メジロブライト(ウマ娘)単語

メジロブライト
7.4千文字の記事
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

「あら、わたくしの出番ですか? では、今から準備いたしますね~」

メジロブライト

メジロブライト(ウマ娘)とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬メジロブライト」をモチーフとするウマ娘である。 CV大西綺華

概要

誕生日4月19日 身長157cm 体重:微増(まあ、食べ過ぎました~)
スリーサイズ:B84・W59・H81

おっとりマイペースメジロ家お嬢様
そんな性格も手伝ってか不器用なところがあり、メジロ家ウマ娘ながら周囲の期待は高くない。
それでも自分のペースを崩さず、最後まで自分を貫き通す姿勢から、実はメジロ家の中でも一番の大物なのではないかとの噂も。

メジロブライト|ウマ娘 プリティーダービー 公式ポータルサイトexitより

2021年11月18日(育成メジロドーベルガチャ更新が発表されたタイミング)に73人[1]ウマ娘として公式サイトの「キャラクターウマ娘」の一覧に「???」と名前せてシルエットで掲載。翌19日、ドーベルの育成実装とともに名前全なキャラクタービジュアル、担当声優開された。
なお、同11日に配信されたウマ娘公式動画番組「そこそこぱかライブTV Vol.6exit」の中で「11月下旬新しく追加されるストーリーに見たことのないウマ娘が登場するかも!?」と予告されていた。19日はギリギリ中旬なのではなかろうか。

ちなみに、せたのは名前イラストだけで、上記の文面は全な状態で掲載されており、人物面の特徴もあるが何より「メジロ家」「誕生日4月19日」というハッキリ絞り込める情報が含まれていたため、事前予想はかなり容易であったと言える。

ふわふわのロングヘアーの一部を長い三つ編みにしたおっとりウマ娘モチーフであるマルゼンスキーとよく似たデザインになっている。ライアン要素どこ? 長い三つ編みは、モチーフがたてがみを編んでいたことが由来だろう。
勝負服メジロ家の他メンバーと同様に基調で、首元に薔薇飾り、袖のの縞模様、地に縦縞のコルセット、裾にフリルの付いた緑一色スカートが特徴的である。

おっとりのんびりとしたウマ娘は何人もいるが、その中でものんびり度合いは突出しており、日常生活に支障が立つ領域である。一方で、いざという時には意外としたたかな一面も見せる。

史実での経緯から、幼少期からデビュー初期に至るまで競走ウマ娘としてのはかなり疑問視されてきた様子が描かれている。

人形ドール)好きで、特にお気に入りと思われるのが「マキちゃん」と「キューちゃん」。メジロブライト産駒の獲得賞上位2頭のマキハタサイボーグドリームキューブが名前の由来と思われる。

ゲームでの扱い

育成実装以前

メジロドーベルウマ娘ストーリー・育成ストーリーにて登場。
育成レースにも最初から勝負服モデルを引っさげて実装されている。ただしこの時点では実況が未収録で、モブウマ娘と同様にレースでは番号でしか呼ばれなかった。

2021年11月末に開されたCMRivals グラスワンダー編」(およびスペシャルウィーク編)はブライトも走った99年有馬記念モチーフなので、実装間もなくしてチラッと出演を果たしている。

12月開されたメインストーリー第5章はブライトも関わる97年クラシック~98年秋天を描いているものの、出番は秋天レースシーン最終話)で史実通り2番として走っている程度で物語には関わらない。
ちなみに、ストーリーレース「離れぬ憂慮」は98年秋天ベースシルエット化したモブウマ娘たちとの対戦となっているが、ここでは2番はブライトイメージしたと思われるモブの「ロングヘアウマ娘」になっている。

育成ウマ娘:ブリュニサージュ・ライン

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
89 107 87 75 92
バ場適性
ダート
A G
距離適性
距離 マイル 距離 距離
F C A A
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込
G D A A
成長率
固有スキル『麗しき
レース後半に中団から残り持久に応じたロングスパートをかけて速度をわずかに上げ続ける
ウマ娘テンプレートボックス

概要

2022年3月18日に育成ウマ娘として実装
ブリュニサージュ(brunissage)」はフランス語で「金属の研磨・つや出し」を意味する(英語ではバニシング[burnishing])。「」は開を知らせるのこと。

総じてステイヤー傾向だが、クラシック以前にはマイルでも結果を出していたためかマイル適性もCあるタイプとなる。
新規スキルである「泰然自若(マイペース)」は、回復量が通常より一段階高いが、速度が落ちるデメリットを伴うという異色の効果。固有スキルも、3固有スキルなのに効果量が「わずか」(つまり通常のスキル並でしかない)だが、残り持久を参照する上乗せがあるという独特な内容。この効果を最大限発揮するためには、回復スキルにはレース前半の間に発動してもらう必要があると考えられ、「泰然自若」の発動タイミングシナジーする形になっている。
追込Aで追込用のスキルを持っているが、これらのスキルが全て「中団」を定しているため、追込だと最後尾につけた時に不発してしまう(固有は後半いつでも発動できるが、性質上できるだけく発動することがめられる)。

固有スキルの演出では「山の麓に咲く々」が描かれるが、この山はメジロ牧場所在地に近い蹄山がモチーフと思われ、もっと言うとブライト天皇賞(春)を制した時の杉本清氏の実況蹄山の麓に!」を意識したものと思われる。
この世界の「メジロ家」は状況からし北海道に根ざしているとは考えにくいが、シナリオ内でも蹄山はメジロの始まりの場所という形で名しされている。

シナリオでは、ドーベルのシナリオでも見られた「メジロ家未来を担うブライト(とドーベル)」という部分がさらに強調され、史実のこの時代における日本競馬の趨勢やメジロ牧場の衰退といった部分まで物語に取り込んだ、さしずめ「メジロの総決算」といった方向性の内容となっている。いや、当時まだ育成未実装のメジロもいたけども。

固有二つ名「のんびりステイヤー」は「メジロ冠名がつく継承ウマ娘から想いを継承し、天皇賞(春)を含む3000m以上のG2もしくはG1を4回以上勝利し、ファン数が240000人以上になる」という条件。
レースの条件は、菊花賞春天ステイヤーズS(2回)と阪神大賞典、つまり最高でも5戦しかできない点に注意。
そして、継承ウマ娘系では初めて名しの条件が使われているのも特徴的。史実通りのライアンでも持っているであろうし、そもそもレンタルという選択肢もあるのでさほど問題はないだろう。

また、育成実装と同日、メインストーリー1部最終章前編では事前にも登場が示されていた通り、99年春天クライマックスに据えた内容であるためライバルとしてフィーチャーされている。

サポートカード

2022年2月に、ストーリーイベント羽ばたきのRun-up!」の報酬としてSSRリトルバイリトル]が実装

所持スキルは4/5が長距離スキルである。

スタミナタイプで、レアスキルは「追い上げ」上位の「怒涛の追い上げ」と、とことん長距離要員。
固有ボーナスが「ゲージ80以上でスタミナボーナス」という最近流行りの特殊形式で、スタミナボーナス2・根性ボーナス1が望めるが、やる気効果・トレーニング効果が共に皆無というタイプであり、このボーナスが意味を成さないスピードや賢さトレーニングでは働きが全く期待できない。

アニメでの扱い

アニメ第1期は1998年-1999年を扱っており、モロに史実での現役時代だが、この時点ではウマ娘未登場であるため、出走レースは(映っていれば)現実でのメジロライアンが代走している。

以下に、本来出走していた作中のレースでの扱いを記す。

後述の通り、天皇賞(春)の後はシルコレ街道バクシンしているのだが、メジロブライトが出走しているレースはまるごとカットされているか、レギュラーメンバーが勝って自分が大敗しているか、逆に自分は好走したのに主人公が沈んでいるか、とタイミングが悪くモブとしてもなかなか映っていない。

関連ウマ娘

メジロドーベル個別記事
モチーフは同じ同期産駒でありメジロ牧場の生産、と非常に近しい存在(※競馬業界ではが同じことは兄弟姉妹として扱わない)。ウマ娘では同じ「メジロ家」の一員であり同期ウマ娘においては史実の世代による関係性の壁は薄いが、それでもこの2人に関してはお互いに「ドーベル」「ブライト」と呼び合い、他のメジロ家にはない関係を感じさせる部分もある。
メジロライアン個別記事
モチーフウマ娘では同じ「メジロ家」の一員で、幼少期からしきりに面倒を見られていたためにブライトは「ライアンさま」と彼女を呼んでいる。
シーキングザパール個別記事
モチーフ同期で、路線は全く重なっていないのだがブライトの初重賞であるデイリー杯3歳Sで対戦しており(パール1着・ブライト2着)、育成シナリオではそれをモチーフにしたと思われるイベントがある。
サイレンススズカ個別記事
モチーフ同期で、未熟だったダービー覚醒っ最中の宝塚記念、そして「沈黙の日曜日」と、ブライトは節居合わせている。育成シナリオではその推移をなぞる形でライバルの一人として関わってくる。
ツルマルツヨシ個別記事
モチーフは1歳下で、99年京都大賞典有馬記念など4度対戦して全て先着を許している。ウマ娘ではルームメイトで、一緒に動物園に遊びに行くなど仲良しブライト彼女のことを「ツルちゃんさま」と呼んでいる。

史実

君の使命

その冠を戴いた者が
果たすべきつとめを知れ
刻むべき歴史を知れ

臆するな
万里を乗り切るたくましさを
君は持っている

JRA「名馬の肖像」メジロブライトexit

※本記事では、レース名の齢表記は旧表記(現表記+1歳)です。

1994年生まれの鹿毛メジロライアンレールデュタン、マルゼンスキーという血統で、天皇賞愛しメジロ牧場に最後のをもたらしたステイヤー。同期メジロドーベルと並ぶライアンの代表産駒である。同期ステイゴールドと並ぶシルバーコレクターとしても有名。

デビュー戦(札幌・3歳新馬戦千田騎乗)は6頭立ての6番人気、単勝58.9倍という、後のG1とは思えない不人気ぶり。最後方から直線で5頭をごぼう抜きにして勝ったものの、タイム1800mの良馬場なのに2分をえる2000m並のあまりにも遅すぎる時計で、逆の意味で伝説の新馬戦とすら言われる迷レースであった。
そんなわけで当初は全く期待されていなかったが、すずらん賞(函館・OP、横山賀一(現・JRA競馬学校教官)騎乗)・デイリー杯3歳S(ここから松永幹夫が騎乗)を連続で2着と善戦。そしてラジオたんぱ杯3歳S共同通信杯4歳Sを連勝して一躍クラシックの本命補となる。

ところが本番のクラシックでは皐月賞4着、ダービー3着、菊花賞3着と譲りの勝ち切れなさを発揮してしまう。競馬でいうところの典的な「ズブい」(=騎手示に対して反応が鈍く、間的な加速がない)で、スタートも下手だったのでスタミナを活かして最後方からロングスパートをかけることしかできないのだが、強い逃げペースを握られたり、先行組に鋭い末脚を繰り出されるとどうしても届かないという、なんともじれったい不器用であった。ウマ娘での「おっとりしていて不器用」という性格付けはこのレーススタイルに由来すると思われる。

それでもその尽蔵と言えるスタミナを活かし、河内洋に乗り替わった続くステイヤーズステークスでは直線で1頭だけ異次元の伸びを見せ、なんと12身差の圧勝。古となった翌98年もAJCCを快勝すると、阪神大賞典では前年のグランプリホースシルクジャスティスとの熾叩き合いをハナ差で制し3連勝。
そして乗りこんだ天皇賞(春)では、直線で大外から強く抜け出して勝利メジロマックイーン以来、そしてメジロ牧場にとって最後となるを獲得し、現役最強ステイヤーに名乗りを上げた。

しかしその後は宝塚記念ゲートで立ち上がって暴れてしまい、外発走となって惨敗したのがケチのつきはじめ。天皇賞(秋)ではサイレンススズカの故障発生で不利を受け5着。
これと前後して1歳下の98年クラシック世代が台頭。ブライトはこの世代に最も泣かされたの1頭と言ってよく、セイウンスカイグラスワンダースペシャルウィークらの後を拝してシルコレ街道バクシンすることになる。その数、98年京都大賞典から99年京都大賞典までの1年間で7戦して2着5回。2着の5戦で敗れた相手は全て98世代であった(ウンス1回、グラス1回、スペ2回、ツルマルツヨシ1回)。
99年有馬記念5着のあとに屈腱炎を発症。2000年10月京都大賞典石橋守騎乗)で復帰したが見せ場なく8着に敗れ、その後屈腱炎が再発。結局春天制覇の後は99年の日経新春杯しか勝てないまま引退となった。
通算25戦8勝、2着8回

引退後は種牡馬となったが、2004年心臓発作で急死。10歳没という逝もたたって重賞ステイヤーズS子制覇したマキハタサイボーグのみであり、アンバーシャダイメジロライアンと続いた内サイアーラインは彼の代で途絶えてしまった。「日本調教系4代G1制覇」は2021年グラスワンダーピクシーナイトが初達成するのだが、メジロマックイーン(自身は3代。産駒からG1は出せず)やトウカイテイオー(自身は2代目。産駒のトウカイポイントG1を勝ったが、騸馬になっていたため4代は出せなかった)と並んで、彼にもいちい達成の機会があったわけである。

詳細は当該記事へ→メジロブライト

関連動画

凄いデビューをした馬について

前述のとおり、メジロブライトは脅威のタイムという衝撃的なデビューの後、ステイヤーズステークス天皇賞(春)などのステイヤー路線でに躍り出た。
しかし、ブライト以外にも、デビュー戦で日本レコード更新した上に40年以上経っても函館・芝1000m2レコードが残っているハギノトップレディなど、衝撃的なデビューを飾ったがいる。
そんな凄いデビューをしたやその背景など、簡単なゆっくり解説動画があるので、参考にして欲しい。

関連静画

関連項目

脚注

  1. *公式サイトの「キャラクターウマ娘一覧に掲載されている人数。「トレセン学園関係者」の一覧に掲載されているハッピーミークビターグラッセリトルココンを除く。

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A1%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%28%E3%82%A6%E3%83%9E%E5%A8%98%29
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

メジロブライト(ウマ娘)

167 ななしのよっしん
2022/06/28(火) 15:20:25 ID: QcEexlLLBz
なんで急上昇ワード1位になったの?
168 ななしのよっしん
2022/06/28(火) 15:21:51 ID: XdRTzdQA+V
メジロベイリーが亡くなったじゃないかね?
169 ななしのよっしん
2022/06/30(木) 11:41:48 ID: HX88xLSAyB
最近は他の急上昇タイミングよくわからんの多いし
170 ななしのよっしん
2022/06/30(木) 11:52:22 ID: siUzjkZu1i
制服私服だとそこまで大きくなさそうに見える、配布ブライトだとでかく見える。やっぱか。

まぁメジロだけあって、でけぇ組ではあるけどね。
171 ななしのよっしん
2022/06/30(木) 12:31:48 ID: SFJUB0sVzU
顔立ちや雰囲気の醸し出す印とボディラインのめりはりとのギャップで大きく感じる
ほわほわキャラっておっぱい大きいことも多いけど大きすぎないから意外とあるなと気付いてどきっとするタイプキャラ
172 ななしのよっしん
2022/07/22(金) 20:04:26 ID: ZXOlk3uA/1
サポカの玉座のイベント見る限りだとツルマルツヨシと同室っぽいね。
173 ななしのよっしん
2022/07/30(土) 07:31:47 ID: +gixDyIHWL
サポカイラスト絵師はきっと盛るモン教徒
174 ななしのよっしん
2022/08/08(月) 22:40:30 ID: FuWPk/Dp4X
わぁ
175 ななしのよっしん
2022/08/13(土) 13:00:25 ID: tfhfUHx3fA
みんな下がれく! メジロブライト爆発する!
176 ななしのよっしん
2022/08/27(土) 12:19:36 ID: ZXOlk3uA/1
そういえば関連ウマ娘マチカネフクキタルが居ないんだね。
ちゃんとシナリオ内で出番あるのに。

ニコニコニューストピックス