アマゾンウォリア
1960 鹿毛
Khaled Hyperion
Eclair
War Betsy War Relic
Betsy Ross
メジロファンタジー
1981 黒鹿毛
FNo.1-x
*ゲイメセン
1975 黒鹿毛
Vaguely Noble *ヴィエナ
Noble Lassie
Gay Missile Sir Gaylord
Missy Baba
*プリンセスリファード
1975 鹿毛
Lyphard Northern Dancer
Goofed
*ノーラック Lucky Debonair
No Teasing
競走馬の4代血統表

クロスHyperion 5×4(9.38)、Aureole 4×5(9.38)、Nearco 5×5(6.25)

関連動画

 

 

重な障害時代の動画

関連コミュニティ

関連項目

JRA賞最優秀父内国産馬
優駿賞時代 1982 メジロティターン | 1983 ミスターシービー | 1984 ミスターシービー |
1985 ミホシンザン | 1986 ミホシンザン
JRA賞時代 1980年代 1987 ミホシンザン | 1988 タマモクロス | 1989 バンブービギン
1990年代 1990 ヤエノムテキ | 1991 トウカイテイオー | 1992 メジロパーマー |
1993 ヤマニンゼファー |1994 ネーハイシーザー | 1995 フジヤマケンザン |
1996 フラワーパーク | 1997 メジロドーベル |1998 メジロブライト | 1999 エアジハード
2000年代 2000 ダイタクヤマト | 2001 該当※1 | 2002 トウカイポイント | 2003 ヒシミラクル |
2004 デルタブルース | 2005 シーザリオ | 2006 カワカミプリンセス |
2007 ダイワスカーレット
※1.該当しを除く最多得票ナリタトップロード
競馬テンプレート
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 19
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

メジロパーマー

98 ななしのよっしん
2022/12/10(土) 11:51:01 ID: SH/CbavKf1
個人的には宝塚9番人気も割と
マイラーのヘリオスが2番人気になるぐらい薄い面子。そんな中パーマーは前走の新潟大賞典圧勝してるのに、パドック解説でもまったく触れて貰えなくてだった

かなり強い勝ち方だったと思うんだけどなあ、新潟大賞典
👍
高評価
3
👎
低評価
0
99 ななしのよっしん
2022/12/18(日) 17:52:42 ID: orZiFMKAsO
名前ゴルフ選手から来てるけど直系先祖の名前パーシモンゴルフ関連だからこの名前になるのも必然だったかもしれない
👍
高評価
0
👎
低評価
0
100 ななしのよっしん
2022/12/21(水) 13:10:45 ID: baCzlF2t+U
>>98
まず障害帰りという点で低く見られて重賞勝ちもローカルG3ではそうそう高評価できないのでは
言うてその年の春天に出て逃げうって壊滅せず7着にはなっているから上がり調子には間違いなかったんだろうけど
👍
高評価
2
👎
低評価
0
101 ななしのよっしん
2023/01/29(日) 11:19:09 ID: U/8cD6Pfkc
>>98
ここの宝塚記念動画みたら物凄くなG2と言われてて笑ってしまった。
現在で言うと、G1パンサラッサダノンザキッドだけで、他にディープボンドノースブリッジメイケイエールが参加してるみたいな感じかw
👍
高評価
0
👎
低評価
0
102 ななしのよっしん
2023/02/28(火) 12:07:05 ID: hDeN3718gO
そのパンサラッササウジ勝って芝ダート海外G1勝利+獲得賞歴代3位のになってしまった辺り、
パーマーのグランプリ獲る前後での扱いもばれる。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
103 ななしのよっしん
2023/04/28(金) 01:58:28 ID: d4kStysbRL
馬券人気低かった々はまあ結果論で、柱見たらそりゃ「これ買えねえわなあ…」にしかならんからね、理もねえよ。
👍
高評価
1
👎
低評価
0
104 ななしのよっしん
2023/05/17(水) 08:59:48 ID: baCzlF2t+U
前年91年の宝塚記念杉本清アナバンブーメモリーを「私の」に挙げて惨敗して上に叱責されたため、
この年からもう「私の」は止めますってなったんだよね(止めたことに抗議が寄せられて結局復活したが)
もし杉本アナがこの92年の「私の」を挙げるならどのだったんだろうか
👍
高評価
0
👎
低評価
0
105 ななしのよっしん
2023/05/22(月) 03:04:04 ID: 7F3sjd3HXB
まあ後当時は三連複も三連単ワイドかったからちょっと買うのは難しかったな・・・、今なら3着予想とかでいれるんだろうけど
👍
高評価
0
👎
低評価
0
106 ななしのよっしん
2023/10/03(火) 19:47:13 ID: 4FbESOsaky
93年天皇賞春、あのレースは勝ちが3頭いたんだよ。
それくらいライスマックパーマーのパフォーマンスが凄かった。
個人的に、あのレース天皇賞ピュアステイヤーによる頂上決戦として機した、最後にして最高のレースだったと思ってます。
👍
高評価
12
👎
低評価
0
107 ななしのよっしん
2024/04/10(水) 01:18:49 ID: DyNa6d37Li
飛越が下手って聞いたことあるから惨敗だったのかと思いきや障害初戦の未勝利勝って続くOPも2着だったんだな
これですっぱり諦められるって逆にどんだけ飛越下手だったんだ…
👍
高評価
0
👎
低評価
0